FC2ブログ


   メロンのゆったりフォト
   佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

メロン

  • Author:メロン
  • 人生半ばのメロンです。
    みずみずしくしなやかにゆったりと!
    今は山に憧れ訓練中!丘程度^^;
    一眼はKONICA MINOLTA αSweet D
    始まりはコンデジPENTAX Optio s
    スマホXperia →GalaxyS10

    風景に人物が入る写真が温かく大好きでアップしてます。
    でも、今の時代ですから人物が入っての写真アップは
    難しく、ご非難もありかもしれません。
    ご意見のあります方はどうぞコメントにてご意見を
    お願い申し上げます。

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

08 ≪│2021/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

リンク

RSSフィード

 ダンギク、エッグボール 白金にて 11月3日撮影
181115ダンギク1
(1)
ダンギク(段菊) APGⅢ<クマツヅラ科 カリガネソウ属> APGⅢ<シソ科 ダンギク属>
自然教育園は地下鉄「白金台」で降りて歩いて7分ほど。
自然教育園の手前の公園には花壇に四季折々の花が植栽されてます。
ダンギクのピンク色は咲き初めでしたが、隣の紫色のダンギクは少し枯れてました・・残念!




181115ダンギク2
(2)
ダンギクはキク科ではないのですね。 まぎらわしい!
キク科の花では”総苞片”の有無がキク科の否かの見分けるポイントだとか・・・そうなのかしら?
本種の花の基部は、深く5裂した咢があるだけで総苞片が無くキク科ではないそうです。
葉はキクの葉に似てますが。



181115ダンギク3
(3)
ダンギクの花は唇形。 5裂した裂片の、下側の裂片だけが長くて先がリボン状に細く裂けてます。
可愛らしいですね。





181105エッグボール2
(4)
パラクレス(オランダセンニチ) (別名:エッグボール、タマゴボール 、ハトウガラシ、アクメラ) 
<キク科 オランダセンニチ属>
同じ花壇に咲いてますが、毎年植えられてるのかしら? こちらは何とキク科!!
以前見た時は残念ながら終盤でしたが、今は見頃(^^)




181105エッグボール3
(5)
パラクレス(オランダセンニチ)・・・花壇の名札には「エッグボール」と手書きでほのぼのと(^^)
直ぐに・・・目玉おやじの花だわ~^^;  花ですよね。。。
オランダセンニチの名前は江戸時代の終わり頃オランダから伝わり、
長く花を咲かせる「千日草=千日紅(せんにちこう)」に似ていることから。
葉や花に山椒(さんしょう)のような独特の辛味があって、 別名「葉唐辛子(はとうがらし)」とも呼ばれます。





181105エッグボール1
(6)
(2)の花が完成するとこのようなエッグになるのだと思ってたら、黄花オランダセンニチ(パラクレス) というようです。
ハーブとしては「パラクレス」、
最近ではタマゴのような丸い花から付いたのか「タマゴボール」や「エッグボール」などという
実にさまざまな名前で出回っているようですから、
(4)は普通のオランダセンニチとキバナオランダセンニチの寄せ植えなのですね。


ピンク:優しさ、柔らかさ、 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2018/11/06(火) 10:20)

<<ヌマツルギク、シオザキソウ     木場公園都市緑化植物園にて  11月5日撮影 | ホーム | シロヨメナ、ユウガギク、シラヤマギク  自然教育園にて  11月3日撮影>>

コメント
 
これはどう見てもキク科じゃないよね、なんでキクなんて名前が付いたんだろ(^^;)
ランでもないのにランとついたりユリでもないのにユリと付いたりするのがあるけどこれもそうか、印象がよくなるのかしら。
段々状の花序はハッカに似ているし花一つをとっても4本の雄しべに2裂した柱頭、どう見てもシソ科だよね。
以前の分類ではクマツヅラ科だったのか。
(1行目の分類、逆じゃない、序にも一つ変換ミス・・・と校正係が申しておりますw)
知ってはいたけど実物は見たことない、確かに下唇の先端が裂けていますね。
ネットで見るとなかなかこういう部分の拡大はないからな。

パラクレス、初めて見るけどいろんな別名ありすぎ(^^;)
総苞片が見えているし小さな筒状花の集合だし確かにキク科ですね。
キク科と知ってから見るからそう分かるんだけどさ(^^;)
一つ目小僧は可愛そうだけど今なら鬼太郎の父親の目玉親父でいいじゃないヾ(^^;)
中央まで咲き上がったらエッグだわ(^^)
URL | 平家蟹 #VD0bvtlU | 2018/11/06(火) 15:24 [ 編集 ]

  平家蟹さんへ
私は、ダンギクという名前と姿でキク科と思っていたので驚き!!
お花はそういえば・・・菊ではないわ^^;
これはですね~~在来種で園芸種でも開発してるのかしら?綺麗すぎ^^;
花びらのリボン状は愛読書に書いてありました。
なるほどね~と思って検索の写真を見てもリボン状はありますが記事にはしてませんね。
そうそう! ハッカにも似てますね。

>以前の分類ではクマツヅラ科だったのか。
あら~以前がクマツヅラ科な訳???
APGは何度も調べてるけれど、忘れるし、訳わかりません!!
>(1行目の分類、逆じゃない、序にも一つ変換ミス・・・と校正係が申しておりますw)

逆というのがわからないのですよね~^^;
どういうことかな??
APGⅢ<クマツヅラ科 カリガネソウ属>は正解なのかな??
それとも、旧分類系のエングラー体系なのかな??
これも勉強していくうちに理解できるかもね(^^)
も一つは訂正しました^^; どうもありがとう(^^)/

パラクレスはもう鬼太郎の父親の目玉親父でしょ(^^)
筒状花だけなのですね。
(5)はパラクレスで、目玉親父ですが、このままのよう。
(6)は咲きあがってエッグで「黄花オランダセンニチ」という名前なのです。
寄せ植えしてるようです。

昨日木場公園へ行ってこのエッグに花びらが付いてる花が咲いてました。
明日アップしますが、園芸種のようで在来種のようでい今のところ???

URL | メロン #udr3v916 | 2018/11/06(火) 20:42 [ 編集 ]

 
ダンギクはAPG分類ではシソ科ダンギク属、旧分類ではクマツヅラ科カリガネソウ属のようです。
クマツヅラ科自体APG分類では属レベルであちこちに移動しているようです。
分類は考え方の違いによるものでどちらが正しいというわけでもないと思いますけどね(^^;)
URL | 平家蟹 #VD0bvtlU | 2018/11/06(火) 21:06 [ 編集 ]

  平家蟹さんへ
ワッ!! お返事ありがとうございます(^^)/
APG分類ではシソ科ダンギク属でしたか!
何だかイマイチわかってないのですが、APG分類のほうが新しい分類方ですよね。
それでシソ科になるのですね~。。。
確かにお花を見るとね、葉っぱは菊のようだけれど。。。
APG分類はDNA解析などの研究だから、そちらが、新しいのでしょうが・・・。
学者さんは統一してほしいですね!!
どうもありがとうございました(^^)/
URL | メロン #udr3v916 | 2018/11/06(火) 21:18 [ 編集 ]

  こんばんは
メロンさんは 自然教育園には 白金台から行かれているのですね。
今日のお花を見てあれっと思いましたら、公園のお花なのですね。
ダンギクは花だけ見ると シソ科のお花の感じですよね。
エッグボールで覚えていた花は正式にはパラクレスというのですね。
昔 育てていた時も エッグボール。
最近も 園芸店で見た時も やはりエッグボールの名前になっていました。
花姿からの別名なのですね。
とても参考になりました。 


URL | あららまま #- | 2018/11/06(火) 23:53 [ 編集 ]

  あららままさんへ
私は 自然教育園には 地下鉄ですから白金台からです。
あららままさんは目黒駅なのでしょうか?
懐かしいのでしょうかね(^^)
ダンギクは今まで段々に咲いてる菊のような野草と思ってました。
お花の一つだけをじっくりと見たのは初めてなので驚きました。
可愛らしいシソ科のお花ですね。
(5)と(6)で違う種類のようです。そうでしたか?
なんだか(5)が満開になると(6)と思えますが
名前が違うので、(5)は全部黄色にはならないのかしらね。。。
面白く、可愛らしいお花ですね(^^)
いつもありがとうございます。

URL | メロン #udr3v916 | 2018/11/07(水) 08:35 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sparklingmelon.blog15.fc2.com/tb.php/2499-1e717996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 メロンのゆったりフォト all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア