FC2ブログ


   メロンのゆったりフォト
   佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

メロン

  • Author:メロン
  • 人生半ばのメロンです。
    みずみずしくしなやかにゆったりと!
    今は山に憧れ訓練中!丘程度^^;
    一眼はKONICA MINOLTA αSweet D
    始まりはコンデジPENTAX Optio s
    スマホXperia →GalaxyS10

    風景に人物が入る写真が温かく大好きでアップしてます。
    でも、今の時代ですから人物が入っての写真アップは
    難しく、ご非難もありかもしれません。
    ご意見のあります方はどうぞコメントにてご意見を
    お願い申し上げます。

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

08 ≪│2021/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

リンク

RSSフィード

 埼玉の熊野神社、荒川堤防、泉福寺、城山公園      3月20日撮影
昨日はパソコンンのお仲間とミニ講座。
ミニ講座といえども既にパソコン講座ではなくて見学、散策、講座、お食事会もあり何でも(^^)
昨日の担当の方は埼玉県人で知識幅広く追求型。 詳しい資料も綿密なスケジュールも頂きました。
その、ほんの少しだけ、私がわかる感じでの短い記事となります^^;  と思ったら、長い記事になりました。。
桶川駅に午前10時20分集合、 解散が桶川駅14時40分でした。 解散時間は少し違いました。



(1)
最初に行ったのが熊野神社古墳です。
桶川市は原始古代の遺跡の宝庫だそうで、特に川田谷地区の熊野神社古墳は
埼玉古墳群より約1世紀前に築かれ県内における古墳時代の始まりを物語る古墳として注目されてるそうです。
昭和59年度に行われた調査によって、
直径38m、高さ6~6.5m、周溝の幅14~16mの円墳であることが確認されたそうです。
フ~ム・・・これが古墳なのね~~。。。





190320-2.jpg
(2)
昭和3年、墳頂部の社殿改修の際に、偶然に副葬品が発見され出土されたそうです。




190320-3.jpg
(3)
英語での記入もありますが、外国からのマニアックな方のためでしょうか。。。。





190320-4.jpg
(4)
熊野神社社殿です。 いろいろな説明がありましたが・・・。。。。。





190320-5.jpg
(5)
熊野神社古墳から移動して荒川堤防です。
担当者、ガイド?は・・・・荒川堤防からの東秩父山塊を中心にした
丹沢から榛名山までの山並みを見せたかったとのこと。(登山が好きな担当ガイドさん)
残念ながら霞んでました^^;  でも三角の山が武甲山と教えて頂き・・・なるほど!!
私は3月初旬に秩父お札巡りをはじめて、まず1番札所へ行ったのですが、武甲山の目の前でした。
遠くて自宅から2時間半かかりましたから。。。。
あら! その時はあの三角と思いましたが、、、今見ると何処だったかしら??^^;







190320-6.jpg
(6)
移動して・・・移動は参加人数が少なかったので車・・・・ラッキ―(^^)v
桶川市川田谷にある泉福寺です。 とても気に入ったお寺です(^^)
仁王門は素晴らしく、元禄8年(1695)に再建されたもの。
珍しい石の仁王様、門上に龍の貴重な彫り物があります。
振り向くと荒川ですが、冬は霊峰富士を正面に眺められるそう。
その眼下に荒川の清流を望む武蔵野の景勝地だそうです。





190320-7.jpg
(7)
泉福寺さんから頂いた解説書によると・・・。
向かって右の仁王さんは口を「阿」(ア)の字にあけて那羅延力士だそうです。
一応、検索してみて、↓の解説を読んでみました。

≪仁王(におうとは)・・・・日本大百科全書(ニッポニカ)解説より≫
仏法を守護する神として、寺門などに左右一対(いっつい)で安置された金剛力士(こんごうりきし)の像をいう。
二王とも書く。執金剛神(しゅうこんごうしん)と同じ神格で、中国の唐代から一対形式になったと考えられる。
その形像は、ともに赤色の身に朱目の憤怒(ふんぬ)相をし、甲冑(かっちゅう)を着て金剛杵(こんごうしょ)を持つが、
普通は裸形のものが多く、向かって右方は口を開いた阿形(あぎょう)の像(阿像)、
左方は口を閉じた吽形(うんぎょう)の像(吽像)で、前者を金剛像、後者を力士像と称することもあるが明らかではない。
また、密迹(みっしゃく)金剛(阿像)と那羅延(ならえん)金剛(吽像)とに分けて、別尊のように称することもある。
東大寺南大門の金剛力士立像は有名。





190320-8.jpg
(8)
左の仁王さん、泉福寺さんの解説書によると・・・執金強力士で「吽」(ウン)の字をしている。(お口がね(^^))
この「ア」 「ウン」の呼吸が合った時すばらしい力が発揮できるのです。
「阿吽」の呼吸は知っていても・・・この際に検索!!  なるほどね~~!!

≪阿吽 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)≫
古代インドのサンスクリットの悉曇文字(梵字)において、a(阿)は全く妨げのない状態で口を大きく開いたときの音、
m(hūṃ、吽)は口を完全に閉じたときの音である。悉曇文字の字母の配列は、口を大きく開いた(阿)から始まり、
口を完全に閉じたm(hūṃ、吽)で終わっており、そこから「阿吽」は宇宙の始まりから終わりまでを表す言葉とされた。
宇宙のほかにも、a(阿)を真実や求道心に、m(hūṃ、吽)を智慧や涅槃にたとえる場合もある。

阿吽は宗教的な像にも取り入れられ、口を開けた阿形(あぎょう)と口を閉じた吽形(うんぎょう)の一対の像は、
神社の狛犬(本来は獅子と狛犬の一対)などにみられる。
また、寺社の金剛力士像(仁王像)や沖縄のシーサーなどにも口を開けた阿形と口を閉じた吽形がみられる。
日本語では2人の人物が呼吸まで合わせるように共に行動しているさまを阿吽の呼吸、阿吽の仲などと呼ぶ。





190320-9-1.jpg
(9)
仁王門の上部に龍の彫り物・・・・これは左甚五郎の作と言われていて針金でとめられてます。
担当ガイドさんが「何か付いてますが、何でしょう?」と問われても、、皆・・・ん??
何か付いてるって針金でした(^^)  
解説書から・・・これは雨乞いに用いたところ龍があばれ雨が降りすぎ
洪水を起こしてしまったため針金でしばりつけたものであるという。





190320-10-1.jpg
(10)
泉福寺本堂です。 
≪出展 桶川市 歴史民俗資料館資料から・・・だそうです≫
この寺は、東叡山勅願院円頓房泉福寺と号し、比叡山延暦寺を総本山とする天台宗の別格寺院である。
東叡山とは”関東の比叡山”という意味で、天皇の勅願所であると共に、学僧の養成道場としての学山である。
その開基は遠く、平安時代にさかのぼり、天長六年(八二九)淳和天皇の勅願によって、
慈覚大師円仁が開山したものである。





190320-11-1.jpg
(11)
国指定重要文化財 木造阿弥陀如来像です。
素晴らしい~~!! 顔容豊満で悠揚せまらない容姿には貴族的な優美さが漂い、
定朝様式が定型化した藤原後記の特色が示されてます。・・・・って、これ本物撮影ではありません^^;
説明書きが貼られていて横20cmほど、縦10cmほどの写真を撮りました(^^) 本物のようでビックリ!!

像高は89.3cm、頭体主要部をヒノキの一材から彫りだし前後に割った割矧造りという技法で造られており、
漆箔(黒漆を塗った上に金箔をはりつけること)が施されています。
衲衣を左肩から背面に廻して右の方に浅く掛け再び左肩に掛けもどすという、偏袒右肩にまとい、
両手は膝の上で弥陀の定印を結び、右脚を上に坐しています。

現在は重要文化財としての重要性を考慮し、阿弥陀堂前の耐火収蔵庫に安置されてるそうです。





190320-12-1.jpg
(12)
泉福寺鐘楼です。






190320-13-1.jpg
(13)
泉福寺のお庭の芝生のあちらこちらにスミレが咲いてました。






190320-16.jpg
(14)
泉福寺山門です。 この山門の風景がまた良い感じ!!
裏門だとか・・・そうなのかしら??
表の仁王門よりもこんな雰囲気が好きですが・・(^^)






190320-14.jpg
(15)
移動しまして、城山公園です。 河津桜が咲いてるとのことでしたが、、、道を間違えたよう^^;
遠くにピンク色が見えましたが、多分見頃は過ぎてるよう~。
この風景もいいですね。
それで・・・あら! 名前は何だったかしら・・・なんとかショッピングモールで昼食で、
その後はコーヒータイムの歓談で久しぶりに楽しい一日となりました。
担当ガイドさん ありがとうございました。 参加の方も楽しい一日となりました~(^^)/
久しぶりの力作ブログ!!


風景 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:10
(2019/03/21(木) 12:05)

<<久しぶりにオシャレな空間      3月16日撮影 | ホーム | ユキヤナギ     3月19日撮影>>

コメント
  メロンさんへ
こんにちは~
埼玉県のこの近くには鳥さんの撮影、私の孫たちが住んでいますので月1~2回は行っております。
今度、行ってみたいと思います。
URL | 兵頭 #- | 2019/03/21(木) 13:54 [ 編集 ]

 
流石にメロンさん、凄いですね。
昨日の説明より「なるほど、ウンウン」と感心することばかり。
私なんぞ、写真をアップしただけです。

URL | hanako #sktWpA2Y | 2019/03/21(木) 14:41 [ 編集 ]

  兵頭さんへ
この近くにお孫さん達がお住みですか!!
車窓の風景も楽しめましたが
鳥も沢山いそうな感じでした。
この辺り、ハイキングコースですね。
是非、行ってみてください。
URL | メロン #udr3v916 | 2019/03/21(木) 20:57 [ 編集 ]

  hanakoさんへ
昨日は楽しい一日でしたね。
少しの記事と思いましたら・・・はまってしまいました^^;
勉強になり楽しくブログアップしました。
私のはくどいブログ、、、hanakoさんはシンプル(^^)

URL | メロン #udr3v916 | 2019/03/21(木) 21:00 [ 編集 ]

  桶川散策
とても詳しく 行ったような気になりました。
ありがとう~
みんな 魅力的ですが、
特に 荒川堤防と泉福寺に魅かれました。
担当ガイドさんの姿を思い浮かべながら
拝見しました。
URL | あららまま #- | 2019/03/21(木) 23:36 [ 編集 ]

  熊野神社
こんばんは。

三重県の熊野かと思ったら、埼玉県にもあったのですね。

荒川が作った、平野に発展した文化ですね。

すみれがさいてきましたか。
春ですね。

URL | mcnj #- | 2019/03/22(金) 01:24 [ 編集 ]

  あららままさんへ
あららままさん 残念でしたね。。。
短い記事と思いましたが、・・・いつものように検索しはじまり。。。
そのようにすると、やはりあやふやがスッキリとします。
すぐ忘れますが^^;
荒川の土手は私も好きでした。
それまでの車窓も菜の花とか見えたり一面ピンク色はなにかしらと思うと
多分,仏の座らしく思ったり、長閑なのです。
泉福寺も何処を見ても良い感じでした。
担当ガイドさんは綿密な下調べをされたようですよ(^^)
ありがたいことですね。
URL | メロン #udr3v916 | 2019/03/22(金) 05:33 [ 編集 ]

  mcnj さんへ
埼玉県の熊野神社古墳なのです。
なるほど、荒川が作った平野に発展した文化なのでしょうか。
スミレがお庭にあのように数本づつ、
あちらこちらに咲いてまして目が喜びました。心もです(^^)
その日は特に春でした。本格的に春の桜近しですね~。



URL | メロン #udr3v916 | 2019/03/22(金) 05:41 [ 編集 ]

 
楽しい一日でしたね。
いろいろお世話になりました。

私も昔はブログにはまっていましたが、すっかり怠け癖がついて、休眠というよりは 死滅の状態です。 埼玉県にもいろいろ興味深い名所(?)があって、またごいっよに散策しましょう。
URL | 気ままなおじさん #- | 2019/03/23(土) 08:59 [ 編集 ]

  気ままなおじさんへ
気ままなおじさん! すばやい対応、ありがとうございます。
私も休眠7年間、いろいろと死滅状態でした。
いろいろと乗り越えて、3年前からの復活です。
最初は続くかしら~と思ってました。
嫌な時は休もうと思ってますが、ブロ友さんのコメントで楽しんでます。
気ままなおじさんのひねったギャグを期待してます。
普通でもOKですが(^-^)

先日は楽しかったですね。
私は、車を出して頂きラッキーでした。
体力に不安があるので。
埼玉を良くご存知のブロ友さんも知らなかったらしくて、
次回は行ってみようとのコメントでした。
懲りずに明日もご覧になるだけても。
コメントも嬉しいです(^^)/
ありがとうございます。
URL | メロン #udr3v916 | 2019/03/23(土) 10:51 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://sparklingmelon.blog15.fc2.com/tb.php/2632-065dbb04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 メロンのゆったりフォト all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア