メロンのゆったりフォト

佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪

ヤブガラシ

170805ヤブガラシ
(1)
ヤブガラシ(藪枯らし) (別名:貧乏葛 (ビンボウカズラ)   <ブドウ科 ヤブガラシ属>
蔓性でヘクソカズラと同じで名前が可愛そうですが好きな被写体なんです。
皆さん、お庭をお持ちの方にとっては、お嫌いでしょうね~。。。
私は、初めて このようなお花の撮影ができました。緑色の花びらは開いてないのですが。
お花は半日の命だったのです。 で、 やっとお花の様子を理解しました。

「花は直径約5mmで薄緑色の花弁4枚と雄蕊が4本雌蕊が1本。
花弁と雄蕊は開花後半日ほどで散ってしまい、
白色(黄色)の雌蕊が中央に立った直径約3mmの橙色の花盤(盤状の花托)が残る。
この花盤は蜜が豊富で、蜂や蝶などの昆虫がよく集まる。」

そういえば、よく蝶が止まってます。



170808ヤブガラシ3
(2)
(1)と同じアングルなんですが・・・記念に・・・^^;
ヤブガラシは今までご近所の公園のフェンス、佃煮通りなどで見てたのですが、
3週間前にI病院の植栽に絡まってるのを発見!! 通る度に観察して撮影できました。
お手入れされてないと生い茂ってしまうのに・・・。 私はうれしいのですが。




170808ヤブガラシ2
(3)
ヤブガラシの花は、咲きはじめは(1)(2)の写真、やがて雌しべが伸びて、雄しべと緑色の花被片が脱落する。
その後、オレンジ色の花盤がピンク色に変わり花期を終える。
花の底が平たくなっていて(花盤[floral disc])、花盤から滲みだした蜜が水滴のように見える・・・・・といことで理解できました。

すみません・・・説明文が長くて、今までわからなかったお花の様子が理解できて覚書となってます。。。

  1. 2017/08/09(水) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

オトコエシ

170806オトコエシ1
(1)
オトコエシ(男郎花) (別名:敗醤(はいしょう)  <オミナエシ科 オミナエシ属>   銀座にて
銀座の山野草のお店のお花です。
ポット売りで高さ20cmほどでしたので、しゃがんでマクロ撮影が出来ました。
華やかな黄花のオミナエシ(女郎花)に良く似ていて、地味な白花で大きな草姿なので、「男」をつけ
オトコエシ(男郎花)の名前だそうです。


170806オトコエシ2
(2)
まだ、蕾が多いですね。
別名の敗醤(はいしょう)は、花瓶に生けておくと、お醤油(しょうゆ)の腐ったような匂いがしてくることから。 
女郎花(おみなえし)同様、あまりいい匂いはしないそうです。
高さが20cmほどでしたので草姿という感じを撮れませんでした。
草姿でオミナエシよりもオトコエシのほうが茎が太く、男性的な感じがわかります.・・・・こちらでどうぞ


  1. 2017/08/08(火) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ナガエコミカンソウ

170805ナガエコミカンソウ
(1)
ナガエコミカンソウ (長柄小蜜柑草) (別名:ブラジルコミカンソウ) <トウダイグサ科 コミカンソウ属>
ご近所であちらこちらで見かける帰化植物の雑草です。
12年前に東銀座で初見してから、繁殖力旺盛な雑草と思ってます。
お花が0.5mmほどなので撮影は気合いがいるので避けてました。。。
でも 気合いが入った日でしたのでお花も撮影できました(^^)/




170805ナガエコミカンソウ2
(2)
小さな実の柄は長くぶら下がるように成ります



170805ナガエコミカンソウ3
(3)
日本古来のコミカンソウはまだ撮影してませんが、気を付けて発見したいと思います。


  1. 2017/08/06(日) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

シロバナフシグロセンノウとシロバナガンピ  日本橋にて 10/

170725白花フシグロセンノウ1
(1)
シロバナフシグロセンノウ(白花節黒仙翁)  <ナデシコ科センノウ属>
センノウという名前の付く植物は基本色がオレンジ色、朱赤色なのかしら?と思ってます。
こちらもフシグロセンノウはオレンジ色です。 それの白花種ですね。




170725白花フシグロセンノウ2
(2)
白花節黒仙翁(シロバナフシグロセンノウ)のフシグロ(節黒)の
名前の由来の「茎の節が黒褐色になる」は残念ながら現れてません。。。




170725白花ガンピ1
(3)
シロバナガンピ(白花岩菲)     <ナデシコ科センノウ属>
(1)(2)のシロバナフシグロセンノウと同じナデシコ科センノウ属なので似てますが
こちらのお花は花弁同士が重なり合い先に細かい切れ込みがあります。
ガンピ(岩菲)オレンジ色の白花種ですね。




170725白花ガンピ2
(4)
ガンピという特徴ある名前は野草の本で知っていて興味があったお花です。
センノウとガンピは中国から渡来していて、両方ともお茶花として人気があるようです。

  1. 2017/07/26(水) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

センノウとオグラセンノウ  日本橋にて  9/

170724センノウゲ
(1)
センノウ(仙翁) (別名:センノウゲ、センノウケ、センヌケ、仙翁花、剪秋羅)    <ナデシコ科 >
花色はネットでは・・・花は目のさめるようなカーマイン・レッド(朱色を帯びた明るい赤)・・・明快!!
センノウ類は私の愛読書「野草の名前 夏」で眺めていて、見たかったお花です。
マツモトセンノウが有名だと思いますが、咲いてたのですが・・・・ボツ。。。。

ネット検索から・・・・・・「センノウの歴史は古く、室町時代、中国より伝えられたと伝えられています。
「仙翁花(せんのうげ)」とい名前の由来は、嵯峨の仙翁寺で育てられていたということから。
長い間流通しておらず幻の花といわれていましたが、近年流通するようになりました。
切花や茶花におすすめです。」





170724オグラセンノウ1
(2)
オグラセンノウ(小倉仙翁)   <ナデシコ科>
ナデシコという雰囲気がありますね。
(1)のセンノウとの違いがわかりづらいのですが、
こちらのお花の5弁が深く、先端が、より繊細な切れ込みがあるように思います。
1903年の熊本県阿蘇山で採取された標本に基づいて
植物学者の牧野富太郎によって新種として紹介がなされたそうです。

オグラセンノウ(小倉仙翁)の小倉は京都市左京区の小倉のようです。
センノウの名前の由来の仙翁寺(廃寺)があった嵯峨野近くにあるのが小倉山。



170724オグラセンノウ2
(3)
オグラセンノウは、茎は細く、自立せずに他の植物に寄り添う形で生育するそうです。

今日のセンノウ、オグラセンノウは記憶として・・・・名前にこだわりました。 なんだか混乱。。。




  1. 2017/07/25(火) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ヒトツバショウマ   日本橋にて  8/

170723ヒトツバショウマ1
(1)
ヒトツバショウマ(一葉升麻)    <ユキノシタ科 >
ショウマ(升麻)といえばキンポゲ科のサラシナショウマが有名ですが、このお花は初見♪
花びらは細く長く2~3mm、雄しべは10本で花びらより突き出てます。




170723ヒトツバショウマ3
(2)
ネムの木のお花の確認と小さな花々の撮影の再チャレンジと思いましたが・・・・難しい。。。。




170723ヒトツバショウマ 葉
(3)
検索しますと・・・星くずのようにちらちらとした小花が特徴の植物で、
紅葉も楽しめるので寄せ植えや花壇、ロックガーデンなどに最適です、とありました。




170723ヒトツバショウマ4
(4)
「ショウマ」とつく草は何枚かの小葉が集まり1葉となりますが、この草は1枚の葉だけなので「ヒトツバ」だそうです。




  1. 2017/07/24(月) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ソバナ    日本橋にて 7/

170722ソバナ1
(1)
ソバナ(岨菜、蕎麦菜)   <キキョウ科>
青紫色の釣鐘状の花です。
ツリガネニンンジン属なのでツリガネニンジンに似てます。
違いは、ソバナは花がひとまわり大きく、 キキョウのように花の先が少し広がること。
ツリガネニンジンの様に雌しべが、花の外に突き出ません。
小さなお花で長さ2.5cmほど。キキョウ科ですので雌しべの先はこれから3分割になります。




170722ソバナ4
(2)
蕾が沢山あり、これからがお楽しみ状態でしょうか。
この風情もいいわぁ~~♪




170722ソバナ5
(3)
2枚目とは撮影向きが反対ですが、感じが違いますね。
茎が黒っぽいです。




170722ソバナ6
(4)
ピントがイマイチですが・・・。。。
ソバナの菜は食用になるという意味だそうです。
葉は卵形ないし幅の広い披針形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
ソバナを茹でると蕎麦の茹でる時の香りがするそうです♪

  1. 2017/07/23(日) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ヤブレガサ     晴海トリトンにて 6/

170714ヤブレガサ1
(1)
ヤブレガサ(破傘) <キク科>
ハーブ群の向かい側の樹木の下にヤブレガサがありました。
最初は冠毛、果実になる前の終盤の姿のお花が目立ち、何かしら?と思ったのですが
下の葉を見てヤブレガサのお花だとわかりました。


170714ヤブレガサ2
(2)
終盤のお花が目立つ中に、まだ蕾もあり、花期が長いのですね。




170714ヤブレガサ3
(3)
お花のマクロ! 蕊のクルリン状態が可愛いですね。 冠毛も見えます。




170714ヤブレガサ4
(4)
ヤブレガサは若葉が土から出たときに、葉がすぼめた傘のような形になり、
破れているように見えるのが特徴で、その頃撮影してたのですが、
大きな葉になりお花は初めてでした。



  1. 2017/07/15(土) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

山野草

昨日は月1回の銀座のクリニックへ。 体調は良い方向ですが睡眠薬は欠かせません。
やはり 睡眠は免疫力をアップさせます。
クリニックの途中に好きな「山野草のお店」があり、カシャリさせていただきました。
大好きなお店です。


170703シラサギカヤツリ
(1)
シラサギカヤツリ (別名)鷺の舞、シューティング・スターなど)   <カヤツリグサ科>  銀座にて
シラサギカヤツリは、白い鷺が飛んでいるような優雅な花。
茎葉は繊細で、風に揺れて咲く様子は風情があります。
白い葉は苞(ほう)で、実際の花は小さく、それほど目立ちません。





170703ムラサキカラマツソウ
(2)
ムラサキカラマツソウ(紫落葉松草)    <キンポウゲ科>   銀座にて
ツクシカラマツという花があり、それより全体に大きく高さ30cmほどの草丈
お花の径は1.5cmほど。開花しますと線香花火のような華やかさがあるそうです。





170703ムラサキカラマツソウ??
(3)
名前は?わかりません。
名札には「紫からまつそう」とありましたが、検索しますと違うように思いました。
可愛らしいピンク色の花びらが可憐です。




170703クガイソウ
(4)
クガイソウ(九蓋草、九階草)   <オオバコ科>     銀座にて
和名の由来は、葉が何段もの層になるからで、蓋(がい)というのは笠を数える単位で、
ちょうど九層ぐらいあるので「九蓋草」と名づけられたそうです。




170703カワラナデシコ1
(5)
カワラナデシコ(河原撫子)  (別名:ナデシコ、ヤマトナデシコ)   <ナデシコ科>    銀座にて
秋の七草ですが既にご近所でも咲いてました。



170703カワラナデシコ2
(6)
カワラナデシコ ピンク色 可愛らしいですね~。   銀座にて



170703カワラナデシコ3
(7)
カワラナデシコの白花です、、、清楚です~~。   銀座にて

最後までご覧いただきましてありがとうございました。




  1. 2017/07/04(火) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ネジバナ

170621ネジバナ1
(1)
ネジバナ(捩花)  <ラン科>   旧佃児童遊園にて
旧佃児童遊園にネジバナがあちらこちらに咲いていて、一番綺麗なネジバナです。
真ん中部分が綺麗にねじれてます。




170621ネジバナ2
(2)
綺麗にねじれてる部分(^^)




170621ネジバナ3
(3)
以前、ブロ友さんがネジバナをマクロで撮ると「まるで氷菓子」と表現されてました。
まさしく・・・・氷菓子ですね~~♪




170621ネジバナ4
(4)
ネジバナは本当に可愛らしくて好きです~~♪



  1. 2017/06/23(金) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメツブツメクサとシロツメクサとツメクサ

170518コメツブツメクサ1

コメツブツメクサ(米粒詰草)    <マメ科>   清澄白河にて
8㎜程度の小さなお花。
マクロ撮影ですと可愛らしいですが実際は小さくて踏んでしまいそう!



170518コメツブツメクサ新川

隅田川向こう岸の新川の土手で群生してます。
とてもお花が小さいのでしっかり眺めないとわかりません!!




170518クローバー1

シロツメクサ(白詰草) (別名:クローバー)  <マメ科>  清澄白河にて
マクロ撮影ですと美人顔ですね♪



170518クローバー2

クローバーは懐かしいです。子供の頃は楽しい遊び道具。
四つ葉があると嬉しいですが、見つけたことがあったかしら??






170518ツメ草月島

ツメクサ(爪草)   <ナデシコ科>  月島にて
ツメクサつながりでアップしましたが・・・・ナデシコ科でマメ科ではありませんね。
漢字も違いますね。
ご近所では、ツメクサがありそうで、なかなか無くて、貴重です。


  1. 2017/05/20(土) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

オオイニノフグリ、タチイヌノフグリ、ムシクサ

170517オオイヌノフグリ3

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)  <オオバコ科>
もう終盤になってますね。
春1番に感じるお花だと思います。
マクロで見ますととても綺麗!



170517タチイヌノフグリ

タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)  <オオバコ科>
ご近所では貴重なタチイヌノフグリ!
でも 今はどこで撮影したのかしら? 撮影場所を忘れてしまいました。。。
大切なのに^^;




170517ムシクサ月島

ムシクサ(虫草)   <オオバコ科>   月島にて
花径2~3mmの小さなお花。  発見すると嬉しいィ~~!!
なんてことないお花ですが・・・可愛いいのです♪



  1. 2017/05/19(金) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ツタバウンランとトキワハゼ

170514ツタバウンラン3
ツタバウンラン(蔦葉海蘭) <オオバコ科>
アップでお花を見ますと「ひょうきんな兎顔」のようで面白いと思ってしまします。
黄色が目です~~。



170514ツタバウンラン2

つる性多年草でのびやかな風情・・・・・と言いたいのですが繁殖力が凄いですね。




170514ツタバウンラン1

このお家は土盛りされていて、2mほど道路より高くて、その高さの部分が岩になってるのですが
横5mほど、高さ2m以上に咲き乱れてます!!
辺りのお家にも種が飛んでるのかあちらこちらで見かけます。ツタバウンラン地域。。。






170516トキワハゼ1
トキワハゼ(常磐爆)   <ハエドクソウ科>
お花がツタバウンランにチョッピリ似てるかしら? あまり似てませんかね~~。
トキワハゼに似てる花は「ムラサキゴケ」「サギゴケ」でしょうね。
残念ながら今年は撮影してません。。。

  1. 2017/05/18(木) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アメリカフウロ

170515アメリカフウロ1

アメリカフウロ(亜米利加風露)  <フウロソウ科>   清澄白河にて
毎月お墓参りに行きますが、お寺に古いテニスコートがあり回りが雑草の宝庫!!
4月23日撮影ですが、ちらほらとアメリカフウロが咲いてました。




170515アメリカフウロ2

昨日5月15日はお施餓鬼供養に行きました。
早めに行き雑草撮影と思いましたら・・・・・あらら~~2週間で様変わり!!
4月23日は春の山草、雑草が可愛らしく咲き乱れてたのですが
荒れ地の雑草群となり足も踏み入れないほど。。。。
アメリカフウロも大群となってました。




170515アメリカフウロ3

半月すれば実も真っ黒に生るのでしょう。
雑草の凄まじさに驚きました。お庭をお持ちの方は雑草除去に大変なのでしょうね。


  1. 2017/05/16(火) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

キュウリグサとハルジオン

170311キュウリグサ2

キュウリグサ(胡瓜草)   <ムラサキ科>
キュウリグサは本当に小さいですね~。
3月11日に今年最初に出会い撮影しましたが上手くいかず、それ以来何度か挑戦!!
蕾のピンク色も可愛いですが、もっと咲いてほしいと観察してました。




170408キュウリグサ1

3月中旬はまだそれほど咲いてなかってのですが、
今は草丈が伸びて咲いてるので、目立ち、よくわかります。
それにしてもお花は小さくて撮影が大変!!
でも 可愛らしくて大好きです。






170514ヒメッジオン

ハルジオン(春紫)   <キク科>     清澄白河にて
ハルジオンも好きなお花です。
この写真だけですとハルジオンかヒメジョンか、わからなかったのですが・・・。
標準的には、ヒメジョオンの方が背が高く、花は小さくて数が多く、根本がすっきりしている。
ハルジオンの蕾は下を向いて項垂れているような特徴があるとのこと。
蕾を見ますと項垂れてるのでハルジオンだと思います。





  1. 2017/05/15(月) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ナズナとグンバイナズナ

170513ナズナ2

ナズナ(薺) 別名:ペンペングサ(ぺんぺん草)、シャミセングサ(三味線草)   <アブラナ科>    浜町にて
果実の形はハート形、三味線の撥(ばち)に似ています。
子供の頃は、「ぺんぺん草~」と言いながら左右に振って遊びました。
「春の七草」の一つですね。



170513ナズナ1

ナズナの花      浜町にて
白い花びらが4枚、がくも4枚。雄しべが6本、中央に雌しべが1本です。
真上から見ると可愛いですね。





170513グンバイナズナ

グンバイナズナ(軍配薺)   <アブラナ科>   勝どきにて
実が軍配に似ています。花は緑白色で直径約3mm。ときに花弁のないものもある。
以前は近所に咲いていたのですが、最近は見当たらず・・・。
一昨日、晴海通りの分離帯の植栽地で発見!!
車が激しく往来している中の分離帯で安全ですが、何だか不安でゆっくり撮影出来ず。。。


  1. 2017/05/14(日) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

メロン

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

リンク

RSSフィード