メロンのゆったりフォト

佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪

キキョウ、キキョウソウ

180619キキョウ1
(1)
キキョウ(桔梗)  <キキョウ科 キキョウ属>  佃にて 6月19日撮影
美しいキキョウのバックシャン・・・・バックシャンって今や死語らしいです、、、私はそんなお年なのかしら??
(バックシャンとは・・・・後ろ姿が美しい女性を意味する。
ただし、後姿だけが美人(後姿で期待したほど顔は良くない)といったニュアンスが強く
褒め言葉として使われたもんではない
(当時、正面から見ても美人という意味の対語:トイメンシャンという言葉もあった)・・・なるほどね~~。。。

これはですね~仕方なくバックシャンを撮ったのです。お顔は車道を向いてるので。
ミニバスが通る道路です。。。




180619キキョウ2
(2)
と、言いつつも・・・左右見渡して・・・車道に出まして撮りました!!
バックのグリーンはガードレールですから^^;
可愛らしい、ふっくら蕾、今にも開きそう。
秋のイメージですが、今の時期に咲くのですね←例年の言葉です。





180619キキョウ3
(3)
キキョウの蕊は毎年アップです。 蕊の面白さを知ったのが、桔梗です。
昔、ブロ友さんから蕊の変化を教えて頂き、目からウロコ!  

<桔梗のお花の若いころ(雄しべ)>
5本の雄しべが中央の花柱を囲んでます。
オッ~~今年のは綺麗!!



180619キキョウ4
(4)
<桔梗のお花の盛りの頃(雄しべ)>
5本の雄しべが開き、少ししなび始めてる。
花柱が現れ、周囲に黄色い花粉が付いてる。




180619キキョウ5
(5)
<桔梗のお花の老いた花(雄しべ)>
花柱の先が5烈になり花粉をつける器官となってる。
今年のは・・・リアルで図鑑的撮り方・・・キキョウの趣がないような・・^^;

ウィキペディアに下記のように書いてあります。今までスルーでしたが・・・今・・なるほどね~~。
雌雄同花だが雄性先熟で、雄しべから花粉が出ているが雌しべの柱頭が閉じた雄花期、
花粉が失活して柱頭が開き他の花の花粉を待ち受ける雌花期がある




180619-180522木場キキョウソウ1
(6)
キキョウソウ(桔梗草) (別名:ダンダンキキョウ) <キキョウ科 キキョウソウ属>
木場公園都市緑化植物園にて 5月22日撮影
北アメリカ原産の帰化植物で、都心でも繁殖してます。
今年は花が終わって段々になった葉の姿を沢山みましたが別名を知り、納得。 





180619ー180522木場キキョウソウ2
(7)
このキキョウソウの花は輝いていて、蕊の感じも、蕾も綺麗です。
あら!! 何だか綺麗と思ったら・・花びらが・・・・7枚!!
普通は5枚ですから、それで華やかに見えるのかしらね。
ヒナキキョウソウかしら?とも思いましたが、そうでもなく・・・個体変異ということかな?




180619-180525小石川キキョウソウ3
(8)
小石川植物園にて 5月25日撮影
キキョウソウの蕊の変化はキキョウと同じです。
変化を知ると、単純明快、面白いので、撮ります(^^)



  1. 2018/06/20(水) 06:00:00|
  2. 紫:優雅、威厳、みだら、不安
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ヒルザキツキミソウ、アカバナユウゲショウ、ヒナマツヨイグサ | ホーム | エロディウム・ウァリアビレ、ヒメフウロ、オランダフウロ>>

コメント

おはよう御座います。

キキョウがもう咲きだしているのですね。
お花も可愛らしいですが、蕾の形も面白いです。
キキョウソウも可愛らしいお花で、見てみたいのですが
こちらでは、ヒナキキョウソウばかりで、このキキョウソウは見た事が無いです。
ヒナキキョウソウは、一輪しか花を咲かせませんが
キキョウソウは、たくさんの花を咲かせるので綺麗ですよね。
  1. 2018/06/20(水) 09:12:23 |
  2. URL |
  3. shin #n2vP8mIo
  4. [ 編集]

shinさんへ

このキキョウは6月19日撮影なのですが
昨日見ましたら、もう枯れてる様子・・・花の命は短いと痛感したばかりです。す。
あれほど蕾もありましたのに。。。。
キキョウソウはそちらに咲いてませんか。驚きです。
こちらでは、ご近所もどの植物園へ行っても咲きまくり群生です。
ヒナキキョウソウは、実アップですから発見してないようです。
地域によって随分と違いますね。
いつもありがとうございます
  1. 2018/06/20(水) 09:31:26 |
  2. URL |
  3. メロン #udr3v916
  4. [ 編集]

バックシャン、久しぶりに聞いた(笑)
確かに死語かもね、近頃は変化が早すぎて死語になるのも早すぎてうっかり使うとオジンオバン扱いにされかねない(^^;)
オジンで有ることは十分認識しているけど他人様には言われたくないよね。
トイメンシャンは初めて聞いたような。

今普通に見られるキキョウはほぼ園芸種で野生のキキョウは絶滅危惧種に指定されています。
秋吉台でも台上で見られますが誰かが種をバラまいたそうな(ーー;)
野生種の園芸種は一般的に花期が早まるように思えます、そうじゃないと売れないよね。
キキョウの蕊の変化、特に柱頭の開き方は分かりやすいですね。
他の仲間も同様なので観察してみてください。
こちらではキキョウソウは割と見かけるのですがヒナキキョウソウはまだ未見、探しているんですけどね。
頂部の花一つだけで区別するのは危険なようで他の識別点もあるようなので確認してみてください。
これに限らず花弁の数が変化するのは割と見かけます、私もちょくちょく撮っている(^^ゞ
変化しやすいのとしにくいのがあるように思えます。
  1. 2018/06/20(水) 09:58:21 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #VD0bvtlU
  4. [ 編集]

平家蟹さんへ

バックシャン! やはり・・死語か。。。。。
あららら・・・平家蟹さんはオジン様でしたか。
長いお付き合いながら、最初からオバン様かと・・私はオバンですが^^;
私って、結構 勝手に思い込みが激しいのかしら^^;
でも、それほど、イメージとしてお人柄が変わりませんから、同じかな(^^)

秋吉台で誰かが、園芸種をバラまくとはひどいですね。
なるほど、販売戦略としては、はやめなくてはね!!
やはりヒナキキョウソウは見かけませんか。
地域でいろいろと情報が聞けて面白いですね。
キキョウの蕊はとても分かりやすいですが・・・他のはね~~。。。
平家蟹さんのを拝見しますと、なるほどと思いますが、自分だけでは無理^^;
キク科のことも先日教えて頂きましたが、なるほどね~の世界でまだ理解不能。。。
花びらなど変化がいろいろあり、識別って難しいですね。
これから、お出かけです。
  1. 2018/06/20(水) 10:31:54 |
  2. URL |
  3. メロン #udr3v916
  4. [ 編集]

もう桔梗が咲いているのですね。
ふっくらした蕾 可愛いです。
2,3年前近所で見かけたのが キキョウソウだったか
ヒナキキョウソウだったか忘れてしまいました。
新宿駅の近くでも見かけたことがありました。
意外と街中にあるのですね。
  1. 2018/06/20(水) 22:30:30 |
  2. URL |
  3. あららまま #-
  4. [ 編集]

あららままさんへ

ご近所さんはキキョウが人気者でだいぶ前から鉢植えで咲いてます。
ですから、桔梗の蕊撮影には苦労しません(^^)
ヒナキキョウソウは、未発見ですが
キキョウソウは、ご近所、植物園などなど、繁殖力が凄いと思います。
いつもありがとうございます。
  1. 2018/06/20(水) 23:01:29 |
  2. URL |
  3. メロン #udr3v916
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sparklingmelon.blog15.fc2.com/tb.php/2368-7ae7b72e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メロン

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

リンク

RSSフィード