メロンのゆったりフォト

佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪

エロディウム・ウァリアビレ、ヒメフウロ、オランダフウロ

180618ヒメフウロ1-1
(1)
エロディウム・ウァリアビレ (別名:ヒメフウロソウ(姫フウロソウ) <フウロソウ科 エロディウム属(オランダフウロ属?)>
佃にて 4月28日撮影
ご近所の一つの路地で人気となってます。 23年前に引っ越してきた時からですが。
きっとご近所同士で、可愛らしいので、わけたりしたのでしょうね。
その路地だけなので、種が沢山飛ぶということでもなさそうです。
2005年、2006年に「コルシカ島生まれのヒメフウロ・・エロディウム、コルシクムという名前」としてアップしてましたが
今回調べて・・・名前が間違ってました^^;
ヨーロッパ南西部の原産でレイカルディ種とコルシクム種との種間交雑種でエロディウム・ウァリアビレという名前。
姫風露(ヒメフウロ)の名でも流通しているますが、日本には同名の自生種があるので紛らわしいのです。





180618ヒメフウロ1-2
(2)
エロディウム・ウァリアビレ  佃にて 6月8日撮影
葉は心円形で浅裂し、地面を這うように広がり、沢山の花がいっぺんに咲くという感じではなく、
ポツリポツリとした感じで花を咲かせ続けます。白色もあるそうです。
気が付いた事は・・・いつも咲いてるように思う事と実を見たこと、意識したことがありません。
長いくちばしのような果実らしいのですが、どうして気が付かなかったのかしら?
花期は6~9月らしいのですが。 花後を意識してみなくては・・・。。




180618ヒメフウロ2-1
(3)
ヒメフウロ(姫風露) (別名:シオヤキソウ(塩焼草)  <フウロソウ科 フウロソウ属>  晴海トリトンにて 4月20日撮影
こちらが本当のヒメフウロです。
ちょっと・・だいぶ・・ボケてますが。。。
花弁には2本、濃色の筋があるのと、雄しべの葯は赤っぽいことは見えますね。
葯は赤、うすピンクと黄色の3タイプがあるそうです。
別名の「シオヤキソウ」は、臭いが塩を焼いた時のものであることに由来するそうです。





180618ヒメフウロ2-2
(4)
ヒメフウロは何となく帰化植物だと思ってました。葉などがアメリカフウロのように紅葉してる色になるので。
でも滋賀県の伊吹山、岐阜県、三重県、徳島県剣山などに自生しているそう。
海外では、北半球の温帯や南アメリカに広く分布してるそうで、
日本の都市部などでは国外から入ったものが帰化している例が多数報告されているそうです・・やはり、感は当たっていた。
木場公園都市緑化公園でも帰化植物コーナーに咲いてたのですよね。





180618オランダフウロ2
(5)
オランダフウロ(和蘭陀風露) <フウロソウ科 オランダフウロ属>  木場公園都市緑化植物園にて 5月22日撮影
こちらはお初!
ヨーロッパ~西アジア原産で、アメリカフウロは昭和初期に牧草などと共に持ち込まれしたが
こちらの歴史は古く、江戸時代末期に観賞用として渡来したそうで驚きますが、現在は日本全国に帰化しているとか。





180618オランダフウロ3
(6)
オランダフウロは種の入った鞘が長く尖り、西洋剣のような実。
フウロソウの仲間の中では最も長いものの一つだそうです。
この写真で、花から実(まだ緑色で若いですが)への変化がわかりますね。
なるほどね~~と眺めてます(^^)


  1. 2018/06/19(火) 06:00:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ハマダイコン

180614ハマダイコン1
(1)
ハマダイコン(浜大根)  <アブラナ科 ダイコン属> 木場公園都市緑化植物園にて 5月22日撮影
この花はですね~もう~撮影時にすっかり、ムラサキハナナだと思い込んでました。
ですから、名札があったのかもしれないのですが撮ってませんでした。
アップするつもりもなかったので適当に数枚撮ってたのです。
昨日、同じアブラナ科のゴウダソウ(明日アップ予定)を調べていて・・・あら・・あららら?? 
あれやこれや調べて、ハマダイコンだと思いました。




180614ハマダイコン2
(2)
ムラサキハナナの花に似てるのですが、紫脈があり、花色も白っぽいピンク色から淡い紫色へグラデーション。
名前にハマ(浜)が付くので日本全土の海岸の砂地に生えるそうです。
撮影地は植物園ですが・・・^^;
入口付近はイネ科で、右に行くと八重ドクダミの群生でその次に撮ってるので帰化植物コーナーだったのか曖昧。
ダイコンの野生化したものと考えられてたそうですが、栽培ダイコン種の逸出野生化したものでなく、
大 陸から古い時代に渡来した野生ダイコンの後代とする説もあるそうで・・・・帰化植物コーナーだったのかしら??




180614ハマダイコン3
(3)
このアングルは「松江の花図鑑」さんのハマダイコンのアングルと同じで・・・・これはハマダイコンだと確信した訳です。
「萼片4個は直立する」とありました・・・なるほどね~~。




180614ハマダイコン4
(4)
この実を見て、そういえばムラサキハナナの実は知らないと調べ始めたら・・・・・あららら??の世界へ。
「ハマダイコンの果実は無毛、長さ5〜8cm、2〜5個の種子があり、数珠(じゅず)状にくびれて先は細くとがる。
熟しても裂開しない。」・・・・その通りです(^^)v




180614ムラサキハナナ20170331084516c34[1]
(5)
≪比較参考のため≫
ムラサキハナナ(紫花菜)  <アブラナ科 ムラサキハナナ属> 神代寺植物園にて 2017年3月29日撮影
パソコンのお仲間と昨年行って撮影してアップしてます・・・綺麗に撮れてるわ~~(^^)
花びらをハマダイコンと比べると違いますね~~。
昨年の撮影、アップ時はムラサキハナナ、花大根と覚えてたので深入りしてなかったのですが
今回、調べると実も分かったのですが・・・・名前がね・・・別名が沢山あるのですね。
ムラサキハナナ(紫花菜)、ハナダイコン(花大根)、オオアラセイトウ(大紫羅欄花)、ショカツサイ(諸葛菜)、シキンソウ(紫金草)
「ムラサキハナナ」は、「ナノハナ」に似て紫の花を咲かせるところからということで1番覚えやすいですね。
  1. 2018/06/15(金) 06:00:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ムラサキツメクサ、タマザキクサフジ

180611アカツメクサ1
(1)
ムラサキツメクサ(紫詰草) (別名:アカツメクサ、赤lクローバー) <マメ科 シャジクソウ属>   
葛西臨海公園にて 5月18日撮影
好みのマクロです~(^^)  色も、花びらも可愛らしいです。
はいはい! マメ科ですからね~蕊は見えなくてスッキリしてます。



180611アカツメクサ2
(2)
ムラサキツメクサはヨーロッパ原産で牧草として明治初期に渡来し、全国に野生化してるそうですが
シロツメクサのほうが圧倒的に多いと思いますので、見つけると嬉しいです。
花はシャジクソウ属ですが、受粉したあと下を向くことはない・・・・なるほど、そうですね~!!
受粉後に花が下に向くのは昨日アップしましたモモイロシロツメクサとシロツメクサ、コメツブツメクサ、クスダマツメクサなど。




180611アカツメクサ3
(3)
ムラサキツメクサは花序の直下に左右1対の葉がつきます。
葉の産毛が結構見えますね。
あらら! 1枚目マクロの花には見えなかった花の細い線のようなものが見えます。
そういえば、このような細い線、見かけます・・・ へぇ~~! 長い萼裂片?のようですが。。。
今後 注意して見ましょう。






180611ムラサキクサフジ2
(4)
タマザキクサフジ(玉咲草藤) (別名:クラウンベッチ) <マメ科タマザキクサフジ属>   
木場公園都市緑化植物園にて 5月22日撮影
ヨーロッパ化の帰化植物で、 牧草や下草、グランドカバー用に輸入されたものが野生化しています。
花の感じは藤というよりはレンゲ草(ゲンゲ)に似てると思いましたが・・・比較すると違いますね~~。
タマザキクサフジの花は上弁が桃色で下弁が白色のふっくらしたマメ科特有の口唇花が多数固まって球状となった蔓性多年草。
タマザキクサフジのほうがレンゲソウよりも、だいぶ、花がふっくらしてます。
レンゲソウはムラサキツメクサに似てスッキリしてます。




180611ムラサキクサフジ1
(5)
タマザキクサフジはマメ科ですがシャジクソウ属ではありません。
でも、花が受粉後に花が下を向くのですね。 
ムラサキツメクサには花序の下に葉がありますが、こちらは、ありません。





180611ムラサキクサフジ4
(6)
タマザキクサフジの左下の蕾のような、花後のような??? 気になります。
やはり、蕊は見えません。 若干、見えそうな気配がある花もありますが。 
レンゲソウに似てますがレンゲソうというと蜂が蜜を集めるイメージです。
蜂も蜜集めが大変なんですね、蕊まで頑張って潜っていく感じ・・・やっと、そのような事が分かってきました。






180611ムラサキクサフジ3
(7)
ムラサキクサフジタマザキクサフジは蔓性多年草で葉は奇数羽状複葉。
カラスノエンドウの葉に似てますが固そうです。
中央の緑色のものは蕾かしら?
上部中央のも蕾か花後か分からないし~~^^;

  1. 2018/06/12(火) 06:00:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

イヌコモチナデシコ、マンテマ

180522木場公園1
(1)
昨日は午前の太極拳の後に木場公園へ11年ぶりに寄ってきました。見たいお花発見、撮影のためです。
都立木場公園は我が家から地下鉄で2つ目の木場駅から直ぐです。
1992年(平成4年)6月1日 に開園で、昔はですね~木場貯木場跡地です。新木場に移転しました。
こんな大きな公園になりビックリしたものです。
左上に遠く東京スカイツリーが見え、その右には木場公園の橋がみえますが奥に東京現代美術館があります。 




180522アグロステンマ(ムギナデシコ)
(2)
一画に「都市緑化植物園」があり、西洋、和風、帰化植物、ハーブなどの小さな植物園です。
アグロウステンマアグロステンマ(ムギナデシコ)の群生の奥にグリーンのベンチがあり、お弁当をと思いましたら
「こちらで座って飲食禁止」とありました。お花を見ながらのランチと思ったのに。
この同じベンチが他にもありましたが同じ。
で、普通のベンチに座りました。何故かしら? 壊れやすい? ゴミが心配?





180522-1.jpg
(3)
イヌコモチナデシコ (別名: イヌコモチナマンテマ) <ナデシコ科 イヌコモチナデシコ属>  
木場公園にて 5月22日撮影
目的の見たかったお花が見つかりました(^^)   きちんと名札付き(^^)V
マンテマ と比べ、ガク片や葉に毛がないが、茎には腺毛が密生。
ヨーロッパ原産の帰化植物で本州・四国・九州の広い範囲に分布。
花序は茎の先端に形成され、卵状にふくらむ。




≪追加画像 5月23日午後10時≫
180523雌しべ
平家蟹さんのご指摘で(3)の画像に雌しべが出てるということで、トリミングしましたら
びっくり! バッチリと確認できました。
画像をもっと、よく見ると面白い世界があると勉強になりました。
どうもありがとう~~(^^)/




180522-2.jpg
(4)
花は直径約1㎝の淡紅色の5弁花。花弁の先はV字状に2裂する。
雄しべだけかしら~?




180522-3.jpg
(5)
こちらも雄しべだけなのかな??




180522-4.jpg
(6)
大きな苞の楕円形の花序。
私はこの大きな苞とピンク色のお花が面白く、可愛らしいのでが。
まァ、、、苞が筍の皮にも見えますが^^;




180522-5.jpg
(7)
茎には腺毛が密生のようですが、茎、葉の撮影を忘れました。




180522-6.jpg
(8)
帰化植物の繁殖力は凄いのですね。
下部にはヒメコバンソウが沢山。
この小さな植物園にヒメコバンソウが、はびこってました。




180522マンテマ
(9)
帰化植物のナデシコ科をそろえてるコーナーで、隣には少しだけマンテマが咲いてました。
一昨日アップしましたシロバナマンテナも咲いていて、
他に「イタリーマンテマ」という名札もありましたが、残念ながら咲いてませんでした。

他にも沢山撮影しましたので、アップしていきます。
  1. 2018/05/23(水) 06:00:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ベニバナエゴノキ

180511ベニバナエゴノキ2
(1)
ベニバナエゴノキ(紅花斉墩果) <エゴノキ科 エゴノキ属> 晴海トリトンにて  4月30日撮影
ベニバナエゴノキが満開で見事でした。 高さ4~5mの木です。
ご近所にはエゴノキはあちらこちらで見かけますがベニバナはありません。
やはり ピンク色ですと可愛らしいですね(^^)




180511ベニバナエゴノキ4
(2)





180511ベニバナエゴノキ1
(3)


  1. 2018/05/12(土) 06:00:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ヤマボウシ

昨日は午前中、気功で浜町のスポーツセンターへ。
地下鉄出口に銀杏並木(20本ほど)があり、「銀杏の花」探しをしましたが・・・無理!!
新緑の綺麗な葉が密集していて、、、、探すのは根気のいるお仕事だわ。。。
小雨でしたので透明ビニール傘をさして片手でつかめる木をつかんで、しみじみ眺めてたら
気功のお友達が「何してるの~~??」・・・で立ち話。。
それをきっかけに、イチョウ花探しにけりをつけて、、、来年に頑張ろう!!
向かいの浜町公園のヤマボウシ撮影となりました。
万が一、イチョウの花を発見した時の撮影のために300mmレンズでしたが、何だか良い感じに撮れました。
いつも、ほとんどマクロ撮影ですから。。。  300mmレンズ花撮影をこれから試してみようと思いました。


180509ヤマボウシ1
(1)
ヤマボウシ(山法師、山帽子) <ミズキ科 ミズキ属>  浜町公園にて  5月9日撮影
浜町公園には入口から見渡すと、このようなヤマボウシが5本以上あちらこちらで満開です。
花色は木によりだいぶ幅があります。
浜町公園は一時期ポケモンで賑わっていて、お昼、夜共に凄い混雑だった場所。
今は、普通状態となってます(^^)




180509ヤマボウシ2
(2)





180509ヤマボウシ3
(3)





180509ヤマボウシ4
(4)





180509ヤマボウシ6
(5)





180509ヤマボウシ7
(6)



  1. 2018/05/10(木) 06:00:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

佃公園の桜

          180326佃1
          (1)
          昨日の午前11時頃の佃公園の桜撮影です。
          この一枚だけスマホ撮影で残り↓は一眼です。
          う~~ん・・・何と言いましょうか。。。
          スマホ撮影が綺麗スッキリに見えます。
          一眼の趣が好きですが・・・・比較しますと・・・どうなんでしょう~~。。。





          180326佃2
          (2)
          ここからが一眼18~70mmレンズ撮影です。
          レンズが安いからかしら?? 
          なんだか桜より撮影画像にこだわって見てしまいます^^;
          最近はこの18~70mmレンズの出番が無く、
          一眼マクロ90mmでお花撮影で風景は全てスマホ撮影でした。





          180326佃3
          (3)
          桜はちょうど良い見頃でカメラで撮影の方々も多く、
          その方のアングルが気になり、後で同じアングルでのぞいてみたり(^^)




          180326佃4
          (4)
          タワーマンションの影となり暗いですね。
          午後の撮影だと違った表情だと思います。




          180326佃5
          (5)
          これはマクロ90mmレンズで~す。





          180326佃6
          (6)
          バックボケは隅田川の川面です。





          180326佃7
          (7)
          佃公園の桜並木を隅田川の中央大橋から撮りました。
          隣の石川島公園の桜並木も綺麗だと思いますが・・・昼食時間となり帰宅しました。

  1. 2018/03/27(火) 06:00:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ヒマラヤユキノシタ

                 180320ヒマラヤユキノシター1
                 (1)
                 ヒマラヤユキノシタ  (別名:ベルゲニア、エレファンツ・イヤー) 
                 <ユキノシタ科 ヒマラヤユキノシタ属>
                 ご近所の玄関脇に咲いてるのですが
                 昨年は5月4日にアップしてます。
                 花期を調べますと・・・・2~4月のようです。




          180320ヒマラヤユキノシター2
          (2)
          昔は何故か上手に撮れない花でした。





          180320ヒマラヤユキノシター3
          (3)
          雌しべに艶。 花粉が付きやすくなるのかな? 




          180320ヒマラヤユキノシター5
          (4)
          こちらは違う場所のお花ですが、咲いたばかりのようで他は蕾でした。

  1. 2018/03/21(水) 06:00:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ショウジョウバカマ

          180314ショウジョウバカマ1
         (1)
         ショウジョウバカマ(猩々袴)  <シュロソウ科 ショウジョウバカマ属>  3月10日撮影 銀座にて
         今までに他の場所で数回撮影しましたが・・・初めて花の様子が理解できました。
         今までは珍しい花に出会えて綺麗~で終わりでしたが。
         これはですね~~えっと~~お花が数個集まってるようです。
         左上に細い雌しべが付きでいて先が少し濃いめでやんわり凸凹。
         右の黄色がかってるのが子房。 雄しべは6本。 葯は濃い紫色っぽい     


          180314ショウジョウバカマ2
          (2)
          鉢植えですが~^^;
          草丈8cmほどです。
          今度は葉も撮りました。根生葉はロゼット状。



          180314ショウジョウバカマ3
          (3)
          これは2月19日撮影で、何だかわからなかったのですが
          まだ花が開花してない状態で雌しべだけが花びら、雄しべよりも先に突き出てる様子です。
          花が雌性期の状態らしい。。(1)のように開花すると雄しべが伸びて雄性期というようです。

          と、このように観察することが出来ました、ハイ! 違ってら教えてくださいね~~(^^)

  1. 2018/03/15(木) 06:00:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ツバキの雌しべ

          180309椿1
          (1)
          ツバキ(椿、海柘榴)  <ツバキ科 ツバキ属>
          ツバキの花も昨日アップのアセビと同じように撮影スル―しがちです。
          ご近所いろいろな場所に特に赤色が多いですが、綺麗な花に出会えません。
          このピンク色・・ツバキで良いのでしょうかね~??
          いつも書きますが、山茶花と見分けられないので。。。




          180309椿2
          (2)
          蕊が綺麗でしたのでカシャリしました。
          ピンク色の花びらも可愛らしいです。

          <追記:平家蟹さんのコメントによりツバキの雌しべが珍しそうなので
          タイトルを「ツバキの雌しべ」しました(^^)/>

         

         180309椿3
         (3)
         この一輪だけが咲いていて、蕾が多かったです。

  1. 2018/03/10(土) 06:00:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

アセビ

          180308アシビ1
          (1)
          アセビ(馬酔木) (別名:アセボ、アシビ)   <ツツジ科  アセビ属>
          ご近所ではアセビが多いです。
          というより、日本の公園には必需品の一つのようにまで感じます。
          でも、綺麗に咲いてるのは少なく思うのです。
          沢山の花が付きすぎてゴチャゴチャしてるのが多く感じてしまいます。




                180308アシビ2
                (2)
                スルーしがちですが、これは、ほんのりピンク色で萎みも無く良い感じ(^^)v





          180308アシビ3
          (3)
          ツツジ科特徴の壺型スズランのような花姿のアップです。
          下部のほうは逆チューリップにも見えますね。



  1. 2018/03/09(金) 06:00:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ヒメオドリコソウ

            180305ヒメオドリコソウ2
            (1)
            ヒメオドリコソオウ (姫踊子草)  <シソ科 オドリコソウ属>  清澄白河にて
            ご近所のヒメオドリコソウはまだ蕾もあるかないかの状態です。
            3日にお墓参りに行きましたが、そのお寺には35年以上使用してないテニスコートがあり
            そこが雑草の宝庫となってます。 楽しみに行ってみると。。。
            ヒメオドリコソウとオオイヌノフグリが蔓延ってるのですが、お花はチラホラ。




            180305ヒメオドリコソウ3
            (2)
            ヒメオドリコソウはホトケノザにソックリですが・・・ホトケノザよりもお花自体が地味な色のせいか
            今まで1度しかアップしてなくて、それにオレンジの葯だったのも初めて知り、、、、^^;
            雌しべを探してみましたが、分かりません。。。





            180305ヒメオドリコソウ4
            (3)
            この黒いのは?? 雄しべの4本ですが・・・オレンジ色の後かしら?
            それとも、これからオレンジ色?
            ホトケノザではこの様なのは気が付きませんでしたが。





            180305ヒメオドリコソウ5
           (4)
           こちらは、しっかりと4本の雄しべだとわかるけれど。
           雌しべは隠れてるのかしら??

           今回はオレンジ色の葯の変化がわかりました。
           次回のお墓参りでは、ヒメオドリコソウの群生となっているのでしょうか。






  1. 2018/03/06(火) 06:00:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ウメ

                    180303お墓参り1
                    (1)
                    昨日は先月の母の命日のお墓参りを忘れてしまったので
                    お雛祭りを楽しんでもらおうと桜餅を持ってお墓参りに。
                    父には大好きだった日本酒です。
                    地下鉄2つ先の「清澄白河」です。
                    本堂の裏の墓地に1本だけ、小ぶりですが満開の枝垂れ梅です







                    180303お墓参り2
                    (2)
                    他のお墓参りの方が「先週は固い蕾だったのに・」・・と。
                    毎週、いらっしゃてるのかしら(^.^)




                    180303お墓参り3
                    (3)
                    可愛らしいピンク色。




                    180303お墓参り5
                    (4)
                    枝垂れ梅ではありません。
                    隣に咲いていた梅なのですが色合いがソフトで
                    少しオレンジ色が入ってるような色で可愛らしいお花。





                   180303お墓参り6
                    (5)
                    本堂左脇に植えられてるウメです。
                    父が亡くなったのは35年ほどまえのこと。
                    3月20日のお彼岸です。
                    お通夜でライトアップされ・・・・驚くほど綺麗なことを鮮明に記憶してます。
                    その年だけがとても遅い開花だったのですね。





            180303お墓参り7
            (6)
            いつごろ植えられたのでしようか。  老木感があります。
            父の亡くなった頃はもっとお花が密に咲いていたように思います。





            180303お墓参り8
            (8)
            こちらは本堂右の真っ白な梅のマクロです。






  1. 2018/03/04(日) 08:17:08|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アネモネ ピンク

            180223アネモネ1
            (1)
            アネモネ (別名:ボタンイチゲ(牡丹一華)、ハナイチゲ(花一華)、ベニバナオキナグサ(紅花翁草)
            <キンポウゲ科 イチリンソウ属>
            撮りたかったアネモネのマクロです。
            一昨日の印刷博物館の帰りの江戸川橋の駅の近くにお花屋さんがあるのを
            知ってたので、アネモネがあれば~と思ってみたら店頭には無し、
            店内に入ったら…ありました~~(^^)v  一束¥324 安い~~!!




            180223アネモネ2
            (2)
            このピンク色と紫色と赤色と3色ですが、今日はピンク色だけアップです。
            撮りたかったので、毎日楽しんで撮ってみます。




            180223アネモネ3
            (3)
            このボケ感は好みです。
            昨日は銀座へ行ったのですが4丁目交差点のお花屋さんにもアネモネが
            売られてましたが、私が買った方が良い感じ・・・ウフフ、ラッキーでした。




            180223アネモネ4
            (4)
            アネモネの雌しべ、雄しべは面白いですね。




            180223アネモネ5
            (5)
            ここまでアップしますと~ちょっとグロイかしら。。。
            でも 私 何だか魅入ってしまいます。
            蕊の色がピンク色はわかりますが、約の色が白色と濃い紫色。何でしょう。。。
            小山のような雌しべも面白いですゥ~。
            これから毎日観察してみます。








  1. 2018/02/24(土) 08:00:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ラナンキュラス

            180215ラナンキュラス1
            (1)
            ラナンキュラス <キンポウゲ科 キンポウゲ属>
            ご近所のマンションの玄関脇の鉢植えのラナンキュラスのマクロ撮影に挑戦です。
            これは蕊をポイントにしたかったのですが・・・画面を上下左右から見ますと蕊が見えるかも^^;



             180215ラナンキュラス2
            (2)
            ランキュラスの重なり合う花びらにピントを。




                      180215ラナンキュラス3
                      (3)
                      ソフトなラナンキュラス。




            180215ラナンキュラス4
            (4)
            ラナンキュラスの花びらの陰影をマクロで撮りたかったので苦手な太陽ぎらぎらの時のお花撮影。
            反射しすぎてますかね~~。。 わからない世界!! あえて挑戦!
            私の普通のお花撮影とは違うと思うのですが・・・・どうなのかなぁ~~??




                      180215ラナンキュラス5
                      (5)
                      さらに太陽光線ぎらぎら状態で。
                      何だか わからなくなってきました。。。 まぁ いろいろと試してみます。 
                      どうぞ ご意見をお願いします~(^^)/
                      明日はクリスマスローズのマクロのアップ予定です。

  1. 2018/02/16(金) 08:00:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ジャノメエリカ

            180214エリカ1
            (1)
            ジャノメエリカ (蛇の目エリカ) <ツツジ科 エリカ属>  明石町にて
            聖路加看護大学のお庭に咲いてます。
            毎年のように見てるのですが・・・2006年に一度アップしてるだけです。
            その年の記事には2mほどの高さとありますが、今は2.5mほどに。
            ほかでもジャノメエリカは沢山見てますが、綺麗と思ったことが無くて。。。




            180214エリカ2
            (2)
            今年はちょうど綺麗な見頃の時だったのか、撮影しました。
            ピンク色の花のまんなかに黒い目玉のような模様があり、これがぎっしり咲きユニークです。
            この黒い目玉部分を 「蛇」の「目」に見立てたらしい。




            180214エリカ3
            (3)
            こんなに綺麗に撮れたのは、初めて!!   いつもゴチャゴチャしてました。
            本当に綺麗だわ~~~。 雌しべ、雄しべ、花びらも満点です(^^)
            自己満足の世界です。 今まで見たジャノメエリカとはまるで違うので。。。
  1. 2018/02/15(木) 08:00:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

メロン

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

リンク

RSSフィード