FC2ブログ

メロンのゆったりフォト

佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪

日本橋高島屋辺り     12月15日撮影

181215日本橋1
(1)
一昨日は銀座三越、昨日は日本橋高島屋のお花屋さんです。
高島屋のお花屋さんはリニューアルしてましたが、場所は元の場所になりました。
でも今度は銀座三越のような細長い売り場となりガラスウィンドウ面積が広いです。
シクラメンの数が凄いのですが、毎年のこと。
デパート売上げでは確か日本橋高島屋さんが一位のようですから、
この季節のシクラメンは売り商品ですね。





181215日本橋2
(2)
一昨日のお買い物忘れは義姉へのお誕生日のお花。
先週の木曜日も会って、今週も金曜日には病院付き添いがあるので、何だか忘れてましたが
思い出して良かった!! 今、届いたとの電話がありお喜び(*^^)v
この、リース型の鉢植え寄せ植えは可愛らしいのですが、寂しい色合い。。。
クリスマスローズが入ってましたが、今のシーズンでしたら、赤色、ピンク色などでも入ってたら
プレゼントしたい気持ちになったかも・・・でも予算オーバーだわ^^;  ¥30,240とデパート価格。。





181215日本橋3
(3)
楽しみなガラス越しお花撮影。。。 アレンジメントが少ないよう。
それに気がつけば・・・・ガラスが網入り強化ガラス。。 
模様デザインと思えばね~~ありかしら^^;
銀座三越のお花屋さんは第一園芸さん、高島屋は日比谷花壇さんです。
日比谷公園にある日比谷花壇さんのショップも素敵です。





181215日本橋4
(4)
お花屋さんのお隣は「フォション」が軽いお食事もできるカフェとして登場してます。
「フォション」の黒白のトレードマークの花壇のデザインで「フォション」と印象づけるデザイン!
それに濃いピンク色パラソルでオシャレ感ありです。 
白黒色と濃いピンク色と植栽された植物のグリーン色もトータルでプランニングされた洗練さ。
テラスチェアも黒白の網目チェアでコーディネートバッチリ・・(^^)





181215日本橋5
(5)
向かい側が新しい高島屋新館で9月頃にオープンでしたが、私は行かないだろうと思ってました。
本館だけでも大変なのに。。。  でも行って見ました(^^)/
昨日は、お花屋さんだけ行って、地下鉄東西線で九段下まで行き、皇居一周ウォーキングと思ってました。
今年お初のダウンを着てリュック姿。 風がビュウビュウひどくて、我慢しながらのウォーキングもね~~。
断念して、デパートを久しぶりにゆっくりと見てみましょうパワーがありました。
お江戸日本橋といえども、今はコレドなどもあり、左の若者のように若者にも人気があるのかしら?





181215日本橋6
(6)
高島屋新館に一歩入ったら・・・・・やはり本館と違い今のおシャレな雰囲気のお店ばかり!!
観葉植物のショップもジャングル状態だけれど嬉しいショップ。 
入口にあるので新館のエントランスソファなのかしら?
ソファでくつろいで読書してるお帽子、コート姿の方は、この場所をご存知なのね。
私もここでランチすればよかったわ、、、ランチといってもセブンイレブンのおにぎりですが^^;
ウォーキングと思って買ったのですが、本館外の風の当たらない凹んだ場所で食べました、凄い差だわ^^;






181215日本橋7
(7)
観葉植物のショップのカウンターの植物は、なんともオシャレ!!
一番下の棚はお水がサラサラと流れてるのです~~(@_@;)
画像ではわかりませんね^^;  小さな観葉植物も多くて、次はここでゆっくり過ごしたい思いです。





181215日本橋8
(8)
ここは、海苔、お茶で有名な・・・「山本山」
昔からこの場所にあり、店内で無料お試しお茶を頂けたのです。
その場所が高島屋新館に入ったのですね、今時風になりました。
もちろん、今は無料お試しお茶はないでしょうね。。

思うと、日本橋界隈は銀座と全く違って外国観光客もいなくて静かな賑わいで良い感じがしました。
京橋明治屋辺りから中央通りを日本橋コレドまでは、静かでセンスある散策場所と思います・・(^^)/
この高島屋は中間の場所かしら? 

  1. 2018/12/16(日) 12:30:00|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀座のクリスマス    12月14日撮影

181214銀座1
(1)
いつもの1か月に一度のクリニック後の銀座三越のお花屋さんのお楽しみ撮影です。
ガラス越しですね(^^)
やはり、クリスマスムードのアレンジ!





181214銀座2
(2)
クリスマスツリーを模したアレンジメントの高さは左の胡蝶蘭と比較しますと1.5mほど。
右側のはガラス(プラスチック?)に入ってるのです。
アイデアも良いけれど、この容器があることが面白いですね。
このようなアレンジ商品をお買いになる方っていらっしゃるのかしら?といつも思います。
お値段も見ませんでしたが高いでしょうね。  銀座の夜の世界のお店かしら?
銀座という場所柄、お店のディスプレーでいいのかもね。。。





181214銀座3
(3)
こういうのも・・・インスタ映えっていえるでしょうか? ブログだけど^^;  ブログ映え^^;
お花の色がクリスマスムードで周りにブラック、ゴールド、シルバーでクッキリ綺麗(^^)





181214銀座4
(4)
こちらは、もう華やかそのもの!! 
クリスマスムードの色彩のセンスあるアレンジ・・・・実力のある方の作品ですね。
私はバックのお店の壁に吊る下げられてるドライフラワーのバックボケもお気に入りです(^^)/

このガラス越し撮影のほんの少しくもったり、歪み、ボケ感じって、私的には好みで面白いです(*^_^*)





181214銀座12
(5)
お店の外には、シクラメンの鉢の販売です。
フラワースタンドの高さの違いがあり綺麗ですね。

帰宅してる途中で大切な買い物を忘れてるのに気づきました。
戻るのも面倒。。。今日は違うデパートに行きますが、またお花売り場が楽しみです。
  1. 2018/12/15(土) 05:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

シロバナサクラタデ

181212シロバナサクラタデあ
(1)
シロバナサクラタデ(白花桜蓼) <タデ科 イヌタデ属>  自然教育園にて 11月3日撮影
雌雄異株だそうです。雌雄異株といわれても・・・・どうなってるのかしら?? わかりません^^;
それに、短花柱花と長花柱花とあるようなんです。
何だか、複雑!! まぁ、好みですし、とても綺麗に撮りたく時間をかけて撮りましたが。。。。^^;
自然教育園では、昨日までアップした池の湿地帯に群生してます。
検索しますと、葯がピンク色で可愛らしいのもあるようですが、ここのは葯も白色です。
葯がピンク色も可愛らしく、これから出会いたいですね(^^)/






181212シロバナサクラタデい
(2)







181212シロバナサクラタデう
(3)







181212シロバナサクラタデえ
(4)







181212シロバナサクラタデお
(5)





≪追加  午前9時22分≫
今日は朝から快晴で富士山は見えてましたが、今は風が強くて室内にいてもビュウビュウと音が聞こえます。
ということで、風が強いので富士山が綺麗にみえてます。
バルコニーは今工事で出られないのでリビングからの撮影。 
窓に貼ってあるUVカットフィルムも耐用年数8年と言われてましたが、、、。
8年目からじわじわとガラスフィルムがよれてきて、貼り替えの見積もりをしたら結構なお値段!!  
13年目になり・・・悲しくもリビング全面のガラスフィルムがよれて風景がにじんでる感じ^^;。 我慢してましたが、  
今回のマンション外壁工事に伴い来週はリビングのガラスフィルム(紫外線UVカット、遮熱カット)の貼り替です。
右側が霞んでる状態はそんなガラスフィルムになってるからです^^;

181214富士山1
(1)
佃からの富士山方向の眺め   午前9時20分撮影





181214富士山2
(2)
富士山を望遠レンズで、トリミング  午前ン9時22分撮影

窓からはマンション外壁工事のゴンドラロープがユラユラと・・・。
今日は危ないもの・・・・工事はお休みだと思いますが。。。
≪追加 午前10時45分 
何とゴーゴーと風音があるのに・・ゴンドラに乗って工事職人さんが私の目の前に~~(@_@;) 凄い!!≫

  1. 2018/12/14(金) 05:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ツリフネソウの果実、種子

181212ツリフネゾウあ
(1)
ツリフネソウ(釣舟草)の果実  <ツリフネソウ科 ツリフネソウ属> 自然教育園にて  11月3日撮影
最初見た時は何かしら??
昨日アップしましたアキノウナギツカミ、ミゾソバに絡まってるので、それらの実かしら??と。
右上の干からびたような白い花びららしき片。 左上にはバックボケでピンク色っぽい干からびた花びら?
一昨日にアキノウナギツカミとミゾソバを調べてる時に気が付きました~(^^)/ 
最初はキツリフネの果実と思いましたが、ツリフネソウの果実のようです。




181212ツリフネソウい
(2)
それにしても輝く・・・・繊細オブジェ。 





181212ツリフネソウう
(3)
これは、もう、ガラス細工か飴を伸ばした飴細工、オシャレなガラスで出来たペン先!
果実は、長さ1〜2cmのようですが、今は、もっと長く思ってしまいます。
この中に種子が入ってます。





181212ツリフネソウえ
(4)
(3)の果実が、熟すとちょっとした刺激で果皮が5片にはじけてクルクルと巻き、種子をはじきとばすようです。
私が撮ってる時に何だかわかりませんが・・・・何かが触れたのかしら??
私!! さわってませんけど~~~!!  アラッ!!  地面に落ちた!!





181212ツリフネソウお
(5)
せっかく落ちたのですから、記念にパチリ!!
と、このように何が何だかわからないで撮ってました^^;
果皮と種子です。
でも、よい被写体だわ~~(*^^)v  ツリフネソウの果実!!





181212ツリフネソウか
(6)
ツリフエンソウの花  自然教育園にて 2006年10月18日撮影  
キツリフネの果実と思ってましたが、2006年10月18日にアップしてた記事をみますとツリフネソウのようです。
「池がツリフネソウ、ミゾソバ、アキノウナギツカミ、ノコンギク、ススキなどで埋め尽くされてました・・・(@_@。」
という記事ですが、よく写真を見ましたら果実が成ってますね(^^)

  1. 2018/12/13(木) 05:00:00|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

アキノウナギツカミ、ミゾソバ、ママコノシリヌグイ

181211-アキノウナギツカミ1
(1)
アキノウナギツカミ (秋の鰻攫) <タデ科 イヌタデ属> 自然教育園にて 11月3日撮影
池の縁の湿った場所にいろいろな花が群生していて、
名札にアキノウナギツカミとミゾソバがありましたが入り乱れていて、その場では何が何だかわからず。
どれも開花してませんが、とりあえず蕾だけでも撮りました。 後日行ってみようと思いつつ。。。。
昨日、やっと、腰をあげて調べました^^;  
アキノウナギツカミはタデ科ですので、(4)のミゾソバと蕾が似てます。





181211-アキノウナギツカミ2
(2)
アキノウナギツカミの葉は、卵状披針形~長披針形、葉先は鋭頭、基部が矢じり形で茎を抱いてます。
花が葉と茎の間にちょうど挟まってますね(^^)





181211-アキノウナギツカミ3
(3)
アキノウナギツカミの茎です。
下向きの短い刺が多くて・・・やはり、鰻がつかめそうです(^^)





181211ミゾソバ1
(4)
ミゾソバ(溝蕎麦) <タデ科 イヌタデ属>   自然教育園にて 11月3日撮影
撮影当時は名札があってもミゾソバとアキノウナギツカミの区別が分かりませんでした^^;
蕾は似てますが、葉の形が全く違うのですね。
葉は卵状ほこ形で4〜10cm、先は鋭尖形です。




181211ミゾソバ2
(5)
ミゾソバの花柄には腺毛がありますが、アキノウナギツカミにはありません。






181211-ママコノシリヌグイ1180921-a[1]
(6)
ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い) <タデ科 イヌタデ属> 野川公園自然観察園にて  9月17日撮影
9月22日にアップしてますが、再度登場です。
アキノウナギツカミとミゾソバの花に似てますが、葉が各々違います。 忘れないための再度登場です~(^^)/
これは、きちんと開花してます~~。 ↑の2種類もこのような感じに開花するのですが。




181211-ママコノシリヌグイ2
(7)
ママコノシリヌグイの葉は、三角形または長三角形、長さ3〜6cm、鋭尖頭で、葉柄は長くて逆刺があります。

以上、面倒でしたが、違いがわかりました(^^)/  でも 来年も同じことを調べるでしょうね^^;

  1. 2018/12/12(水) 05:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

フユサンゴ、ヒメリンゴ、イヌタデ


(1)
フユサンゴ(冬珊瑚 )の実  <ナス科 ナス属>  佃 鉢植え公園にて 10月27日撮影
今日から暫く写真整理です。 振り返って10月27日から、撮ったけれど、惜しくもアップしなかった写真です^^;
このフユサンゴの実は綺麗に3種類の色が・・・緑色、黄色(オレンジ色)、赤色
お花を一緒に入れたくて何枚も撮ってみましたが、残念!!  実が可愛らしい(^^)
花は葉の裏にあるのですが、あと少しで実と一緒に撮れそうなのに~~^^;






181210-2.jpg
(2)
フユサンゴ(冬珊瑚 )の花  <ナス科 ナス属>
佃 鉢植え公園にて 10月27日撮影
ナス科の特徴・・・白い花びらが反り、バナナの形の黄色の葯と長く突き出た柱頭がみえてます。






181210-3.jpg
(3)
ヒメリンゴ(姫林檎)  <バラ科 リンゴ属>  佃 鉢植え公園にて 10月27日撮影
この公園には盆栽仕立ての鉢植えでヒメリンゴが数鉢あり、何度も撮影してるのですが
過去歴をみると・・・お初でした ^^;  登場させねば!! 
もちろんお花はバラ科ですから可愛らしいし、果実までの過程も可愛らしいのですが~。





181210-4.jpg
(4)
イヌタデ(犬蓼) <タデ科 イヌタデ属> 佃ポンプ場あたり 10月25日撮影
イヌタデの群生も見かけなくなりました。 この場所では結構な群生。
で!! 開花してる花撮影を試みて・・・ボツが多くてガッカリしたのでした。
でも 群生は可愛らしですし、場所を覚えておくためにアップ(^^)/





181210-5.jpg
(5)
鉢植え公園へ行く途中に出会った野球少年軍団(^^)
地域の野球場へ自転車で移動中なのね、可愛らしいのでパチリ(^^)/
まだ、小学校低学年でしょうね~~(^^)  きちんと青信号ね!!
中央区はこのように広い歩道が多いので安心です。

  1. 2018/12/11(火) 05:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメナモミ


(1)
コメナモミ(小雌菜揉) <キク科 メナモミ属>
木場公園都市緑化植物園にて 12月2日撮影
植物園の帰化コーナーでは、ほとんどお花が咲いてなくて、土が柔らかく耕されてる状態の中
コメナモミだけが目立ってました。





181208-3.jpg
(2)
2か月前はコメナモミを撮りたくて探しましたが、
今回は・・・「どうぞ、撮って~」と言わんばかりにコメナモミが目立つ状態。





181208-1.jpg
(3)
2か月前には無かった名札です。
「帰化コーナーなので帰化植物意外の植物の名札は立てない」とのことでしたが
「日本」の文字が在来という意味でしょうかね~。
コメナモミは、公園等には咲いてないので、有り難い対応だと思います。





181208-4.jpg
(4)
2か月前と比べると花びらは目立たず、総苞片5本が長く、腺毛も目立ちます。





181208-5.jpg
(5)
筒状花と舌状花からなる花ですが、舌状花は赤黒く枯れてる状態。
黄色い筒状花がちょこんと可愛らしいです。
12月には果実になってもおかしくないようですが、果実の準備にかかってるようです
やはり、腺毛が魅力!!  腺毛のドアップは・・・・こちら





181209.jpg
(6)
午後2時頃に木場公園を出ようとすると、続々とスマホを眺めながら公園へ入ってくる人達。
私も以前は楽しんだ・・・ポケモンのゲームをしてるのね(^^)  まだまだ楽しんでる方はいて
結構、シニアも多いのです。 ポケモン等の出没は歩かなくては出会わないので良い運動になるのですね。
80代かしらと思う方もスマホを熱心に。 微笑ましく思いました(^^)/
  1. 2018/12/10(月) 06:30:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

映画「ボヘミアンラプソディ」を2度、見ました(^^)/


(1)
昨日は映画を見に東京ミッドタウン日比谷へ行きました。
12月1日(日)は木場シネマで「日日是好日」、5日(水)は吉祥寺で義姉と「ボヘミアンラプソディ」を見ました。
昨日は東京ミッドタウン日比谷に入ってるTOHOシネマズ日比谷で「竹内まりやシアターライブ」を
午前10時10分から見て、午後は葛西臨海公園へ花撮影の予定でした。
この3本はぴぴさんが先週3本見たという情報で、私も今週中に3本を見ようと思ったのでした。





181207-2.jpg
(2)
やはりTOHOシネマズ日比谷は最新のシネマですから気持ちがいいです。





181207-3.jpg
(3)
ロビーも広々。
午前10時10分から、「竹内まりやシアターライブ」は画質、音響共に大満足でとっても楽しめました。
石川さゆりの「ウイスキーが、お好きでしょ 」をカバーしてたのね(^^) 好きな歌、CMです。

「ボヘミアンラプソディ」は数週間前にTVで映画の内容などの紹介があり、とても見たかった映画でした。
でも、吉祥寺で見た時は、ちょっとガッカリ。。 画質が粗くて、暗くて、音響は・・・もう、さらりとして胸に響かない。。。
今時の椅子ですが前の人の頭が見えて、隙間から見る感じ。。こんなの何年も見てないわ~~!!
義姉の左の人は半分寝てたと、私の右の人は最後は嗚咽。。。。 私はガッカリ感。
帰宅後、主人が「TVのキャスターが最後の27分間は泣けたと言ってたよ」と。
息子・・・「先輩が見て、泣けたって・・・音響が影響あるからな~~」と。 

昨日はTOHOシネマズ日比谷での「竹内まりやシアターライブ」はルンルン始終笑顔で大大満足でしたので、
ふと、もう一度、このTOHOシネマズでクイーンの「ボヘミアンラプソディ」を見てみようと思い決定! 
ちょうど12時からのがあり、見ました~(^^)/
超度迫力!! 画質、音響ともに、なんと吉祥寺と違う事か。 最後の20分ほどは涙!! もう一度見たいと思いました。
帰宅後、主人・・「どうもおかしいと思ったよ」と、  息子・・「昨日のNHKのクローズアップ現代で評判を解説してたよ」と。
それで、私はNHKのオンデマンドで6日の「クローズアップ現代」を見ました。
私は契約してるWOWOWのオンデマンドは無料ですから毎日楽しんでるのですが、HNKのオンデマンドは初めて。
¥108かかるのですよね~~。  視聴料、支払ってるのに。。
クイーンの映画「ボヘミアンラプソディ」はとにかく、今流行ってるのです。
TVのCMのBGMではクイーンの曲が凄く使われてます。
いろいろと感動を書きたいけれど・・・・^^;  ここまででも長いわ。。。





181207-4.jpg
(4)
ロビーからは秋の気配の日比谷の風景。  春の風景は・・こちら





181207-5.jpg
(5)
ロビーからの皇居の緑とお堀、銀杏の街路樹。





181207-6.jpg
(6)
6階のテラスには大きなクリスマスリースが飾られてました。

TOHOシネマズ日比谷には13スクリーンあり、「ボヘミアンラプソディ」は4スクリーンです。
4スクリーンは少しづつ、値段が違っていて、プラス¥500は最高画質、音響となり・・・最高!!
その中の1スクリーンは夜1回だけで、胸アツ”応援上映といって、
会場内皆で一緒に歌ったり、拍手、手振りなどで楽しむそうです・・・どうにかして行きたいと思います(^^)/

  1. 2018/12/08(土) 05:00:00|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ヤマジノギク

181206-1
(1)
ヤマジノギク(山路野菊) (別名:アレノノギク) <キク科 シオン属>
東京都立薬用植物園にて  12月1日撮影

ヤマジノギクですが園芸種だそうです。
12月1日の朝に平家蟹さんのブログでヤマジノギクを拝見して、
その日に、この植物園に着いたら、入口に腰高プランターに沢山のヤマジノギクで迎えてくれて・・・ビックリ!!
その時は、夢中で撮影してましたが、自宅でジックリ画像を見ると野生のヤマジノギクでなくて園芸種でした。
看板がありました。
「野生の花を大分県農林水産研究指導センター花き研究所で、50年以上前から品種改良を重ねて開発したものです。
公益社団法人東京生薬協会が2015年から大分県杵築市と提携協定を締結して、生薬栽培指導を行ってる関係で、
展示用として特別に譲渡してもらってます」
ふ~~む・・・生薬にとても有効なのかしら??





181206-3.jpg
(2)
蕾が沢山あり、これからも楽しめそうですが、野生のヤマジノギクの花色は白っぽいのですが
薄紫色とピンク色を展示してますとありましたが・・・・これはどちらか??






181206-4.jpg
(3)
これはピンク色のヤマジノギクだと思います。
筒状花が全開して葯筒からの柱頭も可愛らしく、舌状花の雌しべも見えてます。





181206-5.jpg
(4)
こちらは薄紫色のヤマジノギクで筒状花も若くて葯筒からの柱頭は鉛筆状態です。





181206-6.jpg
(6)
どの花にも蜂が蜜を吸っていて撮影にお邪魔。  相当甘いのかしら?  蜂だらけ。。。
(ニホンミツバチ(トウヨウミツバチ)でしょうか? もっともなじみ深いハチのひとつという記事ですが
私は、あまり見たことがない蜂です。 大きくて13mm前後。 払いのけ、払いのけの撮影でした。


  1. 2018/12/07(金) 05:00:00|
  2. 紫:優雅、威厳、みだら、不安
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

サンシュユの実


(1)
サンシュユ(山茱萸)の実 (別名:ハルコガネバナ、アキサンゴ、ヤマグミ) <ミズキ科 ミズキ属>
東京都立薬用植物園にて  12月1日撮影

サンシュユは落葉小高木ですが好きな木です。今までにご自慢の写真があるのです(*^^)v
別名・・・春黄金花(はるこがねばな)という名前があり、 早春の光で黄金色に樹皮が輝くのです。
また、花を咲かせ遠目に木々全体が光を浴びて黄金色に輝く、近所の隅田川の風景も好きです・・・こちら
ところが、この薬用植物園の実の大きさには驚きました。 
近所で見る実の約1.3倍ほどの大きさです。 別名にヤマグミとありますが、グミの実にも似てます。





181205-2.jpg
(2)
まだ葉が落ちてない木もありますが、葉がありますとサンシュユと分かりやすいです。





181205-3.jpg
(3)
葉の落ちてる数株の木々を引いて撮ってみました。
この様なサンシュユの実の光景は初めてです。
とにかく実が大きいのですから。





181205-4.jpg
(4)
更に引いて撮影!!  凄いとしか言いようがありません!! さすがに別名・・・アキサンゴ(^^)
薬用植物園ですから、栄養良く肥料も良いのでしょうか?
「薬用としては果実が赤く熟した頃に収穫して、実から種を取り除き、乾燥した果肉が山茱萸と呼ばれる生薬になる。
これを民間療法として果実酒にしたものは古くから滋養強壮や疲労回復のとして利用されている」
今回、初めてサンシュユを薬用植物として強く意識しました。


  1. 2018/12/06(木) 06:02:12|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

アマ

今日は東京都立薬用植物園で撮影した花アップです。
訂正があります、11月26日にアップの記事ですが、東京都立薬用植物園のお休みが
日曜日だとブツブツ言ってましたが、お休みは月曜日でした。
昨日、リーフレットを読んでいて・・・あらら??と思い、検索しましたら、きちんとホームページも
お休みが月曜日でカレンダーが赤色、緑色のハッキリとした色で表示されてました。
ホームページで検索したのですが・・・・何だったのかしら・・・^^;  訂正します(^^)/



(1)
アマ(亜麻) (別名:ヌメゴマ(滑胡麻)、一年亜麻、アカゴマ)  <アマ科 アマ属>
東京都立薬用植物園にて 12月1日撮影

アマ(亜麻)といえば・・・・ヴィレッジ・シンガーズの「亜麻色の髪の乙女」でしょう~(^^)

「亜麻色の長い髪を 風がやさしくつつむ 乙女は胸に白い花束を 羽のように丘をくだり
やさしい彼のもとへ 明るい歌声は恋をしてるから~~」

若い方はカバーしてる島谷ひとみさんをイメージされると思いますが・・・・
皆さん・・・ほとんど同年代のようですので・・・たぶん誤差プラスマイナス10・・・^^;
ヴィレッジ・シンガーズでしょうか(^^)






181204-2.jpg
(2)
お初のお花です~。 花径1cmほどの小さな花で、このような綺麗な淡いブルーで可愛らしのです。
でも、今まで、亜麻色というと、この文字色のような色、あるいは金髪のイメージです。
お花が、この色とは驚きました。





181204-3.jpg
(3)
日本における亜麻色の知名度は、
フランスの作曲家ドビュシーの「亜麻色の髪の乙女」という前奏曲に起因しているそうです。
クラッシック通の方であればご存知なのでしょうか? 私は全く知りませんが(・.・;)
亜麻色という言葉の響きは・・・いいですよね~。





181204-5.jpg
(4)
と、亜麻色のことばかりの記事ですが・・・アマの花説明が検索しても無いのですよね~^^;
Wikipediaの・・・アマ(植物)はありますが、花が可憐なことや栽培が容易なことから園芸種も多いそうなのですが。
花びら、蕊、葉は見ての通りです・・・^^;   とっても可愛らしいお花(^^)
原産地は中央アジアといわれていて、日本では江戸時代に種を薬として使うために限られた範囲で栽培され、
明治から昭和初期にかけて繊維用に北海道で広く生産されたそうです。
用途は、繊維(リネン、麻布)、軟膏の原料、絵具、印刷用インキ等。
利用部分は、茎の繊維、種子の油(亜麻仁油)





181204-6.jpg
(5)
撮影としては、この感じが好みです~~(^^)

  1. 2018/12/05(水) 05:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ツルソバ、ホトケノザ


(1)
ツルソバの実 (蔓蕎麦)   <タデ科  イヌタデ属>  
木場公園都市緑化植物園にて  12月2日撮影
茎は長くのびて枝を分け、地に伏して蔓状になるか又は直立し、長さ約1 mで無毛です。
でも赤い花茎には腺毛があるそうです。
数個の花が枝先に頭状に集まり、密な総状花序になります。






181203-2.jpg
(2)
黒いのは果実でしょうね。 白いのは蕾??
曇天でしたので花が開花してなかったということでしょうか?
タデ科ですから開花してたら可愛らしいのですが(^^)
蕾が沢山あるのに、既に黒い果実が成ってるのが不思議です。
花期は5~11月だそう長くてゆっくりですね。






181203-3.jpg
(3)
蕾だけでも綺麗に撮ってみようと(^^)
花びらは萼(花被)で5裂し、白色または薄紅色で長さ3-4 mmです。
11月5日に来た時はツルソバは何も撮ってません。 蕾もあったのかしら?
目にとまりませんでした。。。

 



181203-4.jpg
(4)
ツルソバの花後の果実は花被が肥厚し、液質になり、暗黒紫色に熟すし、痩果は黒色、長さ約3㎜の3稜形、光沢はない。
帰化コーナーにありましたが帰化植物なのかしら?  本州(伊豆半島、紀伊半島)、四国、九州、沖縄、
中国、台湾、インド、ブータン、ネパール、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、タイ、ベトナムなでで咲くそう。






181203-5.jpg
(5)
ホトケノザ(仏の座) (別名:サンガイグサ)  <シソ科 オドリコソウ属>。 
木場公園都市緑化植物園帰化コーナーにて  12月2日撮影
一年草あるいは越年草なのですね。 花期は3月から6月だそうですが
早くも沢山咲いてました。 1日に行った東京都立薬用植物園でも咲いていて驚いたばかり。
薬用植物園では自然に咲きだしてたようですが、帰化コーナーでは整然と綺麗に縦一列に植栽されたようです。
帰化コーナーに整然と植栽というと帰化植物とみなしてるのか?
名札無しでしたが・・
「分布はアジアやヨーロッパ、北アフリカなどに広く分布する。
日本では、北海道以外の本州、四国、九州、沖縄に自生する。 道端や田畑の畦などによく見られる雑草である。」だそう。


★いつも、訪問して下さり、いろいろと教えてくださってる「平家蟹さん」が
  あたらしいHP「秋吉台の花々」を作成されました。
  花々、及び、果実の写真と記事が詳細で素晴らしいです。
  まだまだ、途中だそうですが、沢山の情報がありますので、参考にさせて頂いてます。
  ご興味ある方は是非ご訪問を(^^)/
  1. 2018/12/04(火) 08:27:25|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

昨日の楽しい一日


(1)
昨日はお墓参りに行きました。23日が実母の月命日ですが先月は行けなくて昨日の2日になりました。
先月の30日に義姉の介護の心配がスッキリとしたのか、久々に気持ちがゆったりとしてお墓参りも気持ちが入りました(^^)
この紅葉はお寺の境内です。
東京都江東区の深川江戸資料館通り沿いにあります。
今は「清澄白河」の観光名所となり、「深川丼(アサリのむき身が入ってます)」のお店もあったり、
また、不思議なのですが・・・お洒落なカフェが増えてます。






181202-2.jpg
(2)
お寺の並びに7~8年前からかしら? この紅茶専門店「TEAPOND」が出店された時は驚いてしまいました。
何故、この下町にこのようなオシャレなお店が・・・・売れるのかしら?と心配しましたが
土日は観光客で賑わい、私はコーヒー派ですが息子は紅茶派なので、このお店の愛用者です。
心配無用でした。 それから、じわじわとオシャレな町になりつつあります。 お寺の町がね~~。。





181202-3.jpg
(3)
いつも素敵なのですが、昨日は楽しいクリスマスのウインドウとなり気分の良い私は更に笑顔(^^)





181202-4.jpg
(4)
期間限定販売の紅茶のティーバックのようです。





181202-5.jpg
(5)
いつのまにかお隣のお店がオシャレな和食器のお店にまでなり、
ウインドウに可愛らしいクリスマスの絵付けのお箸置きが3つセットです・・・我が家の為かしら?・・・ゲットしました(^^)/
向かいの昔ながらの佃煮屋さんの隣は素敵な美容院に。 お寺の町が変化していってます。

その後は木場公園でお弁当、都市緑化植物園の帰化コーナーでお花撮影。
お花はとても少ないのですが、土が柔らかくホンワリし、名札も新しい季節を迎える準備も整えたようです。
枯れた植物を綺麗にしてさっぱりしてるので名札が目立ち、これから何が咲くのか名前確認が出来ました。
撮影したお花のアップは明日です(^^)/

その後は、木場シネマで映画を見ました~(^^) 2時20分から4時15分まで。
ぴぴさんから教えて頂いた映画、 「日日是好日」 ・・・黒木華、樹木希林、多部未華子らの茶道教室の物語
私の実母が煎茶道を52歳ころから亡くなる86歳まで30年以上も独り暮らしで、お稽古し、教えてもいたので
ぴぴさんから他の映画も教えて頂きましたが、お墓参りの後ということもあり、実母を偲び、この作品を選びました。
私も20歳から8年間はお茶のお稽古、実母がお煎茶のお稽古をはじめた頃に私も3年ほどお煎茶をお稽古しました。
映画でも主人公は20歳からお稽古を始めてますし、先生の樹木希林さんは86歳の役柄ですから、何かしら・・ご縁が。。
映画は最初の映像、水の流れで鳥肌ものの鮮烈から始まり、
淡々と静かなお茶室の中でのお稽古なのですが、茶道経験者ですと笑える場面が沢山(^^)
一場面だけカラオケで黒木華と多部未華子が歌うのがユーミンの「真夏の夜の夢」・・・・・。
私のカラオケでの十八番(^^)/  エッ~~!! 驚き!! 歌を選曲したのはどなた? 原作者? 脚本家? 監督? 
ぴぴさんの映画情報も昨日の朝、知ったので・・・不思議なありがたい情報でした(^^)/ 
「日日是好日」 良い言葉ですね。 ありがとう~~。
ぴぴさんとは介護などの話題でいろいろとあり近い時期に飲みランチです。
ぴぴさんは、先週3本の映画を見てるので、私も今週中に挑戦しま~す(^^)/

この数か月が嘘のような楽しい一日だったのでした。 長々とお付き合いありがとうございました<(_ _)>
  1. 2018/12/03(月) 05:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ツルウメモドキ


(1)
ツルウメモドキ(蔓梅擬)  <ニシキギ科 ツルウメモドキ属>  東京都立薬用植物園にて  12月1日撮影
やっと念願の植物園へ行ってきました。 薬草だと思ってたら、薬用植物園でした。
我が家からですと地下鉄で高田馬場経由で簡単でした。 それに駅の隣(^^)
入口に、見頃情報の看板に見たかった「ツルウメモドキの実」の写真と場所が記してあり早速撮影!!
とても可愛らしいですね~(^^)  果実は径1.5cmほどなのです。
果実は秋に淡黄色に熟し、3つに裂開し、鮮やかな橙赤色の仮種皮に被われた種子が現れるのです。





181201-2.jpg
(2)
落葉つる性木本で、花は雌雄異株。5月 ~ 6月頃に開花し、淡緑色の数mm程度の小さく地味な花弁が5個つくそう。
来年はお花撮影を忘れないように。。。
小石川植物園にもあったのですね。11月25日に行った時には気が付きませんでした^^;
あらっ! お初だと思ってましたが・・・10年前に小石川植物園で撮影して アップ してました^^;





181201-3.jpg
(3)
全体的には終盤のようで萎んでる実が多かったのですが、出会えたので充分です。
とてもお気に入りの写真です(^^)
愛読書では名前にとてもお怒り! 
「”モドキ”は、同じではないが、そっくりという意味。差別的な感じがして芳しくないと思っている~~
美しい実とタネを鑑賞できる低木なので、”モドキ”は不要と思う。」 途中では「怒りたくなる」とまで。
「ウメモドキ」という木もあるけれど。。。






181201-4.jpg
(4)
葉も残ってる木がありました。
葉は互生し、長さ5 ~12 cmで葉柄は2cm前後で
幅の広い卵形から倒卵型もしくは円形、浅い鋸歯は波型で丸い形状をしており、名の通りウメやウメモドキにてるそう。


  1. 2018/12/02(日) 09:05:10|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ヒヨドリバナ、マルバフジバカマ  赤塚植物園にて 11月13日撮影


(1)
ヒヨドリバナ(鵯花) <キク科 フジバカマ属>
ヒヨドリバナとフジバカマが似てる花で、あまり撮らなかった花ですが・・・ヒヨドリバナです。
サラッと撮ったので名札も探さなかったので・・・・今回は調べてみました。葉が違うのですね。
ヒヨドリバナとフジバカマの違いが簡単にわかりました・・・・こちらのサイトさん
葉は2裂して縁にやや荒い鋸歯があります。
今回は葉を撮っておいてよかったわ~~~(^^)/





181129-3.jpg
(2)
今まで苦手だったヒヨドリバナの花のドアップを可愛らしくと試みたのですが・・・これしか良い感じが撮れてません^^;
キク科ですが舌状花がなくて、筒状花の先は5浅裂し、花柱の先が2岐して伸びてるはずなのです。
本当にキク科をお勉強して良かったと思いますね~~。





181129-4.jpg
(3)
マルバフジバカマ(丸葉藤袴) <キク科 アゲラティナ属(ヒヨドリバナ属)>
フジバカマ は古い時代に中国から渡来したそうですが
マルバフジバカマは北アメリカ原産の帰化植物。明治時代に箱根で発見されたそうです。
15~25個の白色の筒状花が可愛らしく集まって径2cmほどの花。 頭状花序を多数つけ、遠目にも綺麗!






181129-5.jpg
(4)
マルバフジバカマもキク科ですが舌状花がなくて、筒状花の先は5浅裂し、花柱の先が2岐してます。
ボケてますが~~^^;
フジバカマ、ヒヨドリバナは縦長の花ですが違いますね(^^)





181129-6.jpg
(5)
マルバフジバカマの花後の白色の冠毛のある痩果が良い姿です。
「マルバ」の名ですが、葉が丸いわけではなく、フジバカマに似ていて、
フジバカマでは葉が基部まで3深裂しているのに対して、普通の単葉なので「マルバ」とされたようです。
本当に・・・紛らわしい命名です 。葉が3裂してません。。。
  1. 2018/12/01(土) 11:10:14|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

佃の朝の風景    11月30日撮影


(1)
午前6時19分
佃の天台子育地蔵尊です。
この狭い路地に沢山の銀杏の枯葉を落ちてるのを撮りたかったのです。
沢山の落ち葉でふんわりと埋もれた狭い路地の風景撮りたかったのですよね~~~・・・・。。。
お昼ですとお掃除されてしまい、昨年も早朝を狙ったのですがダメでした。
今年の枯葉は異常で、ここだけでなく東京駅からの八重洲通りの銀杏も
黄色というよりも茶色の本当に枯れた状態。。。
今年も何度も見に行ってたのですが・・・残念、今年は断念してこの場も撮り終わり。






181130-2.jpg
(2)
午前6時23分
せっかくですので佃一周へ。
まず、佃堀からの高層タワー群。
薄暗いので見えにくいですが手前に赤い佃小橋。
私が撮影してる場所は公園で、毎朝6時半からラジオ体操があります。
一時期、行ってたのですが・・・・・^^;  
皆さん、続々といらっしゃっていて準備体操を始めらられてる方も(^^)





181130-3.jpg
(3)
午前6時30分
佃公園





181130-4.jpg
(4)
午前6時36分
佃リバーシティ管理棟




181130-5.jpg
(5)
午前6時40分
13年前に8年間住んでたマンション入り口





181130-6.jpg
(6)
午前6時46分
中央大橋から隅田川の奥に永代橋(現在補修中でカバーがかかってます)と東京スカイツリー





181130-7.jpg
(7)
午前6時42分
中央大橋から隅田川の向こう岸の明石町の聖路加タワー・・・大好きなデザインのビル(^^)





181130-8.jpg
(8)
午前6時46分
石川島公園では既に枯葉のお掃除がされていて枯葉の山があちらこちらに。





181130-9.jpg
(9)
午前6時49分
太陽が昇ってきました。 好きなベンチと共に(^^) 水面は晴海運河です。
佃島で隅田川は2分岐され、本流の隅田川と晴海運河に分かれます。




181130-10.jpg
(10)
午前6時52分
晴海運河川面の太陽の反射も綺麗です。





181130-11.jpg
(11)
午前6時54分
誰も居ないと思うでしょう~(^^)
ところが・・・ワンちゃんお散歩の方々が多いこと(@_@;) 仲良しグループでおしゃべりが楽しそう(^^)
ジョギング、ウォーキング、お散歩、沢山の方が朝を楽しまれてました。

今日はこれから義姉宅へ。  最近、いろいろとあり、25日、28日、と今日です。
普通はこれほど行ってませんよ。 最近だけです。 
片道1時間半ですので、用事を終えて東京薬草植物園へと思いながら行くのですが、やはり、無理で残念。
今日は、自立型老人ホームにいる義姉が、要介護1から要介護2になったので、
ケアマネさんと介護保険ヘルパーさん、民間ヘルパーさん、義姉の兄と私と義姉の6人で
「これから快適に毎日が過ごせるようにする会議」があり外出です。
これで、少し今後の暮らしが変化するかしら?? 行ってきます(^^)/
  1. 2018/11/30(金) 09:42:18|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ

プロフィール

メロン

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

リンク

RSSフィード