FC2ブログ

メロンのゆったりフォト

佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪

ウコン 八重桜        4月17日撮影


(1)
ウコン(鬱金) (別名:美人桜) <バラ科サクラ属サトサクラ目>
昨日はお買い物帰りに珍しい八重桜だけの小さな小さな公園へ寄りました。
少し、時期が遅かったよう。。
今日は『ウコン』をアップします。
サクラの栽培品種で開花時期はソメイヨシノより遅めの4月中旬頃(東京)
花弁に葉緑体をもつなど性質はギョイコウ(御衣黄)に似てますが、色は緑色が弱く淡黄色です。
花は盛りを過ぎると赤味を帯び、上品な色合いの花であることから、
別名「美人桜」と呼ぶこともあり、幸せを呼ぶ桜と言われてるそうです。←初めて知りました。(^^)



190417-c.jpg
(2)






190417-d.jpg
(3)






190417-e.jpg
(4)






190417-a.jpg
(5)
小さな小さな公園。左奥に『ウコン』が咲いてます。
この公園の奥は「佃大橋」の橋桁でその向こうにまた小さな珍しい八重桜の公園が続きます。
「佃大橋」は数年前までは東京マラソンのこう配がきつい難所で有名でしたがコースが変更となりました。
他に、シロタエ、コブクロザクラ、オムロアリアケ、カンザン、フジュロクジュなど。
明日はその中で綺麗に撮れた八重桜をアップ予定です。



  1. 2019/04/18(木) 09:06:23|
  2. 緑:安らぎ、若さ、自然、平凡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

グリーンの寄せ植え        3月21日撮影


(1)
ご近所で新しい?修理したカメラの試し撮りをしてたら可愛いオシャレなグリーン。
オシャレなブリキ缶、古びた木製の棚に乗せられて、赤いガーデンインテリアがポイント(^^)




190329-2.jpg
(2)
よく見たら、四葉クローバーとマンネングサ?




190329-3.jpg
(3)
幸せの四つ葉のクローバーです。
数年前からもっと小さい葉の濃い色の四つ葉のクローバーが
可愛らしく販売されていて買おうかしら??と思ったこともありました。
丈夫そう! リビングでも育つかしら??




190329-4.jpg
(4)
マンネングサ(万年草)? <ベンケイソウ科マンネングサ属>の種類でしょうか??
こちらも人気ですね~。丈夫そうですし~。
1枚目のように寄せ植え、それにブリキ缶が可愛らしいのですね~。プラス赤色。。
上手に寄せ植えされてますね。
  1. 2019/03/30(土) 01:00:00|
  2. 緑:安らぎ、若さ、自然、平凡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

セダム   晴海にて  1月30日撮影

190206-5.jpg
(1)
マンネングサ(万年草)? <ベンケイソウ科マンネングサ属>
晴海トリトンへ行く途中で、ウワッ! 撮りやすそうな苔!!と思いました^^;
近づいてレンズ越しで・・・あら! 違う感じ?? セダム??
高さがⅠcmほどなんです。 腰ほどの高さの位置の植え込みで腰を曲げなくても撮りやすく
面白くなり撮り始めました。
横幅1m、奥行き40cmほどの面積に一杯です。
ミニチュア森のような感じ~(*^_^*)






190206-6.jpg
(2)
このプリプリ感でセダムとわかりますね。
セダムって思いましたが・・・名前が何だか??
昔風ではマンネングサ?? ベンケイソウ??
今は・・「セダム」でオシャレ感覚があります。
お花屋さんでも小さな鉢植えでオシャレ感覚たっぷりで若者にも人気。
学名が Sedum (セダム属)だそうで、多肉植物ですね。
この子達は・・・どうもオシャレな感覚で育てられてる感じでなくて・・ほっぽかされてるよう。。。
でも、それでオシャレ感ありだったらOKですね(^^)






190206-7.jpg
(3)
この赤い小さな葉は私が工夫して置いたのではありません(^^)/
自然とこのような感じ!! クローバーも可愛いらしさを添えてます。






190213-10.jpg
(4)
腰高のコンクリート壁の植え込み全体を撮ればよかったのですが・・・。
これが一番面積を広く撮った写真です。
この驚きべき色彩・・・迷彩というか・・・色の配置がお見事!
自然のなせる技か? 人工的なのか??
ご近所ではセダムは人気で鉢植えが沢山あります。 
これほど小さいのを見たのは初めてでした。
  1. 2019/02/14(木) 01:00:00|
  2. 緑:安らぎ、若さ、自然、平凡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

メキシコラクウショウ、ラクウショウの実


(1)
メキシコラクウショウ(メキシコ落羽松)(別名:ペンタモン)   <スギ科ヌマスギ属(ラクウショウ属)>
小石川植物園にて 1月26日撮影
ラクウショウとばかり思って近寄ったら・・・名札に「メキシコラクウショウ」
ラクウショウは好きな木で皇居東御苑入口にもあり、
水に付きそうなしな垂れた感じで綺麗に思ってます。
緑の実の付いたラクウショウをアップしてるはずと思っても見当たりませんでした。
脳裏には綺麗な姿があるのですが・・・(-.-)
このメキシコラクウショウの植栽例は少なくて、小石川植物園と他2カ所だけのようです。
小石川植物園でも1本だけだったよう。





190202-2.jpg
(2)
メキシコラクウショウはラクウショウの仲間でメキシコ原産です。
ラクウショウの名は葉が鳥の羽に似て、枝ごと葉が落ちる落葉樹であることからだそうですが
このメキシコラクウショウは冬でも青々としてます。
確かに、隣にラクウショウが何本もあるのですが、この木がとても新鮮で綺麗な緑です。
枝についてるコブのようなのは何でしょうね~。 
検索してもわかりません。。。
ラクウショウは湿地に生えるため、膝小僧のような気根(呼吸根、膝根)、が発達するので有名なのですが、
メキシコラクウショウは、それがないので、その役割のものか??





190202-8.jpg
(3)
このように、コブがあるのです。
でも不思議に面白くて・・・綺麗 (^^)




190202-3.jpg
(4)
ラクウショウ(落羽松) (別名・和名はヌマスギ(沼杉) <ヒノキ科(またはスギ科)ヌマスギ属>
ラクウショウは、このような茶色の実となり葉は枯葉となってます。
今年は、緑のラクウショウの綺麗な姿を撮りたいと思います。
  1. 2019/02/03(日) 01:00:00|
  2. 緑:安らぎ、若さ、自然、平凡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

エバーフレッシュ

180904エバーフレッシュ-1
(1)
エバーフレッシュ (別名:アカサヤネムノキ) <マメ科 ピトヘケロビウム属>
原産地中南米、東南アジアです。 我が家のリビングルームのポイントになってる植物です。
昨年の1月に購入しましたので大ざっぱに2年たちました。
丈夫です!!4~9月に黄色い花を咲かせるとありますが、我が家では数ヵ月ごとに咲いてるようです。
右側の黄色っぽい球状が花で花径4cmほど。 その後は赤い実(さや)をつけることから、
「アカサヤネムノキ」という別名があるそうですが、我が家では赤い実に生ったことがありません。




180904エバーフレッシュ-2
(2)
マメ科ですが、フワフワ感のある、このようなお花。オジギソウもそうですね。
オジギソウの実はマメ科らしい実で棘がありましたね。
エバーフレッシュは真っ赤な実の中に黒い種を付けるのです。




180904エバーフレッシュ-3
(3)
この画像を眺めてましたら・・・・・宇宙!! バックボケが何だか波波の淡いグリーンブルー色。
ウ~~ン!! お気に入り(^^)/




180904エバーフレッシュ-4
(5)
あの~これ・・今の状態です。3本の添え木も立てました。天井にも本当は届くのです。
丈夫ですし育つのがあっという間に伸びるのです
剪定をしようしょうと思ってるうちに・・・・だらしない姿になってます。 野性味豊と言えば豊か。
花は20個以上咲いてます。あちらこちらで、ポンポンが開く様子を楽しめます。




180904エバーフレッシュ-5
(6)
2017/02/01に買ったばかりの頃にアップした姿です。
何と気品のある姿。 買った時の高さは1m50cmほどでした。
若葉が徐々に、濃い色に変わっていくときのグラデーションもきちんと見えてます。
母の家にあったのですが亡くなった時に持ってこようとしましたが、あまりに弱ってたので処分しました。
記念と思い買ったのです。バックのカーテンドレープの色、光具合も良い感じでしたね。
弟は新築した2年ほど前だったかしら・・・・オシャレで今、人気上昇のフィカス・ウンベラータ。丈夫のようです。

(5)の状態を上手く剪定してみようと思います。 
エバーフレッシュは一年中いつでも剪定OK。  三分の一ほど剪定してもいいかしらね~~。。

  1. 2018/09/05(水) 06:30:10|
  2. 緑:安らぎ、若さ、自然、平凡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

キンシャチ

            171220キンシャチ1
            (1)
            キンシャチ(金鯱)  <サボテン科 エキノカウタス属(玉サボテン属)>
            ご近所でも、いつも行かない方で発見しました!!
            遠目でも目立つ・・カッコイイ・・サボテン。 高さ4~50cmほど。
            新築のコンクリート打ち放し風、モダンで素敵なお家の玄関脇に一鉢だけポイントに・・オシャレ!!



            171220キンシャチ2
            (2)
            名札が付いてました(^^)
            読めなくて・・・主人に聞きましたら「金のしゃちほこだろ」・・グッ・・そうです!!
            検索しましたら、「金鯱サボテン」で超有名のよう。。。。

            大きく生長するので持て余されがちですが、それでも王者の魅力があり
            一般的なサボテンの中で最も普及し、愛されているサボテンのようです。
            寿命30年 お花20年めほどで咲くらしい。 高さは1mほどになるようです。




            171220キンシャチ3
            (3)
            真上から。 マクロ写真発揮!
            植物園の温室ではよく見ますが・・・ご近所でお初。
            センスの良い若い家主さんかしら(^^)




            171220キンシャチ4
            (4)
            棘が痛そうですが少し触ってみればよかった。
            柔らかそうにも思いますね。



            171220キンシャチ5
            (5)
            きっと 新築で購入したばかりの鉢植えサボテンのようで、とても綺麗。
            ご近所では、多肉植物が人気者ですが、これほど大きいのは初めてかも・・・。




  1. 2017/12/21(木) 08:00:00|
  2. 緑:安らぎ、若さ、自然、平凡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

エバーフレッシュ

                       

                      171123エバーフレッシュ1
                       (1)
                       エバーフレッシュ(別名:アカサヤネムノキ・エバーグリーン)  
                       <マメ科 ピトヘケロビウム属 >
                       今年1月に買ったエバーフレッシュの木に7個のお花が咲きました。
                       今まで何度か咲いてますが、最高の数。



            171123エバーフレッシュ2
            (2)
            運が良ければ花が赤い実になるのですが、今まで運はありません。




            171123エバーフレッシュ3
            (3)
            まだ 固い蕾。



                       171123エバーフレッシュ4
                       (4)
                       環境が適応してるのか、凄い繁殖で葉がどんどん出てきます。
                       4~5月が剪定、切戻しの頃だとか。 
                       それまで待ちますが、
                       可哀そうだと思ったり、せっかく育ったのにもったいないなど思います。



                      171123エバーフレッシュ5
                      (5)
                      今年2月1日にアップした写真ですが、やはり購入時のほうが綺麗ですね。。。

  1. 2017/11/24(金) 08:00:00|
  2. 緑:安らぎ、若さ、自然、平凡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

東村山散策   3/3

170618フウセンツリバナ2

フウセンツリバナ (別名 :ベニヤッコ)  <ニシキギ科>   東村山 大善院
木の実だと思ってました。違うのです!! お花らしいのです。
緑色が真っ赤になり、この花が裂けて、中から実が出てきて熟すと真っ赤になるようですよ。
珍しい木のようで検索しても情報があまりありません。




170618フウリンツリバナ
花が花茎の先につり下がるようにたれ下がるため、フウセンツリバナというのですね。 
風が吹くとヒラヒラと揺れるのでしょう。 
一応、念のため、葉が撮れてるのをアップしました。
この木があった大善院は珍しい花々、木々を選んでますね。






170618テントウムシ
ナミテントウ(並天道虫) 甲虫目 テントウムシ科 
久しぶりのテントウムシ♪  フウリンツリバナの下の何かの葉に乗ってました。
ナミテントウは種類が多いですが紅型(赤地黒斑紋)だと思います。


  1. 2017/06/19(月) 08:00:00|
  2. 緑:安らぎ、若さ、自然、平凡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コウヤマキとナンテン

170613コウヤマキ1

コウヤマキ(高野槙) (別名:ホンマキ)       <マツ科>
ご近所の鉢植えで見慣れない松! 
松といっても・・・とっても綺麗なグリーンで葉に目を奪われました。
普通の松とは全く違って見えます。
大きくなると大木でしょうが鉢植えで高さ1mほど。
まだまだお若いのですね(^^)



170613コウヤマキ2

今は日本および韓国済州島の固有種で、コウヤマキ科としては1属1種であり珍しいそうです。
和名は、高野山真言宗の総本山である高野山に多く生えていることに由来するそうです。
松ぼっくりの上から葉が出てますし、脇芽もあり面白いと思いました。




170613ナンテン1

ナンテン(南天)     <メギ科>
ご近所にはナンテンが多いので、今はナンテンの花盛りです。





170613ナンテン2

晩秋から初冬にかけて赤色の果実が沢山生りますね。



170613ナンテン3

ヒメナンテン (姫南天) <メギ科>
ご近所のナンテンで普通のナンテンよりも小さな葉で赤く紅葉するナンテンがあります。
お花も↑の普通のナンテンよりもほんの少し蕾がピンク色がかっていて違いがわかります。
実は普通のナンテンよりも生りにくいです。






  1. 2017/06/13(火) 08:54:04|
  2. 緑:安らぎ、若さ、自然、平凡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ロツス・ヒルスツス・プリムストーン

170504ロツス・ヒルスツスのブリムストーン
ロツス・ヒルスツス・プリムストーン   <マメ科>  谷中にて

初見で、多肉植物かな~と思いましたら・・・・・マメ科!!
葉は薄くて産毛があるようです。
初見のせいか、魅力的でした。




170504.jpg
白河清澄にて
先端の黄色っぽいのは新芽で、お花は夏l頃に咲くようです。
検索しますと、寄せ植えなどにも多様されてるのですね。
  1. 2017/05/05(金) 08:00:00|
  2. 緑:安らぎ、若さ、自然、平凡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フキノトウ

170305フキノトウ

フキノトウ(蕗の薹) <キク科>  

ウメの木の下はツワブキが植栽されているのですが
その間にフキノトウを発見!!  辺りをよ~~く見回すと5~6個咲いてました。

この都会の中に~~~と驚き・・・・どうしたのかしら??
撮影できてラッキーーーー!!

一週間ほど前に天ぷらで頂きました。美味しいですよね~~~♪
  1. 2017/03/06(月) 07:59:48|
  2. 緑:安らぎ、若さ、自然、平凡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エバーフレッシュ 花

170211エバーフレッシュ花

エバーフレッシュ <マメ科>

エバーフレッシュをふと見ると・・・・あら~~~~お花が咲いてます。
撮影、撮影と思い お花を写しやすいように葉を持ち上げた途端・・・・
丸いタンポポの綿毛のような丸いお花がこのような状態になってしまいました。
一つだけ咲いてたのに~~~。。。

170211エバーフレッシュ2

ふんわりとつながってます~~。


170211エバーフレッシュ3

残念なので丸い状態に再現してみました。。。。。

次回はいつ咲くのでしょう。。。。。
  1. 2017/02/12(日) 08:01:05|
  2. 緑:安らぎ、若さ、自然、平凡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エバーフレッシュ

170201エバーフレッシュ2

エバーフレッシュ (別名:アカサヤネムノキ)    <マメ科>

我が家のリビングに3週間前にやってきました。
以前のが枯れてしまって3か月の間、何にしようかしら?と迷い。
あれこれデパートで見たり、ネットでみたり・・・楽しく悩み・・・この子に決定!!
結局、銀座三越からいらっしゃた・・・オシャレさんです。
リビングのポイントとなる観葉植物として・・・・4~5代目ほど。
最初は観音竹、ベンジャミンなど・・・。


170201エバーフレッシュ1

1週間ほど前から・・・あらあらという間に新芽が出てきて驚いてます。
ねむのきの一種ということで、どこが違うのかわかりませんが、
夜は葉が閉じて眠ります。。。


                 170201エバーフレッシュ3

                 もう少し背の高いものを探してましたが、この子は1m50cmほど。
                 でも どんどん伸びてくれそうな気配です。 
                 お花も実もなるそうで楽しみ♪
  1. 2017/02/01(水) 11:00:06|
  2. 緑:安らぎ、若さ、自然、平凡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セダム「ブレビフォリウム?」

170109セダム2
ブレビフォリウム <ベンケイソウ科><セダム属>   日本橋にて

多肉植物はご近所でも人気でいろいろと見てますが、
こんな小さいバラのようなのは初めてで驚き! 1cm以下です。ビッシリ! 興奮!!
名前調べで格闘しましたが・・・・・。
「ブレビフォリウム」でしょうか? よ~くみると産毛とありました。
「ダシフィルム」かな?とも思いましたが・・・毛深いとのこと。
検索しますと、とっても毛深いです。

これは、普通にみると、ツルリンとした風情、↓のようによ~~~~く見ますと産毛。
色も青っぽいですが成長時期によるとか・・・。
どうかなぁ~~~??


170109セダム1



  1. 2017/01/09(月) 13:31:17|
  2. 緑:安らぎ、若さ、自然、平凡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キンメツゲ

161213キンメツゲ
キンメツゲ(金芽黄楊)  <モチノキ科>  明石町にて
イヌツゲの園芸品種だそうです。名札がありました♪
葉はイヌツゲに比べて小さく、密生してます。
イヌツゲよりもこちらのほうが生垣、トピアリーに適してるというか・・・好きです。
ミッチリしてまっすという感じ!
10月頃に黒い実が生るそうですが、終わったのか、見当たりませんでした。
  1. 2016/12/14(水) 08:59:06|
  2. 緑:安らぎ、若さ、自然、平凡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニューサイライン



ニューサイライン  <リュウゼツラン科>

生け花などにもつかわれる・・・あの葉です。
近所のマンションの玄関廻りの植栽です。
若い感覚でセンスがよいなァ~と思ってました。
よく見ると名札あり!! 知らなかった~~~。


161130-2.jpg
紫色の濃い色もあるのね。
  1. 2016/12/01(木) 09:00:00|
  2. 緑:安らぎ、若さ、自然、平凡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

メロン

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

リンク

RSSフィード