メロンのゆったりフォト

佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪

ダンドク

180613ダンドク1
(1)
ダンドク(檀特、曇華) (別名:ハナカンナ(花カンナ) )  <カンナ科 カンナ属>  
小石川植物園にて  5月25日撮影
小石川植物園では目立たない場所にあり、遠目に花が赤く咲いてたので行ってみると
名札に「ダンドク」とあり・・・毒があるのかしら?? ひっそりと数株だけ咲いてるし。
調べると毒はなく、熱帯アメカメリカ原産で広く世界の熱帯から温帯で栽培され、一部野生化。
日本には江戸時代初期に渡来、沖縄、その他に帰化、園芸種のカンナの原種のひとつ。
花は黄色~赤色、カンナより花が小さく花びらはキツネノキミソリのように細い。
小石川植物園にも黄色もあるようなのですが発見してません。
新宿御苑では温室にあり冬でも咲くようです。





180613ダンドク3
(2)
驚いたことに・・・赤い花弁は雄しべに変化したものです。花弁はこの写真では手前の黄色の3枚。
更に、この写真ではわからないと思うのですが、花弁状の赤い3枚と模様のある2枚は変形した雄しべ。
細い蕊のようなものが花粉を出す雄しべ1本。 雄しべは6本のうち5本は機能を失って花弁化してるのです。
雌しべは残念ながら見えてませんが1本細い棒状。
毒の花で華やかなのかと思い何となく乗り気でない撮影で数枚の撮影なのです。
今、思えば、開花時に撮影出来たのはラッキーでしたので、もっと観察して撮ればよかったけれど。。。。




180613ダンドク4
(4)
中央の若草色の若い実のようなものは花が落ちた子房のようです。
可愛らしいです~~。




180613ダンドク5
(5)
花後の子房が膨らんでイガイガの若草色の果実です。
天辺に3枚の萼をつけたまま大きくふくらんでいます。
完熟すると開いて弾丸のような黒い種子が並ぶそうです。





180613ダンドク6
(6)
トリミングしました~~。 これが楽しみだったのです。
手の込んだ和菓子でしょう~~下に赤いお懐紙がポイントとなってます(^^)v
カンナも同じようなのでしょうね。
  1. 2018/06/14(木) 06:05:00|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

熱海のアカオ ハーブ&ローズガーデン

昨日は熱海の「アカオ ハーブ&ローズガーデン」へ行ってきました。
12年前の6月20日に母と主人と3人で行き、大興奮で気に入った場所です。
ずっと気になってたのですが、12年ぶりで、一人気ままに行きました。



(1)





180608-2.jpg
(2)





180608-3.jpg
(3)





180608-4.jpg
(4)





180608-5.jpg
(5)





180608-6.jpg
(6)
12年前には無かった「COEDA HOUSE」・・・・設計は、日本を代表する建築家 隈研吾氏だそうです。




180608-7.jpg
(7)
12年前にも食べた「バラのアイスクリーム」は「COEDA HOUSE」のメニューとなってました。




180608-8.jpg
(8)





180608-9.jpg
(9)





180608-10.jpg
(10)





180608-11.jpg
(11)





180608-12.jpg
(12)





180608-13.jpg
(13)
入口から園内バスで山の頂上へ連れて行ってくれます。
それで、いろいろなコーナーを眺めながら徐々に、ここまで下ってくるという設計です。




180608-14.jpg
(14)
熱海ですから海が眺められるガーデンなんですね。


という訳なのですが・・・午前7時に家を出て、主人には5時頃帰宅予定と伝えたのですが帰宅は午後1時半でした。
熱海は新幹線で東京から1時間ほど。熱海駅からバスで15分ほどです。
楽しみにしてたのですが・・・・ちょっとガッカリで・・・12年前のイメージと違ったイメージ。。。
上の画像を見ると綺麗だなぁ~と思うのですが・・・・自分勝手にイングリッシュガーデンと何となく思ってたのですね。
白い木造のハウスがとても好きでしたのに、無くなり、あの(6)の「KOEDA HOUSE」に。
今や流行りの隈研吾氏の設計は好きですが、イングリッシュガーデンと思ってた私にとっては・・ビックリ仰天モード!!
12年前はタチアオイが見事でしたが、少なく、バラ(私はミニバラが好み)も終わったのか。。。
12年前の興奮の写真は…よろしかったら・・・こちら
でも 旅行気分で楽しく良かったのですが、自分勝手な思いがあり残念な思いでしたので、お土産にエボダイの干物と思ってたのですが
大奮発して金目鯛の干物を、それとお決まりの蒲鉾とわさび漬けと温泉まんじゅうをお土産に(^^)
夕食は大変美味しい金目鯛の干物となり大満足でした。

やはり、蓼科のバラクライングリッシュガーデンに見頃の時期、お天気次第で行こうと思います(^^)/




  1. 2018/06/09(土) 08:10:07|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アグロステンマとヤエドクダミ

5月22日の木場公園でとても可愛らしく撮れたと思ったアグロステンマと、
ビックリしたヤエドクダミの群生をアップします。



(1)
 アグロステンマ(別名:ムギナデシコ(麦撫子)、ムギセンノウ(麦仙翁) )  <ナデシコ科  ムギセンノウ属>
木場公園「都市緑化植物園」にて  5月22日撮影

地中海沿岸を原産とし、ヨーロッパでは畑に生える雑草としての扱いが強く、園芸的にはあまり栽培されてないようです。
性質は丈夫で、日本各地では半野生化しているとか。それで帰化植物雑草的扱いで、この植物園にあるのかしら?
園芸品でもありますよね。




180523-2.jpg
(2)
花径は5~7センチで、5弁の花弁は軽く外側にカールする。
花弁には放射状に筋が入る。
中心のほうにミシン目のような点々が面白いポイントですね。
花びらも中心が白でグラデーションでピンク色へ。
花色が輝き、姿も綺麗可愛いです。




180523-3.jpg
(3)
ヨーロッパでは麦畑の雑草として知られるほど丈夫な性質なので、原産地以外にも分布を広げています。
検索すると、本当に「麦畑の雑草のようで」・・そればかり!
「ムギナデシコ」は、長い葉が麦の葉に似ているところから付けられたそうです。




180523ヤエドクダミ1
(4)
ヤエドクダミ (八重毒痛み) <ドクダミ科 ドクダミ属>
木場公園「都市緑化植物園」にて  5月22日撮影

ヤエドクダミは11年ほど前に初めて見て感激したのですが、
ここではヤエドクダミの群生が4畳半ほどの面積で埋め尽くされてます。
皆さんのブログでヤエドクダミもほっておくと大変という意味がわかりました。




180523ヤエドクダミ2
(5)
白い花びらのように見えるのは「総苞片」で、花びらではなく、
葉に赤や黄色の腑が入った フイリドクダミ もあるそうです。
ふつうのドクダミが、棒状の花のかたまりの最下部にだけ、大きな4枚の総苞片をつけるのに対して、
ヤエドクダミは花の塊の間にも白い花弁化した苞をつけていることになります
よく見ると、雌しべ花柱の白いのが先で3分割されていて、黄色いのが雄しべ。





180523ヤエドクダミ3
(6)
真上から(^^)




180523ヤエドックダミ4
(7)
四畳半以上の群生で、植物園の区切りのフェンスの向こうまで群がってます。
八重咲だけでるので見事!!
  1. 2018/05/24(木) 08:00:30|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

キングサリと晴海トリトンの花壇

昨日はラベンダーなどハーブを撮りたいと思って晴海トリトンへ行きました。
5か月ぶりです。 何で行ってなかったのかしら?? 
期待していたラベンダー、ハーブは昔、咲いてたように思ったのですが
フレンチラベンダーが枯れそうに咲いていて、ハーブは少しだけでした。
 

180430キングサリ1
(1)
キングサリ(金鎖) (別名:キバナフジ(黄花藤)、ゴールデン・チェーン、ラバーナム) <マメ科 キングサリ属>
いつものように裏口から入ってウロウロと撮影してたら、「あら! もしかしたら??」と考えてしまいました。
あの憧れの植物園の黄色の花!!  
カナダの北米を代表する園芸専門誌、『ホリティカルチャー』が世界で最も優れた 植物園の一つとして挙げてる、
バンクーバー市のほぼ中央部に広がるバ ン・デューセン植物園の代表するラバーナムの黄色い花。
一時期、行きたくて検討してたのですが、すっかり冷めてしまってました。
花期が5~6月の2~3週間だけなのでツアーでも綺麗な時期を求めるのは難しいです。





180430キングサリ2
(2)
晴海トリトンで見ることが出来るとは・・・・・。
でも、あちらは「ラバーナムの小道」と言って素晴らしい小道。
こちらは1m、2mの木が5~6本あちらこちらに。。。。
でも 見ることができて、ビックリ! 嬉しい思いでした。




180430キングサリ3
(3)
カナダではLaburnum(ラバーナム)という名で、
古代ギリシャでの金鎖の呼び名のことだそうです。
日本ではキングサリ(金鎖)、キバナフジ(黄花藤)。
藤に似ている、黄色花ということ。
日本にもあったのですね。





180430晴海トリトン1
(4)
晴海トリトンのメインの花壇です。
何だか春というよりも秋の気配もするような色合いの花壇。
前回は11月下旬でしたがハボタンとカルーナ ブルガリスで埋め尽くされ素敵でした。
辺りにはパンジーが早くも咲き乱れていて驚きましたが。




180430晴海トリトン2
(5)
カンガルーポーでしょう?? 秋のお花では??
≪追記≫失礼しました。カンガルーポーの開花は4~6月でした。
晴海トリトンでも2006年4月6日のブログアップにもありました^^;




180430晴海トリトン3
(6)
私の春の花壇のイメージとは違うようなんです^^;
春はソフトでホンワリ優しい色合いのお花の花壇。 
いろいろな方のイメージがありますよね。
この色合いも春といえば春かな??

明日は春のようなお花をアップしてみます、、、、探してみます~~(^^)
  1. 2018/05/01(火) 06:00:00|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

少しの間お休みします。 「水ぼうそう」になりました。
昨日の朝 顔に五個の吹き出物、発疹を確認しました。
覚えてるのは14日頃から身体に発疹がちらほら・・・嫌だ~ダニ??
14,15日は38度ほどの発熱。忙しい上にスミレに頭を使いすぎたかしら?
その後も37度、頭痛、喉、声が変、ダルさ、食欲不振・・風邪だと思ってました。
顔まで、発疹ができて、虫にかまれたようではないのです。
で 今日午前中に皮膚科へ行きまして、発疹をちょっと見て頭に出来てるか見て即答でしたね。
まさか 水ぼうそうだとは・・・・。。。静養してくださいとのこと。
帯状疱疹もこれから要注意!!
帰宅して「水ぼうそう」を検索しましたら今は、60歳以上に多いそうです。
  1. 2018/04/18(水) 14:30:24|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | コメント:0

オオバヤシャブシ

                  180402オオバヤシャブシ3
                  (1)
                  オオバヤシャブシ(大葉夜叉五倍子)  <カバノキ科 ハンノキ属> 
                  小石川植物園にて 3月18日撮影
                 
                  ウヮ!! この木は平家蟹さんブログで見た木!! 
                  見たことがあるように思いましたが・・・
                  小石川植物園の分類標本園のヤナギ科の隣の木でした。
                  ヤナギ科は今の時期の花をマクロ撮影だと綺麗なので撮ってましたが、
                  お隣のこの木は今まで気にしませんでした。
                  この様に見ると綺麗だわ(^^)




           180402オオバヤシャブシ2
          (2)
          雌雄異花で、これが、お花で雄花序。 長さが4~5cmほど。




          180402オオバヤシャブシ1
          (3)
          雄花序をトリミングしてみました。
          雄しべの葯は花粉を出しきっている状態のようです。
          まだ葯が開いていない状態ですと
          平家蟹さんが3月4日に撮影されたバナナの房のような葯が見ることが出来るのですね。
          来年は3月4日前後に行ってみたい!




          180402オオバヤシャブシ6
          (4)
          なるほど、地面をみますと・・・毛虫のよう。。。
          左右上部に昨日アップしましたコゴメイヌノフグリが咲いてます。
          とにかく園内に咲き乱れてるのです。
          左上一部にツメクサかしら??





                 180402オオバヤシャブシ4
                  (5)
                  こちらは雌花序でしょうか。長さ1cmほど。
                  右下に雄花序が写ってます。




          180402オオバヤシャブシ5
          (6)
          雌花序をトリミングしてみました。
          何だか粉のようなのが付いてますが無ければお菓子のゼリーのよう。
          粉は花粉??





           180402オオバヤシャブシ7
          (7)
          前年の果穂が残っています。 長さ2cmほど。
          ここで枝が登場。なるほど・・・円形の皮目があります。

          以上は3月18日撮影なのですが、31日に行った時は(7)の果穂だけでした。
          18日は運良くお花が撮影できて良かったです。

  1. 2018/04/03(火) 06:00:00|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アネモネ 赤色

                      180226アネモネ1
                      (1)
                      アネモネ (別名:ボタンイチゲ(牡丹一華)、ハナイチゲ(花一華)、
                      ベニバナオキナグサ(紅花翁草)
                      <キンポウゲ科 イチリンソウ属>
                      今日のアネモネは最後に赤色です。




            180226アネモネ2
            (2)
            アネモネは、蕾を買ってきても花瓶に挿すと、あっという間に開花してしまいます。
            ビックリするほど。  そのうえ 3日ほどで、お別れ状態です。
            いつも思うのですが、お花屋さんはどのようにしてるのでしょうか。。
            いつものスーパーで切り花セットを買って我が家でお花を長持ちさせる薬をいれても
            スーパーの同じ切り花セットは、ずっと長持ちしてるのです。





            180226アネモネ3
            (3)
            アネモネ撮影もこれで多分終わりですが、
            来年はどのように撮れるようになってるでしょう(^^)
            それにしても、アネモネの赤色のお花・・・パワーがありますね。
            目が覚めるでしょう・・・(*_*)








  1. 2018/02/27(火) 08:00:00|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シクラメン 赤

                      180224シクラメン1
                     (1)
                     シクラメン <サクラソウ科 シクラメン属>
                     昨年(一昨年?)買ったシクラメンをバルコニーで育てて、満開、見頃となりました。
                     今は、リビングに置いてます。  記念撮影(^^)




                      180224シクラメン2
                      (2)
                      左のピンク色は終盤となっますが、2月5日にアップした頃が見頃時期でした。
                      右の赤色に近いピンク色のは3週間遅れです。
                      昨年買った時期もそのような差でしたので、順調な育ち方です。
                      左はスーパーで¥2,500、右は商店街の安売りお花屋さんで¥900だったはず。
                      その時は、お値段の差がハッキリとした花付でした。 右の子がそれなりにショボク。。。
                      今年は同じような立派なシクラメンとなってます(^^)





                      180224シクラメン3
                      (3)
                      いつもは、このように窓辺に置いてます。





                       180224シクラメン4 (2)
                      (4)
                      この色が本当の花色に近いです。
                      フ~ム・・・(1)~(2)はスマホ撮影です。
                      (3)~(5)が一眼です。
                      一眼の方が本当の色に近いです。
                      それにしてもスマホ撮影は簡単で、クッキリ綺麗に撮れます。
                      一眼はそれなりの雰囲気がでますが難しい。。。




            180224シクラメン4
            (5)
            縁が細かいフリフリで、私はこの赤いシクラメンの方が好きかな?
            来年も咲くでしょうか・・・・楽しみですが。



  1. 2018/02/25(日) 08:00:00|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アカバナマンサク (ベニバナマンサク)

            180210ベニバナマンサク1
            (1)
            アカバナマンサク(赤花満作) (別名:ベニバナマンサク) <マンサク科 マンサク属> 明石町にて
            昨日はアカバナマンサクを撮りに行きましたが、今年は寒いのですね。
            早すぎたようで3輪ほどが咲いてました。
            今までベニバナマンサクという名で2度アップしてたのですが、
            調べますとアカバナマンサクの名前のほうが通じてるようです。



     
            180210ベニバナマンサク2
            (2)
            昨年も同じ場所、同じに日に撮影してます。 午前中撮影でバックボケが入りました。
            昨日は午後2時半の撮影なのですが、やはり丸ボケが入り嬉しい思い!
            これで3度のアップですが、どれも同じようにバックに丸ボケがはいります。
            昨年  2007年 不思議で嬉しい場所。 丸ボケパワーの地かしら(^^)   
            違う意味を考えると恐ろしい・・ボケないでほしい。。
            来週半ばが見頃でしょうか。 



    
                      180210ベニバナマンサク3
                      (3)
                      聖路加国際病院の脇の散策路です。我が家から15分ほどです。
                      アカバナマンサクは3~4本あるはずなのですが1本だけに咲いてました。
                      咲いてないよりも撮れたことで満足、満足と思う・・・私。。。
                      他に何もお花は無く、隣接してる聖路加看護大学のお庭へ行ってみました。
                      明日アップします(^^)


                     
  1. 2018/02/12(月) 08:00:00|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

たぶんマリーゴールド 

            180122ビーダンス2
            (1)
            マリーゴールド?<キク科コウオウソウ属>
            1月9日に佃児童遊園で撮影しました。
            ウインターコスモスかしら? でも違うような感じと思いながら撮影。
            その後、あららままさんのブログで「ビデンス サントリーのビーダンス」を拝見しまして
            それかな~~と思いましたが・・・・何かに似てる・・・・マリーゴールド。
            ビデンス ビーダンスを検索しますと全部一重ですがこちらは八重咲で、花びらの形も違う!
            だいぶ調べたのに・・・マリーゴールドですね・・・・ちょっとガッカリ。。。
            マリーゴールドさん ごめんなさい。。。
            今 眺めるとマリーゴールドだわ、何で最初にピント来なかったのかしら。。。
            赤い部分があったから~~~。




            180122ビデンス ビーダンス
            (2)
            葉がこのようにチョコレート色なんです。 枯れてるのかしら?

  1. 2018/01/22(月) 07:50:00|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウメ、ヒメナンテンなど

            180109相生橋
            (1)
            昨日は旧佃児童遊園でお花撮影をしました。
            対岸は越中島で東京海洋大学(旧商船大学)です。
            見にくいと思いますが3本のマストは重要文化財明治丸のマストです。
            ちょうど光が当たり輝いてたのでカシャリしました。




            180109梅
            (2)
            梅の鉢が3鉢ほどありましたが、この鉢は蕾が多くこれから楽しみですが
            既に満開の鉢もありました。 蕾も可愛らしいですね~。




            180109ヒメナンテン
            (3)
            昨日はヒメナンテンをアップしましたが、こちらの公園では5~6鉢以上あり
            このような綺麗な紅葉です。





            180109ヒメナンテンの実
            (4)
            一鉢だけ実が生ってました。 ヒメナンテンでは珍しいのです。

            その他、咲いていたお花は、数日後に少しづつアップしま~す。




  1. 2018/01/10(水) 08:00:00|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ナデシコ

            180105ナデシコ1
            (1)
            ナデシコ    <ナデシコ科 ナデシコ属>
            ご近所のマンションのお花の植栽面積が増えて新しく植えられてました。
            ナデシコですよね??
            最近、ご近所でもカワラナデシコをよく見かけるので、普通のが新鮮。
            茎がほとんどなくて地面から5cmほどの高さで咲いてます。



                      180105ナデシコ2
                     (2)




            180105ナデシコ3
            (3)
            何かに似てると思いました・・・カーネーション!!
            カーネーションはナデシカ科ナデシコ属でした(^^)
            スプレーカーネーションにそっくりだわ~~。



            180105ナデシコ4
            (4)
            ナデシコの品種は300種以上あるようです。
            ナデシコの学名ダイアンサスは「神の花」という意味だそうです。
  1. 2018/01/06(土) 08:00:00|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

銀杏と紅葉

            171223深川1
            (1)
            昨日の午後は月一回の「写経の会」でした。 深川のお寺です。
            境内の散り残ってる銀杏の葉に光が射して綺麗でしたのでカシャリしましたが・・反映してませんね^^;





            171223深川3
            (2)
            今年は紅葉をアップしてないので名残紅葉です。
            奥に見える建物が写経をする場所です。
            畳敷きの天井の高い大広間で広縁の外には池が流れ錦鯉が泳いでます。
            良い席に座って眺めてます。




            171223深川4
            (3)
            こちらは庫裏のお玄関。いつもとても綺麗。
            お写経後は、お茶とお懐紙の上のお菓子と御煎餅を頂くのが楽しみ♪
            最近 何となく気ぜわしい日々でしたので、お写経は無心になれて、とても好きな時間です。
            毎週でもお願いしたいと思うのです。




            171223佃
            (4)
            こちらはお写経のあとのご近所のお買いものの帰り道。
            I病院の植栽の紅葉です。何時も撮ろうと思いながら、やっと撮りました。
            少し離れた紅葉はもう終盤でチリチリ状態でした。もうこんな時期ですものね。




  1. 2017/12/24(日) 08:00:00|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

スプレー菊

            171216菊8
            (1)
            切り花セットを12月11日(月)に買いました。
            まだユリは蕾ばかりでしたが、咲きだしました。
            スプレー菊が面白いので昨日マクロであれやこれやと撮影してみましが。。。




            171216菊1
            (2)




            171216菊2
            (3)




            171216菊4
            (4)

  1. 2017/12/17(日) 08:00:00|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

チロリアンランプとミニバラ

                      171211チロリアンランプ1
                      (1)
                      チロリアンランプ (別名:浮釣木(うきつりぼ)  く<アオイ科 イチビ属>
                      ご近所でも人気者です。 本当に一年中咲いてるように思いますね。
                      お花は黄色の部分だそうです。膨らんだ赤い5稜形が萼。
                       雄しべと花柱(雌しべ)は飛び出している部分だそうです。
                      赤いお花の印象でした。。。



            171211チロリアンランプ2
            (2)
            これは蕾だと思ってたのですが、萼だったのですね。
            この感じもとっても可愛らしいです。





            171211ミニバラ1
            (3)
            ミニバラ  <バラ科 バラ属>  
            ご近所のマンションの垣根のミニバラはピンク色と真紅色です。
            盛りの時以外でもちらほらと一年中咲いてるように思います。



            171211ミニバラ2
            (4)
            真紅色は私のカメラは苦手なのですが(3)は綺麗に、
            この(4)はピントが合ってませんが・・それなりに撮れました(^^)



  1. 2017/12/13(水) 08:00:00|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

佃天台子育地蔵尊

            171209朝
            (1)
            昨日9日、午前7時撮影
            昨日はお天気も良く富士山も綺麗に見えました。
            久しぶりにご近所散策を午後に行こうと思いました。



                      171209銀杏ー1
                      (2)
                      ご近所散策の目的はこの場所!! 午後3時半頃。 明りが灯ってる時を撮りたかったので。
                      狭い路地に銀杏の落ち葉が全面にフンワリとしている風景を撮りたかったのです。
                      (あららままさんブログの「落ち葉の小道」の刺激もあって)
                      しか~し!! 落ち葉が少しだけ・・・・残念。。。。




                      171209銀杏ー2
                      (3)
                      落ち葉のお掃除の途中のようでした。あと少し早ければ・・・・。




                      171210地蔵尊1
                      (3)
                      リベンジ、今朝、早ければお掃除されてないかしら?と思い午前6時半頃に。
                      今度は昨日のお掃除後にまだ落ち葉が落ちてないのでした。。。。
                      この際、この佃天台地蔵尊撮影となりました。

                      数日前に新聞折り込み広告のA4サイズにご近所の住宅販売社の広告があり、
                      この路地が素敵に銀杏の落ち葉で埋め尽くされた風景写真があったのです。
                      驚くほど、趣あり素敵な感じでしたので、試してみたかったのですが・・・
                      さすがプロの方の写真は素敵でした。





                      171210地蔵尊2
                      (4)
                      佃島の古い町並みは肩を寄せ合うように民家が建ち並び
                      人が一人通れるような細い路地がいくつもあるのです。
                      こちらはそんな路地の中ほどにある地蔵尊で、地蔵尊には銀杏の巨木が立ってるのです。
 





            171210地蔵尊3
            (5)
            堂内にはたくさんの提灯が奉納されて、ご近所の方々が篤く信仰されていてお守りされてます。





            171210地蔵尊4
            (6)
            嘉永3年(1850年)頃の建立のようです。
            佃天台子育地蔵尊は、平らな自然石に刻まれていることも大変珍しいといわれています。
            この佃天台子育地蔵尊は、子供の様々なことを、御守護下さる本願がおありになりますと同時に
            長壽延命・家内安全・諸願成就の地蔵尊といわれていることから古くから佃島の人々に信仰され今日に至ってるそうです。




            171209夕景
            (7)
            昨日の散策、お買いものを終え帰宅した午後5時頃の夕景です。

            今日の朝の富士山は昨日よりもうっすらとしてますが青空でお天気です。



  1. 2017/12/10(日) 08:25:40|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

メロン

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

リンク

RSSフィード