メロンのゆったりフォト

佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪

ケキツネノボタン、ウマノアシガタ、カワラサイコ、ミツバツチグリ

今日は黄色の花4種類です。
今まで私は黄色の花撮影が苦手でアップしてない4種類。
キンポウゲ科2種とバラ科2種・・・・簡単に終わると思ったら・・・・時間がかかりました。
私の覚書き状態となり・・・またまた、ダラダラと書いてます。 適当によろしくお願いします^^;


180623ケキツネノボタン1
(6)
ケキツネノボタン(毛狐の牡丹) <キンポウゲ科 キンポウゲ属>  小石川植物園にて 5月25日撮影
花は直径約1.5cm   好みのお花(^^)
可愛らしい花で、花びら、雄しべはわかるのですが、
雌しべのような中央部の固まりは集合花となるようですが何と呼ぶのかしら??
子房でいいらしい。これが集合花になるのね。。

Wikipediaによりますと・・・
和名の由来は、キツネノボタンによく似ているが、全体に毛が生えていることによる。
しかし、キツネノボタンにも毛の生えているものがある(ヤマキツネノボタンともいう)。
痩果(そうか)の先がほとんど曲がらないことが、キツネノボタンとの違い。

でも、松江の花図鑑さんをよくよく読んでみると・・・ケキツネノボタンとケキツネノボタンの識別の決め手が
イマイチ、わからないような感じ^^;  どうでもよくなった。。。 




180623ケキツネノボタン2
(7)
ケキツネノボタンの集合果は楕円形で長さ約1.5cm。 
キツネノボタンとケキツネノボタンの今までの違いの考え方は
キツネノボタンの果実の柱頭の先端は曲がる(検索画像を見ると先っぽがチョッとだけ曲がってます)
ケキツネノボタンの果実の柱頭の先端はほとんど曲がらないという違いの考え方が不適当らしいのです。
フ~~ム。。。   どうでもいいかしらね~。 ってわからない!!

すみません・・・ここまで読んでいただいて、ややこしくて・・・・
私も時間をかけました・・・そうしたら・・・・とっても分かりやすいサイトさん発見!!
キツネノボタンとケキツネノボタンは、とてもよく似ていて、区別はとても難しく、一般的にはほぼ困難です・・^^;
いろいろと考えたから・・・・納得・・・そのサイトさん 「多摩の緑爺の「多摩丘陵の植物と里山の研究室」
http://www.geocities.jp/tama9midorijii/ptop/kigip/kitsunenobotan.html




180623ウマノアシガタ1
(1)
ウマノアシガタ(馬の足形、馬の脚形、毛茛) (別名キンポウゲ(金鳳花、毛茛)) <キンポウゲ科 キンポウゲ属>
小石川植物園にて 5月25日撮影
花はケキツネノボタンよりも大きくて2cmほど。 花弁は5枚で広倒卵形、長さ10〜12mm、色は黄色。
ケキツネボタンよりも、やや湿性のある草地に生育し、何よりも花に金属製の光沢があることで容易に区別できる。
本当に光沢があり撮りづらい花です。 理由がわかりました。



180623ウマノアシガタ2
(2)
ウマノアシガタの葉です。
名前の由来は根生葉を馬の蹄に見立てたものと言われるそうですが・・・そうなのでしょうか。。。




180623カワラサイコ1
(3)
カワラサイコ(河原柴胡) <バラ科 キジムシロ属> 小石川植物園にて  5月25日撮影
河原や海岸の砂地に生え、風邪などの漢方薬の原料であるサイコ(柴胡)の根に似ているというので、
カワラサイコという名前がある。
葉が光沢があり特徴があるので帰化植物のように思いましたが
在来種で、愛知県では準絶滅危惧種とか。  あっ・・・他の県でも。 貴重な花なのですね。



180623カワラサイコ2
(4)
カワラサイコは茎の先に直径10~15㎜の黄色の5弁花をつける。




180623カワラサイコ3
(5)
カワラサイコは長い花柄で萼片には短毛が生え、緑色。 副萼片は小さく、細い。



180623ミツバツチグリ
(8)
ミツバツチグリ(三葉土栗) <バラ科 キジムシロ属> 自然教育園にて  4月8日撮影
カワラサイコと同じバラ科 キジムシロ属つながりでアップです。
花期は4~5月で、花は直径10~15mm。
ヘビイチゴとミツバツチグリは同じバラ科で似てるという記事もありますが
ヘビイチゴの花とは違いますよね~。 カワラサイコの花には似てますが。


キジムシロは撮ってると思って検索したら・・・4月27日に、バラ科シリーズとしてゴタゴタと書いてました。
忘れてるわ。。。。
http://sparklingmelon.blog15.fc2.com/blog-entry-2310.html

  1. 2018/06/24(日) 06:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ミゾソバ | ホーム | クサノオウ、シロアザミゲシ>>

コメント

おはよう御座います。

キツネノボタンはよく見かけますが、ケキツネノボタンって、初めて拝見すると思います。
でも、両者の見分け方が難しいそうで、キツネノボタンだお思い見ているかも知れませんね。
ウマノアシガタやカワラサイコ、ミツバツチグリと、どれも素敵に撮られ綺麗だと思います。
  1. 2018/06/24(日) 09:19:21 |
  2. URL |
  3. shin #n2vP8mIo
  4. [ 編集]

shinさんへ

キツネノボタンとケキツネノボタンの違いを知るのは難しそうです。
どちらを見ても可愛らしく観るでしょうね。
あとの黄色の花も今は違いが分かったものの
すぐに、忘れて、あれやこれやと検索すると思います。
ボケ防止になってるのかしら(^^;
いつもありがとうございます。
  1. 2018/06/24(日) 09:41:39 |
  2. URL |
  3. メロン #udr3v916
  4. [ 編集]

そうなんですよね、キツネノボタンとケキツネノボタン、毛の有無で区別簡単と思っていたけどそうでもなさそう(^^;)
初心者の頃の方が楽だった花だな~。
果実の突起の曲がり具合で区別していたけどその頃でも曖昧なのがあったな(^^;)
あの突起は花柱と柱頭の名残でしょうね。
詳しく調べられているようなのでもう付け加えないけど近頃は毛が密生していればケキツネボタンにしている(^^;)

ウマノアシガタもこれがなんで馬の脚型なんだと思いますね、多分誰でも思ってる。
これも普通に見られ春真っ先に出てきます、金属性光沢もパラボラ効果で内部を温めて虫を呼び寄せているんですね。
理由が分かりました、と書いているから多分分かっていると思うけど書き忘れかな。
キツネノボタンとの区別は萼片の反り返りが分かりやすいので確認してみてください。

近場に河原がないのでそういう場所を好む植物はあまり見かけませんね。
カワラと付いても河原とは限らないけどね。
某島にヒロハノカワラサイコというのがあったのですが自生地は絶滅、植えられているのを撮ったことがあります。
ここのと比較してみるとヒロハがどうか違いが分かりにくいな(^^;)

ミツバツチグリは秋吉台では割と咲いていますがここ2,3年撮ってないな。
3小葉が細長くて葉の裏が真っ白なので区別しやすいです。
しかし春先に咲くキジムシロ属の黄色い花、どれも花自体はそっくりで区別が難しい。
  1. 2018/06/24(日) 10:14:52 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #VD0bvtlU
  4. [ 編集]

平家蟹さんへ

今回に限り、投稿記事作成の前に平家蟹さんブログをチェックしませんでした。
何となく、普通すぎる野草の花ですので撮ってないかな?とまた思い込み^^;
それで、自力でいろいろと検討して記事にしました。
作成後に平家蟹さんのブログを拝見したら・・・あらら・・・沢山のアップ!!
ケキツネノボタンの最近のから拝見しましたら、あの松江の花図鑑さんの「検索」が出ていたので
私も、調べた甲斐があり、いろいろと頷ける記事が多くてニッコリモードでした。
今日撮ったのはキツネノボタンだと思いました。
でも・・・平家蟹さんは毛で判断ということですが、
毛を撮るのも技術が必要で大変なんですよね~。
柱頭のほうが楽に撮れるので、そちらの判断の方が楽なのですが^^;
毛が密生してるのがケキツノボタンというのは確かかもしれませんね。

ウマノアシガタは撮ると飛んでしまい撮れなかった理由が分かったということです。
萼片の反り返りが分かりやすいのですね・・OK!!

カワラサイコは何となく耳にしてるようの思ったのですが
葉が特徴ですよね。ご近所では絶対に発見できないと思う植物だと思います。
植物園向きですね。

ミツバツチグリは名前でミツバとつくので覚えやすいかな~と思ってます。
でも、今日アップした黄色の花は全て名札付きでしたから、簡単安心の世界ですが
自然の中に咲いてら・・・・無理かも・・・です^^;

今日は目的のシャクジョウソウは発見できませんでしたが
ミゾソバとハエドクソウをGET!!
嬉しいのですが、ハエドクソウの小さいのはボケばかりでガッカリしてます。
明日はミゾソバをアップしますね~(^^)/
(この記事は本当は帰宅電車でコツコツとスマホで書いてたのに、あと2~3行で駅に着き、そのままにしてたら・・消えてしまっていて、ショック!!)
コメントがこの時間になりました。。。。
  1. 2018/06/24(日) 21:24:57 |
  2. URL |
  3. メロン #udr3v916
  4. [ 編集]

記事訂正(^^;)

最後の3行目でミツバツチグリと書いていますが小葉が細長いとか裏が真っ白とかはツチグリのことです<(_ _)>
何故ツチグリと思ったんだか(^^;;;
結構早とちりする性格、思い込むとなかなか訂正がきかないんだよね(ーー;)
  1. 2018/06/24(日) 22:12:00 |
  2. URL |
  3. 平家蟹 #VD0bvtlU
  4. [ 編集]

平家蟹さんへ

記事訂正了解しました(^^)/
全く分からなかったけれど・・・^^;
私も思い込むと訂正できません。。。
  1. 2018/06/24(日) 22:35:10 |
  2. URL |
  3. メロン #udr3v916
  4. [ 編集]

黄色い花達 知っているキツネノボタンかと思っていましたら
ケキツネノボタンだったのですね。
ウマノアシガタは名前は知っていましたが花は忘れた居ました。
カワラサイコ 初めて聞く名前ですが葉に特徴があるので 
見たらわかるかもしれませんね。
いつもながら 良く調べられていますね。
  1. 2018/06/24(日) 23:23:05 |
  2. URL |
  3. あららまま #-
  4. [ 編集]

あららままさんへ

ケキツネノボアンと言う名札が小石川植物園に立ってました。
それを信じてケキツネノボタンとしてますが、調べてると、ケキツネにしては毛が少ないかな?と思ったり。
研究してる方も今までは間違ってたとか、今まで分類できてたのが更に難しいらしく、何だか分からない状態です。
一応、目にしたら撮って観察したいと思います。
ウマノアシガタは名前が面白いので覚えてるけれど、撮ると飛んでしまうのでスルーしてました。
私の10年以上前に買った「野草の名前、春編、夏編、秋冬編」を熟読してましたが
野草は実際にはなかなか見れず。
ブログ復活後はご近所中心よりも植物園などに出かければ良いのだと気づき楽しくなってます。
いつもありがとうございます。
  1. 2018/06/25(月) 09:19:14 |
  2. URL |
  3. メロン #udr3v916
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sparklingmelon.blog15.fc2.com/tb.php/2372-e44ad065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

メロン

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

リンク

RSSフィード