FC2ブログ

メロンのゆったりフォト

佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪

猿江恩賜公園散策     2月18日撮影


(1)
昨日は猿江恩賜公園へ行ってきました。
2月16日に猿江公園でいろいろな鳥に出会えたという情報を頂きました。
エッ~~!! 私、今の住まいの前は猿江公園のそばに13年間住んでました!!
場所は東京の江東区で今の住まいから地下鉄で乗り換えても3つ目の地下鉄「住吉駅」のそば。
大通りの右側は野球場と和風庭園があります。 






190218-b.jpg
(2)
ワァ~~懐かしい! 息子が1歳半から13歳まで住んでいた町の公園です。 
この池の辺に息子が知り合いの田んぼから採ってきたアオガエル、アマガエル??を
育ててたのですが、一匹だし、餌も鰹節だけでは可哀想だから放った場所・・・・私・・・涙。。
さあ~~ここからスマホ撮影でなくて、500mmだわ!  500mmレンズを取り付けて・・・。
ワッ!! 撮影カードと電池が入ってませんでした・・(-.-)
カメラ撮影初めの頃はよくあったこと。
昨日は、本当は用事だったのに少しの時間だけでもと焦ってたのでした^^;
アァ~~ショック!! 鳥はいるのに~~! 
でも近いし~~鳥撮影は又として・・・・気をとり直してスマホでの懐かしい思い出撮影にしました。




190218-c.jpg
(3)
13年間住んでいた赤い塔があるマンションが見えます。
角の部屋でちょうど見えてます~~(^^)






190218-d.jpg
(4)
東京の下町とは思えませんよね~。
猿江恩賜公園は1932年の開園と古く、昔から貴重な緑地として周辺住民に知られていました。
元々この地は、江戸時代から続く徳川幕府による貯木場で、その後、明治政府御用達の貯木場になり、
その後一般の人々に開かれた公園 。






190218-e.jpg
(5)
和風庭園から大通りを渡り大きな公園へ。
プールではないのですが・・・何だったかしら? 貯木場の跡地だからのイメージだったかしら?
手前にじゃぶじゃぶi池があり夏はお楽しみ場所。
スカイツリーは地下鉄で2つ目だったかしら?





190218-f.jpg
(6)
北園のシンボルの時計台の芝生では主人が野球少年でもあったので
息子とキャッチボールで結構楽しんでたのですが・・・主人にとっては残念ながら・・・。
息子は中学からテニス部! 私派となりました(^^)




190218-g.jpg
(7)
向うにテニスコート5面ほどあります。・・と思って一応検索したら8面でした^^;
私は中学生から、ず~~~とテニスガール。 40代で手首を痛めて断念。
マンションでテニス同好会があり、あのテニスコートで楽しんでました。






190218-h.jpg
(8)
一番奥のお滑り台は全く変わらず、ペンキ塗装で綺麗になってました。
息子が3年間通った幼稚園はあの奥です。
3年間、片道15分以上を手をつないで通った楽しい時でしたね~~(^^)






190218-12.jpg
(9)
この公園で小さな雑草にも可愛らしいお花があると気づいたのでした。
幼稚園の送りの帰りとお迎えは私一人ですので、地面を眺めながら、ゆっくりと。
そこから、野草名前調べが始まりました。






190218-i.jpg
(10)
この辺りには春に土筆が沢山生えるので嬉しかったです。
摘んで土筆ご飯、土筆のお浸し(ほんの少し)で楽しみました。






190218-j.jpg
(11)
公園のすぐ傍にあるモスバーガーはその頃、出来たばかりで
友達がライスバーガーを買ってきて初めて皆で恐る恐る食べた時は、美味しく思いました~(^^)
隣が地下鉄「住吉駅」の入口です。

思いがけず、このような昔の生活を懐かしくご紹介してしまいました。
マンションのお友達も皆同じ年代で子育てで楽しい時でした(^^)/

  1. 2019/02/19(火) 01:00:00|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アカバナマンサク、 シナマンサクの仮雄しべ      


(1)
アカバナマンサク (赤花満作) (別名:ベニバナマンサク) <マンサク科マンサク属>
東京港野鳥公園にて   2月14日撮影
今まではベニバナマンサクという名前で別名をアカバナマンサクとしてましたが、
反対に別名をベニバナマンサクとしました。
ベニバナマンサクと検索しますと、ベニバナトキワマンサクのヒットが多いからです。





190217-5.jpg
(2)
ご近所には2本のアカバナマンサクは高さ1.5mほどのか細い木ですが
東京港野鳥公園では5本前後で高さ2m以上の木々です。





190217-2.jpg
(3)
花弁は4枚、萼片も4枚で、雄しべは4本、雌しべは1本です。
花びらが黄色のシナマンサクと構造は同じで花びらの色が赤色・・ということです。





190217-3.jpg
(4)
花びらがシナマンサクと同じでリボン状でクルリンとしてます。





190217-4.jpg
(5)
寂しい感じですがこれから咲くようです。
「四季の山野草」さんの同じ場所での撮影が3月中旬ですが満開のようです。




 

繊細な画像から、強烈ドアップのシナマンサクの世界となります(^^)/
繊細な世界で終わりにされたい方はここで終わりにしてください^^;



190217-10.jpg
(6)
シナマンサク(支那万作) (別名:キンロウバイ(金楼梅)
<マンサク科マンサク属>  ご近所にて  2月9日撮影
2月11日にアップしましたが、この時にシナマンサクには雄しべの他に
仮雄しべというのがあり先が切形らしい・・・という記事にしました。
仮雄しべが気になって・・・・





190217-6.jpg
(7)
同じ木の4日後の2月13日のシナマンサクの花を見ましたら・・・。
4本の雄しべの間に赤いヌメリ感のあるのが仮雄しべかな?と思いました。
花が成長すると出てくるのでしょうか?






190217-7.jpg
(8)
少しのお花を摘んできまして自宅で(7)もジックリと撮影。
それでお花をですね~~すみません~半分にスパッと切って構造をみたく。。
でもお花って柔らかくてスパッといかず・・・包丁でもグニャ。。。
仮雄しべも分からない状態に^^;  
その代りに気になっていた「子房は密に毛がある」・・・それは観察できました。

参考サイトさん・・・・こちら
  1. 2019/02/18(月) 01:00:00|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

浜離宮の風景とギンモクセイ、ウスギモクセイについて   2月16日撮影


(1)
昨日は午前中2時間だけの浜離宮散策でした。
目的は・・「ギンモクセイの果実」の撮影でした。
どこにあるかは、ある程度わかってたつもり!
過去ブログにお花撮影があります。
中央奥のタワーは我が家の隅田川向こう岸にある聖路加タワーです。





190216-2.jpg
(2)
菜の花畑も盛りになってました。
梅も花が咲いてたら、メジロとのコラボと思い500mmレンズも持参。
でも、梅の花は少しだけでしたのでメジロを待つのは止めて、とにかく、ギンモクセイ探しです!!





190216-3.jpg
(3)
途中で・・・なんと素敵な被写体!! 美しい~!
これは何でしょう~~(^^)





190216-4.jpg
(4)
鳥を追い払うのかしら??
向うのタワーにはお相撲の白鵬さんがお住みです~(^^)





190216-5.jpg
(5)
ギンモクセイがあると想像してた「花木園」では見つからず。。
あぁ~~!! 他となると広すぎて何処かしら~~!!





190216-6.jpg
(6)
左上の建物は数年前に立てられました。
以前は趣ある茶店処のような売店でしたのに。。。




190216-7.jpg
(7)
ぐるりと速足で進み潮入りの池の「お伝い橋」。
今は修理中で通行止めで若い女性が点検してました。
申し訳ないけれど、居なくなるのを待ってら、察して・・・。
切り上げてきてくださいました。 優しい若い女性(^^) それで誰もいない橋をカシャリ!
若い女性はスタッフさんのようでしたから・・・ギンモクセイの場所をお尋ねしました。
やはり、私の思ってた場所でしたが・・「ウスギモクセイ」とのこと。 でも、種類を検討してるらしい。。
そこで立ち話に入り! ギンモクセイの果実の話をすると・・・「果実があるのですか??」
スマホで山小屋さんのギンモクセイの果実の写真をお見せすると・・・「初めてです~~!」







190216-8.jpg
(8)
「そうなんだ~~!」・・スタッフさんも名札については疑問があるようで。。。
元の花木園に戻って探すと、果実はありませんでした。 ガッカリ!!
昔はこの木が「ギンモクセイ」の名札だったと思います。
隣に1本、金木犀の木があります。






190216-9.jpg
(9)
13年前の同じ場所のお花です。 2006-09-23撮影
この時はギンモクセイだったはず。 その後、浜離宮スタッフさんが訂正したのでしょうね。
検索しますとキンモクセイ、ギンモクセイは実はならないそうで実がなるのは
ウスギモクセイのようで、雌株、雄株があるそう。 イマイチ、真実はわかりません。。
ここは1本ですから実がならないのかしら?? 
そんなこんなで、目的の果実発見は成らず!! 






190216-10.jpg
(10)
あの女性は、もちろん私ではありません。 でも私の姿のよう~(^^)
野草を撮るために90mmも重いのに持参しましたが、
菜の花の根元に沢山咲いてる春の野草撮影は時間がなくて帰宅となりました。

でも、どんなでも撮影は楽しい時間です(^^)/


  1. 2019/02/17(日) 01:00:00|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

ツグミ、アカハラ  東京港野鳥公園にて  2月14日撮影


(1)
一昨日は午前中に新横浜公園、午後は、ここ東京港野鳥公園へ行きました。
東京港野鳥公園は行きたいと思いながらも・・・
埋立地で倉庫街でトラックが行きかって人が居ない寂しい場所のイメージでした。
その通りでした^^;  入園料¥300  





190215-2.jpg
(2)
ここはネイチャーセンターでガラス越しに撮影してます。 眺望は、向こう側に倉庫街が難あり。。。。
さすがに入園料があるので、暖房完備、広いガラス越しにソファーがあり、望遠鏡ありで気持ちがよい空間です。
時間の関係で公園の四分の一程度しか行ってません。
入口でジョウビタキとウソのポイントを教えて頂くと「ジョウビタキはメスだけなんです~」と悪そうに。
「メスが好きなので~~」と言うと、笑顔で印をつけてくださいました。
ジョウビタキのメスのポイントで暫く待っていても来ないので、ここのネイチャーセンターに戻り
スタッフさんに同じように質問すると・・悪そうに・・「メスだけいるのだけれど今日は現れてない」と。
また、「メスが好きなんです~~」と。 笑顔で「丸い大きな目が可愛いですよね~~」と。
直ぐ、左側のドア―外がポイントと教えていただきました。





190215-3.jpg
(3)
この木がジョウビタキのメスの巣だそうです。
このあたりに来るそうですが・・・残念、来ませんでした^^;
でも、ベンチがあってバードウォッチングには最高だわ!





190215-4.jpg
(4)
遠くを見ると何か飛んで来たので、カメラを向けると・・・ツグミでした。
地面にいるツグミは葛西臨海公園では当たり前に見てきましたが
枝に止まってるのはお初です!!





190215-5.jpg
(5)
はい! ツグミです。 この枝の中にいるツグミは地面でついばんでる姿よりも可愛らしい・・(^^)





190215-6.jpg
(6)
遠いので、この程度。 でも、ツグミも可愛いのですね~~撮り方によって・・(^^)





190215-7.jpg
(7)
アカハラです。 撮影時はツグミだとばかり思っていて適当に撮ってましたが
もっと撮っておけば良かったわ。。 
500mmレンズでも分かりにくいのですからね~遠いのです!!





190215-8.jpg
(8)
近くが羽田なので葛西臨海公園からの飛行機撮影どころではなく名前もハッキリと分かります。
ほとんどが、JALとANAですが、たまに飛んできたルフトハンザ。
爆音が凄そうに思ってしまいますが、聞こえません。





190215-9.jpg
(9)
この上空が航路変更らしくて極端に90度ターンします。
この角度ですから、皇居東御苑上空でもよく飛行機が見えるのですね。





190215-10.jpg
(10)
見た限り、唯一、翼の先を曲げる操作での飛行機でした。
と、ベンチに日向ぼっこで座ってながらも飛行機撮影とかカモ類、猛禽類が撮れる場所です。
ここに座ってるだけで、何回か来れば必ず、ジョウビダキのメスに出会えると思いました。


  1. 2019/02/16(土) 01:00:00|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

何の鳥でしょうか~~??  


(1)
今日のブログはボケてたり、暗かったり~~^^; 
ここは昨日14日の新横浜公園です。
12日のベニマシコのリベンジと思い1時間早く午前10時に到着!
カメラマンは3名~5名ほどが入れ替わり。 どんより曇っていて風も少しあり寒さもあり。
12日にご近所ご常連さんが、先月は一日に何回も見ることが出来たけれど
餌の実も少なくなってるから、今は1~2回で立ち寄る程度と。
とすると、リベンジも早く・・・と思ったのでした。






190214-2.jpg
(2)
2時間半いましたが、何の鳥も来ないのです~~!! カモもいないし~~!
この鳥が遠くに。。 これぐらいなんです~撮ったのは。。  
ミコアイサはいるらしくて、撮りに行って戻ってくるカメラマンも。
昨日の8時半から3時までいたけれどベニマシコは来なかったと言うカメラマンも・・・凄い!!
12時頃には誰も居なくなり、最後の方が「頑張って~」とカフェオレ缶を(^^)
でも、一人になると、30分で終わり。。
帰宅してパソコンで見ても、この鳥は何??
もしかしたら、ベニマシコのメス?? 
12日にベニマシコが現れたのは11時51分。
この写真は11時57分なんです。 ベニマシコが来てたのかしら??

≪追記 15日午前6時9分6≫
兵頭さんから「ベニナシコノメス」の間違いないとこことでした。
どうもありがとうございます。



190214-6.jpg
(3)
駅の近くの家のお庭で撮影。
この写真も真っ黒だったのですが・・・超加工して、この程度^^;
この鳥も何でしょう? 目が大きいから・・・ジョウビタキのメス? 
何だか、調べても混乱!!

≪追記 午前6時8分≫
兵頭さんから「ジョウビタキのメス」だと教えて頂きました

12時半過ぎなので行ってみたかった東京港野鳥公園へ行くことに。
本当に、どうしてだか、疲れないのです(^^)





190214-20.jpg
(4)
3枚とも暗かったので~~東京港野鳥公園の青空です。
午後2時半頃、お天気になりました。
東京港野鳥公園の撮影は明日アップします(^^)/

  1. 2019/02/15(金) 01:00:00|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

セダム   晴海にて  1月30日撮影

190206-5.jpg
(1)
マンネングサ(万年草)? <ベンケイソウ科マンネングサ属>
晴海トリトンへ行く途中で、ウワッ! 撮りやすそうな苔!!と思いました^^;
近づいてレンズ越しで・・・あら! 違う感じ?? セダム??
高さがⅠcmほどなんです。 腰ほどの高さの位置の植え込みで腰を曲げなくても撮りやすく
面白くなり撮り始めました。
横幅1m、奥行き40cmほどの面積に一杯です。
ミニチュア森のような感じ~(*^_^*)






190206-6.jpg
(2)
このプリプリ感でセダムとわかりますね。
セダムって思いましたが・・・名前が何だか??
昔風ではマンネングサ?? ベンケイソウ??
今は・・「セダム」でオシャレ感覚があります。
お花屋さんでも小さな鉢植えでオシャレ感覚たっぷりで若者にも人気。
学名が Sedum (セダム属)だそうで、多肉植物ですね。
この子達は・・・どうもオシャレな感覚で育てられてる感じでなくて・・ほっぽかされてるよう。。。
でも、それでオシャレ感ありだったらOKですね(^^)






190206-7.jpg
(3)
この赤い小さな葉は私が工夫して置いたのではありません(^^)/
自然とこのような感じ!! クローバーも可愛いらしさを添えてます。






190213-10.jpg
(4)
腰高のコンクリート壁の植え込み全体を撮ればよかったのですが・・・。
これが一番面積を広く撮った写真です。
この驚きべき色彩・・・迷彩というか・・・色の配置がお見事!
自然のなせる技か? 人工的なのか??
ご近所ではセダムは人気で鉢植えが沢山あります。 
これほど小さいのを見たのは初めてでした。
  1. 2019/02/14(木) 01:00:00|
  2. 緑:安らぎ、若さ、自然、平凡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

モズ、ベニマシコ  新横浜公園にて  2月12日撮影


(1)
昨日は初めての新横浜公園へ鳥撮影に行ってきました。
お天気もこんな青空で気持ち良く、知らない公園への道も楽しく~~。
目的の鳥はベニマシコです。
12年前に秋ヶ瀬公園で一度だけ撮ってます・・・こちら





190212-2.jpg
(2)
午前11時に撮影開始です。カメラマンさんは10名ほどでした。
もちろん、皆さん、ベニマシコ目的です。
私は何でも撮ろう的^^;  モズです~(^^)






190212-3.jpg
(3)
また、モズです~(^^)
他にはアオジ、カワラヒラ、オウジュリン、メジロ、シジュウカラ、カモ類、猛禽類などを
撮ったりしてベニマシコを待つこと50分!!





190212-4.jpg
(4)
ついに現れてくれました~~!!
これは遠くの木に止まってるのですが、最初の数分は目の前に止まったのです。
でも、なんと電池切れ・・本当にバカだわ~~! もう一つの電池に変えてらた
このように遠くに木に移ってしまったのですが、去るまで・・・30分もいてくれたのです(^^)





190212-5.jpg
(5)
赤いのがオスで、茶色がメスです。
ずっとペアであちらこちら。 
遠くて小さく、トリミングしてもこれぐらい。。
でも、私的には絵的に気に入ってます(*^_^*)





190212-6.jpg
(6)
最後は向き会って~~(*^^)v
ほんとうに仲がいいのです。
30分間のショーは終わり、カメラマンさんは半分になりました。
私は何とその後も3時まで同じ場所で待ってたのです~~。
自分でも凄いと思うのですが、他の方も待ってるので、同志という気持ちで
気分も楽しく、なんだか無の精神。。 気持ちの良い時間でしたが夕食の6時があり帰宅!!





190212-7.jpg
(7)
午後2時頃からはこんな空で寒くもなってましたが防寒してきたのでOK~(^^)
風があったらダメですが。 
鳥撮影が楽しくなってる日々です。
  1. 2019/02/13(水) 01:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

デンタータラベンダー に雪と、氷   ご近所にて  2月9日撮影

190211-1.jpg
(1)
デンタータラベンダー (別名:フリンジドラベンダー)
ご近所にて  2月9日撮影
東京初雪の日2月9日の撮影です。
昨日アップしましたシナマンサクの近くの好みの場所です。
ラベンダーの香りを真冬にお届けいたします~~(^^)/







190211-2.jpg
(2)
大好きなラベンダーですが、ほとんど一年中咲いてる感じなのです。
雪(氷となってます^^;)がのってると、何もないよりか何となくいい感じ(*^^)v





190211-3.jpg
ラベンダーが嫌いな女性っているかしら?
男性も淡い紫色ですし、香りも眠りによい香りですからお好きでしょう(^^)
ラベンダーといえば・・・北海道富良野でしょう~~行ってます!!
14年も前ですが、ブログ初期にアップしてます~。
記事もコメントもキャピキャピしていて若いわ、懐かしいです・・(^^)・・こちら
もう一度、富良野だけゆっくり行って見たい気持ちです。





190211-4.jpg
(4)
こちらは、雪でなくて・・・粒粒氷ですね・・(^^)





190211-5.jpg
(5)
いつもは撮れない小さなお花も難無く撮れて~~。





190211-6.jpg
(6)
デンタータラベンダーは春から夏に掛けての開花とされますが、株が大きく育ってくれば、
高温と低温時期を避けて咲く四季咲きになっていきます。冬も常緑だそうです。
この群生も、13年以上ですから。





190211-7.jpg
(7)
雪があると~感じいいのです。
何度も撮ってるのですが、全く違って感じます~(^^)





190211-8.jpg
(8)
大好きなラベンダーがいつもよりも綺麗に感じた雪とのよい記念写真となりました。


  1. 2019/02/12(火) 01:00:00|
  2. ハーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

シナマンサク


(1)
シナマンサク(支那万作) (別名:キンロウバイ(金楼梅)
<マンサク科マンサク属>  ご近所にて  2月9日撮影
東京の初雪が降った日に雪とのマンサクを記念撮影しました・・(^^)





190210-b.jpg
(2)
ご近所のシナマンサクの木は2本ありますが、今年は両方とも葉が沢山残ってます。
年ごとに違うようです。





190210-c.jpg
(3)
シナマンサクと言えば黄色のリボン状の花びらが特徴ですが
錦糸玉子のようですよね。 
クルリンとした花びらは少なくて綺麗に伸びた花びらが多かった木です。





190210-d.jpg
(4)
花と葉の感じが面白くて~。





190210-e.jpg
(5)
シナマンサクのドアップで今までで、一番綺麗に撮れたと思います。
黄色の4弁花は長さ1~1.5㎝のリボン状の線形で、萼片も4個で暗紫色というよりも赤色ですね。
花糸は長さ約2㎜、葯はほぼ花糸と同長で、仮雄しべは先が切形らしいのですが、
仮雄しべがどれだかわかりません!! あるのか無いのか?? 花柱は長さ1~1.5㎜で2裂してますね。





190210-f.jpg
(6)
雰囲気が全く違うシナマンサクです。
昨日10日に葛西臨海公園で撮りました。
昨年の葉はほとんど残ってません。
黄金色に輝いてますね~~(^^)





190210-g.jpg
(7)
花びらがクルリンも多くて可愛らしい姿。
10年以上前は、シナマンサク撮影しても葉が残ってなかったように思うのです。
シナマンサクの葉を意識したのは昨年でした。





190210-h.jpg
(8)
この葛西臨海公園でのシナマンサク撮影はタムロン500mmレンズなんです。
雪の日はタムロン90mm。
500mmレンズは、ほとんど鳥撮影でしたが、このように撮れるのであればお花撮影もOKだと思いました。
この写真が一番好きかも。
鳥撮影はですね~~ボツでした^^;
  1. 2019/02/11(月) 01:00:00|
  2. 黄:希望、愉快、明朗、自己中心的
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

昨日の雪景色       2月9日撮影


(1)
昨日は、朝起きて外を見ましたら・・・・あら! 屋根に雪が~。
夜中に雪が降って屋根に雪が積もってましたが、雪は止んでました。
「雪景色を撮りたいわ~」と願ってたら、降ってきました~~(*^_^*)
午前10時40分撮影です。
好きな聖路加タワーが雪でモノトーンに(^^)





190209-2.jpg
(2)
佃の古い町並みの雪景色。
佃煮屋さん通りとか、右端中央に住吉神社、下の方に赤い佃小橋。
あら!、知らない間に佃堀の水が抜かれて・・・お掃除でしょうか。。。





190209-3.jpg
(3)
隅田川に、ちょうど良い感じに小船が通り、カシャリ。
下に見える白いお城的灯台は佃公園にあります。
(でも、1階は公衆トイレなんですよね・・念のため・・^^;)





190209-4.jpg
(4)
工事してない方のバルコニー手すりの上に積もった雪の記念写真です・・(^^)
でも、何だか東京の雪のためか綺麗な白でないような。。。

≪追記 午前9時45分≫
平家蟹さんからのコメントがヒントで気が付いたのですが、真っ白な雪でないのは
下のバルコニー手すり面の色が見えてるからだと思います。
東京の空も今は昔よりは綺麗なのに・・何でかしら~~と、ずっと画像を眺めてたのです^^;
そしたらバルコニー手すり面のアルミの筋が見えてきて・・・そうだった!!  
うっすらとバルコニー手すり面に積もってた雪の撮影でした~^^;
(6)の横からのは綺麗な白色ですからね・・・・自分で納得です。





190209-5.jpg
(5)
雪の結晶部分を加工で少しシャープにしたら・・・輝きました(^^)/





190209-6.jpg
(6)
手すりの横から~~。
と、あれやこれやと撮影を楽しみました。
雪も降ったり止んだりでした。





190209-7.jpg
(7)
午後に近くのコンビニへ。
コンビニ前のスギ?の木にクリスマスツリー的な雪の積もり。
クリスマスムードです。 
最後のこの一枚はいらないかなぁ~と思いましたが記念ですので・・・(^^)

昨日の雪景色でした。

  1. 2019/02/10(日) 05:50:00|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

フクジュソウ  新宿御苑にて   2月7日撮影


(1)
フクジュソウ(福寿草) (別名:ガンジツソウ(元日草)  <キンポウゲ科フクジュソウ属>
新宿御苑のフクジュソウです。
カンザクラとメジロ撮影の時に三脚たてて撮影されてた男性からフクジュソウが
綺麗だったとお聞きしたので帰りに見てみました。
私は鳥撮影でしたから男性もメジロ撮影と思ったらカンザクラ撮影! 
私は、思い込みが激しいわ~と思いましたね~。 数か月前は私もお花撮影でしたから^^;





190209-b.jpg
(2)
緑色の葉はヨモギだと思います。
フクジュソウは何度かアップしてますが、2月下旬~3月で緑色の葉がある時でした。
このフクジュソウの葉は少し黒っぽく見えてます。
この4輪が集まって咲いてるのが最高で、あとは数輪とか1輪。





190209-c.jpg
(3)
花びらに水滴がありますが、前日の雨。  左の葉がヨモギかと思います。
お隣の女性組の方が「あの葉はヨモギよね~」って。 
私、ヨモギは知らないのです・・・^^;
検索したら、お花も咲くので、撮りたいけれど、フクジュソウの後はヨモギ畑になるのかしら?





190209-d.jpg
(4)
江戸時代より多数の園芸品種も作られている古典園芸植物だそうです。
春を告げる花の代表で、元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名があります。
私も20年ほど前は10cmほどの白磁の鉢植えの福寿草を銀座松屋屋上の園芸コーナーで買って
お節とともにお正月のテーブル花として嬉しく飾ってました。 デパート屋上の園芸コーナーは今は皆無。。。
年末に買ってもお花が咲いてましたから温室育ちだったのでしょうね。





190209-e.jpg
(5)
撮影としては、この時期のは初めて。
ニンジンの葉のような葉がありませんが、この感じがいい感じなのでしょうか?
可愛らしいですが・・・・葉が茂ると価値が下がるかしら?
萼片の背面が暗紫緑色のようです。




190209-f.jpg
(6)
福寿草という名前が素晴らしいですよね。
何だか、数年前、いえ、もっと前の風水で黄色のお財布を持ったり身に着けたりのブームを思い出しました。
この黄色の色でしょうか? 黄金色。  福寿ですからね~(^^)





190209-g.jpg
(7)
キク科だと思ったら、キンポウゲ科でした。。
雄しべの葯が平べったいですね。
やはり、綺麗な魅力あるお花です(^^)






190209-h.jpg
(8)
地面から芽を出したばかりの頃は、フキノトウと間違えて誤食して、重症だと死亡してしまうほど!!
名前からは信じられませんが毒草だそうです。
このような感じで咲いてるというか、咲き始めてます。
1月25日に皇居東御苑でフクジュソウの見頃とあり地図もあって、探しましたが発見できませんでした。
この感じよりも黄色の部分は少なかったと思うので発見は難しかったのですね。。
  1. 2019/02/09(土) 01:00:00|
  2. 黄:希望、愉快、明朗、自己中心的
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

メジロ     新宿御苑にて   2月7日撮影


(1)
メジロ(目白・繍眼児) <スズメ目メジロ科メジロ属>
昨日は新宿御苑へ行ってきました。
鳥撮影でお知り合いになった方のブログを拝見して、とても綺麗に思い刺激されたのでした。
メジロとカンザクラのコラボです。←真似っこです^^;
メジロは今まで、ちょっと鋭いお顔と思ってたので、なるべく可愛らしさを強調しようと思いました。
これが一番のお気に入りで・・・・カンザクラの淡いベールに包まれて優しいムード(^^)




190207-2.jpg
(2)
なぜか、メジロさんは無表情なお顔に思えるのです。
ほら! 笑って~~笑って~~と言いたくなるのです~^^;





190207-3.jpg
(3)






190207-4.jpg
(4)






190207-5.jpg
(5)
この感じですと可愛らしさもあり!





190207-6.jpg
(6)






190207-7.jpg
(7)
こちらは・・・お笑い系でもOKでしょうか・・・(^^)





190207-8.jpg
(8)






190207-9.jpg
(9)





190207-10.jpg
(10)
ここからは曲芸師。
とにかく動きが速くて・・・・・ジッとしてません。
ゆったりとしていたニシオジロビタキとは全く違う動きで驚きです。
ニシオジロビタキはこんな曲芸しませんから~~!





190207-11.jpg
(11)






190207-12.jpg
(12)
まっさかさま!! 
こんな姿はメジロは年中ですが、他の鳥って、これほどは無いのではないかしら??





190207-13.jpg
(13)






190207-14.jpg
(14)
ソシンロウバイとメジロです。
私は、こちらを綺麗に撮りたかったのですが・・・。
今までのメジロとウメなどの撮影はほんの少しの時間での撮影でしたが、
今は、気合いが入ってるので昨日はカンザクラの前に2時間もいたのです~(^^)
隣の木がソシンロウバイなのですが、そちらには2回だけ来てくれてもトータル1分ほど。
アップ出来るのは2枚だけとなりました。 それに暗いわ。。 帰る頃に明るいお天気になりました。。。





190207-15.jpg
(15)
最初は一人だけの撮影でしたが最後は10名近く。
女性の方が、他のカンザクラだと胸のあたりまでメジロが来て撮りやすいと。
帰りにその3本のカンザクラを見たら、1本は咲いていて数日後が見頃で、素晴らしい大きな木。
隣のカンザクラは固い蕾でした。 これほどに差があるのですね~。

メジロが素早い動きなので、どうかしら~と思いながらも、楽しい時間でした(^^)/



  1. 2019/02/08(金) 01:00:00|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

ノシラン


(1)
ノシラン(熨斗蘭)  <ユリ 科 ジャノヒゲ属>  1月30日撮影
あららままさんブログでノシランの実を拝見して撮りに行ってきました。
とても綺麗なコバルトブルーです。 緑 → 青 → 紺、コバルトブルーに変化してる様子がわかります。
お初です!!  お花は・・・・こちら





190206-2.jpg
(2)
ノシランを撮ってから、ちょうど1週間後の昨日の種です^^;
ポケットの中に入れていて、そのまま、ほっぽらかし状態でした。
良い意味でいうと・・・・綺麗な実は、このように干からびます・・的見本・・^^;
ノシランの種子さん、ごめんなさい。。。
ナスの色になってますね。





190206-3.jpg
(3)
やはり~~皮をむいてみました^^;
思っていた以上にスカッとむけて、白い種子が見えます。
因みに、家での作業ゆえ、下の緑は・・・小松菜。。。
以前のヤブランの時の笹団子の笹の葉は綺麗でした!!





190206-4.jpg
(4)
綺麗にむけて、お尻方面からの撮影。
径8mmほどです。





190206-8.jpg
(5)
はい! 次は包丁でスパっと。 どうもスパッと切りたいのですね~。 病気でしょうか^^;
何もわからないので、固い種があるのかしらと思いましたが、なくて、
カットした面がみずみずしく、水分があふれてきました。
種皮と種子の間に果肉のようなのがあるようなのですが、
採種した日から経過してるせいか無いようにも思えます。
巨峰に似てますが、今は種なしもありますが、葡萄はこの中に種がありますね。

次は何の果実がこのような状態になるのでしょうか。。。。
  1. 2019/02/07(木) 01:00:00|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

スズカケノキ、モミジバフウ、巨木の剪定作業

190205-1スズカケノキ
(1)
スズカケノキ(鈴懸の木) (別名:プラタナス) <スズカケノキ科スズカケノキ属>  
日比谷公園にて 2月4日撮影
スズカケの果実だと思います。 私はお初です。
直径3cmの球形の集合果で、普通3~5個が縦に連なってぶら下がってます。
1個は多く見てましたが・・・。




190205-スズカケノキ2
(2)
スズカケノキの上部を見上げて撮りました。
小石川植物園で見たように樹皮は薄く大きく剥がれて
灰白ぽい、まだら模様。




190205-1プラタナススズカケノキ、アメリカスズカエケノキ、モミジバスズカケノキ
(3)
モミジバスズカケノキ(紅葉葉鈴懸の木) (別名:プラタナス)
<スズカケノキ科スズカケノキ属> 日比谷公園にて  1月28日撮影
モミジバスズカケノキの果実です。 ムクドリ等が良く食べてますね。
名前があやふやでしたので、今回、調べてみました。
中近東原産のスズカケノキと、北米原産のアメリカスズカケノキの雑種だそうです。
日本では、街路樹などとして、もっとも多く植えられてるようです。






190205-3.jpg
(4)
モミジバスズカケノキの樹皮です。
1月27日にアップした小石川植物園の樹肌と違ってるので、とても疑問となるところ。
これで、数日調べて見たりしましたが、小石川植物園をもう一度確認したいと思います。
検索サイトさんでも、もう、いろいろ・・・混乱します。。。
果実を見ますとモミジバスズカケノキのように思うのですが。。。。。

プラタナスと呼ばれてるのは3種類で、
純粋な①「スズカケノキ」・・・②「アメリカスズカケノキ」・・・。
スズカケノキとアメリカスズカケノキの交配種の③「モミジバスズカケノキ」の3種類。
葉の形、葉の切れ込み、果実の数などで見分けられます・・・・こちら





(4-1)≪追記午後4時≫
190206-9.jpg

2006年04月22日(土)にアップしたモミジバスズカケノキの花です。
新宿御苑にて撮影。  4月下旬ですからバックボケのピンク色な何でしょうね~。 八重桜??
偉い!! このブログ開始後1年で、プラタナス3種類についての記事があります(^^)/
赤い球状の部分が雌花。咲き進むにつれて、花が赤く色づきます。
同じ房の中に、ふわふわと毛が落ちた球もありますが、こちらは雄花です・・・という記事も(^^)





190205-4.jpg
(5)
モミジバフウ(紅葉葉楓) (別名アメリカフウ)   <フウ科フウ属落葉高木>
日比谷公園にて 1月28日撮影
この果実はお初です。 果実から樹木名はすぐにわかりました。
地面に落ちてる果実は種子を出した果実で固くてクリスマスリースなどにも使われるそうです。





190205-5.jpg
(6)
フウ科には葉の形からモミジバフウ(アメリカフウ)、フウ(タイワンフう、サンカクバフウ)がありますが
フウの果実はモミジバフウの果実ほどトゲトゲが少ないです。
唐楓も私にとって混乱でしたが、トウカエデと読み別名は三角楓、楓をカエデとは読み、フウとは読みません。 
カエデ科となり果実は2枚の翼果。






190205モミジバフウ
(7)
モミジバフウの樹皮は縦に裂け、成長とともにコルク層が発達して凸凹が深いです。

プラタナス、スズカケノキ、フウは名前に興味がありながら、今まで見て見ないふりでしたが、少し理解(^^)/





190205-6.jpg
(8)
日比谷公園にて  2月4日撮影
高い木を職人さんがクレーンに乗って気に移り、木の天辺あたりで剪定作業してます。
このように大きな公園では巨木をこのように剪定されてるのですね。
皇居東御苑は月曜日、金曜日が休園日、小石川植物園、新宿植物園は月曜日が休園日です。
お休みの日に作業されてるのでしょうが、日比谷公園などのオープンな公園は平日も作業ですね。
この様に都心でも古い公園にある巨木も剪定されてるので、気持ちよく散策させていただいてます(^^)/

  1. 2019/02/06(水) 09:00:00|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ニシオジロビタキ    2月4日撮影


(1)
ニシオジロビタキ(西尾白鶲) <スズメ目ヒタキ科キビタキ属>  2月4日撮影
2月2日にアップしたニシオジロビタキを昨日、再チャレンジ!!
前は300mmレンズでしたが、昨日は11年ぶりに500mmレンズで撮影してみました。
① 大きく見えるけれど、ポイントを探すのが不慣れで時間がかかりました。
② 300mmレンズはKONICA MINOLTAですが500mmはタムロン500
  シャッターを切るのが500mmだと遅い感じ。
  今までボケ好きでAモードの絞り優先開放にしてたのをSモードで次回は試してみようかしら?




190204-2.jpg
(2)






190204-3.jpg
(3)
ニシオジロビタキは本当に可愛らしいィ~~(*^_^*)





190204-4.jpg
(4)






190204-5.jpg
(5)






190204-6.jpg
(6)






190204-7.jpg
(7)
最後の一枚はチョット可愛らしいお顔でないのですが、バックボケが好みなので~(^^)
鳥撮影でもバックを気にして撮る余裕が欲しいと痛感しました(^^)/

  1. 2019/02/05(火) 01:00:00|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

カンザクラ


(1)
カンザクラ(寒桜) <バラ科サクラ属> 小石川植物園にて  1月26日撮影
小石川植物園では1本のカンザクラは咲いてましたが、まだまだ咲き始めのようです。
日当たりの良い場所に咲いてます。





190203-2.jpg
(2)
例年であれば3月に初旬に満開でしょうか。
この頃の風情もいいですね。





190203-3.jpg
(3)
バック〇ボケを意識して~~(^^)
過去2回アップしてるのは3月初旬ですがメジロが小さく写ってました。
この日はメジロが来るという意識が頭になくて、他のが目的でしたから
スルー的な撮り方。。。 次回は鳥を入れましょう(^^)/
新宿御苑ではもう少し咲いてるのでしょうかね~。
新宿御苑に行って見よう!!




190203-4.jpg
(4)
カンザクラはカンヒザクラとオオシマザクラの交配といわれてます。
気候によっては1月から咲き始めるそう。





190203-5.jpg
(5)
蕊も撮れて~。 ソメイヨシノとはだいぶ違いますね。 中央が赤みがあり可愛らしいお花です。


  1. 2019/02/04(月) 06:30:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ

プロフィール

メロン

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

01 ≪│2019/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カテゴリー

リンク

RSSフィード