メロンのゆったりフォト

佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪

紅白の梅

            180213ウメ2
            (1)
            梅の開花状況も種類により、いろいろですね。
            ご近所の公園での鉢植えの梅は満開もあり蕾もありの状態です。
            この白梅は地植えで日当たりの良い場所ですが、蕾が多い状態です。




           180213ウメ1
           (2)
           梅の花撮影は春近しの気分があり嬉しいですね。
           日本古来のお花のイメージで落ちついた品があるように思います。




            180213ウメ3
           (3)
           こちらのマンションの玄関脇の紅梅は満開状態です。
           日当たりは悪い場所なのですが。




           180213ウメ4
           (4)
           名前は判りませんが梅にしては小ぶりなお花。
           可愛らしいです~。




           180213ウメ5
           (6)
           ここまで書いて、ふと・・・・浜離宮梅林へ昨年行ったはずと、過去検索しましたら3月19日でした。
           菜の花撮影と一緒でした。 まだまだ梅の花はこれから楽しめるのですね。

  1. 2018/02/14(水) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

スズランエリカ

            180128スズランエリカ
            (1)
            スズランエリカ    < ツツジ科 エリカ属 >    深川にて
            白色は撮りづらくて・・・・でも可愛らしいのでアップです(^^)
            エリカの種類も多いですね。 細長いお花もありますし。
            こちらは純白、輝いてるような白色のスズランエリカです。
            枝先に真っ白で小さな花が三つ咲き、枝の分岐が非常に多いので、びっしりと咲くそうです。




            180128スズランエリカ3
            (2)




            180128スズランエリカ1
            (3)

  1. 2018/01/29(月) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

メキシカンオレンジブロッサムとウメ? ヤマサクラ?

            180116メキシカンオレンジブロッサム
            (1)
            メキシカンオレンジブロッサム (別名:ショワジア・ テルナータ・サンダンス)  < ミカン科 ショワジア属>
            この花は昨年12月11日に勝どきで撮影しました。 名前が分からず、そのままに。

            でも 気になり先日お名前調べサイトでお返事をいただました。・・・・「カポック(シェフレラ)では??」
            画像検索しましたら、お花が違うよう。。。

            2番目に回答してくださった方が「メキシカンオレンジブロッサでは?」と。
            調べますと、メキシコ原産で葉はカポックに似た艶のあるライム色で若い葉はレモン色をし ていますとのこと。
            というわけで、名前がわかりました。 葉が観葉植物のカポック似です。お花が「カポック(シェフレラ)」と全く違いました。




            180116ウメー2
            (2)
            こちらは1月9日に旧佃児童遊園で撮影。
            盆栽仕立てのようで木の太さ3~4cmほど、高さ20cmほど。
            回りに梅の花も咲いていてましたが、このお花径が4cmほどで大きく蕊も梅とは違うような感じ。
            気になり、やはり お名前調べサイトで教えてただだきました、、、、「梅では?」
            その他のお返事はありません。
            梅かしら???



            180116ウメー1
            (3)
            お花はこんな感じです。「梅」でしょうか~~??

            <追記 1月17時11時30分>
            花名は山桜かも・・・・花びらの先が割れているのが桜に似てる
            オオシマザクラとマメザクラの種間交雑種で花は中輪、一重咲きで白色。
            盆栽仕立てにあってるそうです。 





  1. 2018/01/17(水) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クリスマスローズ ニゲル

                      180114クリスマスローズニゲル1
                      (1)
                      クリスマスローズ ニゲル(別名:ヘレボルス・ニゲル)  
                      <キンポウゲ科 / クリスマスローズ属(ヘレボルス属)>
                      12日の三鷹のお花屋さんでの撮影です。
                      その日の午前中は八丁堀のお花屋さんでも撮りましたが
                      値札が挿しまくり状態でしたのでボツとなりました。

                      蕊の状態がそれぞれ違います、、、、気になるのです。
                      種類が違うのか、咲き頃が違うのか。。。。



            180114クリスマスローズニゲル2
            (2)




            180114クリスマスローズニゲル3
            (3)




            180114クリスマスローズ4
            (4)

  1. 2018/01/15(月) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ユーフォルビア 白雪姫

            180107ユーフォルビア 白雪姫3
            (1)
            ユーフォルビア 白雪姫  <トウダイグサ科 / トウダイグサ属(ユーフォルビア属)>
            ご近所の寄せ植えですが、何気に撮ってました。
            いつもの白いお花だと思って。。。ユーフォルビア ダイアモンド・フロストだと思ってました。
            過去ブログを見ると・・・あら違う!!
            冬に咲く白雪姫とわかりました・・・ラッキーー(^^)V




            180107ユーフォルビア 白雪姫2
            (2)
            この日はカメラが良い子で綺麗に撮れました。





            180107ユーフォルビア 白雪姫1
            (3)
            切り取って大きくしてみますと、トウダイグサ科の仲間と分かりますね。
            観賞する白い部分は、ポインセチアなどと同様、苞と呼ばれる花序のすぐ下の葉で、
            本当の花は目立ちません・・・・とありますが、本当のお花が分かりますね(^^)



            180107ユーフォルビア ダイアモンド・フロスト
            (4)
            ユーフォルビア・ダイアモンド フロスト   <トウダイグサ科   ユーフォルビア属>
            昨年9月7日にアップしましたが、初夏から秋に咲くお花。
            今、見ますと白雪姫との違いがハッキリします。
            これはスマホ撮影ですが・・・綺麗。。。。

  1. 2018/01/08(月) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒイラギ?

            171225ヒイラギ1
             (1)
             ヒイラギ(柊・疼木・柊木) <モクセイ科 モkセイ属>
             お花はヒイラギに似てるのですが、葉にギザギザがありません。
             調べてみますと・・「老樹になると葉の刺は次第に少なくなり、縁は丸くなってしまう。」とのこと。




                      171225ヒイラギ2
                      (2)
                      和の素敵な趣のお玄関の脇に咲いてました。
                      お玄関の右側に素敵な鉢植えがあり、いつも、そちらばかり気にしてました。
                      何気に木の全景をみましたら・・・・あら~~植木鉢!!




            171225ヒイラギ3
            (3)
            横幅50cmもない植木鉢で高さもありません。
            重しの石なのですね。2つほど。  凄い!!  生命力。 お手入れ。
            これは老樹のヒイラギですよね? どうでしょう?



  1. 2017/12/26(火) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジュウガツザクラ

            171219聖路加1
            (1)
            ジュウガツザクラ(十月桜)   <バラ科 サクラ属> 明石町にて
            昨日は胆石のお薬を頂きに病院へ、3か月ごとです。
            聖路加病院のお隣の聖路加看護大学のお庭に十月桜が咲いてると思いカメラを持参。
            小さな八重咲きですが咲いてました。


                      171219聖路加2
                      (2)




             171219聖路加3
             (3)




            171219聖路加4
            (4)
            聖路加看護大学棟に小児科があり、お庭がクリスマスムードに(^^)




            171219聖路加5
            (5)
            大き目な可愛らしい名札。 はい!! さわってみまっす!!




            171219聖路加6
            (6)
            アサギリソウ <キク科 / ヨモギ属>
            と~~っても、柔らかい~気持ちいい~~。
            検索した画像をみると、あぁ~~!とわかりました。
            この子は高さ5cmほどの子苗。



            171219聖路加7   171219聖路加8
            (6)
            シルバーブッシュ 2種類  <キク科 カロケファルス属>
            カラーリーフ2種類の他、ホウレンソウ、ターツァイ、青首大根、白菜が可愛らしい名札付きで植えられてました。
            子供達が喜びそう・・・・・おばさんも喜びました(^^)/

  1. 2017/12/20(水) 08:00:53|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スイセン


                      171210水仙1
                      (1)
                      スイセン(水仙)   <ヒガンバナ科 / スイセン属(ナルキッスス属) >
                      久しぶりのご近所散策では、パンジーが花盛りで人気者でしたが
                      お堀の傍で早くも水仙を発見しました。
                      早いものでは11月中・下旬から咲くそうですね。
                      どれも新鮮で汚れもなく清楚です。



            171210水仙2
            (2)




                      171210水仙3
                      (3)
  1. 2017/12/11(月) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

シライトソウ


                       171130シライトソウ1
                       (1)
                       シライトソウ(白糸草)   <ユリ科(シュロソウ科) シライトソウ属>    
                       銀座にて
                       知ってそうな名前でしたが、お初のお花です。



          171130シライトソウ2
          (2)
          「もやし」のように見えますが・・・
          花は6枚の花被片、6本の雄しべ、1つの雌しべを含むが
          そのうちで4枚の花弁以外はごく小さくて花茎に密着する。
          4枚の花弁だけは1 cm前後、細い匙型で先端がやや幅広い・・・らしいのです。。。



          171130シライトソウ3
          (3)
          真上から見ますと、ビン洗いのブラシが立ったような感じ。



                       171130シライトソウ4
                       (4)
                       真っ直ぐではなくて、少し曲がったお花も可愛らしいです。


  1. 2017/12/01(金) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

マトリカリア ・シングルベグモ

             171109マトリカリア シングルベグモ1
             (1)             
             マトリカリア・ シングルベグモ <キク科 ヨモギギク属(タナセツム属)>
             切り花で購入しました。チョットと古いのですが10月30日に購入。11月1日に撮影です。
             ぴょこぴょこと飛び出す様子が可愛らしく好きなお花です。




             171109マトリカリア シングルベグモ2
             (2)
             小さなマーガレットのような花形。




                       171109マトリカリア シングルベグモ3
                      (3)
                      このセットで売られてました。いつものスーパーなので、 
                      こんな感じの3種類程度の切り花セット。
                      長持ちするお薬のおかげで、今も飾ってます。
                      カットして小さくなりキッチンの水栓の横に飾って楽しんでます。
                      昨日、ガーベラとお別れしました。
    




                       171110切り花
                       (4)
                       今朝8時30分に撮影しました。
                       購入してから12日間、頑張って楽しませてくれてます。
                       マトリカリア ・シングルベグモはハーブの趣がありますね。

  1. 2017/11/10(金) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

八重咲きダイモンジソウ

171026ダイモンジソウ妖精1
(1)
八重咲きダイモンジソウ・妖精   <ユキノシタ科 ユキノシタ属>  銀座にて
八重咲きのダイモンジソウがあることを初めて知りました。
このお花の名は「妖精」・・・なんと可愛らしい名前!





171026ダイモンジソウ妖精2
(2)
八重咲きダイモンジソウ・妖精  銀座にて
ダイモンジソウというよりは菊のイメージ。






171026dddッダイモンジソウ伊予の華2
(3)
八重咲きダイモンジソウ・伊予の華   銀座にて
こちらの八重咲きダイモンジソウは「大」の字のイメージが残ってます。



                   
                    171026ダイモンジソウ伊予の華1
                    (4)
                    八重咲きダイモンジソウ・伊予の華   銀座にて
                    ピンク色も可愛らしいです。





171026ダイモンジソウ秋房
(5)
八重咲きダイモンジソウ・秋房   銀座にて
↑の「伊予の華」に似てると思いましたが、何度も見比べて違いがわかったような・・・。
伊予の華よりも華やかな八重でピンク色も少し濃いでしょうか。
検索しましても「秋房」というダイモンジソウはわかりませんでした。

この山野草のお店はどれもミニ仕立て盆栽風で小さな鉢植えばかりで可愛らしいです。

  1. 2017/10/27(金) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コウズウメバチソウ

171003コウズウメバチソウ1
(1)
コウズウメバチソウ(神津梅鉢草)   <ユキノシタ科>   銀座にて
伊豆諸島に自生するコウヅウメバチソウは
通常のウメバチソウよりも小柄で、暑さに強く育てやすいのが特徴です。
秋になると白い梅のような花を茎の先端に1輪ずつ咲かせるそうです。
神津とは葉が厚く、濃緑な伊豆諸島タイプだそうです。




171003コウズウメバチソウ2
(2)
こちらのお花は、中央の雌しべがふっくらとしてきてます。




171003コウズウメバチソウ5
(3)
大きくしてみました。
5本の褐色の花粉がついた雄しべは目立ちませんが、
細い水玉がのってるような細いのが仮雄しべで、花粉はつけません。
ウメバチソウはこの仮雄しべが14本以上あり、これは17本前後が確認できます。




171003コウズウメバチソウ3
(4)
こちらですと5本の雄しべが判りやすいですね。




<今朝の佃からの勝どき、築地方面の眺め>
171003朝
午前6時18分撮影
東京は一日曇りのようですが、雨が降りそうな空模様です。
今日は午前は私の目(黄斑前幕)の4か月ごとの検診で病院へ。
午後は主人の、やはり目のクリニックの付き添いです。
主人は2年前の白内障手術の後発白内障で1週間前に治療したら
この2年間のあまり見えない状態がスッキリしたとのこと・・・・早く行けばよかったのに。。。

  1. 2017/10/03(火) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アオジクシモバシラ

                    172002アオジクシモバシラ1
                    (1)
                    アオジクシモバシラ(青軸霜柱)  <シソ科>   銀座にて
                    秋になると白い花をたくさん咲かせます。
                    氷点下になると枯れた茎に白い氷の花のような霜柱が現れることがあるそうです。
                    調べても・・アオジクシモバシラの情報があまりありません。


                    

                    171002アオジクシモバシラ2
                    (2)
                    撮影したかったシモバシラ(霜柱)(別名:雪寄草)という
                    シソ科のお花がありますが、そっくりです。




171002アオジクシモバシラ3
(3)
軸が青いのかしら?と思っても緑ですし、ネット検索してもわかりません。




<今朝の佃からの勝どき、築地方面の眺め>
171002朝
今日は一日、曇り空のようです。



  1. 2017/10/02(月) 08:45:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

タマスダレ

170913タマスダレ1
(1)
タマスダレ(玉簾) (別名:レインリリー) <ヒガンバナ科、ユリ科 タマスダレ属>
開花時期が長いお花ですね。 ご近所では、あちらこちらで咲いてます。
タマスダレはヒガンバナ科なのですね。 ふ~む。。。




170913タマスダレ2
(2)
タマスダレの名前は忘れません。 
南京玉すだれ・・・・「アさて、さて、さてさてさてさて、さては南京玉すだれ」を思いだすので^^;




170913タマスダレ3
(3)
白い鉢が面白い枠になりました♪


  1. 2017/09/14(木) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

シロバナヒガンンバナ

シャッターが切れなくて修理に出していたカメラは9日(土)に戻り、11日(月)にご近所散策しました。
撮影しだすと、微妙にシャッターの切れるタイムと音が違い、驚き!
清掃とピント確認もしてくださいましたが、ピントも今までと微妙に違って・・・
私の目がおかしいのかしら?と思ったり。  不慣れなお花撮影となりました。 
10年以上使い込んだので、購入時の状態に調整されたのでしょうね。
プロが調整してくださってるのだから、慣れれば、きっと良いはずと思います。。。


170912シロバナヒガンバナ1
(1)
シロバナヒガンバナ(白花彼岸花) (別名:シロバナマンジュシャゲ(白花曼珠沙華)  <ヒガンバナ科 ヒガンバナ属>
ご近所の公園でシロバナヒガンバナが数輪咲いてました。
赤いヒガンバナはどこにも、まだ咲いてません。



170912シロバナヒガンバナ2
(2)
白花といっても、この公園のはピンク色に近いお花ですね。
シロバナヒガンバナはヒガンバナと ショウキズイセンとの交雑種だそうです。
ネットでシロバナヒガンバナの画像をみると、クリーム色、淡いピンク色、淡いオレンジ色など。
交雑の相手が少しづつ違うからなのでしょうね。



170912シロバナヒガンバナ3
(3)
バックボケはシロバナヒガンバナの群生ですが、まだまだ蕾。
来週あたりが見頃でしょうか、赤色はその頃に咲くと思います。

  1. 2017/09/13(水) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ユーフォルビア・ダイアモンド フロスト   晴海トリトンにて 4/

170906ユーフォルビア1
ユーフォルビア・ダイアモンド フロスト   <トウダイグサ科   ユーフォルビア属>
ご近所では鉢植えで寄せ植えに多いです。
何度か撮影してもお花が小さくて、一眼だとピントが撮りづらくてボツばかり。
今回はスマホ撮影ですが・・・スッキリと綺麗に撮れました。
こんなお花の様子なんですね~。
観賞する白い部分は、ポインセチアなどと同様、
苞と呼ばれる花序のすぐ下の葉で、本当の花は目立たないそうです。




170916フーフォルビア2
ご近所での寄せ植えと違って、こちらでは群生です。
真冬には似てるお花で少し大きな「白雪姫」というお花があるそうです。


  1. 2017/09/07(木) 08:05:54|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

メロン

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カテゴリー

リンク

RSSフィード