FC2ブログ

メロンのゆったりフォト

佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪

黄色の花

180507エリトロニウム”パゴダ”黄色い花の洋種かたくり
(1)
エリスロニウム”バゴダ” (別名:キバナカタクリ(黄花片栗)、西洋かたくり、洋種かたくり) 
<ユリ科 カタクリ属>  東京薬科大学薬用植物園にて  4月9日撮影
もう一ヵ月前の撮影ですが、まだまだ在庫があるのです^^;
数株が遠くに咲いてました。 葉がとても広いです。
カタクリは日本原産ですが、
こちらは北アメリカ原産のツォルムネンセの改良・交配品種のパゴダ。




180507ヒメリュウキンカ1
(2)
リュウキンカヒメリュウキンカ(姫立金花)  <キンポウゲ科 リュウキンカ属> 東京薬科大学薬用植物園にて 4月9日撮影
花期が2月~6月と長いのですね。 湿地に咲くお花ですね。
径2.5-3cmの黄色い花で雄蕊は多数あり、雌蕊は4-12個ある。 もっとありそうです!!
茎が直立し、黄金色の花をつけることから立金花と呼称されるようになったそうです。


180507ヒメリュウキンカ2
(3)
ヒメリュウキンカヒメリュウキンカの花弁はなく、花弁に見えるのは萼片で、ふつう5枚、ときに6-7枚あるそうでうが
花弁8枚と、萼片3枚に見えますが~~??。




180507ヒメリュウキンカ3葉
(4)
右下の丸い花が可愛らしい~(^^)
ヒメリュウキンカの葉には毛はなく艶があり、縁には鈍いぎざぎざ(鋸歯)があります。
元来はイギリスに自生する植物でしたが、現在では広い地域で帰化状態にあります。



180507黄色オドリコソウ1
(5)
キバナオドリコソウ(黄花踊子草)(別名: 別名ツルオドリコソウ)
名札には(ラミアストルム・ガレオブドロン)  
<シソ科 / オドリコソウ属(ラミアストルム属)> 
東京薬科大学薬用植物園にて 4月9日撮影
斑入りの葉が素敵でグランドカバーにも利用されるそうです。
名前の通り、花の形が、笠をかぶった踊り子のように見えますね。



180507黄色オドリコソウ2
(6)
キバナオドリコソウをアップで。  ギンザ シックスにて  3月29日撮影
雄しべが2本でしょうか?? これでも ようやく撮れたのです^^;
毛深いけれど、、私には仏像に見えます。

  1. 2018/05/08(火) 06:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<カタバミ | ホーム | ティアレラ>>

コメント

おはよう御座います。

エリスロニウム”バゴダ”って、難しい名前のお花だと思ったのですが
キバナカタクリの事だったのですね。
ヒメリュウキンカは、我が家にもあり、またよく見かけますが
リュウキンカは、初めて拝見するお花です。
キバナオドリコソウも初見かな・・。
さすが、東京薬科大学薬用植物園、色んなお花を植栽されているのですね。
  1. 2018/05/08(火) 09:15:01 |
  2. URL |
  3. shin #n2vP8mIo
  4. [ 編集]

キバナと付く花は結構ありますね。
理系人間としては黄花は遺伝子的に優勢になりやすいのかなと思ってしまう(^^ゞ
黄色い花を金とするのもある意味お約束ですがリュウキンカはカタカナ名も漢字名もいい名前ですね。
キンポウゲ科は花弁がなく萼片なのが多いですが萼片と花弁が分かれているように見えるのもありますね。
花被片基部が濡れたように見えていますがあれは蜜腺なんだそうです。
日本に入っているキバナオドリコソウの葉はみな白斑が入っているそうです。
以前林道でこの白斑入りの葉を見つけていましたが花は咲かなくてなんだろうと思っていたらある年突然黄色い花が咲いてキバナオドリコソウだと分かりました。
でもその年だけ、その後はやはり葉だけで花は咲かない。
別の場所で撮ったのを近い内にアップしますね。
大きく開いているから蕊も撮りやすい(^^)
雄しべは長短2組4本ありましたよ。
  1. 2018/05/08(火) 09:48:49 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #VD0bvtlU
  4. [ 編集]

黄色いお花たち、みんな元気で綺麗に咲いますね。
私はこの中ではキバナカタクリが好きです。
  1. 2018/05/08(火) 15:24:30 |
  2. URL |
  3. hanako #sktWpA2Y
  4. [ 編集]

shinさんへ

1枚目は、そうなんです、簡単に言えばキバナカタクリなんです。
植物園の名札がキバナカタクリもキバナオドリコソウも難しいカタカナの表記でした。
2~4枚目は「ヒメリュウキンカ」です^^;
間違って記入してしまいました。頭ではヒメリュウキンカだったのですが。
訂正しました。
これを書き込んでた時は分かっていてshinさんのお庭にもあったと過去ブログを拝見してました。
東京薬科大学は東京の西部、我が家は東部なのでもう少し近ければ嬉しいのですが。
ちょうど良い広さで楽しめます。
いつもありがとうございます。
  1. 2018/05/08(火) 15:45:15 |
  2. URL |
  3. メロン #udr3v916
  4. [ 編集]

平家蟹さんへ

そうそう! キバナと頭に付く花は多いですよね。
平家蟹さんは・・・理系代表でしょう(^^)
>黄花は遺伝子的に優勢になりやすいのでしょうね
今、ふと思ったのですが、明日はカタバミをアップ予定なのですが、丈夫な雑草の花は黄色が多いですね。
タンポポなどキク系雑草、カタバミも
金、銀の名前が付くお花もありますが、銅ってないような(笑)
キンポウゲ科は花弁がなく萼片が多いのですね。
平家蟹さんの記事には「蜜腺」が良く出てきますが重要ですよね。
キバナオドリコソウの葉は斑入りなんですね。
最初、銀座で撮った時は斑入りで珍しいと思っていたら薬用植物園は群生してましたが、どれも斑入りでした。
キバナオドリコソウのアップを楽しみにしてますが蕊など、バッチリなのでしょうね~~。
私は、たまたま綺麗に撮れると嬉しくなります(^^)
あァ~~!!雄しべは長短2組4本ありましたか~^^;

  1. 2018/05/08(火) 16:08:02 |
  2. URL |
  3. メロン #udr3v916
  4. [ 編集]

hanakoさんへ

hanakoさんはキバナカタクリがお好みですか。
この中では一番の美人さんですね。
黄色は私のカメラでは撮りづらいのですが
このキバナカタクリは4mほど遠くでしたが良く撮れたと思います。
気に入っていただき嬉しいです。
いつもありがとうございます。
  1. 2018/05/08(火) 16:11:29 |
  2. URL |
  3. メロン #wOKbV5VM
  4. [ 編集]

キバナカタクリは育てたことがありました。
3年ほどいて家出しました。
ヒメリユキンカ近くの公園に群生していますが
黄色い花が輝いていますね。
キバナオドリコソウ斑入りの葉なのですね、
見たことがあると思いましたら銀座シックスに咲いていたのですね。
黄色い花たち みな 魅力的です。


  1. 2018/05/08(火) 21:53:51 |
  2. URL |
  3. あららまま #-
  4. [ 編集]

あららままさんへ

キバナカタクリ、3年間だけの交際でしたか(^^)
ヒメリュウキンカは薬用植物園でも輝いて群生でした。
残念ながら・・・・どうしてかしら、消去しまっくて。。。
そうですよ~、銀座シックステラスでキバナオドリコソウの斑入りを
あららままさんが教えてくださったの(^^)V
あわてて、撮影しました。
いつもありがとうございます。
  1. 2018/05/08(火) 22:51:57 |
  2. URL |
  3. メロン #udr3v916
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sparklingmelon.blog15.fc2.com/tb.php/2321-8faf4ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メロン

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

リンク

RSSフィード