メロンのゆったりフォト

佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪

アメジストセージ

171011アメジストセージ2
(1)
アメジストセージ (別名:サルビアレウカンサ、メキシカンブッシュセージ、メキシカンセージ、ベルベットセージ )
<シソ科 サルビア属>
花びらは、がくから花径2㎝程度の唇形花で、にょっきりと伸びるようにつきます。、
がくはフェルト生地のようなモール状の毛が生えて軟らかい雰囲気を持ち、花びらよりも印象に残ります。
(よく見ますとモール状が愕なんですね。その先にお花が咲いてるのです・・・初めてわかりました)





171011アメジストセージ3
(2)
葉は先端のやや尖った長楕円形で、灰色がかった緑色をしています
この赤紫色のモール状は全部お花ではなくて愕ということなんですね~~。
まだお花が咲いてないということ・・・・しつこいですね^^;




171011アメジストセージ1
(3)
こちらのお家で毎年綺麗に咲いてますから、きっと丈夫なのかしら?
お花好きなお家なので上手に育てられてるのですね。




<東京タワーの上の雲>
171013スマホ4時52分
午前4時52分
昨夜から東京タワーの上に横に長くオレンジ色の空になってます。
たまに、このような現象が起こります。
最初の頃は、天変地異??  
その後はお天気の雲の状況で東京タワーのイルミネーションの反射だと思ってます。




  1. 2017/10/13(金) 08:00:00|
  2. ハーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

バジルとマウンテンミント(細葉)

170819バジ1
(1)
バジル <シソ科 メボウキ属>
旧佃児童遊園にはハーブも数種類咲いてます。
バジルは葉を見てもわかりますが、一応、葉を少しちぎってみました。
あの香り・・・バジルでした。


170819バジル2
(2)
バジルの和名は「メボウキ(目箒」
日本には最初、種子が漢方薬として輸入され、
ゼリー状の物質により目の汚れを取り去る目薬とされ、「メボウキ」の名称が付いたそうです。
日本にも昔からあったのですね。





170819マウンテンミント1
(3)
マウンテンミント(細葉)  <シソ科 ピクナンテムム属>
名前がわからなくて、名前お調べサイトで教えて頂きました。
なんだか聞いた名前と思いましたら・・・先月に広葉でアップしてました。
その時は名札付でした。




170819マウンテンミント2
(4)
マウンテンミントの葉です。 細い!! やはり、ちぎってみましたらミントの香り。
ミントという名前が付いていますが、シソ科ハッカ属であるミントの仲間ではなく、
北アメリカ原産の全草にミントの香りがする、シソ科ピクナンテムム属の仲間で、
葉の細いタイプのマウンテンミントだそうです。




  1. 2017/08/20(日) 08:00:00|
  2. ハーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

メロン

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

リンク

RSSフィード