メロンのゆったりフォト

佃、月島あたりを中心に花散策を楽しんでます。何でも撮影に興味あり♪

シマサルスベリ

170804シマサルスベリ
(1)
シマサルスベリ (別名:島百日紅シマヒャクジツコウ)  <ミソハギ科 サルスベリ属>   
月島にて  スマホ撮影
シマサルスベリというお花です。
花の色は白のみで、サルスベリと比べると花が小さく、華やかさには欠けるそうですが・・・なるほど。。。




170804シマサルスベリ2
(2)
隣町の月島の交差点の向こう側を見ると街路樹に白い花が・・・・
道路を渡ってお花を見ますと(1)のお花でした。
最初は何かに似てると思って、眺めてましたら名札に気が付き・・・シマサルスベリと知りました。
1年前に出来たタワーマンションの街路樹で10本以上が並んでます。
シマサルスベリは大木になるほど幹がうねり、その美しさはサルスベリに勝るそうです。
サルスベリよりも背が高くなる木であり、公園や広い庭、街路などに植えて壮大な樹形を鑑賞するのが基本。
歩道がとても広いので、そのような基本概念にのっとってますね♪




170804シマサルスベリ3
(3)
シマサルスベリの開花時期はサルスベリと同様の6~8月頃ですが
「百日も咲き続ける」とされるサルスベリより、花期は短いそうです。




170804シマサルスベリ4
(4)
名札によりますと「日本では絶滅危惧種」だそうです。
中庭も綺麗なマンションですが、街路樹植栽にシマサルスベリをプランニングするのは素晴らしいと思いました。


  1. 2017/08/05(土) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

キバナクチナシとハイビスカス

170803キバナクチナシ1
(1)
キバナクチナシ」(黄花梔子) (別名:ハナミクチナシ) <アカネ科 クチナシ属>    銀座にて
いつもは素通りの銀座Mデパートのお花屋さんでお初を発見!!
名札には「クチナシ」とありました。
検索しますと「キバナクチナシ」と判明、咲き始めは白色で、やがてクリーム色を経て鮮黄色へと変化し
花には強い芳香があるのは普通のクチナシと同じ。
原産地はマレーシアだそうです。



170803キバナクチナシ2
(2)




170803ハイビスカス1
(3)
ハイビスカス   <アオイ科 フヨウ属>  銀座にて
キバナコスモスのお隣で咲いてました。
このハイビスカスの色合いは好み(^^)
どうしても ハイビスカスと出会いますと・・・マクロ撮影となります。



170803ハイビスカス2
(4)




170803ハイビスカス3
(5)


  1. 2017/08/04(金) 08:00:00|
  2. 黄:希望、愉快、明朗、自己中心的
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ユリ

170802赤いユリ1
(1)
ユリ(百合)  <ユリ科>  旧佃児童遊園にて
何の百合だかわかりませんが、青空と一緒に明るい画像は、私には珍しいです。
晴天は撮りづらく、曇天でしか綺麗になかなか撮れません。
貴重な一枚です(^^)
赤色も好みの赤色で、小ぶりな百合の花です。



170802赤いユリ2
(2)




170802赤いユリ3
(3)


<追記 あららままさんへ>
我が家の室内とバルコニーのシクラメンです。

170803シクラメン室内
リビングの窓辺に置いてあり、冬に買った状態のお花よりフリルが綺麗に入って驚き。


170803シクラメンバルコニー
株が径50cmほどになりバルコニーへ移しましたが、夏の日差しで葉焼けし、頑丈な葉。
お花は葉に栄養が行ってしまったのか、購入時よりも貧弱で可哀そう。

でも 両方とも花芽がウジャウジャと表現したいほど、まだまだ凄いのです。。。
毎年シクラメンは買ってるのですが、こんなの初めて、お手入れ、水やりがいいのかしら>
我が家のシクラメン情報でした(^^)/


  1. 2017/08/03(木) 08:00:00|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ブルーエルフィン

170801クレロデンドルム・ウガンデンセ1
(1)
ブルーエルフイン (別名:ブルーウィング、ブルー バタフライ フラワー、クレロデンドルム・ウガンデンセ)  
<クマツヅラ科 クサギ属 >   旧佃児童遊園にて

名前が、ブルーエルフィン(蒼い妖精)、ブルーウィング(蒼い翼)など素敵な名前!
一瞬、見て・・お初・・・お~~という感じ!  可愛い~~!!
ピンクの花が咲くパピヨンローズというお花もあるそうで、調べましたら・・・とっても可愛い♪





170801クレロデンドルム・ウガンデンセ2
(2)
お花は5個の花弁で左右に広げた4個は淡青紫色、1個は濃い青紫色です。
カールした雌しべと雄しべで蝶のように見えます。
小さなお花で横幅2cmほどです。




170801クレロデンドルム・ウガンデンセ3
(3)
カールした雌しべがハッキリと見えます。
蕾も沢山あり、これから華やかさが増すのでしょうか。

  1. 2017/08/02(水) 08:00:00|
  2. 青紫:神秘、孤独、気品、尊大
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ムクゲ

170731ムクゲ1
(1)
ムクゲ(木槿) (別名:ハチス)  <アオイ科 フヨウ属(ハイビス属)>
ご近所ではあちらこちらで木槿が咲いてますが
1番、好きな木槿です。 淡いピンク色。
半八重咲でしょうか。。。



170731ムクゲ2
(2)





170731ムクゲ3
(3)

  1. 2017/08/01(火) 08:00:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ルリマツリ ホワイト

170730ルリマツリ白1
(1)
ルリマツリ ホワイト(瑠璃茉莉 白)   <イソマツ科 、ルリマツリ属(プルンバコ属)>
ご近所の腰高の植え込みに咲いてました。
見た瞬間、数日前のあららままさんがアップされた「デュランタ アルパ」だと思い込み感激!!
上にはデュランタ宝塚の群生でしたので。。。。
再度 あららままさんのブログで確認しましたら・・・・ルリマツリのホワイトでした。。。改めてルリマツリそのものだわ~。
私はルリマツリのホワイトはお初でしたので嬉しいのですが、あのデュランタ宝塚の群生の下には
やはり・・・「デュランタ アルパ」でしょう~~と思うのです。。。(笑)



170730ルリマツリ白2
(2)




170730ルリマツリ3
(3)


  1. 2017/07/31(月) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ダリア

170729ダリア1
(1)
ダリア (別名:テンジクボタン(天竺牡丹)   <キク科 ダリア属>   旧佃児童遊園にて
1か月ぶりの、旧佃児童遊園でダリアが良い時期でした。
久しぶりのカラフルなお花で気持ちもルンルン!!
どんなアングルで撮っても感じよくて~~~。スカッとしました。
ダリアのお花の種類も多くて・・・シングル咲き、オーキッド咲き、ポンポン咲き、コラレット咲きなどなど。
この区画のお花を育ててる方はダリア好きなのでしょうね。




170729ダリア2
(2)




170729ダリア3
(3)




170729ダリア4
(4)




170729ダリア5
(5)




170729ダリアの人
(6)
1か月前にもご紹介しましたが、旧佃児童遊園は右に晴海運河がありその岸壁沿いに、縦壁があり
それを1区画としてご近所の園芸好きな方々がお手入れされてます。
100mほど続いてるので、一足一足眺めるだけでも時間が過ぎ・・・結構、撮影疲れします。
いろいろな方が大切に育てられてるので、とっても楽しめる場所です。



  1. 2017/07/30(日) 08:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ネコノヒゲ  日本橋にて  13/13

170728ネコノヒゲ1
(1)
ネコノヒゲ (別名:オルソシホン クミスクチン、 クミスクチン キャッツウイスカー)  <シソ科 オルトシフォン属>
このネコノヒゲは一度覚えたら忘れないですね。
「ネコノヒゲ」の名前の由来は長くのびる雄しべと雌しべがネコのひげを連想させることから。
花や葉はシソ科の特徴がよく出て、シソやサルビア類の草姿によく似ています。



170728ネコノヒゲ2
(2)




170728ネコノヒゲ3
(3)

今日で屋上シリーズは終わりです。 長々とアップさせていただきました。 お付き合い、ありがとうございました。
明日からはご近所(佃)のお花達です。 また よろしくね~~(^^)/



  1. 2017/07/29(土) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プラチーナ  日本橋にて 12/

170727プラチーナ1
(1)
プラチーナ (別名: カロケファルスシルバーブッシュ、 クッションブッシュ)   <キク科、カロケファルス属>
シルバーリーフです。
お庭のワンポイントや寄せ植えのアクセントにちょうど良い色あいとコンパクトだそうです。
検索しましたら、オシャレな寄せ植えの画像がありセンスの良さを感じました。
キラキラと輝く雪の結晶のような株姿がシルバーリーフの特徴で魅力!




170727プラチーナ2
(2)
黄色のお花です。以前行った時は咲いてなかったのかしら?お花は気が付きませんでした。
キク科ですが面白いお花♪




170727プラチーナ3
(3)
もっと寄ってみますと・・・・不思議な世界!!

  1. 2017/07/28(金) 08:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カラミンサ、  サルビア プラテンシス スワンレイク、  アンゲロニア セレニータ  日本橋にて 11/

野草の名前との格闘から離れ、今日は洋風、白いお花3種です。


170726カラミンサ
(1)
カラミンサ (別名:カラミント)  <シソ科 / トウバナ属(カラミンサ属)>
お花、葉ともに、ミントの香りを漂わせ葉はハーブティーとしても利用できるそうです。
とにかく丈夫らしいですね。初夏から秋まで長期間開花するとか。
小さなお花なので好みです♪





170726サルビア プラテンシス スワンレイク メドーセージ1
(2)
サルビア プラテンシス スワンレイク (別名:メドーセージ>   <シソ科>
サルビアは種類が多いですね~。
名札付きでないとわかりません。。。
サルビア プラテンシスの改良種。初夏から夏にかけて美しい純白の花を咲かせます。




170726サルビア プラテンシス スワンレイク メドーセージ2
(3)
英名がMeadow Sageなのでこちらが本当のメドーセージなのですが、
日本ではなぜかグアラニティカがメドーセージと呼ばれてるそうです。
なるほどね~~。。。





170726アンゲロニア セレニータ1
(4)
アンゲロニア セレニータ  <オオバコ科 (ゴマノハグサ科) アンゲロニア属>
はい! お口、ア~~ンのお花! 多いですよね、この感じのお花(^^)




170726アンゲロニア セレニータ2
(5)
アンゲロニア セレニータは、アンゲロニアの中でも最もコンパクトで背丈の短めの品種。
紫色やピンク色があり、真夏にも強いお花。

  1. 2017/07/27(木) 08:00:00|
  2. 白:気品、清楚、清潔、弱い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

シロバナフシグロセンノウとシロバナガンピ  日本橋にて 10/

170725白花フシグロセンノウ1
(1)
シロバナフシグロセンノウ(白花節黒仙翁)  <ナデシコ科センノウ属>
センノウという名前の付く植物は基本色がオレンジ色、朱赤色なのかしら?と思ってます。
こちらもフシグロセンノウはオレンジ色です。 それの白花種ですね。




170725白花フシグロセンノウ2
(2)
白花節黒仙翁(シロバナフシグロセンノウ)のフシグロ(節黒)の
名前の由来の「茎の節が黒褐色になる」は残念ながら現れてません。。。




170725白花ガンピ1
(3)
シロバナガンピ(白花岩菲)     <ナデシコ科センノウ属>
(1)(2)のシロバナフシグロセンノウと同じナデシコ科センノウ属なので似てますが
こちらのお花は花弁同士が重なり合い先に細かい切れ込みがあります。
ガンピ(岩菲)オレンジ色の白花種ですね。




170725白花ガンピ2
(4)
ガンピという特徴ある名前は野草の本で知っていて興味があったお花です。
センノウとガンピは中国から渡来していて、両方ともお茶花として人気があるようです。

  1. 2017/07/26(水) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

センノウとオグラセンノウ  日本橋にて  9/

170724センノウゲ
(1)
センノウ(仙翁) (別名:センノウゲ、センノウケ、センヌケ、仙翁花、剪秋羅)    <ナデシコ科 >
花色はネットでは・・・花は目のさめるようなカーマイン・レッド(朱色を帯びた明るい赤)・・・明快!!
センノウ類は私の愛読書「野草の名前 夏」で眺めていて、見たかったお花です。
マツモトセンノウが有名だと思いますが、咲いてたのですが・・・・ボツ。。。。

ネット検索から・・・・・・「センノウの歴史は古く、室町時代、中国より伝えられたと伝えられています。
「仙翁花(せんのうげ)」とい名前の由来は、嵯峨の仙翁寺で育てられていたということから。
長い間流通しておらず幻の花といわれていましたが、近年流通するようになりました。
切花や茶花におすすめです。」





170724オグラセンノウ1
(2)
オグラセンノウ(小倉仙翁)   <ナデシコ科>
ナデシコという雰囲気がありますね。
(1)のセンノウとの違いがわかりづらいのですが、
こちらのお花の5弁が深く、先端が、より繊細な切れ込みがあるように思います。
1903年の熊本県阿蘇山で採取された標本に基づいて
植物学者の牧野富太郎によって新種として紹介がなされたそうです。

オグラセンノウ(小倉仙翁)の小倉は京都市左京区の小倉のようです。
センノウの名前の由来の仙翁寺(廃寺)があった嵯峨野近くにあるのが小倉山。



170724オグラセンノウ2
(3)
オグラセンノウは、茎は細く、自立せずに他の植物に寄り添う形で生育するそうです。

今日のセンノウ、オグラセンノウは記憶として・・・・名前にこだわりました。 なんだか混乱。。。




  1. 2017/07/25(火) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ヒトツバショウマ   日本橋にて  8/

170723ヒトツバショウマ1
(1)
ヒトツバショウマ(一葉升麻)    <ユキノシタ科 >
ショウマ(升麻)といえばキンポゲ科のサラシナショウマが有名ですが、このお花は初見♪
花びらは細く長く2~3mm、雄しべは10本で花びらより突き出てます。




170723ヒトツバショウマ3
(2)
ネムの木のお花の確認と小さな花々の撮影の再チャレンジと思いましたが・・・・難しい。。。。




170723ヒトツバショウマ 葉
(3)
検索しますと・・・星くずのようにちらちらとした小花が特徴の植物で、
紅葉も楽しめるので寄せ植えや花壇、ロックガーデンなどに最適です、とありました。




170723ヒトツバショウマ4
(4)
「ショウマ」とつく草は何枚かの小葉が集まり1葉となりますが、この草は1枚の葉だけなので「ヒトツバ」だそうです。




  1. 2017/07/24(月) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ソバナ    日本橋にて 7/

170722ソバナ1
(1)
ソバナ(岨菜、蕎麦菜)   <キキョウ科>
青紫色の釣鐘状の花です。
ツリガネニンンジン属なのでツリガネニンジンに似てます。
違いは、ソバナは花がひとまわり大きく、 キキョウのように花の先が少し広がること。
ツリガネニンジンの様に雌しべが、花の外に突き出ません。
小さなお花で長さ2.5cmほど。キキョウ科ですので雌しべの先はこれから3分割になります。




170722ソバナ4
(2)
蕾が沢山あり、これからがお楽しみ状態でしょうか。
この風情もいいわぁ~~♪




170722ソバナ5
(3)
2枚目とは撮影向きが反対ですが、感じが違いますね。
茎が黒っぽいです。




170722ソバナ6
(4)
ピントがイマイチですが・・・。。。
ソバナの菜は食用になるという意味だそうです。
葉は卵形ないし幅の広い披針形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
ソバナを茹でると蕎麦の茹でる時の香りがするそうです♪

  1. 2017/07/23(日) 08:00:00|
  2. 野草(^.^)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

サルスベリ   日本橋にて  6/

170720サルスベリ1
(1)
サルスベリ(猿滑) (別名:百日紅(ヒャクジツコウ、怕痒樹(ハクヨウジュ))   <ミソハギ科>
サルスベリが入荷されてました。
夏の暑い太陽の下でも咲いてる花は、夾竹桃とサルスベリのお花をイメージします。
幹の樹皮がスベスベで、猿も登れないところからの名前ですね。
販売がポットで高さ30cmほどなので、幹のスベスベ状態は目に入りませんでした。。。



170720サルスベリ2
(2)
白いお花もありました。
サルスベリは、花びらがチリチリ状態が特徴で輪のように咲きますね。



170720サルスベリ3
(3)
ご近所では通りの植栽が多く、ピンク、白、紫、濃い紅色などが咲くのですが
木が高くてお花を綺麗に撮影するのが大変です。
こちらでは苗木で小さいのでお花が綺麗に撮れました。

  1. 2017/07/22(土) 08:00:00|
  2. ピンク:優しさ、柔らかさ、
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ヒネム  日本橋にて  5/

昨日 日本橋Mデパート屋上の園芸売り場へ行ってきました。
先日、アップしましたネムの盆栽のお花が開花したかしら~~?と思って。 ところが・・
あんなにお高いと思っていた盆栽は既に販売されたのか、ありませんでした(-_-)  驚き!!
ということで、又お花の撮影をしてきましたので、しばらく 「日本橋にて」のお花のアップです。



170720ヒネム1
(1)
ヒネム(緋合歓)   (別名:ベニゴウカン(紅合歓)、カリアンドラ)  <マメ科>

先日は無かったヒネムのポットのお花が開花してました。
葉はネムノキに似ており夜閉じるそうです。




170720ヒネム2
(2)
お花は赤い化粧パフのような半球形で、色合い、姿ともに可愛らしいです。



170720ヒネム3
(3)
蕾がちょうど緑色と開花前の赤色が見えます。
ネムの盆栽の葉はもう少し伸びやかだったようです。

ネムの盆栽のお花が見ることが出来ずに残念でしたが、気を入れなおして
他のお花を撮影しました。
明日もよろしくね~(^^)/





  1. 2017/07/21(金) 08:00:00|
  2. 赤:情熱、歓喜、興奮、怒り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
前のページ 次のページ

プロフィール

メロン

最近のコメント

ブログ検索

最近のトラックバック

最新の記事

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

リンク

RSSフィード