メロンのゆったりフォト

佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪

ニゲラ

170423ニゲら

ニゲラ (別名:クロタネソウ黒種草)   <キンポウゲ科>  谷中にて

懐かしいお花です。10年以上前に出会い、「珍しい花姿でいいわァ~~」と思いました。
最近の出会いはなかったのですが、谷中散策途中のお家の塀にハンギングされてました。

昨日のブログは「谷中の白いお花」でしたが、今日は↓に紫のお花をアップしてます。
よろしかったらご覧くださいね。
私のブログは色別カテゴリーにしてますので、このニゲラは「青」のカテゴリーに入れました。

  1. 2017/04/25(火) 08:00:00|
  2. 青:落着き、深さ、冷淡、悲しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

谷中の紫色のお花

今日は谷中散策で見かけた「紫色のお花」5種類のアップです。

170421名前?エレモフィラ・ニベア
(1)
エレモフィラ・ニゲア(別名:エレモフィラ・マクラタ)  <ゴマノハグサ科>

初見です。  短毛が密生して植物体全体が銀色に見えます。
このような葉色をみますと魅力的なガーデンポイントになりますね。




170423タツナミソウ
(2)
タツナミソウ(立浪草)  <シソ科>

花が穂状に多数付き、同方向に花を咲かせる姿が波頭の文様を連想させます。




170423ウンラン
(3)
マツバウンラン(松葉海蘭)  <ゴマノハグサ科>

近所では以前は群生してる場所がありましたが、今はところどころに。
谷中霊園には群生していました。 
か細く、か弱そうですが・・・・雑草のような強さのようです。




170423キランソウ
(4)
キランソウ(金瘡小草) (別名:ジゴクノカマノフタ)   <シソ科>

道端などに生える雑草。
根生葉が地面に張り付くように広がることから別名ジゴクノカマノフタともいうのだそうです・・・凄い名





170423アジュガ
(5)
アジュガ 
(別名:西洋十二単(せいようじゅうにひとえ)、 「西洋金瘡小草」 (せいようきらんそう)    
<シソ科>

1つのお花としては、キランソウとそっくり!
近所の公園でも群生してます。

以上です。 最後までご覧いただきましてありがとうございます。


  1. 2017/04/25(火) 07:59:40|
  2. 紫:優雅、威厳、みだら、不安
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

谷中の白い花

4月10日、谷中霊園の桜並木が素晴らしかったのですが、10日後の
4月20日に谷中散策をしましたら、桜は散りましたが、今度はお寺界隈のお花が咲き誇ってました。

白いお花だけを6枚アップします。

170421Aシロバナマンサク
(1)
シロバナマンサク(白花万作) (別名:フォザキラ・マヨール)  <マンサク科>

初見です。  花のように見えるのは、多数の雄しべで、花弁はありません
葉は、マンサクを小さくしたような形で、
秋には黄からオレンジ色の美しい紅葉が楽しめるのはマンサクと同じだそうです。






170421シジミバナ2
(2)
シジミバナ(蜆花) (別名:エクボバナやハゼバナ、コゴメバ)   <バラ科>

中国原産で花は10mmほどの小さな白い花で枝にそって咲き、八重咲きです。
姿は、色は違いますが・・・・・シジミの佃煮のよう^^;





170421シロバナハナズオウ
(3)
シロバナハナズオウ (白花花蘇芳)   <マメ科>

初見です。 見てみたいお花でしたので・・・・・「おォ~~!!♪♪」
ハナズオウの園芸品種のようです。




170421ヒメウツギ
(4)
ヒメウツギ(姫卯木)   <アジサイ科>

ご近所のは、まだ蕾状態が多いのですが、結構咲いてました。
バックに蕾が写ってますが、蕾が沢山の状態も可愛らしいです。

ウツギ(空木)別名:ウノハナ(卯の花)との差が、イマイチわからないので違ってたら教えてください。




170421コデマリ
(5)
コデマリ(小手毬)(別名、スズカケ)   <バラ科>

コデマリは実際に綺麗なのですが、いつも思うことは・・・「写真映えするお花」
どのようなアングル、アップにしても綺麗だと思います。

変種で八重もあるそうですね。見てみたいものです。




170421アマドコロ
(6)
アマドコロ(甘野老)   <キジカクシ科>

茎や根茎には甘みがあり、山菜として食用にされるそうです。
ナルコユリと似てますが、アマドコロの茎は触ると少し角張った感じがして
ナルコユリの茎は丸いそうです。


以上です。 ご覧いただきましてありがとうございます。


  1. 2017/04/24(月) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

シロヤマブキとオトコヨウゾメ

近所のI病院の玄関脇の植栽に2つとも咲いています。
遠目から葉を見ますと、少し似てるように思います。

190419シロヤマブキ1
シロヤマブキ(白山吹)  <バラ科>

花弁は白くて4枚で3~4cm。 清楚で可愛らしいです。
私と同様に、魅入ってる方がいらっしゃいました♪
葉は、シワが寄ってる風情で、何となくお花との相性がいいですね。



170419シロヤマブキ2

冬には黒い光沢のある実が4つできますが、まだ ところどころに存在してます。
昨年末にはその実の名前がわかりませんでした。





170419オトコヨウゾメ1
オトコヨウゾメ ( 別名、コネソ)       <スイカズラ科>

秋の実はいろいろな場所で見ていたのですがお花は初めて!
お花をご近所の病院脇で発見です。




170419おとこようぞめ3

お花よ良く見ますと、とても可愛いので拡大してみました。
1つのお花は花径1cmもないほど小さいです。
雌しべの小さな3つのオレンジ色と、5本の雄しべ、少し厚みのある花びら。





190419オトコヨウゾメ2
シロヤマブキのそばに咲いてるのですが、控えめ、奥ゆかしく咲いて目立ちません。
でも 可愛いの♪


  1. 2017/04/23(日) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ヤエザクラ

170421八重桜1
あァ~~~遅すぎました・・・・ヤエザクラ。
この写真は咲きまくってますが、他は完全に散ってしまってるような状態。
ご近所に八重桜だけが数種類植栽されてる小さな公園が2つ並んであります。
中央区の公園管理課も粋な公園作りだわぁ~と思ってる公園。
買い物とは反対のコースなので行きそびれてました。。。。。




170421カンザンa
カンザン(関山)  <バラ科>

かろうじて咲き誇っていた八重桜です。
染井吉野の淡い色も好きですが・・・この八重桜のピンク色も明るくて可愛い、綺麗で好きです。






170421ウコンa
ウコン(鬱金)  (別名:浅黄桜)  <バラ科>

ウコンは他の場所でも咲いてるので八重桜でも遅くまで咲いてるのでしょうね。

昨日の八重桜は残念でしたが隣の公園(旧佃児童遊園)は・・・・春の花盛りで興奮しました。
数日後に再訪するつもりです。


  1. 2017/04/22(土) 08:00:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シャガ

170416シャガ3月島
シャガ(射干、著莪、胡蝶花)   <アヤメ科>

あっという間にシャガが咲き誇ってます。




170416シャガ2月島

花は、各3枚ずつの外花被(萼)と内花被(花冠)、雄蕊から成ります。
外花被(萼)には青紫と黄橙色の斑が見られ、縁にフリルがあります。
内花被(花冠)は白く先端で2つに分かれています。
雄蕊は雌蕊の柱頭に接しています。 ←の部分がわかりづらいです。。。。





170419シャガ

花は短命で一日でしぼんでしまいますが、次々と新しい花を咲かせるそうです。
種はできず、繁殖は根茎が伸張して群生して行います。

本当に群生で近所のあちらこちらで群れて見事です。


  1. 2017/04/21(金) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハナニラ

190418ハナニラ1月島
ハナニラ(花韮) (別名:イフェイオン、ベツレヘムの星)   
<ネギ亜科、ネギ科、ユリ科、ヒガンバナ科と検索しますと・・・いろいろ> <ヒガンバナ科>
shinサンブログより次のように判明しました・・・・・・ハナニラは、昔はユリ科に入っていたのですが、
新しいAPG植物分類体系ではヒガンバナ科に入りました。

今までハナニラを地元の佃、月島、そして谷中などで撮りためてました。
原産地はアルゼンチンなんですって!



190418ハナニラ2

ハナニラの白色は太陽の光で輝きますね。




190416ハナニラ3

思わず・・・奥を眺めますと雌しべがうっすらと見えるでしょ(^^)




170418ハナニラ5谷中PICT0070

この写真と下の写真は、谷中のお寺の門の脇に咲き乱れていて感じよかったです。
この写真の花びらは先が尖っていて、紫のラインもスッキリしてますね。



170418ハナニラ4yanakaPICT0184


  1. 2017/04/20(木) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒューケラ

170617ヒューケラ2

ヒューケラ (和名:ツボサンゴ(壷珊瑚) 他の名前:コーラルベル)
<ユキノシタ科>

葉は何気なく知っていたのですが、お花を見たのが初めてでした。
名前がわからなかったのですが、勝どきのお花屋さんの店頭で
売られていて名札がついていて先日知りました。






170617ヒューケラ3

このお花の撮影は蕾から、ずっと粘ってたのです。
やっと この程度咲きました!!




170417ヒューケラ4

「ヒューケラ」って・・・・私が7年以上も続けてるPCゲーム「ピグライフ」の裏庭に
植えてる植物の名前!!  ずーーーと「どのような植物かしら??」と思っていた。。。
何と お花が咲くのですね。





170417ヒューケラ1

こちらはご近所でも違う場所に咲いてるヒューケラのお花。
葉の色は上のお花と同じ色です。




170417ヒューケラ5

ヒューケラって種類が豊富なんですね~。葉色、花色がいろいろ。
葉色のバリエーションが幅広く、カラーリーフプランツとして寄せ植えや花壇に用いられてるそうです。
今 思いますとイングリッシュガーデン風のガーデンには必需品ではないでしょうか。
見逃してました。。。。。





  1. 2017/04/19(水) 08:00:00|
  2. オレンジ:陽気、喜び、はしゃぎ、嫉妬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ライラック

170416ライラック2
ライラック (和名:ムラサキハシドイ(紫丁香花)   <モクセイ科>

ご近所のマンションの植栽に数本あり毎年楽しみにしてます。
今年の花色は薄い紫色ですが昨年は、もっとピンク色だったように思います。

散っているかしらと思いましたが満開状態ですね。  良かったぁ~~~♪


170416ライラック3

フランス語からリラ(Lilas)とも呼ばれるそうです。
昔の歌がありますね。リ~ラ~~~リ~ラ~~♪♪  年齢がバレバレ!!




170416ライラック1

蕾の頃はこんなにピンク色・・・4月10日撮影です。
上2枚は4月16日撮影です。


  1. 2017/04/18(火) 08:00:00|
  2. 青紫:神秘、孤独、気品、尊大
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハナズオウ

ご心配させてしまいました。回復しました(^^)/
絶食1日、おかゆ食2日・・・・いつも大変なダイエットに少し効果ありました。。。
昨日はお買いものへ行けましたが、ヨタヨタでした。体力アップに気を付けます!

数日、今までの在庫でアップさせていただきます。


170416ハナズオウ1月島
ハナズオウ(花蘇芳)    <マメ科>    月島にて

中国原産だそうです。
葉はハート形でつやがありますが・・・右上に小さく見えます♪





170416ハナズオウ2月島

花には花柄がなく、枝から直接に花がついているのだそうです。
独特なお花の感じは、そのせいなんですね。


  1. 2017/04/17(月) 08:00:00|
  2. 赤紫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

浜町公園の桜

170412浜町公園1
昨日は久しぶりの青空お天気でした。地下鉄で4つ目の浜町公園です。
気功を7年間、週一度近所のスポーツセンターで鍛えてたのですが閉鎖になり
中央区総合スポーツセンターの浜町へ昨日から通うことのなりました。
先生は同じなので楽しく、施設は抜群なので気持ち良かったです。





170412浜町公園2
施設は浜町公園の中にあります。
少し早めに行き、桜撮影です。
前日が桜を散る雨でしたので地面は花びらの絨毯!




170412浜町公園3
赤いパラソルにお揃いの赤いバッグの女性。雨ではありません。オシャレさんなのね。日傘!
風が少しあったので桜吹雪を撮りたかったのですが・・・いまいちでした。。。。
でも地面は素晴らしく、カメラマンが私と同じく一生懸命でした。


  1. 2017/04/13(木) 08:00:00|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

マメカミツレ

170409マメカミツレ1
マメカミツレ (豆加密列)   <キク科>

頭花は直径は5〜8mmで、中心部に黄白色の筒状花が多数あり、まわりに雌花が並ぶ。
雌花には花冠がなく、雌しべだけになっている。
総苞片は緑色で1列に並び、花より大きくて目立つ・・・・・・なんだか・・・・・。。。。。



170409マメカミツレ2
10年ほど前に認識しましたが、それ以来、どこにでも咲いてるとわかりました。
どんどん群生化してるのか、以前よりも氾濫状態!




170409マメカミツレ3
なにげなく、とても小さく、苔の趣もあり・・・・可愛いとも思ってしまいます。
お庭の方には強敵なのかな??


  1. 2017/04/12(水) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今日の朝

170412今日の朝
久しぶりの朝の風景です。 朝5時過ぎの撮影です
ずっと4時半前後に起きてたのですが2か月ほど6時の時もあります。
4時間前後の熟睡後に1時間以上うつらうつら夢みてます。。。

今日は5時に起きましたし久しぶりのお天気空。
中央の東京タワーの右には、お月様も小さくうっすらとみえます。
富士山も久しぶりに影のように映ってます。
今 6時には富士山も白く見え、空も青空が広がってます。

久しぶりのお天気となりそうな日です。

<追記>
170412今日の朝1
午前6時35分頃の朝です。
やはり 富士山は真っ白に久しぶりに見えました。
それに白っぽいビルが太陽で反射するほどのお天気となりました。



  1. 2017/04/12(水) 06:03:50|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

谷中霊園の桜並木など・・

170410谷中霊園1
谷中霊園の桜並木です。昨日行って来ました。
私は40代の頃、谷中に数年お勤めしていて、夜桜宴会が懐かしいです。
お墓の脇道にブルーシートを敷いて社員で盛り上がりました。
その頃からピザのデリバリーも来ました!
でも・・・・夜は・・・一人では怖い!!




170410谷中霊園2

今は、外国の観光客が多いのに驚きです。




170410谷中霊園3

日暮里の駅近くの「護国山尊重院 天王寺」の枝垂れ桜。
あの~~マスク姿は、もちろん 私ではなく・・・・・。
だいぶ 待ったのですが、ゆったりとお休みでして~~
可愛らしいポイントとさせていただきました。



170410谷中霊園4

枝垂れ桜      「護国山尊重院 天王寺」にて




170410谷中霊園5

ハナモモ(花桃) <バラ科>  「護国山尊重院 天王寺」にて
原産地は中国。花を観賞するために改良されたモモで、花つきがよいそう。




170410谷中霊園6

ハナミズキ(花水木)   <ミズキ科>   「護国山尊重院 天王寺」にて

今年、お初のハナミズキに出会えました。


  1. 2017/04/11(火) 08:00:00|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タチツボスミレ

170407タチツボシミレ1
タチツボスミレ(立坪菫、立壺菫)   <スミレ科>

綺麗な椿のある横の路地20mほどの両脇の家にへばりつくように咲き乱れてます。
「タチツボスミレ路地」と自分勝手に命名♪
1.5mほど幅の路地で陽も当たらないように思うのですが丈夫なのね。




170407タチツボスミレ2

開花の盛りを過ぎる頃、茎が、立ち上がる。道端や庭などの「坪」で見られるので「坪がつくそうです。」






170407タチツボスミレ3

葉の特徴は葉柄(ようへい)があり、スペード形。重要なのが葉柄の付け根に櫛の歯形の托歯(たくよう)があること。
見にくいのですが、真ん中にあります。

スミレは大好きですが名前調べが大変! このタチツボスミレはよく目にするので大丈夫かな(^^)
  1. 2017/04/10(月) 08:00:00|
  2. 青紫:神秘、孤独、気品、尊大
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ツバキ

170407椿1
ツバキ(椿、海柘榴)  <ツバキ科>

綺麗な好きな一重の白いツバキを見つけられました。  
ワビスケとの差がわからなくて検索してみましたが・・・・
侘助は「.葯(やく・雄しべの先端の花粉を作る器官)が退化して花粉を作らないこと」などと書かれてますが
Yahooのたくさんの画像をみても・・・・・いろいろ。




170407椿2

これは椿ですよね?  違ってたら教えてくださいね。
  1. 2017/04/09(日) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

メロン

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

リンク

RSSフィード