FC2ブログ


   メロンのゆったりフォト
   佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

メロン

  • Author:メロン
  • 人生半ばのメロンです。
    みずみずしくしなやかにゆったりと!
    今はパソコン、デジカメ操作を
    覚えたりと忙しい毎日。
    KONICA MINOLTA αSweet Dと
    コンデジ PENTAX Optio Sで楽しんでます。

    風景に人物が入る写真が温かく大好きでアップしてます。
    でも、今の時代ですから人物が入っての写真アップは
    難しく、ご非難もありかもしれません。
    ご意見のあります方はどうぞコメントにてご意見を
    お願い申し上げます。

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

リンク

RSSフィード

 クリスマスローズ
             180216クリスマスローズ1
            (1)
            クリスマスローズ <キンポウゲ科  クリスマスローズ属(ヘレボルス属)>
            作日と同じ、ご近所のマンションの鉢植えのクリスマスローズをマクロ撮影挑戦です。
            何気に撮ってPCで見たら・・・雌しべ、雄しべとその外側のラッパ状が気になりました。


            

            180216クリスマスローズ2
            (2)
            こちらは雄しべが無くなりラッパ状態がズラリ。
            9日に撮影して・・・やっと分かりました・・・ネクタりー(蜜管、蜜腺)で本来の花びらのようですね。
            花びらに見えるのは萼片。 今まで 全く気にせずにいました。




            180216クリスマスローズ3
            (3)
            こちらも同じマンションの鉢植えで違う種類ですが、よく見ると蜜管があります。
            というか・・・数日、少しづつ調べてわかるようになったのですが^^;




            180216クリスマスローズ4
            (4)
            こちらは11日に明石町で撮影。ご近所では白いクリスマスローズは見当たりません。
            綺麗に雌しべ、雄しべの様子がわかり、蜜管はその外側にうっすらと緑色。




           
             180216クリスマスローズ5
             (5)
             この感じは久しぶりのマクロでは好みですぅ~~(^^)
             雄しべに花粉が付いてるのをピントに!  偶然です~~。。。



            

            180216クリスマスローズ6
             (6)
             こちらは15日に三鷹のお花屋さん店頭で撮影。
             shinさんから教えて頂いた「終りかけの蕊が落ちて種の出来る部分が残っている状態」だそうです。

             クリスマスローズの蕊関係がわかったように思います。
             間違っていたら教えてくださいね~。




茶色:格調、重厚、地味 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2018/02/17(土) 08:00)

<<セイヨウアブラナ | ホーム | ラナンキュラス>>

コメント
  おはよう御座います。
マクロで撮られたクリスマスローズ、こうして見ると不思議な形のお花ですよね。
雌蕊と雄蕊は分かりますし、花びらに見えるのは萼ですが
丸い筒の様な部分はなんなのでしょうか、これが花びらの変形したものなのですかね。
こうしてマクロで見ていると、面白いお花だなって思います。
最後の種の出来る部分、ニゲルの種を蒔いて育てた事がありますが
今では、それが花を咲かす様になっていますよ。
URL | shin #n2vP8mIo | 2018/02/17(土) 09:22 [ 編集 ]

 
進化論的には花は葉が変化したものなので花弁も萼も雄しべも元は葉なのです。
なので花弁でも葉のような網目状構造が残っていることもあるし
雄しべが花弁や葉に変化しているのも時折見かけます。
雄しべが一部花弁化したハナニガナ→http://hananusubito.blog13.fc2.com/blog-entry-2791.html
雄しべや雌しべが花弁化すると八重咲きとなります、なので八重は基本的には実がなりません。
雄しべは花粉を出すともう用済みなので脱落することも多いですね(動物世界でも同様だ(^^;)
蜜管という言葉は知りませんでした、標準にないものがあったりすると頭を悩ませますね(^^;)
URL | 平家蟹 #VD0bvtlU | 2018/02/17(土) 10:07 [ 編集 ]

 
マクロのクリスマスローズ、とても綺麗ですね。
私も撮ってみたくなりましたが・・・。
URL | hanako #sktWpA2Y | 2018/02/17(土) 15:55 [ 編集 ]

  shinさんへ
クリスマスローズは出会えば撮ってたのですがマクロ撮影しまして
各々の蕊の違いに興味がわきました。
数日、検索してたのですが、やっとラッパ状態が理解でき納得しました。
本来の花びらなのですね。
昨年末、今年と撮ったクリスマスローズを見ますと面白いです。
ニゲルの種を蒔いて育てたお花が開花するなんて嬉しいでしょうね~。
クリスマスローズは花びらではなくて愕なので花期が長く楽しめるそうですね。
いつもありがとうございます。


URL | メロン #udr3v916 | 2018/02/17(土) 21:10 [ 編集 ]

  平家蟹さんへ
進化論的には、花弁も萼も雄しべも元は葉だというのは・・・興味深いですね~。
花弁でも葉のような網目状構造が残っていることもある・・・本当にそうですね!!
ニガナの雄しべが花びら状態になってるのがわかりました→http://hananusubito.blog13.fc2.com/blog-entry-7894.html
八重咲きの花に実がならないと聞いた事がありますが、なるほどね~。
雌しべって地球的に強いのね(^^)
蜜管って検索するとクリスマスローズが出てきますが、ミツカン酢が出てきたのが笑えました^^;
平家蟹さんの長年の研究の深さが力強く嬉しい感じで楽しいです。
よ~~く理解できました。ありがとう。 また教えてね~~(^^)/
URL | メロン #udr3v916 | 2018/02/17(土) 21:25 [ 編集 ]

  hanakoさんへ
hanakoさんがマクロ撮影をされたらダイナミックで面白そうです。
お庭があるので日々刻々の変化が撮れますよね。
お花の花びらの薄さ状態によっても違いますし面白い世界ですよ。
お忙しいでしょうが、試してみてね(^^)/
いつもありがとうございます。

URL | メロン #wOKbV5VM | 2018/02/17(土) 21:34 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sparklingmelon.blog15.fc2.com/tb.php/2240-78e9069e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 メロンのゆったりフォト all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア