FC2ブログ


   メロンのゆったりフォト
   佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

メロン

  • Author:メロン
  • 人生半ばのメロンです。
    みずみずしくしなやかにゆったりと!
    今はパソコン、デジカメ操作を
    覚えたりと忙しい毎日。
    KONICA MINOLTA αSweet Dと
    コンデジ PENTAX Optio Sで楽しんでます。

    風景に人物が入る写真が温かく大好きでアップしてます。
    でも、今の時代ですから人物が入っての写真アップは
    難しく、ご非難もありかもしれません。
    ご意見のあります方はどうぞコメントにてご意見を
    お願い申し上げます。

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

リンク

RSSフィード

 ヤブガラシとアメリカイヌホオヅキ???

(1)
ヤブガラシ(藪枯らし) <ブドウ科ヤブガラシ属> 清澄白河にて 8月25日撮影
お庭のある方はお好きでないかもしれませんが、毎年綺麗に撮りたいと思ってるお花。
小さいから難しいのです。
ボケてます(-.-)    今回はちょっと残念な思い・・・近所の公園で再挑戦。







190830-1.jpg
(2)
とても甘い蜜が沢山のようでいつも蟻んこがいます。
今回は払わずにそのままで蟻んこも登場です。







190830-3.jpg
(3)
久しぶりに撮りましたが・・・イヌホオヅキかアメリカイヌホオヅキか迷ってます。
花の黄色の蕊とか果実の付き方とか。。。時間がないので・・・とりあえずアップ^^;







190830-5.jpg
(4)








190830-4.jpg
(5)








190830-7.jpg
(6)

オレンジ:陽気、喜び、はしゃぎ、嫉妬 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:14
(2019/08/31(土) 05:35)

 ヒメザクロ

(1)
ヒメザクロ(姫柘榴) (別名:チョウセンザクロ)  <ザクロ科ザクロロ属>  6月25日撮影
バックボケは窓辺のスダレ・・・ご近所のお家の窓辺です。
お気に入りの佃の風情・・(^^)





190702-c.jpg
(2)
花びらだとばかり思ってましたが、咢でした。
2006/07/03(月) の過去歴を読んでいて理解!!
昔のほうが結構調べてます^^;
花びらが落ちた後、、、どうも右の蕊が古いと思いました。
蕾から花ではなくて、これから膨らんで果実となるのですね。
 






190702-b.jpg
(3)
可愛らしい果実です。 姫リンゴほどの大きさ。





190702-a.jpg
(4)
この撮影日は体調が良くて朝の地元のラジオ体操会場へ行き、
体操の後での花撮影でした。 一時期は結構通ってました。
人が少なさそうですが、、100名ほど、、佃堀の方にはご近所さんが体操してます。
やはり、気持ちのよい気分ですね~~(^^)
オレンジ:陽気、喜び、はしゃぎ、嫉妬 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:14
(2019/07/03(水) 01:00)

 再び ガーベラとミモザ

(1)
昨日と同じミニブーケ撮影ですがマクロ撮影があります。





190310-2.jpg
(2)
ガーベラ <キク科・ガーベラ属>
キク科ですので、舌状花と筒状花に分けられます。
これは中央にある筒状花です。
筒状花の花びらが半透明な白色でクルリン状態もあります(^^)
クルリンの花びらから黄色の花柱かしら?
開花途中からは白い花柱???





190310-3.jpg
(3)
ガーベラ横からの撮影ですと筒状花の黄色の花柱が目立ちます。





190310-4.jpg
(4)
ガーベラの筒状花の周りの舌状花です。
小さな花びらから、徐々に大きな花びらになり大きな花びらの先端が少し割れます。





190310-5.jpg
(5)
舌状花には花柱が各々あるはずなのですが・・・あるようで、ないようで。。??
で、ふと、思いました!! この記事を書いてる今。。。。
花びらを大、中、小を一つづつ採ってみてマクロ撮影してみました。
この気持ちは本格的復活状態かしら!!





190310-11.jpg
(6)
ありました~~~花柱が!! 大、中、小の花びら全てに・・・・って納得(^^)
花柱はキチンと先で二又に。 
不思議なのは花柱の他に何か二又の間に写ってます。 とても見にくいと思うのですが。
肉眼、拡大鏡でも無理で、マクロ撮影で見えるもの。。。





190310-6.jpg
(7)
ミモザ <マメ科オジギソウ属>
ミモザはフサアカシア、ギンヨウアカシアなどのマメ科アカシア属の総称だそうです。
ミモザは、ドライフラワーでも根強い人気の花だそうです。
この花も既にドライフラワー化してます。




190310-7.jpg
(8)
昨日撮影ですので、若干、まな板を持ってくるのも億劫で、手で輪ってみたら
ホロリと割れました。 割りましたが・・・説明できません^^;
そもそも、ドライの前はどのような花だったかしら??





190310-8.jpg
(9)
これは昨年2月16日にアップした写真です。 ご近所ですが、今年は撮影し損ねてます。。
(1)のミモザの花の下の枯れた葉はミモザの葉でした。




190310-9.jpg
(10)
こちらは2007年2月28日アップした写真です。
これを切り花にしてドライになると(7)になる訳ですね。

何だか検索もする気分になってるので、体調も回復してきた感じがします(^^)/
そういえば、昨日からお相撲春場所、あっという間で気が付きませんでしたが、TVみました!!
私はお相撲モードとなり夕食は15分遅れの6時15分となります(^^)




オレンジ:陽気、喜び、はしゃぎ、嫉妬 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:8
(2019/03/11(月) 09:05)

 ミニブーケ
お久しぶりで~す(^^)/  復活です!!
今回の風邪では私には珍しく、食欲がないので体力がなくダラダラと長引いてます。
頑張って少し食べて、歩いたりすれば戻るかと期待してます。
また、みなさん、よろしくお願いします。


(1)
ネタ不足の為、3月4日(月)に買ったミニブーケを昨日撮影してみました。
買った日から5日目の生花ですが既に2種類の花がダメになってます。花の命は短いです。



190309-2.jpg
(2)
ガーベラの筒状花のアップ等も撮ったのですが後日の為に残しておきます。





190309-3.jpg
(3)
ミモザもドライフラワー化してます。
水玉のイメージで(^^)





190309-5.jpg
(4)
全体ですが2種類の花がダメになってますので少し寂しいですね。
私の体力のないイメージだわ!!
買った時はオレンジ系の可愛らしいミニブーケでした。 ¥600でした。
叔母の住む老人ホームの世田谷の深沢で買いました。
義姉の住む三鷹駅で買うと¥1,000。 
世田谷ですがリーズナブルで素敵なミニブーケのある可愛らしいお店でした。


オレンジ:陽気、喜び、はしゃぎ、嫉妬 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:16
(2019/03/10(日) 06:05)

 レオノティス

(1)
レオノティス (別名:カエンキセワタ)  <シソ科 レオノティス属>  舎人公園野草園にて  11月13日撮影
草丈が2m近くありそうで1株でけっこうなボリューム感があり数株ありました。
南アフリカ原産の低木で、秋から冬にかけて恋オレンジ色の花を穂状にたくさん咲かせるそうです。
検索していたら・・・・「あまり一般的でないのか、北川村のモネの庭で見かけるまでこの花を見たことはありませんでした。
気をつけてみると園芸店などでもときどき見かけます。」
四国にある『北村村のモネも庭』にひっかってしまいました。 
本場 フランスの「モネの庭」は諦めてますが行って見たい場所なのです。
日帰りで行けるスケジュールをプランした時もありました。  忘れてましたが希望が復活。時期が遅かったです~。





181115-2.jpg
(2)
そのようなお花で野草のような感じの花のイメージはないのですが、理由があり咲いてるのですね。
もちろん、私もお初で・・花は筒状で長さ8cm前後と大きく、表面にフェルトのような細かい毛が生えます
属名のレオノティスはライオンの耳という意味で、花姿に由来するとされます。英名のライオンズ・イヤーもそれに準じます。
花色はオレンジの他、白、黄色、赤などがあります。


181115-3.jpg
(3)
ライオンの耳の蕾ですね。これがあのようなフワフワの花びらになるのですね。
面白く不思議な花に出会えました(^^)/





181115-4.jpg
(4)
花が咲き終わった後でしょうか? それとも蕾が奥にあるのか??
花後であれば茎をぐるりと囲むように筒状の萼が残り、その姿がおもしろいのでドライフラワーにされます





181115-5.jpg
(5)
シソ科なんですね~。
花の咲き方や茎の断面が四角形などシソ科の植物の特徴がはっきりと見られます←そうですかね~??


オレンジ:陽気、喜び、はしゃぎ、嫉妬 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:10
(2018/11/16(金) 08:02)

 オニユリ
180711オニユり1
(1)
オニユリ(鬼百合) (別名:天蓋百合(テンガイユリ) <ユリ科 ユリ属> 
皇居東御苑にて 7月7日撮影
東御苑ではヤマユリは少し薄暗い雑木林の中で咲いてるのですが
オニユりは雑木林の外側のあちらこちらで群生し目立ってます。





180711オニユリ2
(2)
オレンジ色の色は元気色ですから、お花も元気一杯です。




180711オニユリ3
(3)
花の色や形から、赤鬼を連想させることから 「鬼百合」の名だそうですが、
そのようなイメージはありませんが。。。
でも、昨日アップしたヤマユリの後に見ますと、だいぶ違うユリとなってしまいます。
その分、群生して頑張ってます。





180711オニユり4
(4)
雌しべ、雄しべですが・・・雌しべの先が可愛らしくチョコンと赤色に(^^)





180711オニユリ7
(5)
雌しべの柱頭が3分割してるようですね。
お隣の雄しべったら・・・・どうなってるのかしら? 

≪追記 AM8時53分≫
雄しべの葯の様子が何となくわかりました。細かく記事にしてるサイトさん・・・こちら





180711オニユり5
(6)
雄しべの葯です~~。。 良い感じで撮れてます(^_^)v





180711オニユり6
(7)
オニユりの特徴・・・ムカゴです。
オニユリは種ではなく葉の付け根にムカゴ(零余子)と呼ばれる黒い実をつけます。
ムカゴは、大きくなった芽のことで球根のような性質を持っています。そのため、ムカゴから育てることもできます。
また、球根は、「ユリ根」と呼ばれ、料理に使われることもあります。
ということで・・・ユリ根はオニユりの球根だったのですね・・・美味しくいただいてましたが(^_^)



オレンジ:陽気、喜び、はしゃぎ、嫉妬 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2018/07/12(木) 06:00)

 ベゴニア
            180526ベゴニア1
            (1)
            4月5日に購入したベゴニアです。根腐れで処分することになりました。
            元気なお花だけを花瓶にさして飾り記念写真です。
            華やかなオレンジ色と姿がとっても気に入ってたのですが。
            リビングも寂しい感じ。。。一緒にかった、もう一鉢のベゴニアは元気です。
            買った時に店員の方が、「このお花はポロポロと落ちますよ」と
            悪そうにお話されてましたが、その通りでポロポロ落ちまくり。
            あまり陽に当てないほうが良いとのことでした。 残念!!




180526ベゴニア2
(2)





180526ベゴニア3
(3)





180526ベゴニア4
(4)
こちらは一緒に買ったベゴニアで名札付き「エラチオールベゴニア」です。
とても元気ですが、縁の色の少しオレンジ色が薄くなってきてます。
ソフトで気に入ってるのですが、やはり、元気色のオレンジ色のベゴニアが無いと寂しです。




180526ベニア5
(5)
このような雰囲気の写真は大好きなのですが、実際にお部屋に飾ると華やかな方が明るいお部屋になりますね。
また オレンジ色の同じようなベゴニアに出会ったら買おうと思います。




オレンジ:陽気、喜び、はしゃぎ、嫉妬 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2018/05/27(日) 07:55)

 メギとヤブサンザシ
180429メギー3
(1)
メギ(目木) (別名:コトリトマラズ(小鳥止まらず)  <メギ科 メギ属> 小石川植物園にて  3月31日撮影
あっという間に一ヵ月前撮影となります。
数か所の植物園に行っていて樹木で一番可愛らしいと思った花です。
名の由来は「メギ」は、目の病気に、枝や根の煎じ液で洗眼すると良くなるということから。
「コトリトマラズ」は、鋭い棘が枝にあることから。



180429メギー2
(2)
今までこの時期に小石川植物園へ何度か行ってるのですが撮ってなかったです。
可愛いお花に気が付かなかったのでしょうか?
欧米で作出されて、様々な葉色を持つ園芸品種が多数あるそうです。




180429メギー1
(3)
花は花径5~8mm程度の椀状で、それぞれ6枚の花弁と萼片から成り、6個の雄しべの中心には太い雌しべがあります。
雄しべには刺激が加わると動く性質があり、指で触れると花の内側に向かってキュッと動きます。
ということで太い雌しべが目立ちます。雄しべは花の内側に沿ってるようです。




180429ヤブサンザシー1
(4)
ヤブサンザシ(藪山櫨子)(別名:キヒヨドリジョウゴ)  
<スグリ科(ユキノシタ科) スグリ属>  小石川植物園にて 3月18日撮影
ユキノシタ科の落葉低木。高さ約1メートル。枝は細くて刺(とげ)はない。
葉は互生し、卵円形で長さ、幅ともに3~4センチメートル。
縁(へり)は浅く3~5裂し、粗い鋸歯(きょし)がある。雌雄異株。


180429ヤブサンザシー2
(5)
3~4月、新葉と同時に黄緑色の小花を短枝に束生する。
雄花の萼筒(がくとう)は杯状で、雌花の萼筒は卵形で先は5裂する。
雌雄異株で、この花は雄花かと思います。
萼筒{がくとう}は杯状、5本の雄しべの中心に不稔{ふねん}の子房がある。
花弁にみえるのは萼片で、その間に小さな花弁がある。
別名のキヒヨドリジョウゴの意味はわかりません。。。なぜかしら??






180429ヤブサンザシー3
(6)
この花が雌花でしたらラッキーでしたが、雄花だと思います。
中央に不稔{ふねん}の子房がみえませんが、退化してるのか?
左のぼんやりした花にはうっすらと不稔{ふねん}の子房が見えてるようです。
それに雌花でしたら雄しべ、葯とも小さいと思うのです。
実は赤くスグリ科ですのでスグリの赤い実の感じのようですが食べられません。
今年は何気なく撮ってましたが来年は雌花を探してみます(^^)



オレンジ:陽気、喜び、はしゃぎ、嫉妬 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:8
(2018/04/30(月) 06:00)

 フユシラズ
          180305フユシラズ1
          (1)
          フユシラズ (別名:冬咲きカレンジュラ)  <キク科 カレンデュラ属 >
          ご近所の花壇で咲いてました。 名札付き(^^)
          開花途中かしら?と思いましたが、開花してもこれより少し開く程度のようです。
          ガーベラのような開花状態にはならないよう。




          180305フユシラズ2
          (2)
          花径2.5cmほどの小さめな花なので、このように撮ると山野草ぽっく感じます。




          180305フユシラズ3
         (3)
         あくまでキンセンカ(カレンジュラ)の品種が「フユシラズ」であって、
         キンセンカ=フユシラズではないのだそうです。





オレンジ:陽気、喜び、はしゃぎ、嫉妬 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:8
(2018/03/05(月) 08:50)

 ヒメノウゼンカズラ
171107ジョメノウゼンカズラ テコマリア2
(1)
ヒメノウゼンカズラ (姫凌霄花)(別名:テコマリア) <ノウゼンカズラ科・テコマリア属>
3日前にあっぷしましたサンゴバナのお宅に一緒に咲いてました。
1.5mほどの高さです。 和風の趣のあるお家で珍しいお花が並んでます。



171107ヒメノウゼンカズラ テコマリア1
(2)
南アフリカ原産の半蔓性の樹木で、よく見かけるノウゼンカズラに近い仲間だそうです。



171107ヒメノウゼンカズラ テコマリア3
(3)
オレンジ色の花びらに葯の濃紫がひきたってますね。


オレンジ:陽気、喜び、はしゃぎ、嫉妬 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2017/11/07(火) 08:00)

 キンモクセイ
171014キンモクセイ2
(1)
キンモクセイ(金木犀)  <モクセイ科 モクセイ属>
金木犀が香りだしてから随分と経ちますが、まだまだ咲いてます。
開花してるのを選んで撮影しました。 可愛いです~~(^^)



171014キンモクセイ3
(2)
同じ日、時間、日当たり状態でも
ご近所のあちらこちらの金木犀のお花の開花状況は違います。




171014キンモクセイ4
(3)
こちらの金木犀は全開したお花が見当たりませんでした。
金木犀の香りは秋一番だと感じます。




171014キンモクセイ11010
(4)
スマホ撮影ですが、お花の色が少し違ってますが、↑の一眼のほうが本物に近いでしょうか。
I病院の玄関脇の金木犀は日陰なのですが、お花の全開状態が沢山。 


オレンジ:陽気、喜び、はしゃぎ、嫉妬 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2017/10/15(日) 08:30)

 ヒメザクロ
171011ヒメザクロ3
(1)
ヒメザクロ(姫石榴) (別名: チョウセンザクロ、ナンキンザクロ)   <ザクロ科 ザクロ属>
ヒメザクロは八重が多いそうですが、このお家のは一重です。
一年中、咲いてるように思うのです。
お花を観賞する品種で花ザクロの一種だそうで、ヒメザクロは鉢で栽培できるほどの矮性品種だそうです。





171011ヒメザクロ2
(2)
何度も撮影させていただいてますが、窓辺にスダレがあるので
バックボケが趣があるように見えるのです。




171011ヒメザクロ4
(3)
実は姫リンゴほどの姿ですが・・・・実もですね~一年中生ってるように思うのです。
とても適した環境なのでしょうか。 素敵な風情な窓辺のお宅です。





<朝の月>
171012月1
午前6時10分撮影
今日は3時頃に目が覚めたのでお月様をフラフラしながら見ますと空の真上でバルコニーから
身を延ばさないと撮れないようなので、怖くて止め、すぐに眠り込んでしまい、寝坊しました。
このお月様は夜が明けきって、うっすらとした青空のお月様です。
12日が「下弦の月」とお聞きしましたが我が家にとっては明日の朝のことでしょうかね。





<今朝の佃から勝どき、築地方面の眺め>
171012朝
午前6時34分撮影
今日も少し霞んでますが落ち着いた空です。
今日、 明日はパソコンで大変お世話になって、
私がこのようにパソコンで楽しめる暮らしを教えてくださった方との悲しいお別れの日となりました。
本当に穏やかで心の広い、好奇心旺盛、ボランティア精神旺盛、心遣いの素晴らしい方でした。
5月に最後にお会いできたのが大変嬉しく思い出となりました。


オレンジ:陽気、喜び、はしゃぎ、嫉妬 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2017/10/12(木) 08:10)

 キバナコスモス  浜離宮にて  2/
170922キバナコスモス1
浜離宮のお花畑には、キバナコスモスが咲いてます。
左側のグリーンの葉は来月あたりにピンク色のコスモスが咲くようです。
向こう側のビル群は汐留シオサイトで中央のタワーは今、話題の「電通」本社。
我が家からも見えるのですが、以前は明け方まで照明が全館輝いてましたよ。




170922キバナコスモス2
(1)
キバナコスモス(黄花コスモス) <キク科 コスモス属>
キバナコスモス畑も終盤なのか、風で倒れてるのか、暴れてるようでした。
なので、マクロ撮影ばかりをアップです。




170922キバナコスモス3
(2)
ハイ! 裏側からね~~♪




170922キバナコスモス4
(3)
キバナコスモスは黄色からオレンジ色・・・これは赤色に近いですね。
ピント、いまいち。。。
蕊を狙ってるのですが、花びらにピントが合ってるのかしら?
バックボケが気に入ってます♪




170922キバナコスモス5
(4)
浜離宮で、これほどに赤色っぽいキバナコスモスが多いのも珍しいです。
新しい品種を試みてるのか、今までになく赤色に染まってます。




<今朝の佃から勝どき築地方面の眺め>
170923朝
午前6時13分撮影
今日の東京はお昼まで雨模様。午後から曇り状態のようです。
バルコニーに出ると半袖だと肌寒いです。
お昼から主人の家のお墓参りで三鷹まで。雨が降りませんように。。。




オレンジ:陽気、喜び、はしゃぎ、嫉妬 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2017/09/23(土) 08:00)

 モントブレチア(クロコスミア) と ヒメザクロ
170630モントブレチア1

モントブレチア(クロコスミア)  (別名:ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)、トリトニア)  <アヤメ科>
名前を検索しますと、いろいろな名前で流通されてるようですね。
それに丈夫で路地で雑草化されてるとか。



170630モントブレチア2

真夏を思わせるような感じです~~。。。




170630ヒメザクロ2

ヒメザクロ(姫石榴)  (別名:チョウセンザクロ、ナンキンザクロ)    < ザクロ科 >
このお家のヒメザクロは一年中咲いてるように思ってしまいます。
なんとなく好きで、通る度に眺めています。 窓辺にスダレがかかっていて和の趣です。




170630ヒメザクロ1

今の時期はお花と同時に、こんな可愛らしい実になりかかってます。
もう少しオレンジ色になると、より可愛いいです。



オレンジ:陽気、喜び、はしゃぎ、嫉妬 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2017/07/01(土) 08:00)

 ホオベニエニシダとナスタチウムとロータス マクラツス
今日はオレンジ系の花を3種です。

170529ホオベニエニシダ1

ホオベニエニシダ(頬紅金雀枝)  <マメ科>
エニシダの園芸品種です。
マメ科ですから、そのような花姿!



170529ホオベニエニシダ2

普通は黄色の花に赤色の入ったホオベニエニシダですが
花全体に赤味のある種類もあったり、ピンク系もあるそうです。






170529ナスタチウム1

ナスチウム (別名:キンレンカ(金蓮花)、ノウゼンハレン(凌霄葉蓮) 
<ノウゼンハレン科またはナスタチウム科> 月島にて

花は鮮やかなオレンジ、黄色などで、葉とともに食べられます。
バルコニー園芸をしていた頃に食材としても楽しんでました。


170529ナスタチウム2

味はちょっとぴりっとした刺激があるのでサラダなどのアクセントに。
花が終わったあとの小さな実もピクルスにしたりすり下ろして薬味に利用できるそうです。






170529ロータス マクラツム オームのくちばし

ロータス マクラツス   <マメ科>
きちんと名札がついてました♪ 「オームのくちばし」とも表記がありました。
花は熱帯に住む鳥のくちばしをほうふつとさせるような姿で カナリア諸島原産です。
吊鉢や行灯仕立てが良く合うそうです。




オレンジ:陽気、喜び、はしゃぎ、嫉妬 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2017/05/30(火) 08:00)

 ヒューケラ
170617ヒューケラ2

ヒューケラ (和名:ツボサンゴ(壷珊瑚) 他の名前:コーラルベル)
<ユキノシタ科>

葉は何気なく知っていたのですが、お花を見たのが初めてでした。
名前がわからなかったのですが、勝どきのお花屋さんの店頭で
売られていて名札がついていて先日知りました。






170617ヒューケラ3

このお花の撮影は蕾から、ずっと粘ってたのです。
やっと この程度咲きました!!




170417ヒューケラ4

「ヒューケラ」って・・・・私が7年以上も続けてるPCゲーム「ピグライフ」の裏庭に
植えてる植物の名前!!  ずーーーと「どのような植物かしら??」と思っていた。。。
何と お花が咲くのですね。





170417ヒューケラ1

こちらはご近所でも違う場所に咲いてるヒューケラのお花。
葉の色は上のお花と同じ色です。




170417ヒューケラ5

ヒューケラって種類が豊富なんですね~。葉色、花色がいろいろ。
葉色のバリエーションが幅広く、カラーリーフプランツとして寄せ植えや花壇に用いられてるそうです。
今 思いますとイングリッシュガーデン風のガーデンには必需品ではないでしょうか。
見逃してました。。。。。






オレンジ:陽気、喜び、はしゃぎ、嫉妬 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2017/04/19(水) 08:00)

次のページ
copyright © 2005 メロンのゆったりフォト all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア