FC2ブログ

メロンのゆったりフォト

佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪

神代植物園のダリア  1/2        10月11日撮影

10月11日木曜日は義姉のお世話が午後でしたので午前中に神代植物園へ行きました。
昨日はクリニック付き添いで先生のお話をお聞きするはずでしたが、断捨離疲れで義兄だけにお願いしました。
神代植物園では目的の山野草を発見できませんでしたが、ダリアとバラの撮影を楽しみました。
といえども、ダリア撮影を最初にしましたが、次にバラ園へ行くとバラ撮影って難しい~~^^;
今日と、明日はいろいろなダリアをアップします。名札がきちんとついてるので嬉しいですね~~(^^)


181010-1D・アミーゴ(オランダ)
(1)
アミーゴ(オランダ)
アミーゴって〈友人〉を意味するスペイン語。
(オランダ)って名札にあるのですが作出の国でしょうね。



181010-5アメリカンレモネード(日本)
(2)
アメリカンレモネード(日本)
あららままさんブログで見た感じと思いましたら・・・ペチュニア レモネードでした^^;
でも ペチュニア レモネードはレモネード色ですが、このダリアの色は???
名札を間違えたかしら? 
「アメリカンレモネード」で検索したら・・・・アメリカン・レモネードとは、赤ワインをベースにしたカクテルだそう。
この色合いでOKですね(^^)




181010-6オレティーデューク(ニュージーランド)
(3)
オレティーデューク(ニュージーランド)
ニュージーランドにオレティーと言う素晴らしい気品ある川があるようですが
そのイメージ、風景イメージかしら?   あくまでもメロン適解釈です^^; わかりません。
(1)と比べても花色の濃淡もあり奥深い色合いの花ですね~。
でも(1)も好きですからね~。




181010-7-1カマノカンコード1(日本)
(4)
カマノカンコード(アメリカ)
このダリアは有名なようで検索しますと沢山の数です。
どのアングルも楽しくて何枚も撮りました(^^)






181010-8こころ(日本)1
(5)
こころ(日本)
こころ・・・ですからね~~。もちろん優しい心のイメージでしょうね。
検索しますと、どれも球根販売されてますが、この「こころ」は品切れのようで人気なのですね。




181010-2PICT0045.jpg
(6)
ダリア園の花の盛りですから蝶も飛び舞ってます。
ツマグロヒョウモンでしょうね。




181010-4.jpg
(7)
セセリちゃんが面白く撮れました。
バックの大きな水玉は何かしら? ラッキー(^^)



  1. 2018/10/19(金) 06:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ブログ再開です(^^)/ 断捨離一歩終了!!

181018スキップリーボナンザ(アメリカ)
ダリア ”スキップリーボナンザ(アメリカ)” <キク科 ダリア属>  
神代植物園にて撮影   10月11日

ブログは10日間お休みしましたが、復活です(^^)/

マンションの外壁大規模補修工事でバルコニー(共用スペースなのです)に置いてあるものを
全てを今月末までに何も無い状態にしなければいけなくなりました。(22日までが今月末に延期となりました)
1年間の長期間です。
ウッドデッキ、タイル、物置(本来は共用スペースなので置いてはいけません)を置いてる人は大変。
倉庫を借りる方も。 植木鉢はマンション敷地に居住者の植木鉢を置けるラックができるそうです。
我が家のバルコニーには息子の車のタイヤ4本とテラコッタの鉢20個ほど。
タイヤは区では引き取り不可なので不用品引き取り業者さんへ依頼することしました。
で、ず~~~と我が家を綺麗に断捨離したいと思ってたので、これを機に決行しようとしたのが10月6~7日頃。
業者さんへ電話して10日に見積もり、17日に引き取りとなり・・・2トン車1台となりました!!
約1週間は・・・もう・・作業が嫌で嫌で面倒。。。作業しては休憩!!
それでも、昨日、不用品と・・・おさらばしたのです~(^^)/~~~   3人の若者が2時間で処分してくれました。

処分したもの
1・お嫁入り家具は意を決して整理ダンスだけを残し全て処分、他本棚2本、ベッド1台、ソフアベッド1台。
2・バルコニーに不用品を集めました・・・・10㎡ほど (外廊下側に半畳の倉庫と納戸1畳に入ってのです。。。)
             空気清浄器、加湿器、オイルヒーター、ゴルフ道具、釣り道具、その他ゴッソリ!!
3.マンションゴミ倉庫へ処分・・・・・大きなビニール袋70袋以上(これが大変でしたね~~)

以上のものが我が家にあったのが驚き!  「断捨離のほんの第一歩」・・だと思いました。
これから、こつこつと整理するものは山ほど!!  
扉を開けるとまだまだ沢山あるのです。今年中に綺麗にしたいとは思ってます。 ゆっくりとです。
1~3までの不用品が無くなったことで、もう本当にスッキリ、ストレスも減りました。

思ったことは、3年前に亡くなった実母の遺品整理は懐かしい品々をながめながらの整理処分で
気持ち的に、嫌だという気持ちが全く無く、むしろ楽しい思いが思い出され一生懸命でした。
一人住まいでしたので、家具などは弟の家とか、ご近所のお世話していただいてた方は欲しいと言ってくださったり、、
その他、食器、衣類なども良い品はご近所の方が集まり、楽しい思い出話と共に分けたりでした。
我が家となると・・・・あぁ~~~もう嫌しか、無く、・・・・うんざりモード。。
「これが終わったら私の居心地のよい空間が出来る!」の思いだけで頑張りました。
ほとんど私一人作業ですからね~~。主人は、自分の本だけの処分。 あとは私が疲れないようにとの心配。
息子曰く・・・「自分(私の事です)の理想を先走ってやってる」・・・と・・・そうかも。
でも、最終的には息子の迷惑にならないようにしてるのですが^^;

ということで、ながながとなりましたが・・・「断捨離一歩終了」となりました。
ブログも、楽しく、続けようと思ってますが、サボる時は気楽にサボろう~、いろいろと楽しんで写真を撮ろうと思いました。

また、これからも みなさん、よろしくお願いしますね~~(^^)/

  1. 2018/10/18(木) 09:13:11|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ブログを2~3週間お休みします

家のことなど多忙でブログを2~3週間お休みします。
ブロ友さんへの訪問はさせていただきますのでよろしくお願いいたします(^^)/
  1. 2018/10/08(月) 08:40:06|
  2. その他

アカザでしょうか??? ≪追記 2018.10.18 シロザかも≫舎人公園にて  9月13日撮影


(1)
9月13日に舎人野草園へ行こうと迷っていた道で出会った可愛い色の植物!
遠目で見てピンク色と判ったので、すぐに近づいて撮影(^^)

10月5日の平家蟹さんブログの「シロザ」をみてこの植物は「アカザ」だ~~と思いました。
でも、調べていくうちに分からなくなってしまいました(-.-)



181005-b.jpg
(2)
少しづつ、離れて。。。





181005-c.jpg
(3)
何かしら~~、何処にでも咲いていそうで、お初のようだし。。
ピンク色の実のようなのが4分割していて・・・とても粉っぽいのが・・・チョットね~~^^;




181005-d.jpg
(4)
草丈が40cm~1mほどでさまざま。
下葉があったのかしら??

≪追記  1018.10.18≫   
「K'sBookshelf」さんサイトへ10月7日に名前を教えてくださいと投稿しました。
10月8日に花ホタルさんと言う方からお返事がきまいした。

「この様な状態になるとアカザか、シロザかを判断するのは難しいと思います。
参考になるページです。良くお読みになって下さい。

『シロザ』
シロザにこのような色の果実がなってました。・・・シロザなのでしょうかね~。
ところが10月11日に神代植物園でみたシロザはこの写真の様子と違い驚き。
そのうちにそのシロザはアップするかも・・・何だか分からない世界となりました。





181005-e.jpg
(5)
アカザ(藜、阿加佐、赤座)<アカザ科、アカザ属>
こちらは同じ日の撮影ですが舎人公園の野草園で撮影したアカザです。

これがアカザだと↑(1)~(4)何でしょう?
「松江の花図鑑」さんの「シロザ」を見ますと、↑のようなピンク色もあります。
コアカザかしら??  という訳で何だかアップしないつもりが登場できて良かったです~~(^^)/


  1. 2018/10/07(日) 08:10:30|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

日比谷公園  2/2   10月4日撮影

昨日は日比谷公園の洋風でしたが、今日は少し和風イメージです。

181004-1ボタンクサギ
(1)
ボタンクサギ(牡丹臭木)(別名: ヒマラヤクサギ、ベニバナグサギ) <クマツヅラ科 クサギ属>
入口から直ぐに目にします。





181004-2シロハギ
(2)
シロハギ (白萩)  <マメ科 ハギ属>
ボタンクサギの隣に咲いてます。
シロハギ は園芸種として誕生した宮城野萩(ミヤギノハギ)の変種だそうです。
少し寂しげな感じのように思います。





181004-3tyanoki.jpg
(3)
チャノキ(茶の木) <ツバキ科 ツバキ属>
花は10-12月初旬頃に咲くのですね。
そのため「茶の花」は日本においては初冬の季語とされてるそうです。





181004-4.jpg
(4)
イヌタデ(犬蓼)  <タデ科 イヌタデ属>
子供の頃は「アカマンマ」とも呼んで、おままごとで遊びました。
群生になっていて懐かしい雰囲気(^^)




181004-5.jpg
(5)
シジミチョウの仲間だと思いますが・・・わかりません。
羽根の模様がハッキリとしてません。
今の時期はお疲れモードでしょうか?しわもありますね~^^;
≪追記 17時≫
名前はルリシジミです。平家蟹さんどうもありがとう~(^^)/


181004-6.jpg
(6)
アオスジアゲハですね。




181004-7.jpg
(7)
バクチノキ(博打の木) (別名:ビランジュ(毘蘭樹)  <バラ科 サクラ属> 常緑高木
変わってる名前ですが、樹皮が剥離し幹が顕になる様を、
バクチで有り金をすって丸裸になることにたとえ、バクチノキと呼ばれるようになったそうです。
バラ科でサクラ属ですからね~~どうなってるのか??





181004-8.jpg
(8)
バクチクノキバクチノキの花は今の時期に径6mmほどの白色の五弁花を葉腋に出し、短い花穂に密につけます。
果実は黒紫色で、翌年初夏に成熟するそうです。
五弁花といっても蕊がとても目立ちます。




181004-9.jpg
(9)
秋の気配だわ~~と思い撮りましたが・・・何の葉かしら?





181004-10.jpg
(10)
ハナミズキの実 (花水木) <ミズキ科 ミズキ属>
ハナミズキの花も街路樹などで良く目にしますので実も分かりやすいです。
葉の色もそれとなく綺麗で、木もバックボケで入れてみました。


  1. 2018/10/06(土) 06:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

日比谷公園   1/2

昨日は従妹との遅めのランチの約束で日比谷で待ち合わせ。久しぶりです。
お仕事場所が日比谷に変わったとのことでお仕事場所も拝見しました。
広い窓から皇居の緑が見え最高のロケーション。いいなぁ~現役バリバリ(^^)
約束時間の前にそばの日比谷公園を散策しました。
今日は洋風・・・・・(^^)



(1)
日比谷公園を入るとすぐに素敵な洋風建物。
「日本最初の洋式公園であった日比谷公園の管理事務所として明治43年(1910年)に
竣工したドイツ・バンガロー風の瀟洒(しょうしゃ)な建物です」と看板にありました。
今は「FELICE GARDEN HIBIYA」という名でブライダルフェア中でもあるようでした。





181004-2a.jpg
(2)
この芝生広場の周りにバラが植えてあるのですが、チョット少ないです~~。
昨日もほんの少し咲いてるだけ。。。





181004-3bara 1
(3)
名札には「パルファン ダムール 河合伸志 2017年作出」と。
2017年国際バラとガーデニンショウで最新品種10種類の中に入ってました。





181004-4bara2.jpg
(4)名札には「イーハトーブの風 吉池貞蔵 2014年作出」 と。 
どのような方がこのような夢ある名前を付けられるのかしら?としばし検索時間。。。






181004-5bara4.jpg
(5)
こちらは名札はありませんでした。
優しい色合いで姿も好み~~。





181004-6bara3.jpg
(6)
バラが並んでる場所に咲いてるのです。 植栽プランとして、それなりの意味があるのでしょうね。
名札には「シュウメイギク ”プリティレディ ダイアナ” 金澤美浩」と。
和風・洋風ともにあわせやすく人気の高い秋明菊の、コンパクトな草姿の強健種だそうです。







181004-7c.jpg
(7)
日比谷公園内にあるレストラン松本楼のテラスです。
ガーデニングパラソルが広がってませんが、風景としてはスッキリしていいかも。
13年前頃は数回、夫婦で来てたのですが・・・。10年ひと昔だわ。。。。
あの頃は二人とも元気だったのだわと思う記事があります。私もよく歩いてたこと。。





181904-8.jpg
(8)
この光景は・・・もうイギリスでしょう~~(^^)/

  1. 2018/10/05(金) 08:45:18|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメナモミ


(1)
コメナモミ(小雌菜揉) <キク科 メナモミ属> 木場公園都市緑化植物園にて 10月2日撮影
この日はコメナモミの発見がメインでしたので、最初に小さな植物園ですから、自分なりに探してみました。
昨日アップの「イガオナモミ、オオオナモミ」は咲いてましたので、そのあたりを探しても見つかりません。
やはり・・・ボランティアさんに聞いてみました。一応、ダメもと・・・「メナモミとコメナモミはありますか?」
「メナモミは無いけれど、コメナモミはあるけれど、帰化植物ではないので名札は付けてないのよ」・・・と。
帰化植物コーナーです。  これほど徹底してるとは・・・。
2か所に咲いていて、3mほど離れてます。 各々一株ほどで、お花も1輪づつ・・・良かった!!
でも、イメージしていたよりも、とっても小さい花。 お花の直径約6mmほど。





181003-b.jpg
(2)
花びらに少し赤みがさしてます。
筒状花と舌状花からなりますが舌状花は3裂していますが、この舌状花は少し大きめですね。



181003-c.jpg
(3)
花の周りに長い総苞が普通5本あり、腺毛が付いてます。
今回は腺毛を特に撮りたいと思ってました。
(2)の総苞をトリミングしてみました。水玉のような腺毛です。




181003-d.jpg
(4)
総苞の裏からの撮影ですと腺毛が、水玉プラス透明な水柱のようなものが分かります。





181003-e.jpg
(5)
この花は3m離れてる別の株の花です。 まだ筒状花が蕾なのか、果実になろうとしてるのか??
舌状花からは2裂した柱頭が出ています。




181003-f.jpg
(6)
もう既に果実の準備にかかってますね。
腺毛は花びら以外に沢山付いていてますし、小さな花だったのだということに驚きました。

  1. 2018/10/04(木) 09:53:13|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

イガオナモミ、オオオナモミ


(1)
イガオナモミ (毬雄巻耳)  <キク科 オナモミ属> 舎人公園野草園にて 9月17日撮影
野草園に入った途端に、ご常連さんが三脚を立てて、嬉しそうに撮影されてました。
名前を教えてくださるのですが・・・・なかなか、わからず・・・3回ほども聞き直してしまいました。
北米などを原産とする一年草。雌雄同株の雌雄異花。


180929-c.jpg
(2)
レンズを覗かせて頂いたら・・・このような感じ!! いい感じじゃありませんか~(^^)/
その方が他に移動された後にいろいろと撮影。
雄頭花で筒状花の集まりです。雄しべが飛び出していて淡いイエローの葯が4本に分かれています。
白色の花糸は合着している様子。





180929-d.jpg
(3)
葉腋に咲く雌頭花は発見できませんでしたが、既に膨らみトゲトゲの若い果実となってます。




180929-e.jpg
(4)
若い果実撮影が面白くて~。大きさは17〜30mmほど。
刺が密に生え、痩果の表面に鱗片毛や腺毛が多いそうで。
「痩果の表面に鱗片毛や腺毛が多い」がわからなくて・・・ほっといたのですが・・・。
よく見ると星状のものが鱗片毛なのかしら? 腺毛は粒のようなのでしょ。



180929-f.jpg
(5)
棘は先端が曲がった鉤状の棘が綺麗に並んでます。





180929-g.jpg
(6)
棘の下にボケてますが鱗片毛とはっきりと粒粒の腺毛がみえます。
唸るほど綺麗(^^)




180929-g-1.jpg
(7)
↑までは舎人公園で9月17日撮影でしたが・・・この写真はホヤホヤ。
昨日10月2日の午後に木場公園都市緑化植物園で撮影しました。
既に棘は茶色になってるのが多かったです。
腺毛が見えないほどに鱗片毛が成長していて・・・・繊細なガラス細工(^^)





ここからはオオオナモミです。
180929-h.jpg
(8)
オオオナモミ(大雄生揉) <キク科 オナモミ属> 野川公園にて 9月17日撮影
舎人公園にも咲いてたようですが分かりませんでした。
野川公園でイガオナモミに似てると一応撮影しましたが、調べると葉状態でオオオナモミのようです。
雄頭花だと思いますが、雌頭花は発見できず。



180929-j.jpg
(9)
こちらのオオオナモミは昨日の木場公園都市緑化植物園で10月2日撮影です。
どうしてかしら?? こちらも 雌頭花は発見できず、ですから果実も無かったように思います。
少し、秋の気配に色づいてました。


  1. 2018/10/03(水) 10:55:03|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

シコンノボタン(シコンノボタン・コートダジュール)、ノボタン


(1)
シコンノボタン(紫紺野牡丹)(スパイダーフラワー) ≪追記≫(シコンノボタン・コートダジュール) 
<ノボタン科 シコンノボタン属> ご近所にて  9月10日撮影
花は五弁で、紫色の大輪花でオシベが長く飛び出しているのが特徴。
一日花だそうですね。。
「シコンノボタンは長短のオシベが共に紫色である」と説明書きがありますが・・・・白いのが目立ちます。
園芸品種ですから、いろいろな種類があるのでしょう。

≪追記 3日午前6時≫
あららままさんから「シコンノボタン・コートダジュール」を教えて頂き、調べましたら「シコンノボタン・コートダジュールでした。
「コートダシュールは、葉や花がやや小さく、雄しべや雌しべが白色になる」そうです。花期は8~2月
最初に見た時に、普通のは違うなぁ~と思って撮ってたのです。そう、花が小さいのです。
そのように撮ってら家人の方が出てらして・・「良く咲くのよ~」と。
そして、奥に隠れてるノボタンを教えてくださったのでした。




181002-b.jpg
(2)
葉は対生で楕円。産毛で覆われ、ビロードのような手触りがする
花つきがよく、毎日多くの花を次々と咲かせる。
花期は夏と秋だが、温度さえあれば冬でもわずかながら咲きつづけるそうです




181002-1.jpg
(3)
ノボタン(野牡丹) <ノボタン科 シコンノボタン属>
ご近所にて  9月10日撮影
シコンノボタンの大きさの1.5倍ほどの大きさです




181002-2.jpg
(4)
ノボタンは短いオシベが黄色で長いオシベは紫色だそうです。




181002-3.jpg
(5)
撮影してたら、玄関戸が開いて家主さんが・・・・。
ごあいさつしまして・・・いろいろと説明していただきました。 ノボタンがご自慢(^^)
他の珍しいお花も数種類ありましたが、名前はわかりませんでしが。

  1. 2018/10/02(火) 09:04:04|
  2. 紫:優雅、威厳、みだら、不安
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

タイワンホトトギスとヤブタバコ


(1)
タイワンホトトギス(台湾杜鵑草 )  <ユリ科 ホトトギス属>
浜離宮にて 9月11日撮影
今日から10月、秋本番ですね。タイワンホトトギスは秋らしいお花だと思ってます。
浜離宮では群生なのですが9月11日は2輪だけが咲いていて、群生時よりも神秘的感覚(^^)
これから本番、毎年、どのような撮り方が出来るのか挑戦のお花です。



181001-2.jpg
(2)
ヤブタバコ(藪煙草) <キク科 ヤブタバコ属> 浜離宮にて 9月11日撮影
浜離宮で私が知ってるヤブタバコが咲いてる場所はここだけですが、お初に見たのが
10年以上前ですが、はやり、株数が増えてます。
名前の由来は藪に生え、茎に付く花「頭花」は”煙管”の雁首に似て、しわのある葉は”タバコ”の葉に似てるから。
古名は平安時代・・”波末太加奈(はまたかな)”  江戸時代・・”猪尻草(いのしりぐさ”)  江戸中期・・”大和本草(やまとほんぞう”)
この頃になると、たばこが普及し、タバコの葉が煙管を知る人が多くなり”やbyぶたばこ”の名前が定着したようです。
不思議な名前が付いてた時期もありますね。野草の名前って本当に面白いです(^^)/




181001-3.jpg
(3)
頭花は直径約1cm1ほどで、ほとんど柄がありません。総苞は鐘状球形。総苞片は3列に並び、外片は短い。
このような感じの絵的画像・・・・好きなんです~~(^^) 地味かしらね~~^^;




181001-4.jpg
(4)
上部の葉は長楕円形で、上のものほど小さいそうですが、その通りですね。
まだ頭花を下向きに1個ずつ、ついてますが、黄色の頭花前の状態です。
葉の流れが綺麗に思って。。。

  1. 2018/10/01(月) 09:50:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

マメアサガオ、ハゴロモルコウソウ


(1)
マメアサガオ(豆朝顔) <ヒルガオ科 サツマイモ属> 舎人公園野草園にて  9月13日撮影
見たかったお花です!!  発見した時は目が釘付け状態(^^)
やはり 想像していたように花は小さくて直径約1.8cmほどで可愛らしい~~。
真っ白な花びらに赤紫色の葯が清楚なポイントです。 雌しべ、柱頭はぼんやりと白色。
アサガオという名がつくので季節外れかしらと思いましたら7月~10月」まで咲くそうです。




180927-2.jpg
(2)
北アメリカ原産なのですね。 葉は心形〜 長心形で、3裂する場合もあり、長い葉柄があり、互生する。
他に同じヒルガオ科のルコウソウも咲いてましたが、撮影は残念ボツ^^;





180927-3.jpg
(3)
ハゴロモルコウソウ (羽衣縷紅草)(別名:モミジバルコウソウ(紅葉葉縷紅草) 
<ヒルガオ科 ルコウゾウ属>  木場公園都市緑化植物園にて  8月14日撮影
この花色、紅色は好きですね~~。  スックとした咲き姿が綺麗です。
花径2cmほどの五角形の花びらですが・・ちょっと丸っぽいようにも思い可愛らしいのです。
ルコウソウは五角形ですけれど、少し小さな花ですね。
こちらの花期も7月~10月だそうです。 長い花期ですね。






180927-4.jpg
(4)
ハゴロモルコウソウはアメリカにおいて、 葉が糸状に切れ込んでいる「ルコウソウ」と、
ハート形の葉の「マルバルコウ」から交配された園芸品種だそうです。
マルバルコウソウはまだ、みたことが無いのですが。。。
この都市緑化公園には咲いてたのかも。。。
このようなアサガオのような小さな花の棚が5~6枚あります。
この日、8月14日は暑くて・・・これでギブアップでした。 まだ咲いてるかしら??

  1. 2018/09/30(日) 13:20:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今日の朝の輝きと ヒサカキ 


(1)
午前5時48分撮影
昨日は早く寝たので、久しぶりに朝は4時起きでした。
明日のブログを作ろうとPCに向かってると夜が開けて来て…いい感じ・・。
昨日の「朝の青空、富士山、お月様」と違い、朝の輝きを撮ってみました。




180930-2.jpg
(2)
午前5時50分撮影
本当に数分だけの輝き・・・・東でなく西方向なので太陽の反射の輝きです。




180930-3.jpg
(3)
午前5時50分撮影
ギュッとビル群だけを。 中央が赤坂、六本木方面タワー群。少し手前が築地がんセンター。
とても綺麗な色合いに撮れてます。




180930-4.jpg
(4)
午前6時撮影 西北の方面は輝きがなかったので佃の古い町並みを撮ってみました。
隅田川と佃のお堀に囲まれてます。右の小さな青銅の屋根が住吉神社、お堀に赤い橋は佃小橋。
この区域に老舗の佃煮屋さん3~4件の通りがあります。





180930-6.jpg
(5)
ヒサカキ(姫榊)  <サカキ科 ヒサカキ属 >  佃にて 9月10日撮影
住吉神社の近くのヒサカキが赤い実が付いてます。 赤い実はお初なのですが。
直ぐ、近所の住吉神社にもヒサカキはあるのですが、
もっとゴチャゴチャとした葉と実の付き方です。




180930-7.jpg
(6)
ヒサカキ(姫榊)  <サカキ科 ヒサカキ属 > 佃にて
2本の木があり少し距離があります。4mほどですが。
「ヒサカキ」は雌雄別株ですから、雌株の木、雄株の木でしょうか。
こちらは雌株なのでしょうか・・・? 赤い実は初めてで、若くて、これか黒くなるのでしょうか?




180930-8.jpg
(7)
ヒサカキ(姫榊)  <サカキ科 ヒサカキ属 > 佃にて
もう1本の木の実で雄株なのでしょうか?? これから真っ黒に生るのでしょうね。
あら! 基本的に雄株って実はなるのかしら?? いやだわ~~何となく雌株だけに実がなると思ってたけれど。。。

両方とも住吉神社のヒサカキと比べますと、おおらかに伸び伸びとしてます。

  1. 2018/09/29(土) 10:12:47|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今日の朝の景色


(1)
AM7時00撮影
聖路加タワーと青空のお月様です
今日の朝は起きると久しぶりに富士山がみえてました。 青空とお月様と富士山です(^^)
それではバルコニーにでて久しぶりに風景撮影となりました。 望遠レンズも使ってます。
時間によってさまざまに光が違い、良い時間に撮れたのを採用。





180928-2.jpg
(2)
AM7時08撮影
中央奥に富士山、右に東京タワー、お月様が右上に点となってます(^^)
隅田川に架かる橋は手前が「勝どき橋」、奥が新しく出来た「築地大橋」です。




180928-3.jpg
(3)
AM6時14撮影
富士山は夏場も見えますが、それほどでもなく・・・これからの季節は見えやすく、冬は綺麗に見えます。
今日は見えましたが、霞んでますね。





180928-4.jpg
(4)
午前7時02分(撮影
浜離宮恩賜公園を9月15日にアップしましたが、
「江戸時代から続く庭園では、都内唯一の海水の池」と言う記事に「海水の池」で驚かれた方も。
浜離宮は右中央の緑の区域で、隅田川河口と東京港の分かれ目に位置します。右下が築地市場。
そのために浜離宮の池は海水を引き入れた「海水の池」が可能なのです。水門付です。
隅田川の新しい築地大橋の向こう側が東京港となります。





180928-5.jpg
(5)
午前7時00分撮影
竹芝客船ターミナルに船が泊まってますが、伊豆・小笠原諸島への玄関口です。
その奥が日の出桟橋、芝浦ふ頭です。
手前の橋が新しく出来た名前は公募で「築地大橋」です。
2020年東京五輪で、晴海選手村と新国立競技場(新宿区)を結ぶ道路となるほか、
築地から移転する豊洲新市場への物流にも使われる為の橋ですが・・・まだ未通。。。





180928-6.jpg
(6)
AM6時21分撮影
手前に横切るのが「モノレールゆりかもめ」・・・辺りにふ頭の大きな紅白のクレーン・・・通称「キリン」だらけ。
東京港の物流の拠点です。





180928-7.jpg
(7)
午前6時22分撮影
東京ゲートブリッジです。 奥が千葉県の房総半島ですが今日は霞んで見えません。
東京都江東区若洲 と 中央防波堤外側埋立地を結ぶ橋で、これも新しくて2012年3月開通。
名前は公募でしたが恐竜が向かい合っているような特異な形状をしている事から「恐竜橋」とも呼ばれてます。
面白いというか機械的なデザインだなぁ~と思うのです。 男性的ですね。。。

富士山は午前8時前には見えなくなりました。。。

  1. 2018/09/28(金) 11:35:07|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ツルボ


(1)
ツルボ(蔓穂) (別名:スルボ、参内傘) <キジカクシ科 ツルボ属 >  
浜離宮にて 9月11日撮影
ツルボは2本だけ発見しました。11日の撮影ですので、 今頃行けばもっと咲いてるかも。。
花茎の高さは20-50cmとありますが、これは15cmほどでした。
花は総状花序につき、花序の長さは果時に8〜17cmに達するそうです。
この写真の花序は可愛らしく短いですね。





180925-2b.jpg
(2)
お花も綺麗ですが、蕾がとても可愛らしく思いました.
この淡い紫とピンク色を混ぜた色合いと若草色の組み合わせと形が
平家蟹さん風で言えば・・・・まるで和菓子・・・の集まり・・・(^^)





180925-3a.jpg
(3)
こちらの1本は面白く、上は蕾で、下部は花びらが萎み既に緑色の若い果実となってます。花期が長いのでしょうね。
雄しべの葯は上部の一輪だけにあり、残りは既に落ちてしまってます。
雌しべの子房の色も上部は白色、その下の子房の色は無花果を薄くした色の変化が分かります。
花柄は上向き、下部の基部に小さな苞も、小さく見えますね~(^^)v  この写真では糸くずのようですが^^;
  1. 2018/09/27(木) 06:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

舎人公園野草園の昆虫   9月13日撮影

舎人公園野草園で9月13日に撮影した昆虫です。
アゲハチョウとキアゲハは9月14日、モンキチョウ、モンシロチョウは9月19日にアップしてます。


180925-1ベニシジミ
(1)
ベニシジミがニラの花に止まってました。
ニラの花も可愛らしいので(^^)
ベニシジミにスポットライトがあたってれば良かったのですが、残念!




180925-2♀?ヤマトシジミ1
(2)
ヤマトシジミのメスでしょうか。。。





180925-3夏型♂ヤマトシジミ
(3)
ヤマトシジミが羽根を広げてます~。
夏型オスでしょうか?





180925-4イチモンジセセリ
(4)
イチモンジセセリです。 目がね~大きくて可愛らしいです。





180925-5ヒメアカタテハ
(5)
ヒメアカタテハでしょうか。。。





180925-6アオクサカメムシ4齢幼虫
(6)
アオクサカメムシ4齢幼虫のようですが。。
模様デザインがアフリカン!!





180925-7ク ロ ウ リ ハ ム シ
(7)
クロウリハムシだと思います。 久しぶり~~!!
これだけは野草園ではなくて舎人公園の他の場所撮影です。


  1. 2018/09/26(水) 06:00:00|
  2. 昆虫,他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

カリガネソウ


(1)
カリガネソウ(雁草、雁金草) (別名:ホカケソウ(帆掛草)
<シソ科 カリガネソウ属> 野川公園観察自然園にて  9月17日撮影
とっても個性的で素敵な花です。花の名前は花の様子を雁に見立てたもの。
綺麗な青紫色の5枚の花弁、上に2枚、下左右へは各1枚ずつ大きく広がり、
下側の花弁が舌状になり紋様が入ってます。



180923-2.jpg
(2)
カリガネソウは雌しべの先端が2裂して(花柱の先端が2裂? 柱頭が2裂?というのか??)
長さ3~3.5cmほどの雄しべが4本、長く湾曲してる姿の真横からの眺めが綺麗です(^^)
花に来た蜂の背中に花粉をくっつけるための形だそうです。
2008/10/13に皇居東御苑で撮影して一度アップしてますが、花の特徴など知らずに撮ってるのが分かります。
皇居東御苑のカリガネソウの花色はブルーのよう。 撮影は少しづつ進歩してます(^^)/





180923-3.jpg
(3)
カリガネソウの丸い蕾は可愛らしいですね~。 最近のお気に入りです(^^)/
葉は対生し、広卵形で縁にギザギザがある鋸葉である。
生長し開花期が近づくと独特の匂いを放つようですが、気にならないという人もいたり。
  1. 2018/09/25(火) 07:30:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ

プロフィール

メロン

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

リンク

RSSフィード