メロンのゆったりフォト

佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪

ヒョウタン

170809ヒョウタン1
(1)
ヒョウタン(瓢箪、瓢簞)    <ウリ科>
旧佃児童遊園に生ってました。 
何故ゆえにここに~~~と思い、しばし、目を丸くして眺めました。
長さ15cmほどのヒョウタンです。 ヒョウタンの大きさって2mのもあるそうな。
珍しい花々がある中でヒョウタンを育てるなんて面白いですね~。



170809ヒョウタン2
(2)
画像を見たら・・・産毛がびっしり!!
ヒョウタンの容器ってツルツルしてるように思いましたが。。。。
乾燥させるとか、加工工程があるのでしょうね。




170809ヒョウタン3
(3)
クルクル蔓が沢山で楽しいのでカシャリしてみました♪
過去には撮影してないと思いながらも、一応、過去検索しましたら・・・ありました。
5cmほどの小さなヒョウタン・・・・・大好きな手塚治虫さんのマンガのヒョウタンツギのことも書いてました(^^)


  1. 2017/08/10(木) 08:00:00|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ミズヒキとナツハゼとヤマブキ    晴海トリトンにて 4/

170712ミズヒキ1
ミズヒキ(水引) <タデ科>
皇居東御苑でも咲いてたのですが、早いですね~。
ミズヒキのお花は小さいので撮影に力がこもります!!





170712ミズヒキ2
開花してるお花がありラッキ―♪




170712ナツハゼ
ナツハゼ(夏櫨)    <ツツジ科>
ナツハゼの黒く熟す前の実です。
ブドウのような実で何でしょう?と思いました。
ナツハゼのお花はご近所にもあります。確認しなくては。。。




170712ヤマブキ
シロヤマブキの実    ヤマブキ(山吹、棣棠)    <バラ科>

いろいろな場所に見かけない実と思ってカシャリしました。
帰宅後、PCでよく見ましたら・・・・葉が・・・あれれ・・・ヤマブキ?・・・正解でした。
一重のヤマブキの実でした。これから黒くなっていくのですね。
八重のヤマブキは実がならないそうですから。

<追記:シロヤマブキの実とshinさんhanakoさんから教えて頂きました、どうもありがとう>
  1. 2017/07/13(木) 08:00:00|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ヒョウタンボクとウツギとエゴノキ

170625ヒョウタンボク2
ヒョウタンボク(瓢箪木) (別名: キンギンボク(金銀木)      < スイカズラ科> 皇居東御苑にて
東御苑へ行った目的の一つ、ヒョウタンボクです。
今までに見たいと思っていたヒョウタンボク!! やっと出会えました。
でも・・・遠くて。。。。





170625ヒョウタンボク1
ヒョウタンボクの実ですが・・・思ったような可愛らしい実は撮れず・・・・こんな感じ。。。。
でも 記念にアップです。





170626ウツギ1
ウツギ(空木) (別名:ウノハナ(卯の花)   <アジサイ科>  
皇居東御苑にて
ウツギの実です。 好きな被写体です。 ロウソクのよう。




170626ウツギ3
ウツギの実は沢山、東御苑で見られましたが、お花は終盤のこれ一つ。
ウツギはウノハナだったのですね・・・・・別物と思ってました。。。。




170627エゴノキ1
エゴノキ (別名:チシャノキ、ロクロギ )   <エゴノキ科>   皇居東御苑にて
ズッラとエゴノキの実が連なってます。
エゴノキの実も好きです♪





170627エゴノキ2
これは何かしら?? 花後??
エゴノキに生成する虫コブでした。写真は最もポピュラーで面白いエゴノネコアシフシだそうです。
アブラムシによって形成される黄緑色の虫こぶ。
猫の足を連想させるため、エゴノネコアシ(フシ)の名があるそうですが・・・よ~く見ますと猫の足(^^)



  1. 2017/06/28(水) 08:00:00|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ミッキーマウスノキ

170621ミッキーマウスの木1

ミッキーマウスノキ(ミッキーマウスの木)  (正式名称:オクナ・セルラタ) <オクナ科>  旧佃児童遊園にて
みなさん ミッキーマウスの木はご存じかもしれませんが、私は名前は知ってたのですが・・・・初見!
何の実だか、いろいろな方面から検索してもわからず、教えて頂きました。
旧佃児童遊園は何度も行ってますが見落としてたようです。
春に黄色のお花が咲きます。





170621ミッキーマウスの木2

花後も雄しべが残り、萼片が赤く色づいて盛り上がって中心部(花床)に黒い球形の果実を数個つけます。
ミッキーマウスに似てないのですが・・・・検索画像では確かに似てます(^^)
名前が楽しいので発見したのが、とっても嬉しい気分です♪



170621ミッキーマウスの木3

実が真っ黒の前はグリーン色です。

  1. 2017/06/22(木) 08:00:00|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ジューンベリー

170528ジューンベリー1

ジューンベリー  (別名:アメリカザイフリボク・サービスツリー)    <バラ科>
食べてみましたら甘かったです。
名前がわからなかったので検索で「赤い実 甘い」と入れて画像ですぐに判明しました。
名前はshinさんブログで覚えていたのでお花を改めて拝見いたしました。
白くて綺麗なお花♪



170528ジューンベリー2

ご近所のマンションの玄関横の生垣10mほどに植栽されてます。
3~4年ほど前の新しいマンションですが、お買いものコースでないので、
今まで、お花、実を見ていませんでした。




170528ジューンベリー

高さ2mほどに横幅10ほどです。上部が少し垂れさがるほど沢山の実です。
このような自然な生垣も今まで見たことがなく新鮮です。そのマンションの外観も素敵です。

来年はお花撮影を忘れないようにしなくては♪





  1. 2017/05/29(月) 08:00:00|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ヤブコウジ(十両)

170103ヤブコウジ十両
ヤブコウジ(藪柑子)(別名:十両)  <サクラソウ科>   日本橋にて
ヤブコウジとカラタチバナの違いがイマイチでしたが
葉の違いでわかるような気がしてきました。

まだ 出会えてない一両、アリドオシを楽しみにしてます♪
  1. 2017/01/04(水) 08:00:00|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カラタチバナ(百両)

170102百両1
カラタチバナ(唐橘) (別名:百両) <サクラソウ科>  日本橋にて

サクラソウ科なんだそうです。
フームと思い検索したら・・・※科名:ヤブコウジ科で分類される場合もあります。・・・とあった。


170102百両2
なんとなく見てると可愛らしくなる実


170102百両4
葉の裏の縁に点々がある。表側はうっすらと見えるよう。



170102百両3
ご近所では千両、万両は沢山ありますが、百両、十両は見当たりません。
やはり、大金がいいのね♪ 見た目も百両より千両、万両がいいかしら?
お正月料理には千両がよく飾りとして用いられますね。
  1. 2017/01/03(火) 08:00:00|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マユミ

161230マユミ
マユミ(檀、真弓、檀弓)<ニシキギ科>    日本橋にて
花は初夏ですが、今は果実が下がってます。
熟していて果皮が4つに割れ、赤い種子が4つ現れるます。

161230マユミ2
  1. 2016/12/30(金) 09:00:00|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シロヤマブキ

161227シロヤマブキ1

161227シロヤマブキ2
シロヤマブキ(バラ科シロヤマブキ属)
ご近所I病院は毎日のように通るのですが見落としてました。
黒い実が生ってますが・・・自分では名前がわからず・・・「この木何の木に?」
どこかで見た覚えのある葉と思いましたら・・・シロヤマブキ・・・だそうです。

でもヤマブキとな全く別種でヤマブキは「バラ科ヤマブキ属」
シロヤマブキは「バラ科シロヤマブキ属」で立ち姿が似てるから名前が付いたとか・・。
  1. 2016/12/27(火) 08:00:00|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

モミ

161225モミノキ
モミ (樅). <マツ科>
161225モミノキ2
このもみの木の実はまだ若いのでしょうか?
春にはお花も咲くようですので来年は注意して観察します。
I病院の玄関脇にあるのでイルミネーションしてほしいと思います。
直ぐの入口内部にはツリーのおおきな飾りがありますが・・・♪
  1. 2016/12/25(日) 07:59:41|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスホーリー

161223クリスマスホーリー
クリスマスホーリー(西洋ヒイラギ・ヒイラギモチ) <モチノキ科>   日本橋にて

クリスマスのリースなどの装飾に使われてるのね♪
クリスマスホーリーはモチノキ科で、葉は互生し、ヒイラギはモクセイ科で、葉は対生だそうです。
ヒイラギはご近所で今、白い花を咲かせてます。
後日 アップします。
  1. 2016/12/24(土) 07:59:35|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シロマユミの実

161222シロマユミ
シロマユミ(白真弓) <ニシキギ科>  日本橋にて
マユミはご近所の公園にありますがシロマユミは貴重!
熟して果皮が四つにわれてますが、赤い種子に皮かしら?付いてるのが残念。
  1. 2016/12/23(金) 07:59:29|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツワブキの種子

161214.jpg
ツワブキ (石蕗)  <キク科>
ツワブキの種です。
タンポポ状態!↑のヤツデの感じつながりでアップです♪
  1. 2016/12/15(木) 08:59:37|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マンリョウとフイリマンリョウ

161213マンリョウ
マンリョウ(万両) <サクラソウ科、またはヤブコウジ科>
本当に御目出度い名前ですね。
縁起のよいということでか、やはり、ご近所に多いです。
鉢植えがほとんどです。


161213フイリマンリョウ
フイリマンリョウ(斑入り万両)  <サクラソウ科、ヤブコウジ科>
葉に斑が入ってます。実の色がお上品です。
江戸時代から実色が違ったり、葉に斑が入ったり縮れたりするものなど
園芸化が進んだ古典園芸植物だそうです。

一両(アリドオシ)には、まだ 出会ってません。
いつ、出会えるでしょうか・・・・楽しみ♪
  1. 2016/12/14(水) 09:00:00|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

センリョウとキミノセンリョウ

161212センリョウ黄赤
センリョウとキミノセンリョウのツーショット!

161212センリョウ赤1   161212センリョウ赤2
センリョウ (千両) <センリョウ科>
千両もご近所の路地のあちらこちらに。
松と共にお正月に必需品ですね。

161212センリョウ黄4   161212センリョウ黄2
キミノセンリョウ  <センリョウ科>
千両よりは少ないですが撮影にはことかきません。
  1. 2016/12/13(火) 09:00:00|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ナンテンとヒメナンテン

161211ナンテン2
ナンテン (南天) <メギ科>
ご近所の路地では、より取り見取りの撮影。
といえども・・・何度も撮影しても同じ感じとなってしまいます。

161211ナンテン1
ヒメナンテン (姫南天) <メギ科>
南天の葉の大きさの半分以下でこの時期にとても綺麗な色の紅葉です。
ご近所の盆栽仕立てを毎年みていてナンテンかしら???
今回は またまた、樹木お名前調べで教えていただきました。
ヒメナンテンは、普通のナンテンに比べると花が付きにくく、実も付きにくいと言われます。
今、思えば 日本料理の飾りについてくる葉は、このヒメナンテンなんですね。
オタフクナンテン(別名:オカメナンテン)は実がつかないそうです。、


  1. 2016/12/12(月) 09:00:00|
  2. 草木の実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

メロン

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

リンク

RSSフィード