メロンのゆったりフォト

佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪

シロバナヤワゲフウロ 、アメリカフウロ

180614シロバナヤワゲフウロ1
(1)
シロバナヤワゲフウロ(白花柔毛風露)  <フウロソウ科 フウロソウ属> 木場公園都市緑化植物園にて 5月22日撮影
これは、もう~好みです!! 気品あり、可愛らしさあり~。
都市緑化植物園の帰化植物コーナーにあるのですから、雑草化してるということでしょ。。。
でも 検索しても、この植物園の画像が多く、遠くから楽しみに来る人もいらっしゃるようです。
「四季の山野草」さんによりますと
「 アメリカフウロ と異なり、花びらに深い切込みがあり、ミミナグサやハコベの花に似る」・・・なるほどね~~。




180614シロバナヤワゲフウロ2
(2)
この毛深さを見てしまうと・・・帰化植物なのね~深山の野草と違う感じです。
ヨーロッパ原産の帰化植物で1976年北海道室蘭市で発見されたそうです。
ヤワゲフウロは濃いピンク色のようで農地などでよく見るようになったそうです。
それも、植物園にあったのかも。
検索してると、やはりオランダミミナグサを、このシロバナヤワゲフウロと間違えてる方も。






180614シロバナヤワゲフウロ3
(3)
やはり、花びらの深い切込みが特徴と、雌しべ、雄しべの淡い色合いが可愛らしく感じるのですね。
で、拡大してみたのですが、期待したほどでないのでアップは止めました。
やはり、綺麗、可愛いいです(^^)



180614シロバナヤワゲフロ6
(4)
葉、実ともに帰化植物のフウロソウ科ですから、、、これから来月あたりには茶色になっていくのです。



≪参考・・・アメリカフウロ≫
180614アメリカフウロ
(5)
アメリカフウロ(亜米利加風露) <フウロソウ科 フウロソウ属>  ご近所にて 5月20撮影
こちらは北アメリカ原産の帰化植物で現在は全国の道ばたなどによ~く見かけ
ご近所の路地でもあちらこちらで咲いてますね~。
↑のシロバナヤワゲフウロとの違いが花びらの深い切り込みがな無いこと。
今まで、沢山撮ってますが、今日の投稿の綺麗、可愛いいシロバナヤワゲフウロを汚さないソフトな写真をセレクト(^^)v
雄しべは10本、葯は淡紫色、柱頭は5裂。  ジッーと見てると葯が淡紫色とわかるかしら。。。。

  1. 2018/06/17(日) 06:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今日の朝景

180617朝

午前4時52分撮影
数日どんよりしている空。 一瞬 光がさした時を撮影しました。
佃から築地、浜離宮,勝ちどき方面。
  1. 2018/06/17(日) 05:45:13|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

メロン

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

リンク

RSSフィード