FC2ブログ


   メロンのゆったりフォト
   佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

メロン

  • Author:メロン
  • 人生半ばのメロンです。
    みずみずしくしなやかにゆったりと!
    今はパソコン、デジカメ操作を
    覚えたりと忙しい毎日。
    KONICA MINOLTA αSweet Dと
    コンデジ PENTAX Optio Sで楽しんでます。

    風景に人物が入る写真が温かく大好きでアップしてます。
    でも、今の時代ですから人物が入っての写真アップは
    難しく、ご非難もありかもしれません。
    ご意見のあります方はどうぞコメントにてご意見を
    お願い申し上げます。

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

リンク

RSSフィード

 ナワシロイチゴ、エビガライチゴ
180602筑波実験植物園
(1)
昨日はかねがね行きたいと思っていた茨城県つくば市にある
「国立科学博物館 筑波実験植物園」へ行ってきました。
植物園は1976年に設置され、1983年に開園してます。
小石川植物園が日本で一番古い植物園1684年に徳川幕府により開園された小石川御薬園から
東京大学大学院理学系研究科附属植物園として現在も植物学の研究が行われてます。
小石川植物園に比べますと、とても新しい35年前に開園された植物園です。
これが全部植栽されたのでしょうか・・・凄いです!
園内は名札、ラベルが充実し、すべて表示をDNA分類体系に移行したそうです。
植物の名前を調べるストレスが無く嬉しい植物園です(^^)/



180602ナワシロイチゴ1
(2)
ナワシロイチゴ(苗代苺) (別名:アシクダシ、サツキイチゴ、ワセイチゴ、サオトメイチゴ、ウシイチゴ)
<バラ科 キイチゴ属>
筑波実験植物園へ行こうと思った、きっかけのお花です。
昔から見たいと思っていたのですが忘れていて、一昨日平家蟹さんブログで拝見し、思いが復活したのです。
あららままさんから東京都薬科植物園にあるという情報を頂きましたが、
筑波実験植物園にもあるのを知り,この機会に来てみたのです。

咲いてるかどうか・・・終わってるかなと思ってたのですが・・・何と一輪だけ咲き残ってました。
待ってくれてました~~(^^)V
イメージとしては花の下の愕が星のように広がってるイメージで
これはクルリンとしていて・・・残念、少し遅かったのかしらと思ったのですが
調べると「萼片開花期は開出、又は反り返る」という記事がありましたので
まぁ、、納得。。。。
その花の左下の枯れた花状態は紅紫色の花びらが落ち蕊も枯れ、愕が閉じていく途中です。



180602ナワシロイチゴ2
(3)
この画像で花びらが落ちていく様子から、愕が閉じていく過程がわかります。
この過程がこのナワシロイチゴの特徴の一つです。




180602ナワシロイチゴ3
(4)
更に、受粉が終わり、枯れた蕊を萼片が次第に包み込むように閉じていく様子です。





180602ナワシロイチゴ4
(5)
この画像で蕾かな?と悩みました。
蕾は幼果と似てるのですが小さいそうです。
でも既に花は一輪しか残ってない状態の木ですから幼果と判断します。
この幼果の時期は果実の成長過程(果実が熟すまで)を他の昆虫類の被食から守るための手段と考えらてるそうです。
で、果実、集合果(キイチゴ状果)となり、6月末頃から赤く熟すようになるとまた萼片は開くのです。
萼片が閉じたり、開いたりということも特徴。




180602ナワシロイチゴ5
(6)
やっと見たかったお花です。 白っぽい萼片はクルリン状態ですが毛深い。
紅紫色の花びらは開きません。見えてるのは花びらの裏側ということ。
雌しべ、雄しべが少し見えてる状態ですが、隠して守ってる感じ。 花びらの隙間から花糸が見えます。
このことは、変わった形態的特性で、花びらは一般的に、
受粉媒介者である昆虫類(訪花昆虫)を誘引するために進化してきたものと考えられ、花びらはとても重要です。
ところが、ナワシロイチゴでは、花びら、花弁が開かず、花弁の裏側でのみ、訪花昆虫を誘引します。
受粉効率が下がるといったことはないようで・・・不思議なところ。



180602ナワシロイチゴ6
(7)
惜しい!! 真上から撮れば可愛らしい花びら状態5枚が見ることが出来たのに。。。
イチゴ類のお花はほとんど白いですが、この色も特徴の一つです。
ヘビイチゴは黄色の花びらですが属が違いキジムシロ属なのですね。





180602ナワシロイチゴ7
(8)
花びらが落ちて蕊が枯れていく状態で、これから(4)の状態になります。





180602筑波実験植物園2
(9)
この場所がイチゴのコーナーで丁寧に大きな看板に説明書きです。
一番手前が・・・ナワシロイチゴです。

この、こんもりとしたナワシロイチゴに一輪だけお花が残ってたのですよ~~(^^)
ラッキー、奇跡的! 何しろ自宅から植物園まで、2時間かかるのですから。。。
でも 考えると義姉宅は東京でも三鷹駅からバスに乗ったりで1時間半ほどかかるのです。、
のんびりと車窓から緑を見て旅行気分で、たまには筑波実験植物園はいいかもね。

他には、クサイチゴ、ブルーベリ-数種、ブラックベリーなどなど。





180602エビガライチゴ1
(10)
エビガライチゴ(海老殻苺)  <バラ科 キイチゴ属>
このエビガライチゴも変わっていてナワシロイチゴと同じで花は開きません。
萼片には全体に赤色の長い腺毛が密生してます。
面白いわ~~(^^)





180602エビガライチゴ2
(11)
エビガライチゴの蕾です。 もう赤色の腺毛だらけで毛ガニのよう。。。珍しい!!
ナワシロイチゴの実は熟すと甘くてジャムにどうぞ~とどこにも書かれてますが
このエビガライチゴの実は酸っぱいそうです。




180602筑波実験植物園3
(12)
ランチタイムです(^^)  マイカメラをポイントに向こうの景色はクレマチス園です。
クレマチス園公開が4月28日から今日の6月3日まで。
クレマチス園公開のためにお休み処としてテントが張られてると思われます。
クレマチスはあららままさんブログで美しく、珍しいクレマチスを拝見してますので
なるほどね~~と園内を散策しましたが撮るのって、クレマチスはむずかしいのですね~。パス!!
少し、撮りましたが、アップは検討中。。。

みなさん、ここまで読んでいただきありがとうございます。
昨日、撮影して・・・夜にブログをと思いましたら・・・
分からない、不思議なことが多くて、調べる事が多くて、面白いのですが大変でした~~^^;
でも やっと仕上がり満足・・・(^^)

これから しばらく、この筑波実験植物園の植物をアップします。

赤紫 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2018/06/03(日) 09:53)

<<ヒョウタンボク、オオツクバネウツギ?(ツクバネウツギ?) | ホーム | クチナシ、カラクサナズナ、マツバウンラン>>

コメント
 
ナワシロイチゴを見にわざわざ2時間もかけて行きましたか(^^)
しかもギリギリセーフ、一つだけ咲き残っていましたか、見てみると綺麗なのはほんと一つだけ残っていますね。
心ゆくまで堪能されたでしょうか、あれで花びらが散ったら価値半減だもんな(^^;)
5枚目の写真萼片先端部が一度開いたのがまた閉じてやや不揃いな感じがするからやはり幼果でしょうね。
あの花の構造を見たら受粉しにくいと思うけど実付きはいいです、やはり何らかの工夫があるんでしょうね。
ただ所謂イチゴの粒々の数が少なく(時には1個の時もある)欠陥もあるのかな(^^;)
そりゃナワシロイチゴだって感激してくれただろうからメロンさんのために一つだけとっておいてくれたんでしょ。
メロンさんとナワシロイチゴの気配りに拍手(^^)//""""パチパチ

エビガライチゴは見たことないですがこれまた凄い腺毛ですね。
確かにエビじゃなくて毛ガニだわ(^^;)
植物園続編も期待してますよ。
URL | 平家蟹 #VD0bvtlU | 2018/06/03(日) 22:24 [ 編集 ]

 
わ~ 遠くまで出かけたのですね。
その甲斐があって ナワシロイチゴの花を見ることが出来て良かったですね。
エビガライチゴも面白いですね。
初めて見ました。
これからも筑波実験植物園の植物たちを楽しみにしています。
URL | あららまま #- | 2018/06/03(日) 22:43 [ 編集 ]

  平家蟹さんへ
はい! 行ってきました(^^)/
心ゆくまで堪能しましたよ~。
入ってすぐに発見したので、体力充実してたので撮影にも力が入りましたね。
それが終わったら、もう、いいかなぁ~疲れたし~と思いましたが、せっかくですから散策しました。
ナワシロイチゴは検索した画像が5月中旬だったので、行って探せても咲いてないかな?と思ってました。
でも 一度行ってみたかった植物園なので気持ちも乗りました。
一輪だけ残ってたのは本当に奇跡的・・・ありがとう~~ですよね。
どうもどうも拍手まで頂きまして・・・・もとはと言えば平家蟹さんブログのおかげですから(^^)
イメージしていた愕ではなくてクルリンでしたから、ガッカリしたけれど、
調べて納得で撮影した一輪さんを可愛らしく思っております~~♪
ナワシロイチゴの構造を知れば知るほど、調べると調べるほどに愕などの変化がわからなくて時間がかかりました。
こうやって勉強していくのですね。
私は、つくづく、追求型なんだわ、と思いました。
平家蟹さんには負けますが・・・(^^)
平家蟹さんのような方がいらっしゃると心強いですよ。楽しみだしね。

エビガライチゴは思いもかげずの拾い物という感じです。
凄いでしょ~~腺毛!!

ご近所散策から脱却で、植物園派になりそうです。



URL | メロン #udr3v916 | 2018/06/04(月) 00:00 [ 編集 ]

  あららままさんへ
そう~~遠くまで、楽しく行ってきました。
つくばエクスプレスは車窓が緑緑で(中央線はビル街、住宅街でしょ~)旅行気分でした。
ナワシロイチゴの一輪が残ってたのが驚きです!!
エビガライチゴにも驚きましたが(^^)

今日は夜に叔母の事で従妹からの電話が長くなり、このような時間です。
いろいろと老後が大変です。
やはり、元気で楽しい趣味があれば・・・で話が終わりました。
このように、ブログでもお話できると楽しみです。
よろしくお願いしますね~~(^^)/
URL | メロン #udr3v916 | 2018/06/04(月) 00:13 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sparklingmelon.blog15.fc2.com/tb.php/2348-3405bccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 メロンのゆったりフォト all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア