FC2ブログ


   メロンのゆったりフォト
   佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

メロン

  • Author:メロン
  • 人生半ばのメロンです。
    みずみずしくしなやかにゆったりと!
    今は山に憧れ訓練中!丘程度^^;
    一眼はKONICA MINOLTA αSweet D
    始まりはコンデジPENTAX Optio s
    スマホXperia →GalaxyS10

    風景に人物が入る写真が温かく大好きでアップしてます。
    でも、今の時代ですから人物が入っての写真アップは
    難しく、ご非難もありかもしれません。
    ご意見のあります方はどうぞコメントにてご意見を
    お願い申し上げます。

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

08 ≪│2021/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

リンク

RSSフィード

 コセンダングサ
181030コセンダングサ1
(1)
コセンダングサ(小栴檀草) <キク科 センダングサ属> 清澄白河にて 10月14日撮影
キク科のお勉強をしたので、今までと違って、お花の様子が分かり面白いです(^^)
分かりやすくなりましたが、まだ難しく自分で分かりやすく書きました。

コセンダングサは頭花には舌状花(舌のような、ヘラのような花びら)はなく、筒状花だけが集まってます。
頭花(花)は直径約1cm。  普通はこれで終わりでいいのですが、次からが勉強した成果です(^^)/





181030コセンダングサ2
(2)
この角度ですと筒状花が小さな花の集合体で外側から咲いてるのがわかり、
その小さな花は5裂した花びらがあり、
中から長く伸びてるのは雄しべ(花柱と柱頭と葯)です。
雄しべの葯筒から花柱、花頭が伸びてます←≪訂正追記11月5日≫
柱頭が既に2裂してるのも5~6個みえます。

≪追記 11月5日≫
この記事を書いた時は勉強して一層懸命でしたが・・混乱してました。
雌しべは・・・子房、花柱、花頭
雄しべは・・・花糸と葯からなっています。




181030コセンダングサ3
(3)
真横からですと鉛筆状の雄しべ(茶色っぽい花柱)が長く目立ちます。
鉛筆状の上の三角部分の黄色が葯ってことかな?
この花は(2)と違い外側の花は柱頭が2裂してます。

≪追記  午前11時11分≫
花粉はどうなってるのかしら?と思って調べてました
よんで理解出来たサイトさん・・・・こちら
三角状態が「雌しべに押し出されて、ふっくらと盛り上がった花粉の様子である」かも?と
思うようになりなりました。
「合着して筒状となった褐色がかった雄しべの葯の筒の先から2裂した雌しべの柱頭が出ている」
と雌しべ、雄しべも分かりやすく両性花とも書いてあります。





181030コセンダングサ4
(4)
咲き始めの頃だと思いますが、筒状花を囲んでる総苞片はへら形で先はとがり、7〜8個が1列に並ぶ。
よく観察すると2段になってる~~??





181030コセンダングサ5
(5)
固い蕾の頃ですが、この感じも可愛いです。
総苞が長いのでアメリカセンダングサかしら?と思いましたが・・・・。
調べると総苞内片と外片があるようで、総苞外片は長さ4~5㎜、7~9(10)個つく。総苞内片は長さ4~7㎜だそうです。
だから(4)で総苞片が2段に見えたのですね・・・・たぶん。。。






181030コセンダングサ6
(6)
この風景は風情ある趣、向こう側はお寺で、この場所はこの土地では数少ない空地です。
写真のコセンダングサは草丈1mほどですが、2m近いのもあり驚きます。

こんな感じです・・・と思ったら葉のことはいつもながらスルー^^;



野草(^.^) | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2018/10/30(火) 17:13)

<<セイタカアワダチソウとへクソカズラの実 | ホーム | ツワブキと夕景>>

コメント
 
今日は記事のアップが無いのかなと思っていたらそっか勉強していたのか。
よく出来ました、二重丸あげるヽ(^o^)丿⌒ ◎
と言いたいとこだけど3の説明がちょっと残念。
鉛筆上の雄しべと書いていますがあの鉛筆が雄しべと雌しべがあわさったものです。
鉛筆の軸部分の茶色いのが雄しべの葯です、多分ヾ(^^;)(昨日の勉強の成果だw)
先端の三角部分が柱頭でまだ2裂する前の状態ですね。
あれが開いて外側のような状態になるわけです。 
総苞片が2段になっているのは内片と外片でしょうか、この辺りは私もあまり良くわからない(^^;)
コセンダングサはほぼ年中咲いているので観察容易ですね。
次は舌状花のある仲間を観察してみましょう、今からだとコシロノセンダングサあたりがいいかな。

#昨日のツワブキへのコメントで私が言いたかったのは内容そのものではなくサイトの作り。
トップページから目的のページ(あの場合はツワブキ)を探し出すのが難しかった(^^;)
とにかくリンクがかかった部分を適当にクリックして下の階層に行き探すしかない。
確かに植物の説明は図解入りで分かりやすかったのですがホームページの作りはそれ程でもないヾ(^^;)
そういう意味で素人さんお断りと書いたのです。
トップページにホームページ内検索を設置しておけばよかったのにね(グーグルを使えば簡単にできます)。
URL | 平家蟹 #VD0bvtlU | 2018/10/30(火) 22:47 [ 編集 ]

  こんばんは
センダン草にも色々種類があるのですね。
コセンンダングサもひっ付き虫なのでしょうか?
8)の風景が素敵です。

URL | あららまま #- | 2018/10/30(火) 23:37 [ 編集 ]

  おはよう御座います。
コセンンダングサのお花、可愛らしく撮られていますね。
それにも増して、詳しく良く調べられていますね。
これだけ調べられるとは、もう脱帽です。
最後の写真、風情があり素敵だと思います。
URL | shin #n2vP8mIo | 2018/10/31(水) 10:01 [ 編集 ]

  平家蟹さんへ
断捨離以後、体調悪いながらダマシダマシ外出してましたが
昨日、一昨日は爆睡状態でしたが4時頃から起き出しました。

>よく出来ました、二重丸あげるヽ(^o^)丿⌒ ◎
どもありがとうございす・・でも10段階?5段階?? 
ハナマルのことだと思っておきます(^^)
勉強すれば理解もしますが、またまた??がでます。

(3)では
>真横からですと鉛筆状の雄しべ(茶色っぽい花柱)が長く目立ちます。
>鉛筆状の上の三角部分の黄色が葯ってことかな?
という説明書きにしましたが
花粉はどうなってるのかしら?と思って調べていたら
三角状態が「雌しべに押し出されて、ふっくらと盛り上がった花粉の様子である」かも?と
思うようになりなりました。
「合着して筒状となった褐色がかった雄しべの葯の筒の先から2裂した雌しべの柱頭が出ている」
と雌しべ、雄しべも分かりやすく両性花とも書いてあります。
分かりやすく思いました・・・・こちらのサイトさん
http://www.geocities.jp/kinomemocho/sanpo_tuwabuki.html
ご存知だと思いますが。
いろいろと表現が違うのでこれから、助けて頂きながら自分なりに検討ですね。

#昨日のツワブキへのコメントのサイトの意味合いはわかりました。
トップページから目的のページ(あの場合はツワブキ)を探し出すのは難しいでしょうね。
ページの下の「ホームへ戻る」でなくて「テキスト目次に戻る」の
テキスト目次の内容が私には面白く感じました。
いろいろなHPさん、ブログさんがありますが参考に楽しみにしてます。
分かりづらいのは嫌ですが^^;
URL | メロン #udr3v916 | 2018/10/31(水) 10:29 [ 編集 ]

  あららままさんへ
センダン草にも色々種類があります。
センダングサは見たことがないのですが
木場公園の都市緑化植物園では帰化コーナーでセンダングサの数種類が見ることが出来ます。
そのうちにアップしますね。
コセンンダングサもひっ付き虫です。
最後の風景は私も大好きです、趣ありですよね(^^)
いつもありがとうございます。
URL | メロン #udr3v916 | 2018/10/31(水) 10:31 [ 編集 ]

  shinさんへ
コセンダングサは自分用にもわかりやすく説明したのですが、
調べれば、調べるほど、わからない部分がでてきました。
調べるのが好きと言えども、面倒になりますが
知りたい気持ちが強くて調べてます^^;
どうしても今まで、キク科が全くの逃げ腰でしたので
「やるのは今でしょう!!」的でしょうか。。。
最後の写真、風情があり、落ち着きますよね~。
これはお勉強でなくて、好きな写真となります(^^)/
いろいろと気分的にアップしてますので、shinさんも適当にお願いします(^^)
いつもありがとうございます。
URL | メロン #udr3v916 | 2018/10/31(水) 10:40 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sparklingmelon.blog15.fc2.com/tb.php/2492-6c970e5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 メロンのゆったりフォト all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア