FC2ブログ


   メロンのゆったりフォト
   佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

メロン

  • Author:メロン
  • 人生半ばのメロンです。
    みずみずしくしなやかにゆったりと!
    今はパソコン、デジカメ操作を
    覚えたりと忙しい毎日。
    KONICA MINOLTA αSweet Dと
    コンデジ PENTAX Optio Sで楽しんでます。

    風景に人物が入る写真が温かく大好きでアップしてます。
    でも、今の時代ですから人物が入っての写真アップは
    難しく、ご非難もありかもしれません。
    ご意見のあります方はどうぞコメントにてご意見を
    お願い申し上げます。

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク

RSSフィード

 北海道 美瑛、富良野旅行         ニングルテラス
190817-99
(1)
北海道旅行は7月17~19日でしたのに、、、まだまだ、、ダラダラと続けてます。
あと数日で終わりですのでよろしくお願いしますね。

これは新富良野プリンスホテル内にある「」ニングルテラス」
ニングルとは脚本家・倉本聰氏の著書「ニングル」に登場する昔から北海道の森に住む
身長15cmぐらいの「森の知恵者」のことだそうです。
ここ「ニングルテラス」のクラフトマンたちは、ニングルの気持ちを尊重し、単に作品を「作る」のではなく
それぞれの知恵を絞って「創る」をテーマのものに、ここにしかない、
ここだからあるクラフト作品を日々生み出してるそうです。







190817-100
(2)
高低差のある小さな丘に点々と小さなニングルが住むような小屋が建てられ
クラフトマン達が素敵な作品を作りだしてます。







190817-11
(3)








190817-33
(4)








190817-44
(5)
このお店は雪の結晶をモチーフにしたアクセサリー屋さん。
お気に入りの指輪を買いました。作家さんがいらして素敵な女性でした(^^)








190817-55
(6)








190817-66
(7)








190817-77
(7)








190817-88
(8)









190817-111
(9)
夜のイルミネーションも綺麗ということで撮ってみました(^^)
手振れ・・・しょうがありません。。。 雰囲気を~~!







190817-122
(10








190817-133
(11)








190817-144
(12)








190817-155
(13)








190817-166
(14)








190817-177
(15)








190817-188
(16)
こんなに小さな小屋が森の中にあり楽しい散策となりました。







190817-199
(17)
新富良野ホテルのイルミです。


風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:10
(2019/08/21(水) 05:44)

 北海道旅行 美瑛、富良野 10/ 喫茶店「森の時計」
190817-1.jpg
(1)
今回の北海道旅行の最大の目的は倉本聰氏脚本のテレビドラマ「優しい時間」のロケ地でした。
ロケ後も壊されずに喫茶店「森の時計」として運営されてます。
見えてきました~~嬉しいぃ~~!!







190817-2.jpg
(2)
『優しい時間』は、2005年1月13日から3月24日まで毎週木曜日22:00 - 22:54に、フ
ジテレビ系の「木曜劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は寺尾聰[1]と二宮和也です。








190817-3.jpg
(3)
憧れの全体像です~~~>^_^<
このアングルがいいでしょう~。。
雪が積もった姿も素敵なのです。







190817-4.jpg
(4)








190817-5.jpg
(5)
ドア、ドアハンドル、飾り、壁の鋲もいいですね~。







190817-6.jpg
(6)
ドアを開けましたら・・・お客様は椅子に並んでお待ちに。。。15分ほど待ちました。







190817-7.jpg
(7)
カウンター席を希望しますと、ミルを使い珈琲豆を自分で挽くことが出来ます。







190817-8.jpg
(8)
香りを~~どうぞ~~と(^^)







190817-9.jpg
(9)
お店の方が丁寧に珈琲を入れてくださいます。







190817-10.jpg
(10)
私はケーキセットをお願いしまいました。
まだね、、ケーキは^^;






190817-11.jpg
(11)
このカウンターが主人公役の寺尾聰さんが立つ場所なのです。
私の席でゆっくりと、カメラを何度もあちらこちら撮りました。1時間!!
念願のお店ですからね~~。。







190817-12.jpg
(12)
この窓の緑に憧れてました~(^^)
緑の前にL字型の素敵なウッドカウンターで喫茶店主人役の寺尾聰さんと
奥様役(亡くなられて幻として席に座り二人で会話するのです)大竹しのぶさん夫婦がいいのです。








190817-13.jpg
(13)
もちろん内装も素敵でして、壁は濃いベージュの漆喰で柱はむき出し濃い焦げ茶。
カーブが素敵なインテリア壁は荒い漆喰塗。
ストーブも最高!!







190817-14.jpg
(14)
照明も抜群の雰囲気です。

あらすじは・・・こちら『ウィキペディア(Wikipedia)』



「優しい時間」主題曲はは大好きな平原綾香さん。最初の大きなブレスが魅力的









190817-15.jpg
(15)
念願の喫茶店「森の時計」を満喫して・・・次へ歩きます。








190817-16.jpg
(16)
Soh' BAR(ソーズ・バー)です。
営業時間が午後7時から12時まで。。
灯りは道にありますが暗そう。。。。夜は行きませんでした。。







190817-17.jpg
(17)
行きに寄ったレストラン「ル・ゴロワ フラノ」の玄関側です。
煙突を囲むようにつくられたシンボル的な窯。蒔きをくべるのですね。





190817-18.jpg
(18)
ウッディに感じたので触ったら!! ウッディであるはずも無く・・鉄??








190817-19.jpg
(19)
何処のメーカーだかにこだわります。。
ペチカ、TANAKA製作所??検索途中です^^;







190817-20.jpg
(20)
ホテルの近い場所に歩いて行くと「ニングルテラス」です。
富良野ロープウェイでご一緒しました男性からの撮影おすすめ場所です。
次回の投稿となります、、、よろしくね~~(^^)


風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:18
(2019/08/17(土) 06:35)

 北海道 美瑛、富良野旅行  9/   ロープウェイからの眺め、ル・ゴロワ フラノ
≪8月16日、追記
文字を少し大きくしました。かえさんから教えて頂きました。かえさん、どうもありがとう(^^)/≫


(1)
前ブログ投稿から数日間の間があきましたが・・・。
北海道富良野の『風のガーデン』の散策の後は雨に近い空模様が少しの青空も見えてきました。
富良野ロープウェイへ乗ることにしました。
撮り忘れたロープウェイ全体の写真が中央のあります。沢山の人が乗れる大きさ!!







190815-2.jpg
(2)
左下に宿泊してる新富良野プリンスホテル。
乗客は私の他に同年代の男性一人・・・そしてスタッフ若い女性(^^)







190815-3.jpg
(3)
往路はこのように広いロープウェイの中をあちらこちらと移動しながらの私。。
男性はジッと座ってました。 
ロープウェイ内の観光案内音声で、登山の方は熊が出るので鈴を付けてください・・・とか。
私も座ってスタッフさんに熊状態をお聞きしたら・・・・。
結構・・・でるらしくて~~。。。。







190815-4.jpg
(4)
山頂駅の展望台から富良野の街です。
午前中は雨もポツリポツリでこの山頂を見ても雲で隠れてましたから。
この眺望で良し! と満足!!・・・(^^)







190815-5.jpg
(5)
駅展望台から降りると・・・直ぐにこのような光景です。
いいわぁ~~>^_^<  何だかわかりませんが・・・モダンなチェアが並んでます。







190815-6.jpg
(6)
絵になります~~~(^^)v








190815-7.jpg
(7)
すぐ脇に時計。 スキー場ですからね。
20分間だけの撮影です。 12時半に復路のロープウェイに乗ります。







190815-8.jpg
(8)
と言っても・・・熊の話を聞いてるので・・・怖い!!
男性は違う方向へ・・・私一人。。。
近場だけでのお花撮影などしてたら・・・アッという間に20分は経ちました。







190815-9.jpg
(9)
復路の中でスタッフさんにチェアの事をお聞きしましたら
ゆっくりと眺望を眺めていただきたいので並べた・・・そう。
オブジェ的ですが、センスの良い方のアイデアなのでしょうね。
復路の中でも往路でもご一緒の真向かいに座ってる男性とお話・・・。
二人とも肩からカメラなので~~。
美瑛の景色が大好きで何年も通ったそうですうが、今回は久しぶり。
今は違う場所に魅了されてるのだそう・・・・何処だか気になる私。
私は今回は美瑛に魅せられて通いたいと思ってるのに。。
石垣島から舟で行く島で、気候条件でなかなか行けない島。
写真を拝見しましたら・・・・そりゃぁね~~美瑛よりも魅了されてるのですから。。
とても洗練された海の風景、透明な感じ・・・>^_^<
ついでに・・・オーロラも。フィンランドへ4回行って、2回は見えたそう。
私・・下世話に・・おいくら位??・・・フィンランドは50万ほどだそうで・・×4回!!
凄い!!  降車して『さよなら~』しました~~。 いろいろな方がいらっしゃいます。







190815-10.jpg
(10)
次の目的地に行きます。 すぐ!!







190815-11.jpg
(11)
途中のレストラン『ル・ゴラワ フラノ』
倉本聰氏が店舗デザインおよびメニューの監修、店舗の命名、ロゴデザインを行い、
料理を手がけるのは「北海道 食のサポーター」であり、
東京・表参道で北海道食材にこだわったレストランとして名をはせた「ル ゴロワ」のシェフ大塚健一氏。
このレストラン・・北海道旅行のプランした5月には2泊目の夕食を予約してたのに
私はスッカリ忘れて・・・夜景などを撮ってました(-.-) お電話が来ましたが申し訳なくドタキャン。。。





190815-12.jpg
(12)
これを撮ってる時はすっかりと予約を忘れてるので、、、今度来たら絶対に行こう!!と^^;







190815-13.jpg
(13)
遠くには牧場がありましたが・・・・疲れそう。。。。







190815-14.jpg
(14)
レストランのお庭にあるオブジェ。
玄関の方にある窯を煙突を囲むようにつくられたシンボルモニュメント「ゴロワの鐘」を
オブジェにしてるようです。左官技能士の挾土秀平さんによる作品のようです。
向うには鳥の巣箱があり可愛らしいのです(^^)








190815-15.jpg
(15)
好きな風景~~!








190815-16.jpg
(16)
レストランの入口で横に窯と煙突があります。







190815-18.jpg
(17)
目的地に行きます。
今回の旅行の目的は『風のガーデン』と喫茶店の『森の時計』へ行くことです。
やっと喫茶店の『森の時計』へ向かいます。
次回の投稿となります。。。^^;


風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:10
(2019/08/15(木) 07:50)

 北海道旅行 美瑛、富良野  8/ 『風のガーデン 2/2』

(1)
憧れの『風のガーデン』の続きです。
テレビドラマのセットの家がそのまま残されていて『グリーンハウス』という名前になってます。
家の中へ入ってみますね~(^^)





190812-2.jpg
(2)
優しい灯り。





190812-3.jpg
(3)






190812-4.jpg
(4)






190812-5.jpg
(5)
蒔きストーブにパーソナルチェア>^_^<





190812-6.jpg
(6)






190812-7.jpg
(7)






190812-8.jpg
(8)
室内窓からはお庭の緑が~(^^)





190812-9.jpg
(9)






190812-10.jpg
(10)
ウッドテラスへ続きます。





190812-11.jpg
(11)






190812-12.jpg
(12)
優しいレースボイルカーテンが風になびいてます。





190812-13.jpg
(13)
ウッドテラスに出て左方面の眺めです。





190812-14.jpg
(14)
右側の眺め。





190812-15.jpg
(15)






190812-16.jpg
(16)
左が玄関なんですね(^^)





190812-17.jpg
(17)






190812-18.jpg
(18)






190812-19.jpg
(19)






190812-20.jpg
(20)






190812-21.jpg
(21)






190812-22.jpg
(22)






190812-23.jpg
(23)






190812-24.jpg
(24)
野の花の散歩道の途中にお水を飲んだ時に・・・ショック!!
左側のイアリングを落としてることに気が付きました~~!!
執念深い私・・・・・結構真剣にこの広いガーデン・・・来た道を一応探しましたが・・。
見つけたら奇跡的だわ。。 お気に入りの一品・・・どうして付けてきたのかしら。。
ガーデン、ホテルの届けましたが・・未だにお知らせありません(-.-)






190812-25.jpg
(25)
来た時にはオープンしてなかったショップ。
少しのお買い物をしました。

7時40分から3時間のお楽しみ時間でした~~充実!!



風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:14
(2019/08/13(火) 06:34)

 北海道旅行 美瑛、富良野 7/ 風のガーデン 1/2

(1)
7月20日の新富良野プリンスホテルでの朝食です。
プリンスパン工房が午前7時にオープン!! 1番乗りの私です。
モーニングセットです。焼きたてパンが食べ放題(^^)v
サラダとクラムチャウダー、ヨーグルト、牛乳、フルーツ、コーヒー。
向かいの木造建物は『富良野・ドラマ館』で倉本聰さんのドラマのグッズショップ。
富良野で撮影の『北の国から』『優しい時間』『風のガーデン』などのドラマ館です。






190811-2.jpg
(2)
朝食後は今回の北海道旅行の最大の目的の一つ・・・『風のガーデン』へ。
『風のガーデン』(かぜのガーデン)は、2008年10月9日から同年12月18日まで
毎週木曜日22:00 - 22:54にフジテレビ系の「木曜劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ。
倉元さ聰さんが脚本で・・・・・余命わずかな主人公の医師が絶縁状態になっている
北海道の富良野市の家族の元に戻るまでを描いた作品で、緩和医療を題材としていました。
大好きなとドラマ!! 言葉一つ一つが丁寧で綺麗でした。 音楽も心沁み・・涙。。
そのセットのお庭は撮影の2年前から準備され、撮影後は一般に公開してるのです。
やっと念願の夢が叶い・・・その『風のガーデン』に来たのです(^^)/
プリンスパン工房のすぐそばの道を進むと「風のガーデン」の受付と
マイクロバスが待ってる場所に行きます。






190811-3.jpg
(3)
マイクロバス数分で「風のガーデン」の入口に到着です。
誰も居なくても安心感で歩いてたのですが、後で聞けば熊が出るそうです。。
聞いてたら、独りではチョットね。。
お天気は雨が降りそうな気配で・・・途中はポツリポツリ。。
青空でしたら最高ですが、、、好いのです(^^)/






190811-4.jpg
(4)
直ぐに好みのお花~(^^)






190811-5.jpg
(5)
だんだんとガーデン風に~~!






190811-6.jpg
(6)
と思ったら・・・・また、このような道~(^^) この先は~??






190811-7.jpg
(7)
オゥ~~~ガーデン風になってきました!







190811-8.jpg
(8)







190811-9.jpg
(9)







190811-10.jpg
(10)







190811-11.jpg
(11)
撮影したセットがそのままで残されている家『グリーンハウス』の煙突と屋根が見えました~~>^_^<






190811-12.jpg
(12)
足元を見ると好みの色合いのお花です~~。。
ノコギリソウの赤色でしょうか。。






190811-13.jpg
(13)
アナベルも華やかに。。







190811-14.jpg
(14)
この道の奥が・・・憧れの『グリーンハウス』です







190811-15.jpg
(15)
『グリーンハウス』の全景が見えました~~~>^_^<







190811-16.jpg
(16)
少し近づいて。。。







190811-17.jpg
(17)
後ろを振り返ってみると・・・自然な造りのガーデンです。







190811-18.jpg
(18)
建てられて11~12年ほどでしょうか?
窓辺にも趣があります。






190811-19.jpg
(19)
外壁は白い漆喰で雰囲気があり、ハーフティンバーのむき出しの黒っぽい骨組がポイント。
黒っぽいウッドデッキがお庭へと自然に続いてます。
手すりは天然ウッドです~(^^)







190811-20.jpg
(20)
ウッドデッキテラスと家の開口部はオシャレ~なアーチ型の大きな外開きドアです。
ドア枠、窓枠、ドア格子(ラティスだったか?)もホワイトで整えて緑がとても映えてます。
奥の窓辺の下には黒のオシャレなアイアンのガーデンテーブルとガーデンチェア。。
絵になりますね~~(^^)






190811-21.jpg
(21)
憧れの室内に入ります~。
灯りが素敵な空間を暗示させてますね~~。
室内は次回のアップです~~(^^)/







190811-22.jpg
(22)
プリンスパン工房の前の『富良野・ドラマ館』でドラマの写真が飾ってあり
撮影OKをお聞きして懐かしいシーンを撮影しました。
『風のガーデン』の主役の中井貴一さんと息子白鳥 岳〈14〉役の神木隆之介君です。







190811-23.jpg
(23)
左の方は中井貴一さんの父親役白鳥 貞三〈73〉を演じた緒形拳さんです。
放送開始直前の2008年10月5日に急逝したため、『風のガーデン』が緒形さんのテレビドラマの遺作となりました。
素敵なシーンなのです!!  
バックのキャンピングカーは中井貴一さん演じる白鳥 貞美〈45〉が絶縁状態にある
家族の住まう故郷・富良野へと足を運び、家族の住むそばで暮らしていたキャンピングカー。
最終回で息を引き取ります。

『風のガーデン』の音楽も素晴らしく大好きな平原綾香さんが歌ってます(^^)
ゾクゾク!! 2分13秒ですからお時間の許す方は是非お聞きくださいね(^^)
2分13秒すべての映像が素晴らしく、ドラマをご覧になっていた方はウルル~だと思います。
最後のシーン、カーテンが風にヒラヒラでお庭が見えるのが最高!!
曲は吉俣良さんですから~~素敵です。 全部見事!! 凄い俳優陣!! とPR(^^)/
物語などを記事にすると大変・・・・・こちら『ウィキペディア(Wikipedia)』で要約をどうぞ。

最後に緒形拳さんがとても素敵です。
このクランクイン一週間後にお亡くなりになりました。
その時のクランクインの映像です・・・・・こちら





190811-24.jpg
(24)
こちらは懐かしい『北の国から』・・・最初からずっと見てました!!
最初のドラマは放送期間1981年10月9日 - 1982年3月26日だったのですね。
う~~ん、、、昔だわ~~。。 純と蛍が可愛らしい~~!!
黒板 五郎(くろいた ごろう)役の田中邦衛さん  叔母さん役の竹下景子さん
懐かしいです。。。



風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:14
(2019/08/11(日) 16:40)

 北海道旅行 美瑛、富良野 6/ 白ひげの滝  望岳台
パソコンでご覧の片は文字が小さくて読みにくいと思いますが
お手数ですが・・表示を拡大125%、150%にしますと読みやすくなります。
ご面倒をおかけします。


(1)
数日のブログお休みでしたが、前回の美瑛『青い池の』の続きです。
青い池を一周するとタクシー運転手さんが笑顔でお待ちかねです(^^)
『いいでしょう!!』・・・もちろん!!(^^)/
次は「びえい白金温泉の白ひげの滝」へ行きます。
こちらが、白ひげの滝がみえる「ブルーリバー橋」・・・中央まで歩いて。





190808-2.jpg
(2)
見下ろしますと滝が見えます~~。
「白ひげの滝」は、 美瑛 の白金温泉にあり十勝岳連峰の地下水が溶岩層の割れ目から、
白ひげのように美瑛川に流れ落ちていく滝。
落差は約30メートルもあり地下水が溶岩層などの裂け目から落ちる滝を「潜流瀑(せんりゅうばく)」といい、
これは日本でも珍しい滝のひとつですだそうです。





190808-3.jpg
(3)






190808-4.jpg
(4)
白糸の滝を見終えると大雪山国立公園の「望岳台」を目指します。
途中の景色も素晴らしい~。





190808-5.jpg
(5)
はい! 到着! 運転手さん、私が歩くのは苦手と伝えてるので・・・・
「登りですが、50歩ぐらいですから~~景色が一望できますよ~。」と
一緒に歩いてくださり、山の説明もしていただきましたが、、、その時は理解。
今は忘れました。。。
大雪山の登山口だったかな??





190808-6.jpg
(6)
(5)の山の左側の山です。




190808-7.jpg
(7)
この看板の構図!! 50歩ほどの登りでの疲れて・・・どうでもよい看板撮影です^^;
よく見ますと、お花畑があったり、ゆっくりと歩けば植物も楽しめそうですね。






190808-7-1.jpg
(8)





190808-8.jpg
(9)






190808-9.jpg
(10)
この山は十勝山噴火の跡だったかしら??
十勝山連峰と大雪山連峰を教えて下さるのですが、今は混乱^^;





190808-10.jpg
(11)
昼食をお蕎麦屋さんで!! ミシュランをとってるとか。
でも店内に入ると30~40分待ちなので諦めました。
とっても残念。。お蕎麦好きなのです!!





190808-11.jpg
(12)
富良野の「ファーム富田」です。
旭川空港ではラベンダー号でこの富良野の「ファーム富田」へ直行のはずが
思いもかけずの展開となり楽しめました。
個人タクシーの運転手さんとはここでお別れ。





190808-12.jpg
(13)
お花を久しぶりにパチリ。





190808-16.jpg
(14)
ファーム富田で目指す場所はあの丘の上・・・・もう既に疲れ切ってました。
午後2時でしたが・・・朝は4時前に起きてますし、タクシーと言えどもドッとの疲れ。
人も多いし・・・軽い昼食をとってハーフワインを2本買ってホテルへ向かう事に。
明後日の朝に頑張って来て見ようと思いました。




190808-13.jpg
(15)
新富良野ホテルの窓からのお月様・・・あら~幽玄の世界かしら??
とここまでに1時間ほどのお昼寝してます^^;
これから大浴場へ行ったら期待してなかった露天風呂があり大興奮!!
チェックインの時に外国人らしいフロントレディに「露天風呂ありますか?」とお聞きしたら
「ロテンブロ・・・意味わかりませ~ん!」 あらら、、そうですか、HPにもなかったし。
期待してなかったのに~笑顔となった私でした。
夜はショップで買った大量のおつまみとワインでipadで一人カラオケとなりました。
次回はは今回の旅行の目的地の一つ、富良野「風ガーデン」です(^^)/


風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:17
(2019/08/09(金) 06:20)

 北海道 美瑛、富良野旅行 5/ 青い池

(1)
美瑛の「青い池」です。
青い池(あおいいけ)の入口から直ぐに目にした風景に驚きました。
下準備でイメージした風景よりも抜群に綺麗です。
北海道上川郡美瑛町白金にある人造池で「白金の青い池」、「美瑛白金青い池」などとも呼ばれるそうです。






190803-2.jpg
(2)
コバルトブルー!
裏磐梯の五色沼のコバルトブルーの池よりもはるかにコバルトブルーだと思いました。






190803-3.jpg
(3)
中央の朽ちてる太い木がありますが、太いのはこの木だけのよう。
あとは、細い木ばかり。







190803-4.jpg
(4)
池面のさざ波?






190803-5.jpg
(5)
静か。。








190803-6.jpg
(6)







190803-7.jpg
(7)
このように引いて撮ると・・・大きな池ではありません。






190803-8.jpg
(8)
左に見えるような観光客。
土曜、日曜は大変で道路が渋滞だそうです。






190803-9.jpg
(9)
こちらはスマホ撮影です。 スマホ撮影は本当にクッキリ、ハッキリ、クリア!!
8枚目までは一眼レンズです。
本当の池の色は、この素晴らしいコバルトブルーだと思うのですが・・・確かめたい気持ち^^;
北海道の写真は写真展が終わってからパソコンに取り入れて見たのですが
撮影してから10日間以上経ってたので・・・8枚目までの池の色を見てビックリしました。
一眼レンズ撮影の池の色が淡いから。。。






190803-10.jpg
(10)
もう一度、行って見たい気持ちになるのです(^^)

奮発しての観光タクシーさんでなければスケジュール的に「青い池」は無理だと思っていたので
旭川空港の観光案内所で相談して良かったです。

詳しい説明は・・・・・こちら(Wikipedia)

風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:15
(2019/08/04(日) 06:02)

 北海道 美瑛、富良野旅行 4/ 前田真三ギャラリー「拓真館」
190731-20.jpg
(1)
昨日の投稿の美瑛の「四季の彩の丘」の後はタクシーの運転手さんが
美瑛の風景が好きなら是非行った方がいいと教えてくださったのが
風景写真の第一人者の前田真三氏のフォトギャラリー「拓真館」でした。
次の目的地の途中ということもあり、即決でお願いしました。
そこまでの道程の風景は、また美瑛の雄大な風景を満喫(^^)







(2)







190731-12.jpg
(3)








190731-13.jpg
(4)
前田真三ギャラリー「拓真館」に到着です。







190731-14.jpg
(5)
入ると~~ビックリ仰天!!
素晴らしい美瑛の写真の数々!!  
「前田真三写真ギャラリー 拓真館」は素晴らしいのでした。
代表作の「麦秋鮮烈」は本当に鮮烈で・・・私は美瑛の「とりこ」に。
そして「朝霧の丘」は私が求めている世界・・・「幽玄」的・・・素晴らしいのでした。
ショップで「前田真三PHOTO BOX 大地の詩」を買い求めました。
美瑛の丘の春夏秋冬ベストショット266点を収録・・・¥1.800
本を撮ってアップしたいのですが・・・・著作権何やらでダメのよう。。。。
前田真三氏の素晴らしいフォトは・・・こちら、Yahoo!検索(画像)




風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2019/08/03(土) 08:35)

 北海道の美瑛、富良野旅行 3/ 「四季の彩の丘」

(1)タクシー運転手さんが「富良野のラベンダーのファ-ム富田」と違った風景が撮れて疲れない・・と」運転手さん。
15分で一周できるトラクター号があるというので行って見ました。入場料は募金です。
トラクター号は一人大人¥500で優しい運転手さん、チケット売り場までご案内していただきました。





190731-2.jpg
(2)
「四季の彩の丘」は毎年植えけるので色が違う風景だそです。
今年は色合いはですね~~向う側のオレンジ、グリーン、白、イエローですが
全て、落ち着いていて置き色イメージ。手前の華やかなピンク色全面を入れてみました。
このほうが笑顔が出てきますね(^^)





190731-3.jpg
(3)
今年の色彩のようですから、来年はどのような色彩をプランするのでしょう。
だいぶイメージが違うと思います。  今年は落ち着いた色彩です。





190731-4.jpg
(4)
四季の彩の丘は山が綺麗に見えるのが特徴ですね。
山も大雪山連峰と十勝連峰が見えてふのですが・・・どちらだか忘れました^^;





190731-5.jpg
(5)
ルピナスの向こう側にトラクターが引っ張る「ノロッコ号」。
私も乗りながらの撮影で・・・疲れずに撮影です。
他にはカートとバギーがあります。





190731-6.jpg
(6)
眺めは圧倒的にこちらの「富良野の富田ファーム」よりも「美瑛の四季の彩の丘」が広大に見えます。
観光客も比較的少なかったです。いつ出来たのかしら??
「 四季彩の丘」では、春から秋にかけて約50種類の花を植え替えているため、
5月~10 月にかけてのグリーンシーズン、長期間に渡って様々なお花と景色がみれれるそうです。 ...




190731-7.jpg
(7)
ノロッコ号もビューポイントは停車してくれて撮影パチパチ(^^)





190731-8.jpg
(8)
ただ、何気にポツンと一本の木。。





190731-9.jpg
(9)
丘の上の一番お気に入りの写真です(^^)v
手前はラベンダー畑です。アルパカ牧場かもしれません。
輝く濃いピンク色の屋根と若草色の壁、白い柵、雲と青空とバッチリ(^^)/

明日は写真家のギャラリーで大感激の巻き~です!




風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:14
(2019/08/02(金) 04:50)

 北海道旅 2 美瑛、パッチワークの丘、セブンスターの木、親子の木、ケントメリーの木
190730-1.jpg
(1)
旭川空港の観光事務所で観光相談。
宿泊は新富良野プリンスホテル、1時間待ってバスのラベンダー号で行こうと思ってました。
相談すると今回無理だと思った青池は観光タクシーを使うと廻れると聞き奮発!!
個人タクシーさんがとっても素晴らしく良い方でした(^^)
今回の撮影目的の一つの美瑛です。住みたくなった街です。
美瑛町は、パッチワークの路、パノラマロードが有名です。





190730-2.jpg
(2)
セブンスターの木(カシワ)
「セブンスター」の観光たばこのパッケージに採用されたことから、この名がつきました。




190730-3.jpg
(3)






190730-4.jpg
(4)






190730-5.jpg
(5)
赤い屋根。
運転手さんが私が撮影目的と聞き、撮影スポットを紹介してくださり、
良い場所は止まってくれて・・・ゆっくりと撮影(^^)





190730-6.jpg
(6)
小麦だったか??^^;





190730-7.jpg
(7)
親子の木
3本のカシワの木が親子のように見えることから名付けられました。
真ん中の小さい木が子供のように見え、両端の親と手をつないでいるかのような風景です。




190730-8.jpg
(8)






190730-9.jpg
(9)






190730-10.jpg
(10)






190730-11.jpg
(11)
独身の木(運転手さん命名(^^)のようです)





190730-12.jpg
(12)






190730-13.jpg
(13)






190730-14.jpg
(14)






190730-15.jpg
(15)






190730-16.jpg
(16)






190730-17.jpg
(17)
ケントメリーの木(ポプラ)
日産のスカイラインのCMロケ地として使われました。 ドライブスポットとしても人気だそうです。




190730-18.jpg
(18)






190730-19.jpg
(19)






190730-20.jpg
(20)
小さな家の屋根が、もう少し赤いとポイントとなり、いいのですが。
もう住まれてないそうです。





190730-22.jpg
(21)







190730-24.jpg
(23)






190730-25.jpg
(24)






190730-26.jpg
(25)






190730-27.jpg
(26)






190730-29.jpg
(27)






190730-30.jpg
(27)
小学校です。

広大で素晴らしい景色を満喫でした。
明日は美瑛の「四季彩の丘」からです(^^)/

風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:14
(2019/07/31(水) 06:30)

 北海道 美瑛、富良野旅行 1

(1)
羽田空港のANAのターミナルです。
7月17日(水)~19日の(金)の2泊3日で北海道の美瑛と富良野へ行ってきました。
今日は旭川空港までの写真です。





190729-2.jpg
(2)
6時55分発  
5月11日にネット予約したのでチケット交換が不安で6時前に空港に到着しました。
チケット交換も無事終了で一安心。
思えば飛行機も14年ぶりです。 2005年7月21日に同じく北海道へ2泊3日で行った以来。





190729-3.jpg
(3)
案内放送があったので従うと・・・あら! 飛行機がANAではない!!
間違ったのかしら???
スタッフの方にお聞きしたら、「エアードゥー」ですが「ANAと提携、子会社・・・」
間違ってなかったようだわ(^^)




190729-18.jpg
(4)
席に座って窓を見ると雨。。。
今回は空をたっぷりと撮影と思ってったのに~~(-_-)
行きは翼と空を撮りたかったので、確か?35番だったかな?
予約の時はガラガラでしたので自由に席をとれました。
でも・・旅行から10日経っての事って・・・・だいぶ、忘れてます^^;





190729-4.jpg
(5)
確か、5分遅れの出発となり~。
わぁ! 窓には水滴がありません(^^)v
東京港のようです。





190729-5.jpg
(6)
うわ~~好きな感じ!!





190729-6.jpg
(7)
うわ~~~!! 好み、好み!!
でも何か黒い点が・・・鳥ではないし??
ガラス越し撮影ですからね~。。





190729-7.jpg
(8)
うわ~~天国に行くのかしら??
最近、良い事ばかり続いてましたし~~。。





190729-8.jpg
(9)
うわ! これぞ狙ってた瞬間!!
翼が光ってまっす(^^)v
予約の時は北海道満喫と思い早朝の出発便にしましたが
良かったわ~~。  太陽がグッドタイミング。。





190729-9.jpg
(10)
窓にべったりと張り付いてたら、機内サービス。
リンゴジュースを頂きました(^^)
紙コップのデザインが可愛らしい~~クマ? 多分。





190729-10.jpg
(11)
雲がね~~面白くて~(^^)





190729-11.jpg
(12)
雲も翼の上下で違います(^^)





190729-12.jpg
(13)
楽しんでたら、あっという間に旭川の街が。
下降してるので翼の角度の変化があります。





190729-13.jpg
(14)
翼の角度がドンドンと変化。
山もクッキリ見えます。





190729-14.jpg
(15)
旭川空港に無事に到着です(^^)





190729-15.jpg
(16)
旭川の空!! お天気予報で心配でしたが青空が楽しめそうです。





190729-16.jpg
(17)
乗ってきた飛行機と旭川空港からの空です。
と、超ルンルン子供状態でした(^^)/

この後に下準備も無かったので空港の観光案内所へ向かいました。
明日は美瑛です。



風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:14
(2019/07/30(火) 05:55)

 軽井沢旅行      2/

(1)
今回の軽井沢旅行で一番のお気に入り風景です。
「ピッキオ」という場所で、野鳥の森に隣接しているネイチャーセンターのようです。
宿「星のや軽井沢」の前にありますので行ってみました。







190623-2.jpg
(2)
気になるピッキオの建物の隣のシルバーのキャンピングカーらしき物。
オシャレなのですが・・・HPなどの写真にはありません、、検索してもわからず、、
この時期だけなのかしら? ラッキーな出会い(^^)v






190623-4.jpg
(3)
(1)を撮った場所
スタッフさんからお聞きしたコーヒータイムに適した場所です。
持っていったコーヒーとチョコレートを楽しみながら、ワイヤーベンチに座り、眺めを満喫(^^)v
雲が無かったら(1)の上部に浅間山が見えるようです。
もしかしたら見えてたのかも、、、。




190623-3.jpg
(4)
ピッキオの「ケラ池」は野鳥の森から流れ出る沢水でできた池で
野鳥やトンボなど、たくさんの森の生き物がやってくるそうです。
冬はスケート場になります(^^)



190623-5.jpg
(5)
スタッフさんが小さな子供達に「オタマジャクシがいるよ~」など指さしてました。
ピッキオには優秀なインタープリターさんが多く在籍して野鳥の森のツアー企画が沢山あるので
次回は数泊して楽しみたいと思いましたね~~。





190623-6.jpg
(6)
ピッキオとは、イタリア語でキツツキを意味するそうです。
スタッフ集団は「森と森に生きる動植物を未来に残していきたい」と強く願っている方々。
森の自然、守りたい伝えたい、森のいきもの案内人・・・スタッフ集団が強い思いでネイチャ―ツアーなど企画。
いつか・・・お隣の野鳥の森を満喫したいと思いました。


風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:12
(2019/06/24(月) 06:28)

 軽井沢旅行        1/
190622-1.jpg
(1)
軽井沢旅行へ行った来ました。 
行って見たかった宿・・・「星のや軽井沢」の宿泊と隣接している野鳥の森散策が目的。
このパラソル風景は軽井沢星野エリアにあるハルニレテラスの「軽井沢アンブレラスカイ2019」です。
梅雨開けまで。  ウッドデッキの影もいいでしょ(^^)





190622-2.jpg
(2)
赤や青、緑など色とりどりの100本の傘が、暗くなりがちな梅雨空を彩ります。・・・(晴れてましたが^^;)
雨の日はデッキには傘や木々の新緑が映り込み一層鮮やかに。。。↑のデッキですね。





190622-3.jpg
(3)
「ハルニレテラス」は大正時代、文豪や芸術家が集い、
コミュニティが形成されていた軽井沢星野エリアの湯川の清流に
寄り添うように自生していた100 本を超えるハルニレ(春楡)の木立を生かしながら、
9 棟のモダンな建物を広いウッドデッキでつないだ「小さな街」
「軽井沢の日常」をコンセプトにした、16 の個性的なショップ・レストランがあります。





190622-4.jpg
(4)
湯川の清流沿いのテントレストラン?





190622-5.jpg
(5)
木々中でのお休み場所。。





190622-6.jpg
(6)
こちらはホワイトだけのアンプレラで新緑との調和がオシャレ空間です。





190622-7.jpg
(7)
落ち着いた色合いでのコーディネート傘。。





190622-8.jpg
(8)
遅いお昼は夕食を楽しみにするためにお蕎麦屋さんへ。 鴨せいろが美味しかったです。
ラッキ~~!! 窓際の席に案内されて大きな窓から湯川のせせらぎが眺められ・・鳥が!!
もどかしく、、500mmレンズをセット!!  リュックの底だから~~~。。。
見えましたが・・・撮れず。。 セキレイでしたが。
このお店の名前・・・せきれい橋「川上庵」ですから~(^^)





190622-9.jpg
(9)
ハルニレテラスから宿へは湯川に沿った散策路で。





190622-10.jpg
(10)
山野草が咲いてたり、木々の緑が綺麗だし、気分を満喫~(^^)





190622-11.jpg
(11)
ドアに宿泊者以外は不許可とありました・・・私って宿泊者。。
入ってみると、草原で奥にはベンチが・・・。
帰宅後ゆっくりと散策マップをみたら・・・ひそかな撮影スポット。
晴れた夜は星空が綺麗らしいことを知りました。。 
今回は1泊でしたので~~やはり2泊するとゆっくりですね~~。
ここを突き抜けると宿の入り口だったのですが・・知らずに
またドアに戻り散策路で宿へ向かいました。



風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:14
(2019/06/22(土) 15:05)

 京都旅行 「The SODOH HIGASHIYAMA KYOTO」のランチ

(1)
ここは京都の東山です。
5月22日から24日の2泊3日で京都旅行へ一人旅 してきました。
懸念していたお天気が抜群のお天気でした。
本当は竹野有紀ちゃんの兵庫県立美術館でのピアノリサイタルの時に旅行したかったのですが
宿泊したい宿がとれなくて・・でも行きたく思い今回の旅行になりました。
宿泊旅行は4年ぶり・・・・家族会議を開いて(主人とです^^;)・・私の人生もどのぐらいかわからないので
自由に旅行のしたいと希望したのでした。  昼食作りから解放されたのが半年ほど前。
すったもんだで外国旅行もOKとなり・・・どこかにいろいろと行きたい気持ちで一杯・・(^^)
主人は今は自宅が大好き・・気分的に・・外出はしたくないのです^^;







190525-2.jpg
(2)
今回の京都旅行はメインがお食事と宿泊地でのんびり・・・です。
第一の目的のお食事は・・・昔からのブロ友さんnonnonさんブログで知った・・・
「The SODOH HIGASHIYAMA KYOTO」
朝8時の東京発新幹線に乗り、京都に到着後にすぐに行きました。 ランチを予約してました。
入口にはご案内係りの紳士が立ってらして、入口へのご案内です。






190525-3.jpg
(3)
少し坂道を登ります。
「ザ ソウドウ 東山 京都」は 近代日本画の先駆者、竹内栖鳳の旧私邸の
名残りを大切に留め・・今流行りのリノベーションした空間です。






190525-4.jpg
(4)
Weddinngとイタリアンレストランがありますが・・・こちらがイタリアンレストランの入り口、お玄関!!





190525-5.jpg
(5)
nonnonさんとは違うお部屋のようです。私が一番乗りでした。
窓辺は縁側だったのでしょうね~。





190525-6.jpg
(6)
私が座ったお席からの眺めです。 一組のお客様がいらっしゃいました。





190525-7.jpg
(7)
私の後ろのインテリア(^^)





190525-8.jpg
(8)
天井を見上げると、、、大きな吹き抜けになってますが周りに2階席もあるようです。





190525-9.jpg
(9)
最初は一人でしたのでお料理を待ってる間に気ままに撮影させていただきました(^^)





190525-10.jpg
(10)
お料理が来ました。ランチは2種類で¥2,800と¥5,500の2つのコースです。
宿のお夕食も楽しみなので¥2,800をお願いしました。
最初のAPPETZER 「炙りカジキマグロとオレンジのククルード」・・・オレンジで爽やかさがホンワリとお口の中に(^^)
飲み物は・・・・我慢・・・ウォーターですね。





190525-11.jpg
(11)
次はPASTA・・・茄子とカチョカヴァロチーズのシチリア―ナ・・・パスタがこんなに熱々でなん初めて!!
猫舌な私・・・・冷ましながらいただきました。。。美味しかったです。男性には少し物足りない量かしら(^^)
でも オシャレなバランスでした。

次のメインを撮り忘れました・・・京都高原豚のロースト トマトケッパーソース・・・・豚肉のお味も大満足。





190525-12.jpg
(12)
デザートは3種類から選べます。私はゴールドキウイのクープをお願いして
飲み物はエスプレッソWです。
デザートも素晴らしく美味しくボリュームもありました。
この空間でおもてなしバッチリでのお料理大満足。
¥2、800なんて思えないルーズナブル価格と思いました。






190525-13.jpg
(13)
お食事後はお庭などを散策して写真も何枚も撮りましたが、
やはりこの一枚・・・・法観寺の八坂の塔見える写真です。

nonnnonさんは、ディナーでとても素敵な秋に行かれたお写真・・・・とてもきれいなので是非ご覧ください(^^)/
・・・・こちら
あまりの違いに驚かないでね^^;

次回は宿泊した「星のや京都」をアップ予定です。

風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:26
(2019/05/26(日) 12:50)

 兵庫県立美術館      5月18日撮影

(1)
昨日、アップしました「竹野有紀さんピアノリサイタル」が行われた
兵庫県立美術館を一周してみました。
まず出口をでると・・・このような感じで山が奥に見えました。
六甲山でしょうか? 多分。。
神戸牛が有名ですが、あの山で育てられるのかしら?
お土産に神戸牛入りサラミを購入しました(^^)v






190521-2.jpg
(2)
兵庫県立美術館の外観です。
安藤忠雄氏設計により2002年に開館した兵庫県神戸市「HAT神戸」にある美術館。
西日本最大級の美術館で愛称は「芸術の館」だそうです。






190521-3.jpg
(3)
どうしたって気なります!! 大きなカエルのオブジェ!
今だけなのかしら?? 
帰りのタクシー運転手さんに聞いたら、最初からいるそうです(^^)

シンボルオブジェ「美かえる(みかえる)」
作者はラバーダックでも有名なオランダのアーティスト、フロレンティン・ホフマンさん。
高さ約8m、幅約10mだそうです。
因みに・・・ラバーダックって・・・アヒルのおもちゃを巨大化したパブリックアートなんですけどね(^^)






190521-4.jpg
(4)
美術館の裏へ行くと、港。 神戸の港って何か歌があったような・・・??
この日はどんより雲ですが、お天気でしたら違う風景でしょう。






190521-5.jpg
(5)
美術館の裏側ですが、表にもアイビーの緑がコンクリート色に綺麗に思いました。
タクシーの運転手さん情報によりますと、設計の安藤さんの「こだわり」だそうです。
でも海風でダメ―ジがあると反対の声も上がったけれど強行だったよう。
良い感じですよね(^^)  でもよく見るとやはり緑色が少し違うかしら?





190521-6.jpg
(6)
この子が目立ちます!! 何でしょ??
何故ゆえに、あの巨大オブジェのカエルとかこのような子が
安藤忠雄さん設計の建築にいるのでしょうか??





190521-7.jpg
(7)
この子のまつ毛が気になり接近!! きちんと長く1本づつあるのでした。
下から見ないでね^^;

ヤノベケンジ氏のSun Sisterという作品だそうです。
過去・現在・未来を見つめ、希望の象徴としての「輝く太陽」を手に持ち大地に立つ少女像。
FRP、ステンレススティール製で高さ6m。





190521-8.jpg
(8)
何気に素敵なウインドウ!!
運よく赤い船がウインドウに入って嬉しい気持ち(^^)





190521-9.jpg
(9)
美術館の中からのテラスです。
美術館内はもちろん素敵な設計になっております。
ミュージアムショップではお土産もゲット(^^)v





190521-10.jpg
(10)
こちらは東京駅八重洲側からの風景です。
タクシー乗り場は行列なのですが、通りを渡ってここからだとタクシーはすぐ。
帰宅して感激、ブログにアップして感激の1日でした。




風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:12
(2019/05/22(水) 01:00)

 葛西臨海公園風     5月17日撮影

(1)
少しお休みと思ってましたが、、、2週間近くのお休みとなりました。
あっという間で、気ぜわしい日々でしたが17日はゆっくりと葛西臨海公園へ行きました。
何度もアップしてますが、、中央にある展望レストハウス「クリスタルビュー」です。





190517-b.jpg
(2)






190517-c.jpg
(3)
クリスタルビューからの東京港の眺めです。






190517-d.jpg
(4)
この日はスッキリした空でしたので遠くに「東京ゲートブリッジ」がハッキリと見えました。
恐竜が向かい合っているような特異な形状をしている事から恐竜橋とも呼ばてるそうです。





190517-f.jpg
(5)
この日はゆっくりとしたかったので初めて・・・・「パークトレイン」に乗りました。
今まで乗ってみたかったのですが、花撮影、鳥撮影に時間を費やしてました。
途中で可愛らしい親子に手を振ると、可愛らしく手を振ってくれました(^^)/

肝心の「パークトレイン」を撮り忘れました^^;  急いで飛び乗ったので。。。
パークトレインは・・・・こちら
25分間で園内を一周です。 楽しめます~~(^^)





190517-e.jpg
(6)
最後は、やはり鳥類園の観察窓から水族館を撮りました。
大好きな風景!!
2時間だけでしたが、お天気も最高に気持ちよく久しぶりのお楽しみでした。



風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2019/05/18(土) 01:00)

次のページ
copyright © 2005 メロンのゆったりフォト all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア