FC2ブログ


   メロンのゆったりフォト
   佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

メロン

  • Author:メロン
  • 人生半ばのメロンです。
    みずみずしくしなやかにゆったりと!
    今は山に憧れ訓練中!丘程度^^;
    一眼はKONICA MINOLTA αSweet D
    始まりはコンデジPENTAX Optio s
    スマホXperia →GalaxyS10

    風景に人物が入る写真が温かく大好きでアップしてます。
    でも、今の時代ですから人物が入っての写真アップは
    難しく、ご非難もありかもしれません。
    ご意見のあります方はどうぞコメントにてご意見を
    お願い申し上げます。

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

08 ≪│2021/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

リンク

RSSフィード

 コバノカモメヅル

(1)
コバノカモメヅル(小葉の鴎蔓 )  <ガガイモ科 カモメヅル属>  野川公園自然観察園にて  9月17日撮影
長年見たかったお花です。植物園などでもあるようなのですが、今まで出会えませんでした。
星形の特徴ある花です。花径は径7~9mmほどの暗紫色です。
本州の関東地方、中部地方、近畿地方の山野の草原や湿地に自生するそうです。
いつもの頼りにしてるサイトさん方はどういう訳か関東の方々も掲載されてません。自力だわ^^;



180920-2e.jpg
(2)
つる性で、他の草などに巻きついて、高さは2mから3mほどになります。
引いた姿を撮りたかったのですが、グルグルお団子状態のよう。。。
オレンジ色の小さいのは昆虫のようですね。



180920-3b.jpg
(3)
花冠(花びら)は無毛、星形のような、ヒトデのように細長く5裂し、先が明瞭に捻じれてます。




180920-m.jpg
(4)
ガガイモ科の特徴である副花冠は環状、5裂し、裂片は
雄しべ(中央の白い花びらのようなものだと思います)の真下にあり三角状卵形、基部が丸みを帯びて張り出し、表面は平滑。
「三河の植物観察」さんを参考にしてますが・・・いつも難しいの(-.-)   

ここからは顕微鏡の世界かしら・・・参考の為に。   いづれ、スラスラとわかるようになりたいですが。。。
雄しべは雌しべを囲んで短筒状に合着し、肉柱体(ずい柱)を形成する。葯には膜質の付属体がある。
花粉は花粉粒が集合し、黄色の塊状の花粉塊(惰円形)を作る。花粉塊は長さ約0.24㎜、葯室の中にあり、外からは見えない。
隣の葯との付属体の間にある長さ約0.2㎜の紫褐色の小球(捕捉体)に2個ずつぶら下がってつく。





180920-4c
(5)
葉の脇から花茎(かけい:葉をつけずに花だけをつける茎)をのばし、その先に花がまばらにつく。
花が終わると、長さ約5~7cm、幅約7mmの細長く先のとがった実をつける。
熟すと割れて、白く長い綿毛が生えた種を散らすそうです。





180920-5d.jpg
(6)
蕾も可愛らしく思い(^^)




180920-l.jpg
(7)
葉は対生し、披針形~広披針形で、先が尖り、基部は浅い心形~切形。葉縁は全縁で、柄がある。
茎に向かい合ってつく2枚の葉がカモメの翼のように見えることから、その名が付いたといわれている。
名前の由来は葉からという説ですが、愛読書では、ずい柱の周囲を取り巻く副花冠が
セグロカモメの赤いアイリングの鳥の目と似た点があるため”カモメ”が付き、他の種類よりも葉が小さく
ツル性なのでコバノカモメヅルと名が付いたとあります。   どちらかしら??





180920-k20180728.jpg
(8)
7月29日にアップした箱根湿生花園のコオニユリですが、それに絡まってるのが
コバノカモメヅルだと思ったのですが、やはり、そうかなぁ~と思いました。
白いのが「虫えい」かもとのご意見もありましましたが、
実は熟すと割れて、白く長い綿毛が生えるそうですので、それが絡まってるのかなと思いまいした。


野草(^.^) | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2018/09/20(木) 15:50)

<<ミズタマソウ | ホーム | オオブタクサ  野川公園にて  9月17日撮影>>

コメント
 
私も見てみたいよ~。
でもコカモメヅルはあるけどコバノカモメヅルはこちらには分布していないようだからまず無理だな(ーー;)
しかしこれがカモメヅル属でコカモメヅルがオオカモメヅル属と言うのもややこしい(^^;)
こちらの方が花弁が細い感じがしますね、花も少し大きいかな。
頼りにしているサイトさんに先駆けてメロンさんがアップしましたか、やったね。
こういうのはちょっと自慢になるね(^^)
この仲間の蕊はややこしいのでパス、他サイトさんにおまかせしましょう(笑)
花粉の様子なんて顕微鏡でもなければ無理だよ。
次は果実に挑戦しましょう、でもこの仲間は滅多に果実がならないからな(^^;)
URL | 平家蟹 #VD0bvtlU | 2018/09/20(木) 19:58 [ 編集 ]

  平家蟹さんへ
そうなんですよね~。そちらでは咲かないようです。
コオニユリの時からコバノカモメヅルを調べていて、平家蟹さんブログにはないわ!と思ってたら。
なるほど~と納得。
頼りにしてるサイトさん達、どうしたのかしら??
普通でしたら、もう嬉しくて超自慢なのですが、今回は不思議。。。
今回、参考にさせて頂いた「三河の植物観察」さんはご存知でしょうか?
私は、たまに参考にしてるのですが、本気で読むのには気力が入ります!!
平家蟹さんでしたら、さらさらでしょうが。
今日はトップのプロフィールを拝見しましたら、顕微鏡2台をご使用です。
やはり顕微鏡の世界でしたね。
果実の写真もなかなか無くて、このサイトさんを参考にしました。
では、次は果実に挑戦ということで・・・ありがとうございました(^^)/


URL | メロン #udr3v916 | 2018/09/20(木) 20:49 [ 編集 ]

 
コバノカモメヅル 名前も花も もちろん初めて
この花でしたら 葉も花も特徴があるので
私でも見ればわかりそうですね。
箱根湿生花園のコオニユリに絡まっている葉の感じは似ていますね。

URL | あららまま #- | 2018/09/20(木) 22:29 [ 編集 ]

  あららままさんへ
コバノカモヅルと今日アップのミズタマソウは見たかった花でした。
自然教育園では両方あるのですがミズタマソウは終わってるようです。
コバノカモズルは写真で見るよりも地味な色です。
コオニユリに絡まってるのはコバノカモヅルに似てますよね。
いつもありがとうございます。
URL | メロン #udr3v916 | 2018/09/21(金) 06:04 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sparklingmelon.blog15.fc2.com/tb.php/2461-5b0914da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 メロンのゆったりフォト all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア